2009年04月05日

お兄ちゃんの定期演奏会

昨日は、ブラスバンド部所属のお兄ちゃんらが、
定期演奏会をするというので、市の会館まで行ってきました。
 
開演前のステージには、ステンドグラス風に飾られたセットが。
開演最初の曲は、「ハレルヤ」
部員みんなが白い聖歌隊のような衣装で登場。
演奏だけでなく、途中でコーラスも入り、
ブラスバンドのイメージが変わりました。
実は、コーラスが入るのは、
この高校ぐらいらしい。
 
お兄ちゃんは、アラジンの格好で登場(笑)して、ダンス。
ジャスミンやジーニーも登場し、
今度は、ミュージカル仕立て。
 
その他の曲でも演奏しながらステップを踏んだり、
ソロでの演奏があったり、
コーラスのみがあったり、と、静と動が入り乱れ、
耳と目の両方で楽しませてくれました。
 
初めての司会という二人の女の子も、
楽しいトークを上手にしていた。
演奏と演奏の間も飽きさせず、
また、スムーズに次の演奏へ入っていた。
 
ちぃは、最後から2曲目の演奏の後で、自ら拍手していた。
時々とれぶりんかのコンサート中でも拍手することがあるが、
一番最初に自ら拍手したのは、
お兄ちゃんの発表会の様子を映像で見ていた(聴いていた)時。
彼女が拍手したのは、サックスの講師演奏のあと。
生徒の方が演奏していた時には、あまり音楽にも反応しなかったのに
先生の演奏の時には、終わると自分から拍手していたので
私も、ちぃの音楽への反応に驚いた。
 
そのちぃが、今回も自分から会場のみんなと拍手していたので
心に感じるものがあったのだと思う。
 
もちろん、私も想像していたよりも相当よかったと感じた。
お兄ちゃんが、去年、この定期演奏会を聴きに(見にかも?)行って、
ブラスバンド部に入りたい!と思った気持ちがよくわかった。
私まで、入部したくなったから(笑)
 
きっと演奏としては、まだまだ未熟なのだろうけど、
とにかく全体的な演出の構成がすばらしく
これほど観客を楽しませてくれる演奏会というのは、
なかなかないのでは?と思えるぐらいよかった。
私的には、TDRのショーに通じるものを感じた。
 
感動させてもらえたのは、きっとプロではなく、
高校生だからこそ、年に1度だけの演奏に注がれたひたむきな力を
聴いている観客も感じるからなのだろうと思った。
逆にプロには作れない感動を、高校生らが作るのだろう。
 
聴きに来てくださった知り合いの方も
「来てよかったわー。」と言ってくださっていた。
私もお兄ちゃんが卒業してからでも、
毎年聴きに行こう〜と思ったのでした(笑)
 
posted by イムニー at 20:02| Comment(2) | 家族

2009年04月08日

感無量・・・

今日は、支援学校の入学式♪
 
とりあえず、明日からちぃだけが学校へ。
まだ給食はないから、バスのお迎えの時間ははやいけど、
でも、これで、一段落。
 
長い長い春休み。
中3の3学期は、短縮授業がいっぱいあったから
仕事の日の放課後スケジュールを組むのも
結局、大仕事やった。
ガイドヘルパーの時間数が足りなくなったし。
 
仕事以外では、ほとんどちぃと一緒に家にいた。
わがままちぃは、ややこしくて・・・
 
私がPCの前にいると、怒り出すし。
家にいる時間が長ければ長いほど、
紙をやぶって家中をゴミだらけにするし。
山盛りになったゴミ箱もひっくり返したり。
お父さんもほとんど毎晩仕事が遅くて、
お風呂に入れてもらえない日が多く。
晩は、必ず一緒にじゃないと寝てくれず。
ちぃが寝てからゆっくりのんびりもできず。。。
そんな日々の中で、
受験やら、願書をもらいに行ったり出しに行ったり、
書類を書いたり、ということがいっぱいあった。
ほんと、障害児の親で、トホホ、、、という日々が続いていた。
 
だから、明日からは、平日は毎日学校へ行ってくれるのだ、
と思うだけで、すご〜〜く開放された気分。
あと少しで給食も始まるし。
お弁当も作らなくてよくなるなんて〜
放課後のスケジュールも、これからわかりやすい。
 
そんなことを思ってると、なんかウルウル・・・
感慨深い気持ちになってしまった(笑) 
posted by イムニー at 22:31| Comment(0) | 家族

2009年04月09日

スクールバス

支援学校は、バス通学です。 
ちぃをバスの時間に間に合わせるのが、
ドキドキです。


朝、起こすとおきるんですが、
自分の意思がはっきりしているので、


「動かない」
「食べない」
「服着替えない」
「トイレ行かない」


などは、彼女の意思次第で
いかに、彼女を、
朝は、決まった時間に学校へ行くこと、その為に
用意をするのだということ等を、


自分の意思で
「やらなければならないんだ」と思ってもらえるように
母は、毎朝、上手に促していかないといけなくて。。。
甘やかさない程度にご機嫌とって、
ほんとにややこしい娘です。
 

本気で怒り出すと、自傷がはじまり、
そうなると落ち着くまでには、
10分〜1時間ぐらい時間かかるので。

 

で、昨日は、初めてのバスということで、
時間より早めに用意し、
お父さんも一緒に車に乗って
バスの乗車場所が、私と主人との意見が違い・・・(汗)
「えー?私の勘違い?!」と、主人の思い込んでいた場所で
待っていたら、他の保護者が来ない。


それで、2分前に慌てて私が思っていた場所に移動し。


ちょうどバスが来たところで、大慌てて
ちぃを車から降ろしてバスへ。


あとで、主人とそれがよかったね、と。(笑)


ちぃは、車から降ろすのも、なかなか降りないことも多く。
でも、昨日は、こちらが大慌てのどさくさで
ちぃ自身もわけがわからず、慌てて車から降りてくれました。
そのままの勢いで、バスにも乗ってくれて。

そして、今朝。
早めにバス停へ。

車から降ろそうと、ドアを開けると、
中からは、ちぃがすぐドア閉めなおし。
私が開ける。
開きかけたドアを
ちぃが閉める。 
また、私が開ける。
また、開きかけたドアを
ちぃが閉める。
 ・
 ・ 
 ・
何度もその繰り返し。

これだから、バスが来た途端に
車から降ろすのは、無理なのよ。
先に車から降ろして待っておかないと。 

数分経って、ようやく車から降りてくれた。 

でも、なかなかバスが来なかったら、
それはそれで、「いつまで待たせんの?!」
と怒り出される。。。

なので、今日は、折りたたみの椅子をもってきた。 
椅子をバスが来る近くにおいて、
ちぃをそこに座らせた。

これで、きっとしばらくは待っててくれる。
車に椅子をずっと積んでおこう〜っと。

今日は、12時半頃にお迎え。
昨日は、私が迎えに行ってるのに、
バスから降りるのをいやがった。
なかなか気に入ってくれたようで、それはよかった。

でも・・・
シートベルトを自分でとめて、
降りるのを拒否。

 

私がそばに行くと、
あっち行けー!と私を押し返す。

あ〜〜
ややこしい娘!ふらふら

帰りのバスは、
一番最後の停留所で降ろしてもらうことにしたので
他の子ども達を待たせなくてすんで、
ちょっと助かった、という感じ。

バスから降りてくるところを写真撮ろうと構えていたのに、
それどころでなくなった。 
なんとか降りてくれたけど、
しばらく時間がかかった。 

ハァ〜
ややこしい娘・・・

posted by イムニー at 11:22| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2009年04月15日

制服

支援学校に制服なんてない、とは思っていた。
ひょ、ひょっとして、ジャージの上下で登校とか?
と、ドキドキしていた。
 
ジャージが悪いとはいわないけど、
なんだか、
どうせ汚すんだから〜と思われてるようでイヤヤし。
 
でも・・・
制服こそないけど、
通学には、 
上は、紺か黒のブレザー
下は、紺か黒のスカートが標準服とか。
(学校でジャージに着替える)
 
もちろん、必ずそれを来なさい、と強制もされない。
 
きゃ。
イマドキの女子高生風ぴかぴか(新しい)の服でいいんやん。
 
しかも、決められた制服でないから、
自分の好きなブレザーや
好みのチェックのスカートにできるわけで。
 
しかもしかも、
洗い換えには、別のデザインにもできるわけで。
 
しかもしかもしかも 
ちぃは、無口なので、
決めるのは、この母のワタシというわけ。 (嬉)
 
リボンとかつけたら、
かなりかわいくできるし、
ちぃもリボン大好き!と思う・・・
 
で、入学式の前に、
お父さんにもつき合わせて、
とりあえずブレザーを買いに行った。
せっかくの入学式とはいえ、
ちぃを連れての買い物は、よくない。
だから、まあ、今回は安いのでいいか。
 
特価品のジャケットを見つけて、
ちぃに着せてみた。
かなり気に入ったよう・・・
 
でも、ちょっと小さい。
11号で、こんなに小さいのか・・・
 
で、もうちょっと大きいのを、と思い、
 ジャケットを脱がせようと思ったけど
「イヤ!」
 
もう一度、
『イヤ!』
 
さらに
『イヤ〜〜!!』
 
という感じで拒否られた。(汗)
 
 雲行きがあやしくなり、
そして、自傷もはじまり、
そして、購入前のジャケットを噛んでしまいもうやだ〜(悲しい顔)
 
結局、そのジャケットを入学式に着せた。。。(汗)
(スカートは、中学時代のものを) 
 
サイズは大体わかったので、
母お気に入りブレザーは、
ちぃのいない時に買いに行くことにした。
 
でも、春休みは無理だった。
ようやく給食も始まり、
今日は、参観にも行き、
段々とワタシに余裕が出てくるので、
これから買いに行こう〜っと。
 
あれ?
もう売り切れているかも・・・???!がく〜(落胆した顔)
 
 
posted by イムニー at 22:03| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2009年04月24日

検尿・・・

昔、小学生の頃は、検尿は、
ちゃんと紙コップを使っていた。
 
ある年、トイレの中で、チホコは、紙コップをじっと見ていた。
じ〜っと、じ〜っと、紙コップに注目していた。
ん?
私も、ハハ〜ン・・・とチホコの頭の中が見えたよう・・・
 
そして、その日学校から帰ってきたチホコが、晩に、
家にあった紙コップを見つけて、
そして、それを手にもったままトイレへ・・・
 
ちーちゃん!!ダメよ〜」
 
と私は、とりあげていた。
 
そんなこともあったのに、
今は、紙コップを見ると、便座に座ってくれない。
 
中学3年間は、検尿をできずにいた。
ま、ある手段を使えばできるかも?とも思っていたけど・・・
 
そして、今回。
その手段を使ってみた。
 
便座の下にゴミ袋を広げておいて・・・
 
見事成功!
 
というわけで、母の努力あって、3年ぶりに
検尿でけた。
 
う〜〜ん。
久々の更新で、こんなネタ・・・ 
お食事中の人いたら、ごめんなさい。