2009年07月04日

支援学校分校に移動するか?しないか?

先日の説明会で、
保護者からアンケートを募ってほしい!という要望があり、
校長先生は、渋っていたけど(アンケートで集計して決めることでないこと
ヘタに意見を求めると、多様な意見が出て収拾つかないから・・・???)
結局、アンケートをとることになり、そして、締め切りもすぎ、
来週、そのアンケートを元に、再度話し合うことになった。
 
私もたくさん意見を書いた。
 
・そもそも卒業まで過ごすつもりで(分校ができるなんて聞かずに)入学しているわけだから、
《全員が》移動したい!と思わない限り、したくない人まで移動すべきではない!
 
・精神的に、体力的に(病気で、発作などが出る場合とか)しんどいお子さんなどを
最優先に考えるべき!(それって、当たり前やん!)
 
というのが基本的な意見。
 
ただ、行きたいと思ってる親御さんの思いは、かなり強いということも
先日の保護者会で感じました。
 
『行きたい!行きたい!絶対行きたい!』
 
そんな風に思ってる『気持ち』も無視してはあかんよなー
と思って、どうしたらいいものか・・・?
と自分なりに考えてみた。
 
それで、先日、府教委へ電話して
選択制にしてほしい!と強く要望しました。

やはり、少なくとも今の学年だけは、選択制に
させてあげて欲しい、と頼んでみました。
うちは、移動してもいいし、移動しなくてもいいから
子ども達の人数のバランスがよくなるように選択させてもらうから、
という宣言をして、強く要望しちゃいました。

実際には、それって、不可能なことじゃないですよね?
本来は、どの子も選択できることを私は強く望むし、
全国で見たら、他の地域は、もっと自由に選択できるように
なっているところもあるのに、大阪府は、たまたま校区割りを
府の都合でしているでしょ?

今度は、分校ができて移動するとかしないとかも、
結局、どれもこれもそちらの都合でさせられて
私たちの子どもと保護者は、それに振り回されている。

これ以上、こちらに負担をかけない為にも、
せめて、すでに入学してしまった2年生の子どもと親には、
選択制にさせてやってほしい、
行きたい思いのある人と行きたくない人の意見を
無理やりまとめさせるようなことはやめてー!
これで、保護者同士の関係がこじれてしまっては、大変なんだから!と。

府の方は、
新しい発想なので、不可能ではないとかは、
なんともいえないけど、検討はしてくれるとのことでした。

 
不可能じゃないよー!

そうしてよー!
 
保護者同士が対立するのもいやだけど、
こんな話し合いをいつまでも続けていかないといけないことも
正直、うっとおしい!
 
そんなこともチラッと伝えて、
ぜひぜひお願いします!と電話を切った。

posted by イムニー at 12:42| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

マジですかぁ〜〜?!

超びっくりした。
 
前に聞いていた情報と180度違ったから。
間違った情報を流す人には悪気はなかったかもしれないけど、
先日、集計したアンケートの結果も、
情報を鵜呑みにしていた人にとっては、
「それは、話がちがうよー」ってことになるよ。
少なくとも、私も先日のアンケートに書いたこと

私は、月曜日にでも撤回しようと思った。
 
昨日、お友達のお母さんとおしゃべりしていたら
次回の話し合いにも、やっぱり府教委の方が来ないことを知り、
保護者との話し合いに来られないなら、
それまでに聞いておきたいことがあるじゃん!
と、府教委に電話した。
 
先日の保護者同士の親睦会で、
設備面については、何もかも夏休みにしてくれる、
ということをPTAの方に聞いたので、
ちょっと安心していたけど、
よ〜く考えたら、何もかもって何?
マジで、きちんとしてくるの???
と段々、そうかなぁ〜?疑わしいなぁ〜〜?と
思えてきて、
それで、電話で確認しようと思ったわけ。
 
でも、聞いてみたら、あっさりと
「夏休みに工事なんてしません!」
「まだ何も決まっていません!」
といわれ・・・
 
「今から設計をしてくれる業者の入札をはじめるところ・・・」
それから、予算を算出して、
予算をつけてもらって、
それで、工事してくれる業者を入札して・・・
そこで、ようやく工事がはじまるとか。
 
だから、まだ、な〜にも決まってないし、
どれだけ予算がつけれるかもわからないみたいだし、
どこまでの工事ができるかもわからないし、
4月に間に合わせたいと思ってる、というだけで
間に合うのかどうかもわからないみたい。
  
教材や備品とかも新品のモノ買って、
それをそのまま新しい支援学校へ持っていったらいいやん!と言えば、
それも難しいとのこと。
バスも、増やすかどうかも、まだ決まってないそうだし、
人数を見てからになるとのこと。

え〜〜〜〜〜?!

これでは、分校に行かせる意味を見出せないなぁ〜
なんのメリットもなければ、
デメリットばっかりかも?と思ってしまいました。


 

posted by イムニー at 12:58| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2009年07月08日

想像してみて・・・

想像してみて。
 
歩く度に、足の裏には、
ちぎった紙が貼り付いてくる状況・・・
 
想像してみて。
 
ソファーに座ったら、
ビニール製のパックの粉々になった破片が
お尻の下に突き刺さってくる状況・・・
 
想像してみて。
 
紙ちゃうやん!
誤って、踏んでしまうところやん!
めちゃ危ないがなぁ〜
と思ったのが、アルミの缶の破片・・・
 
この暑くてムシムシして、
それだけでうっとうしいリビングで、
毎日、
「なんじゃこれー!?」
「もぉ〜!ちぃーちゃん!!」
と、叫ぶのも疲れるわ、
叫んでも知らん顔されるわ、
の、
このトホホの生活・・・
 
やっぱり、
きっと、
マンガの中で暮らしているんやわ〜〜(笑)
 
posted by イムニー at 09:29| Comment(2) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2009年07月09日

ヤバイ!・・・登校拒否・・・

一昨日の火曜日の朝、
いつもと同じぐらいの時間に着替えさせて、
その後、朝食を食べさせた。
 
朝から機嫌の悪い時は、
着替えの時に着替えない!
とか、
朝食は、いらんしー!という態度をとられ
ソファーから動かない、というのが、
大体のパターン。
 
そして、しばらくしたら、
機嫌もなおる。
 
なのに、一昨日の火曜日は、
朝食を食べて、
トイレに行ったあと、
リビングへ逆戻り。
そして、
ソファーから、絶対に動かない。
 
ヤバイし・・・
 
時間は、どんどん過ぎていく・・・
 
ハァ〜〜。
バスの時間は、あきらめよう〜
 
と、母も学校での説明会に行く用意を。
 
そんなこんなで、
しばらくしてから、ようやく機嫌もなおって、
ソファーから立ち上がってくれた。
 
車内でもご機嫌で、笑い声が・・・
 
なのに、学校へ到着した直後から、
かなり怒り出した。
あきらかに学校に行きたくないよー!
という感じだった。
 
そして、今朝。
 
服を着替えさせる頃から怒り出し。
その後、機嫌がなおっても、
また、次の行動で怒り出し。
また、機嫌がなおったかと思ったら、
今度は、トイレで怒り出し。
その繰り返し。
 
昨夜は、あんなに機嫌がよかったのに〜
 
いつものように10分や20分、
家を出るのが遅くなったわけではなく、
結局、いつもの時間よりも
1時間、遅くなった。
 
仕事にも支障は出るわ、
学校に着いてからも
やっぱり怒り出し・・・
 
ヤバイ・・・
 
こんな日が、
しばらく続いたらどうしよう〜〜?!もうやだ〜(悲しい顔)
posted by イムニー at 16:28| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

行かないことに決定!

火曜日、ちぃを学校へ送っていったあと
ちょうど10時から、保護者説明会だったから、
そのまま、説明会へ行った。
もちろん、私が一番乗り〜(苦笑)
 
分校へ行くか?行かないか?
のアンケートの結果は、
分校へ行きたい人も半分位いた。
 
でも、校長せんせの判断は、
 

・子どもにできるだけ負担をかけない。
・入学した学校で卒業するのが望ましい。
(一般の高校では、そうだし。)
・入学時には、分校移行への説明をしてなかった。

などが主で、
結局、だから、分校へは行かない結論を出した、とのこと。
 
私の中にある常識と一致した考え方だったので
ほっとしたところ。
私も設備の整ってないところへ
かわいい(?) 娘を行かせる気ないしー。
 
ただ、数字だけでみると、
半分は、『行きたい!』と思ってる保護者。
(但し、夏休みに設備面の工事がある、と
信じられていた時の判断だから、
工事がないと知った今、また、数字は、
かなり変わってくると思う〜)
 
こんな短期間の話し合いで、 
どちらかに決めるのは、絶対無理だと思うけど、
『行きたい!』保護者の思いを無視して
校長の一存で決めてしまうのもどうかな?
と思ってしまった。
 
たぶん、校長せんせは、自分が悪者になることを
知ってて、わざとそうしているのだろうけど・・・
 
でも、一度、
「行きたい!行きたい!絶対行きたい!」
とそんな強い思いになってしまった以上、
行きたい思いの強い保護者は、
どうしても納得いかない。 
 
う〜ん。。。
そんな気にさせてしまったのは、誰のせい? 
 
ただ・・・
意見が違うというだけで、
にらみつけたり、非難するのはやめて!
 
異なる意見を尊重するということ、
大人になればなるほど、
難しいのかなぁ〜?
 
小学校のPTAの会議でも、
そういうこと、多々あったけど・・・
 
ついでに、主張の強い人は、
命令口調になってくるし。
 
私も地域で役をしているとき、
「私は、その立場ではないから、それはできない。」
と言ってるのに、
「しなあかんやん!」と
何度もしつこく言ってこられたことがあった。
私は、それをする立場ではないし、
あなたは私に「○○しなさい。」といえる立場でもないでしょう?
 
自分の意見が絶対正しいと思うのはいいとして、
あなたの意見を私に押し付けるのは、やめてね。
意見言うだけだったら、いくらでも聞くけど。
押し付けられるのは、私は、大嫌いだから。
 
でも、ま、とにかく、
この学年だけでも選択制にしてあげてー
できないんじゃないやん。
しようとしないだけやん。
「行きたい!行きたい!絶対行きたい!」
という気持ちにさせた責任は、とってよね。
 
posted by イムニー at 17:18| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2009年07月11日

冷蔵庫は、野菜室が一番♪

最近、紙破り以上に、
野菜等の入ったパック破りが好きなちぃ
 
アイスクリームも大好き!
なはずなのに、
 
スキを見て、キッチンに入ると、
冷蔵庫の中で、一番最初に開けるのが、
なんと!野菜室。
 
(前は、もちろん冷凍庫!)
 
ししとうの入っていたパックを見つけては、
ウフフフフ〜♪と
笑いがとまらない。
 
これから、母は、
パックに入った野菜ばかりを
わざわざ買いそう・・・
(ウソでした。)
 
posted by イムニー at 20:59| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2009年07月14日

イカの明石焼き風オムレツ?!

疲れがたまってたのか、木曜日の晩から、母(私)、ダウン。
金曜日、なんとか無事に学校へ行ってくれて、
そのまま家で一日寝てました。
 
土曜日は、ヘルパーさんについてきてもらって、
ちぃと朝から福祉会館へ。
その後、お友達のコンサートへも。
お友達、上手に演奏していて、かっこよかったー。
でも、演奏は楽しかったけど、演奏の合間が、ちょっとしんどく。
家に帰ると、やっぱりバタンキュー。
 
その頃、ちぃちゃんパパは、釣りへ。
今回の収穫は、え〜っと・・・?、イカいっぱい。 
 
日曜日の晩は、イカのつくり、イカのしゃぶしゃぶ、イカそうめん、
イカめし、え〜っと・・・?のおつくりと焼き魚。
 
スルメイカと真イカの違いは・・・
写真撮ったつもりだったけど、
つぶれかけのデジカメで撮ってたから、
今回のご馳走は、うつってなかった。
 
ちぃは、おさしみキライなので、
明石焼き風イカの特大オムレツをつくったんだけど、
めちゃおいしそうにできたのに、
それも写真撮れてなかった・・・残念。
めちゃ大きかったのに、全部ひとりで食べちゃったので
やっぱりおいしかったんだと思う〜
どんなだったか、想像できる?
 
そうこうしている内に(?)、
体調は、元にもどりました〜 (^_^)v
 
posted by イムニー at 11:06| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2009年07月17日

うちわが、おじゃん

一昨日、支援学校で夏祭りの行事があった。
 
私は、PTAのお手伝いで、魚釣りコーナーを担当した。
他にも色々なゲームコーナーがあり、
縁日みたいに食べモノがなかったけど、
それでも、子どもたちは、楽しそうにしていました。
 
ちぃは、くじ引きでは、ノートやシャーペン、タオルやストラップの
詰め合わせをもらってきていました。
 
最後は、体育館に全員が集合し、
全員でのゲームや、ダンスをして、終わりました。
中国の遊園地に現れそうなミッキーとミニーも
やってきてたし。
ちぃも、ミッキー、ミニーと握手して
体育館を後にしたそうです。
 
そして、さっき。
 
お手伝いした時にもらったうちわが
無残な姿に・・・。
別にうちわなんて、いっぱいあるけど、
せっかく学校名入ってたし、
わざわざお手伝いした時にもらったうちわなので、
なんだかねぇ〜〜。
イラストかわいかったから、
ちょっと気に入ってたのに・・・
 
さぁ〜〜
明日から、恐怖の夏休みだ〜〜!!
 
 
 
posted by イムニー at 23:55| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2009年07月18日

府教委も来てたんよね・・・

またまた、話がさかのぼるけど、
火曜日は、またまた、支援学校分校のことでの
保護者説明会でした。
今回は、府教委の方が来られることになってました。
 
学校に行くこと多すぎて・・・
もう、無理ぃ〜〜!と
仕事を休むのはやめて、説明会には行かなかった。
 
でも、ちゃんとお友達からメールが届いて、
説明会の様子を教えてくれました。
(どうもありがとう!(^_^))
そして、昨日は、学校からプリントも届き・・・ 
 
スプリンクラーつけるのに、1億円もかかるとか。
支援学校には、法令で設置が決まってるそうなので、
法令に沿って、整備はしていくそうだけど、
でも、限られた予算内でになるということ。
 
つまり、法令で義務付けられている整備は、
きっちりしてくれるだろうけど、
それ以上はできないのじゃないかな?
ほんとに来年の4月に間に合うのだろうか?
 
で、どこの支援学校の分校になるのか?
やっぱり、まだ学校名も決まってないそう・・・
 
とにかく課題は、山盛りだそうで、
行きたがってた人の中にも
行きたくない!と言い出す人もでてきたそう。
 
結局、選択制にしてほしい!という要望も
最終的には受け入れられず、
今いる生徒は、分校にうつらず、
このまま、この学校で卒業することになりました。
ちぃは、最後の卒業生になりそうです。
 
行きたがっていた人の気持ちも
段々と静まってきたかな・・・?
 
posted by イムニー at 00:50| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

朝から体力消耗・・・

あ〜あ。
眠い!
 
今日は、一年で一番、体力を使う日、
だったはず。
 
昨夜は、ちぃもお父さんも私も
疲れて、リビングで寝てしまった・・・(汗)
 
ちぃとお父さんは、10時すぎに
スヤスヤと・・・
私は、シメシメと思ってたのだけど、
12時前に目を覚ましたお父さんが
ちぃを起こして、そのまま寝室へ。
 
すると、せっかくちぃがいなくなったというのい
私もウトウト・・・
ハッと気づくと1時ごろ。
 
そして、エアコンを消して、
寝室へ行こうと思ったものの、
ちぃの隣で寝るのを、つい躊躇してしまって
ついついソファーの上へ。
 
3時過ぎ。
 
ちぃが寝室から脱出!
続いてお父さんもお目覚め!
結局、そこから二人は、お風呂へ。
 
エ〜〜ン。
私も起こされたー。
ちぃがお風呂からあがってきたら
私が、ちぃと一緒に体を拭いて
服を着せて・・・。
 
みんな揃って
ようやく寝室へ。 
 
隣で、ちぃは、音楽を流す・・・流す・・・
時々、ガバッとふとんから起き上がる。
音楽に合わせて(?)、
横の壁をトン!トン!打ちつけ・・・
そのトン!トン!の音が気になって
寝れない。
眠いのに、寝れない。
 
ウトウトした頃、
ちぃは、またまた寝室を脱出して
リビングへ。
 
慌てて追いかける。
 
朝の6時前。
 
7時。
 
お父さんもおきてくる。
またまた釣りに行くとかで
おにぎりの用意。
 
もう寝る時間は、終わり・・・
 
昨夜、寝たのかなんかわからん・・・
小刻みには、寝たけど・・・
寝る時間トータルすると
少なすぎることはないけど、
やっぱり眠いなぁ〜〜
 
今日は、午前中に家を片付け
午後は、高校進学を考える会へ。
その後、大急ぎで、地域のお祭りへ。
 
の予定。
 
もうすでに、朝から2度もソファにおもらし。 
家散らかってる時にやめてよ〜〜 
 
とりあえず、
お祭りは、 
去年まで役員してたのを
おりておいて、よかった。
 
posted by イムニー at 10:34| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2009年07月19日

「障害」を持つ子どもの高校進学を考える会

昨日、お祭りの前に参加してきました。
 
友達と一緒に高校生になりたい!と願うものの
知的障害があると、どんなにがんばっても、
テストで点数がとれず、一般の高校に行けません。
 
だけど、「みんなと一緒に行きたい!」と願う気持ちを
なんとかしたい!と保護者や先生方ががんばって、
4年前から、大阪府の公立高校に、
知的障害のある子が受験できる
『自立支援コース』というのができました。
 
私もそんな先輩のお母さんや先生方から
 
自立支援コースは、重度の子でも受験できるんだ、ということ。
障害の種別や程度では、合否の判断はしない、ということ。
また、一般受験だって、いろんな配慮をしてもらって
ちぃみたいな子でも、受験に臨めるんだということ。
定時制の高校なら、定員割れもあり得るし、
障害のある子が、友達と楽しく高校生活をしているんよ、ということ。
 
そんなことをたくさん教えてもらいました。
 
これから受験の子ども達と親御さんたち、
支援学校へ行ってる娘をもつ私が言うのも変だけど、
無理!とあきらめないで、色々と挑戦してほしいなー。
 
特に重度の子の場合、
高校受験を考えるのはおかしい!
って笑う人も多いかもしれないけど、
 
私が、ちぃと出会ってよかったと思うことは
たくさんあるもん。
 
ちぃと一緒に過ごすことで、世界が変わったから。
立場の違う人の気持ちも考えられるようになったから。
ありのままでいいんだということを知ったから。
仲間や人の繋がりがどんどんできたし、
それが生きていく上で大切と知ったから。
人に何かしてもらうだけでなく、相手に喜んでもらうことも
うれしいということもよくわかったし。
とにかく、世界が変わったというのは、
何もかもが、うれしい!とか楽しい!とか
ハッピー!と思えるようになったこと。
 
毎日、ハッピー!な気持ちで暮らせるなんて、
なんて幸せなことだろう〜
 
すべて、ちぃが、私の『ココロ』を変化させてくれた。
 
だから、ちぃみたいな子の存在って、
やっぱり必要やねん。
そういう子も学校には、必要なのよ!
特に今の時代、排除してはいけないと思うよー。
 
障害の子も健常の子も、
できるだけ多様な子がぐちゃぐちゃしている学校で、
お互いが刺激しあって、
きっと子どもたちは、大切なことを学びあうんだよね。
何より「ココロ」を 成長させるんよ。
 
学校だもん。
教科書の勉強だけじゃないもんね。 
 
posted by イムニー at 11:32| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2009年07月20日

プール開き〜♪

去年は、あんまし喜ばなくなっていて
 
やっぱりおねえちゃんになったから、
小さい子みたいに喜ばないんかーと
思ってて、今年は、かなり遅いプール開き。
 
ちーちゃんのビニールプールを
高校進学を考える会に行く前の午前中
庭に出してみた。
 
やっぱり暑いから、
うれしくて、なかなか楽しんでいた。
 
今日は、曇っていたけど、
それでも、プールを出しっぱなしにしていたら
朝から水着に着替えないで、入りに行こうとしてた。
 
そして、
お昼からは、お風呂に入りたくて
大騒ぎになった。
「入れたろか?」とお父さんが言うけど、
「ダメ〜〜!」と私。
夏休みの間、ちぃのペースで
「お風呂はいるぅ〜〜!」と
わがまま言って暴れられては、たまらん!
「今は、ダメ!」と言ったら、
すんなり納得してもらわないと。
 
ということで、
その代わりに、またまたプールへ。 
 
お父さんも
「しゃ〜ないな〜。」
「ちぃちゃんにつきあったろうか〜。」と
 ビールとおつまみ持って
庭にでてた・・・(笑)
 
私も足だけ水の中へ・・・
やっぱ気持ちぃぃ〜
 
とりあえず、
今年は、ビニールプールを喜んでくれる、
ということが、わかった。
これで、夏休みの間、
たいくつな日でも、
少しは、間が持ちそう・・・ 
 
ついでに、うちの庭で
カキ氷屋さんをしたらアカンかな?
あかんよね・・・
 
posted by イムニー at 22:31| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2009年07月22日

久しぶりに朝まで睡眠・・・

金曜日から、睡眠時間がぐちゃぐちゃ。
 
寝不足だから、
晩、10時頃にうたた寝してしまう・・・
そして、夜中の12時や1時に起きる。
で、朝まで寝れない。
 
そんなことの繰り返しで
暑いから、余計にまいる・・・
 
ちぃも暑いから、寝苦しいのだろう〜
でも、エアコンの温度低くして快適になると
元気になるしぃー。
元気になったら、
音楽流して、踊るしぃー。
 
やっぱり10時に寝たらあかん。
 
昨夜は、そんな早くには寝なかった。
1時すぎに寝てくれた。
だから、私も朝の6時すぎまで寝れたー。
 
夜中に寝れて、よかった。
posted by イムニー at 18:19| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

ちぃちゃん流の暑さ対策♪

お茶飲みすぎー!
 
で、また『お茶ちょうだい!』
とコップを渡された。
冷たいお茶を入れて渡すと
ゴクゴク飲んでるけど、
 
それだけじゃない。
 
自分のTシャツの前に
バチャーッとこぼして、
冷たさを楽しんでいる。
 
あのぉ〜 
ソファーも濡れてるんですけど・・・
 
posted by イムニー at 18:24| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2009年07月23日

排除しないで!

支援学校の来年度分校ができるということでのアンケートの中で
肢体不自由児のお子さんを持つ保護者の意見の中には、
「元々ここの学校は、肢体不自由児の子のための学校なので、
知的障害の人は、出て行ってほしい」というようなニュアンスの
意見がありました。

その時に校長の言った言葉で、私は、校長のことを
ちょっと見なおしました。

校長は、
「ここは、最初は、肢体不自由の子の学校でしたが、
今は、知的障害の子も通っている。
ということは、この学校は、今は、肢体不自由児と
知的障害児の両方の子のための学校なんです。
どちらかのための学校ではありません!」と。

よく似たことを私も言いました。

「地域の学校も見学に行ったけど、どうしても地域の学校は
健常者の為の学校やから、自分の子が、そこに合わせないといけない。
だから、かわいそうと思って、支援学校を選んだ。」とお友達が言うので。

それで、私からは、
「障害のある子がいなかったら、それは確かに健常児のための
学校になると思うよー。でも、そこに障害の子が入れば、
それは、健常の子、障害のある子の学校であって、
『合わす』という言葉を使うんなら、お互いに合わせたり
合わせてもらったりして、お互い様になるんよ。
障害のある子も色々やから、入る前から自分の子に合った
学校になんて、最初からは、ないと思うよー。
子どもが入って初めて、自分の子に必要なことをお願いしたり、
学校が気づいてしてもらうことによって、
その子にとっての環境を整えていくことなんと違うかなぁ〜?」と。

そして、それは、障害のある子だけに限らず、どの子にとっても
違いを認め合い、互いに尊重しあって、互いに居心地のいい関係や
環境をつくっていくことなんだと思います。
それが「共に生き、共に学ぶ」ということ。

学校だけではない。

社会は、すべて健常者中心にできている。
差別してない!と考えいるなら、
それは、あなたが何も知らないでいる、ということ。 


一般の高校に、

障害のある子が入学したら、

そこの高校は、健常の子だけの学校ではなくなっています。
健常者だけの常識の中だけで、学校運営をしないで!
障害のある子は、決して『お客さん』ではありません。

色々と問題はあるかもしれない。、
でも、お互いにどちらか一方だけが我慢したり、譲ったりする
ということでなく、お互いにとってのベストの環境を
一緒に考えていってください。

問題が起こる前に、あれこれ考え、大人が先走ってしまう
必要もないんじゃないでしょうか?

posted by イムニー at 19:32| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2009年07月24日

たそがれコンサートへ行く

お友達が教えてくれたので、
大阪城音楽堂でのたそがれコンサートへ
行ってきた。
 
お父さんは、仕事の帰り。
 
行きしなだけは、
私がちぃをひとりで連れて行く。
まあ、そっち方面への電車は、
そんなに混んでないだろうし。
 
と思っていたら、甘かった〜
 
今日は、天神祭りの宵山。
1年で一番すごいぐらいに混むはず・・・
しかも暑い季節だし。
そして、天気予報によると
大阪は局地的に豪雨があるかも?と。
 
あら〜。
それなら、ちぃは、無理やね。
あきらめるわー!と私。
 
すると、
車で来たら?
と、今日のお昼にメールが・・・。 
 
そうだった。
私、これでも
大阪市内まで運転したことあったんやった。
 
ということで、
お父さんの職場近くの法円坂の出口めがけて
高速の守口線を走った。
 
地図を見たら、
環状線に入ったら、すぐに左方向へ。
【東大阪線】というのが目印やね、と
頭にインプット。
 
高速に乗るまでが混んでたけど、
高速に乗ってからは、順調に・・・
環状線はちょっと混んで・・・
とりあえず左斜線へ。
 
左側に見えてきた標識は、
【奈良・・・】という文字。
私が行きたいのは、東大阪線やもん。
 
道路を見たら、
【法円坂】って書いてあって、左側へ矢印が出てる。
え?左に行くの?
それとも、この先を左側によっておきなさいよ!
ってこと?違う気は、するけど・・・
でも、奈良方面じゃないもん。
東大阪方面だもん。
 
で、頭の中でとっさに考えたのは、
間違った時にあとで困るのはどっちか?
ということ。
このまままっすぐ行けば、
たとえ間違っていても、また、もどってこれるし。
 
で、まっすぐに走った。
次に見えてきた標識には、
『道頓堀出口』
 
ゲェ〜〜。
やっぱりさっきのを左側に行くんやったんや。
 
ということで、
道頓堀出口で高速を降りた。
 
お父さんからは、
『着いたら、どこに着いたかメールちょうだい!』
といわれてたので、メールした。 
『今、道頓堀に着いたー!』
 
早速電話かかってきた。
「オイ!なんで道頓堀なん?
わしが道頓堀まで行くんかぁ〜?
もうちょっと近くまで来てぇ〜や!」
 
「遅くなるかもしれんけどね・・・笑」
 
しばし地図とにらめっこ。
地図は、ページめくらないと道が繋がらない。
そんな難しいの、よー見んけどぉ〜
 
とか文句言いながら、めでたく
谷9へ出て、谷6、谷4・・・
 
無事、家族3人めぐり会えた。

よかった、よかった。
 
あれ?
そうそう!
 
たそがれコンサートは、
今日は、東海大仰星高校と
海上自衛隊呉音楽隊のブラスバンド演奏。
 
私たちは、一番後ろの一番端の席へ。
うれしくて、ちぃは、ご機嫌な声を出す。
前に座っていたおじさん二人が、
それぞれ別の場所へ移っていかれた。
振り向いて、怪訝そうな顔をする人。
振り向いて、にっこり笑ってくれる人。
 
ちぃは、そんなの気にせずに
うれしくて、ニコニコ。
演奏が始めると
誰よりも横や前にゆれるゆれる。
 
仰星高校の演奏も迫力あって、よかった。
ソロの演奏も音がきれいで・・・
もちろん自衛隊の方の演奏も!
演奏を終えた高校生が、
今度は、観客席で盛り上げる。
明るかった空は、
いつの間にか真っ暗になって
ステージを際立たせる。
 
後半は、ジャズ・・・。
ちぃは、ジャズも大好き!
歌も入ったり、
ドラムで独奏したり。
 
楽しい時間でした。
 
お知らせしてくれたお友達、
どうもありがとう!
 
posted by イムニー at 23:58| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2009年07月27日

プリン♪

夏休み、1週間は過ぎた。
ちぃを日中一時の事業所に預けている時は、
私は仕事〜
なので、私が家にいるときは、
大体、ちぃも家にいる。 
 
困るのは、買い物などに自由に行けない。
PCつけると、怒ったりされる。
ひどい時は、洗濯物を干しに行ってる間も
怒ったりしてる。
さすがに、怒ったってしらないもーん。
と無視してみたりもするけど・・・
 
とりあえず、たいくつしているちぃと
先週は、一緒にプリンを作った。
ちぃは、タマゴ大好き!
マヨネーズ大好き!
だから、マカロニサラダも好きなんよ。
 
タマゴを割って、泡だて器でぐるぐるするのも
まあまあ得意で大好き!
 
 IMGP0780.jpg
 
たくさん作ったので、半分は、ココアを入れてみた。
チョコっぽいのが、上と底に沈んで
思っていた以上にココア味もおいしい。
 
と思ったのは、私だけで、
ちぃは、やっぱり正統派プリンが好きでした。
 
そういえば、昔、赤いスイカは大好きだったのに
黄色いスイカは、食べなかった。
 
それで、マスカットを買ってみたら、
ブドウも大好きなのに、緑色はイヤみたいだった。
 
茶色いプリンは、まずそうなのね・・・
posted by イムニー at 13:42| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2009年07月31日

ハンセン病・・・

今、「みんなで作る学校・とれぶりんか」では、
ハンセン病問題に取り組んでいる。

ハンセン病というと、
う〜ん・・・自分には関係ないわー
周りにも、そのことで困ってる人いないしー
ニュースでは知ってるけど、
身近には考えにくいなぁ〜
て風に、
思われることが多いんじゃないか?
って思う。

きっと、当事者の方にとれば、
そんな風にしか思われないこと、
関心もってもらえないことも

とてもつらいんじゃないかと思う。

障害者の問題は、
家族に障害者がいなくても
街に出たら、障害のある人に出会うし。


ニートやフリーター等、雇用問題なんて
身近に考える人は、多い。

女性問題やDVの問題も
女性にとっては、身近な問題として考えやすい。

部落問題・・・
小学校から、学習はしてきた。

在日外国人の問題・・・

 

他にも様々、人権についての課題や問題はあるし、
どれもこれも本当は、当事者にとっては
決して知らん顔されたくはない問題だらけだけど、
それでも、同じ社会で生活している。

家族や友達もいることと思う。


周りの人の意識は様々でも、

国が、「人」として認めてくれている。


ところが・・・

ハンセン病元患者の方は、
家族と引き離され、
親戚にも見放され・・・
友達も失い・・・

強制的に偽名を名乗らされ・・・

そして、隔離された世界で、

何年どころか何十年も過ごさなければいけなかった。
 
国が、「人」として認めてくれなかった。
 
それが、もし、あなただったら、どうした? 
 
「らい予防法」が廃止されたのは、
平成8年のこと。
それまで、ずーーっと隔離政策が続いていたんだ。
これって、つい最近のことよね?
 
さて、隔離政策が終わって、
ようやく国が、「人」として認めてくれた。
長い長い苦しみから解放された、と思ったら
今度は、私たち社会のフツーの人たちが
差別や偏見を持って、彼らを傷つけているんだよね。
 
だから、療養所の外で暮らすことに不安で、
療養所から退所できない人もいる、と聞いている。 
 
そういうこと、
無関心でいてはいけないのじゃないか?
って思うのです。 
 
posted by イムニー at 11:44| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜