2010年01月01日

初詣もドキドキ・ハラハラ・・・

あけましておめでとうございます☆
 
結局、いつものように年末の大掃除なんてせずに
のんびり過ごしている年末年始。

 
昨年、お世話になった皆さん、
本当にありがとうございました。

今年もどうぞよろしくお願いします〜
 
お兄ちゃんは、昨夜は、
お友達らと年越し参りへ。
除夜の鐘は、鳴らせなかったようだけど、
その後、鳴らしてきたそう・・・
そして、長いこと遊びまくっていたよう・・・
(こっちは、夢の中〜)
 
今朝は、家族で、近くの神社へ初詣に行きました。
地元の人しか知らないような神社だけど、
それでも、境内には行列ができ、
ちぃは、途中で怒り出しかけた。
 
なだめて、おだてて、ようやく
賽銭箱の前へ。(ホッ)
 
3つある鈴の内、
両手で同時に2つの鈴を鳴らしていました(笑) 
ちゃんとお辞儀もして、
お参りできました☆
 
今年も一年いい年でありますように・・・
皆さんにとってもいい年になりますように・・・
 

posted by イムニー at 20:24| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

年越し参りなんて、二度と行かない!

3年位前までは、よく
八幡さんへ、年越し参りへ行った。
夜おきているのは、お得意なちぃ。
だから、電車に乗って、家族で夜中に出かけた。
 
3年前?
駅に着いて、
まずは、コンビニへ突進していくちぃ。
中に入ると、いつものようにアイスを購入。
 
ハァ〜、この寒い中、アイスですか〜?
 
まあ、これから長い石段のぼるのを
がんばってもらわないといけないから
ま、いいかー
と思って買ってやったんだけど、
 
その後、アイスを食べながら歩くのはいいとして、
途中で、持ってる手が冷たくなったために、
私に“持て!”と差し出され、持たされるハメに・・・
 
ひぇ〜〜!
冷たいやん。
めっちゃ冷たいやん!
しかも、まだ食べてるから、
袋にしまうこともできひん!
 
その上、屋台に寄っていくちぃ。
アイスを持ったまま、それを止める・・・
アイスを持ってるから、片手で静止しないといけない・・・
 
晩のお出かけ、ということで、
ソワソワしてしまうちぃ。
ジャンプしたり、ふわふわする。
それも、あちこち行きそうになったら、止める・・・
アイスを持ったまま・・・(汗)
アイスを持った手は、
すでにかじかんでるんですけど・・・(冷汗)
 
やがて、アイスを食べないとわかってから
袋へ入れて、一緒に石段をのぼる。
お父さんとお兄ちゃんは、
さっさと歩いていく。
 
ちぃは、相変わらずそわそわしたまま
のぼっていく。 
小さい頃から、よくのぼっているから、
今日も、がんばってくれるでしょう〜
と思っていたら、
ソワソワからか、段々と歩く速度が早くなっていく。
いつもは、ゆっくりゆっくりで
座り込まないように、必死なのに・・・
 
そんなに早く歩くと、
結構、しんどいやん。
 
やがて、駆け出した。
ひぇ〜〜
追いかえる母。
 
石段をダッシュで上るなんて、
ムリ!ムリ!
 
でも、ちぃを逃すわけにもいかない。
必死で追いかけ、
そこまで見えてきていた
お兄ちゃんとお父さんにバトンタッチ。
石段の上で二人につかまえてもらう。
 
この寒空の下で、
母は、汗だらだら〜〜
(お父さんもだったかな?)
 
ちぃとは、もう二度と年越し参りなんて、
 
行かない!
 
と思った。
 
そして、お参りしようと思ったら、
ひぇ〜〜
夜遅いというのに、長い列だー
 
せっかくだから並んだと思うけど、
ちぃと並ぶのは大変だー
 
もう、来年は絶対に行かない!
と心に誓ったのだった。
 
だから、初詣は今は、ご近所で・・・
八幡さんは、お正月が終わってから〜
 
posted by イムニー at 21:05| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2010年01月05日

ご機嫌ななめが続く・・・

お正月に、パパの実家へ行った。
1日に、何度も怒る。
自宅へ帰ってきてからも、
1日に、何度も怒る。
 
インフルエンザで学校に行かない日が続いた頃から
ちぃは、家にいると、機嫌がかなり悪い。
 
昨夜は、アイロンをかけたいから
ちぃが寝るのを待ってたのに、
夜中の1時半になっても寝ない。
 
「ちぃちゃん!もう、寝なさい!」
と寝室へ追いやろうとしたら、 
そのままお風呂へ直行された(汗)
 
2時をすぎて出てきて、
ようやく寝室へ。
 
それから、たまってたアイロンがけと
私もひとりの時間が欲しくなって、
ちょっとボーっとしてたら、
すぐに朝の4時・・・
 
ハァ〜。
イライラを沈めながら、
新学期を今か今かと待ってるのでした。
 
あと、もう少しだ!
 
って、生活乱れまくってるけど、
ちゃんと朝、学校へ行ってくれるかしらん???
posted by イムニー at 16:16| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2010年01月07日

押さえつけられ、ガチガチに縛られるのに・・

今日は、今年初めての歯医者さん!
またまた、虫歯が2本も発見!!
 
でも、一本は、すぐに治療を終えたとのこと・・・
 
それよりも、何よりも、
自分から診察室へ入った。
 
私は、ようやく今日が、初出勤!
(私の勤務は、会社に合わすのではなく、
ちぃの預け先に合わせる・・・)
 
朝から日中一時支援事業所へちぃを連れて行くと、
しばらく車内で怒って、
なかなか車から降りなかったけど、
なんとか仕事にも間に合い、
 
そして、
勤務を終えて、迎えに行くと、
ご機嫌なちぃ。
 
「さあ、今から歯医者さんへ行くよ!」
という言葉は、
わかってるのか?
わかってないのか?!
 
歯医者さんの駐車場に着いて、
車から降ろしてから、
ようやく「イーイー!」
と抗議の声!
 
それでも、入り口に入り、
靴からスリッパに履き替え、
受付の前へ。
 
「イーイー!、イーイー!」 
抗議の声と共に、
一瞬、入るのをためらうけど、
 
「さあ、中に入ろうね。」
 
と言うと、
「イーイー!、イーイー!」
とブチブチ文句言いながらも、
中に入る。
そして、奥の椅子に座る。
座ると、次は、簡単には立たないちぃだけど、
 
診察室のドアを開けて、
歯医者さんが
「さあ、中にどうぞ!」
と言うと、
 
「イー!イー!ビィー!ギィー!」
ブチブチ怒りながらも、
素直に中へ。
 
そして、
「イー!イー!ビィー!ギィー!」
怒りながらも、
きちんと診察室の台の上に座る。
 
な〜んて、かしこいの?!
 
みんなに押し倒され、
体をネットで覆って、
身動きできないようにされ、

 
(歯医者さんが、一体、
何をするか知らない人にとってのグルグル巻きは、
なんという恐怖だろう・・・?) 


私は、診察室から出た。
 
障害者の為の市が行ってくれている
『障害者歯科』。
行きだした頃は、
中に入るのを嫌がり、
逃げようとするのを、
「今日は、もうダメかも・・・?」
とあきらめた瞬間も何度もあったのに、
 
そばにいたよそのお母さんが、
「そのうち、自分で入ってくれるようになるわよ。
うちの子も、最初は、すごく嫌がって、
ここまでも来なかったけど・・・」
と教えてくれた。
 
へ〜え。
お母さんが何も言わなくても、
ひとりでちゃんと中に入っていく女の子(女の人かな?)。
昔は、ちぃよりも、もっと激しく嫌がってたとか?
本当に???
 
ちぃも、そうなるかなぁ〜?
ちぃだけは、例外になるとか、ないかなぁ〜?
 
と、ちょっぴり心配したけど、
大丈夫!
 
怖くても、
覚悟を決めて診察室に入れるのなら、
ちぃちゃん、
生きてく上での力(?)が、
グーンとアップしたことになるよ。

今日は、えらかったね。


 

posted by イムニー at 18:34| Comment(2) | 天使の(?)ちぃちゃん

2010年01月08日

あれれ?スクールバスって、どうなってんの?!

今日から、待ちに待った新学期〜♪
ちぃも、早く学校へ行きたくて仕方なかったよう・・・
 
さて、ちぃの朝のバスの乗り場、
確か1学期から、バス乗り場のそばで、
大きな区画の分譲工事が行わている。
 
長いことかかって、基礎工事を終え、
最近は、家が建ちはじめた。
 
バスの乗り場には、
ちぃをマイカーに乗せて連れて行く。 
 
でも、車を駐車しようとしても、
朝から大型のトラックが出入りして、
バスが来るまで、駐車する場所は、
入学時から、あちこち移動するハメに・・・
(ちぃの送迎時には、
駐車禁止除外のステッカーを利用している) 
 
バスを待つ間も、狭い道に大型トラックが進入し、
ちぃをその度に移動させるのも、
パニック起さないか?とヒヤヒヤ・・・ 
 
これから、家がどんどん建っていき、 
駐車スペースは、益々少なくなっていきそう・・・
日替わりで、あちこち移動するのもイヤだけど、
バスを待つわずかな間に、
ちぃが、パニックになってしまわないか?
とおそろしい。 
 
そんなわけで、
冬休みの前に、学校へ連絡し、
次のバス乗り場から、
ちぃを乗せてほしい、とお願いしておいた。
 
学校からは、
【冬休みを終えても、工事が続いているのなら、
始業式の次の登校日から、次のバス停から
乗ってもらってOK!】
とのことだった。
 
今朝は、連絡帳に
工事がずっと続いていて、これから先も
長く続くだろう、と記しておいた。
 
ところが、
今日、学校からの電話では、
1)現在、次のバス停から乗ってるお子さんは
 乗せるのに時間がかかるから、
 バスをこれ以上長く停めておけない。
2)だから、次のバス停から乗ってもらうのは、無理!
3)今の乗り場でも、バスの来る反対車線の側に
車を停めれるはず。
 
とのお返事。
正確には、学校側がそういってるのではなく、
バスの添乗員さんが、
そういう風におっしゃってるので、ということだった。
 
ふ〜〜ん・・・・・・

バスの添乗員さんが言ってる、というところに、

私には、なんだか違和感があった。
 
まあ、今のところは、
まだ、停めれる場所はあるので
しばらくは、今まで通りでいこうと思った。
(今は、工事の人の好意で、分譲地の中に
駐車させてもらっている。やがて、そこには、
家が建つだろうけど・・・)
 
ただ、重度や多動の知的障害のことを
よく知らない人には、わかりにくくて当たり前だけどね。
 
ちぃみたいに、歩くことができても、
機嫌が悪くなったら、ところかまわず座り込んでしまったり、

多動で、ダーーッ!と急に走りだしたりする子は、
道路を横切る、というのは、親も介助者も
実は、かなりの神経を使う。
 
ちぃは、歩道と車道の区別が、
わかりにくい。(わかってないかも?)
車の前に飛び出すと危ない!
ということが、よくわかってなかったりする。
 
実際、これまでも、
何度も、道路に飛び出したことがあった。
クラクションを鳴らされることも。
幸い、事故に合わないで、
今日まで来たけれど・・・
 
だから、横断歩道をわたるのも
かなり神経を使う。

座りこまれると、困るから。
 
まして、信号機のついてない道路を
横切るのは、できる限りしないように
生活している。
 
それが、
毎朝となると、コワイ!!
特に、朝は、急いでいる車も多いからね。 
滅多なことはないと思うけど、

そうなってしまってからでは、
取り返しがつかなくなるからね。


だから、
パパとは、反対側に停めたらどうやろう?
という話し合いは、すでにしていたけど、
やっぱり、ちぃの一番の安全を考えたら、
次のバス停から乗せてもらうのが
一番安心やなぁ〜
という結論になった。
 
そのことは、

バスの人には、知っておいてほしいと思った。
posted by イムニー at 16:46| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2010年01月13日

男女共同参画講座を終えて・・・

今日は、企画してくださったチャレンジきっずの皆さん、
センターの方や参加者の皆さん、
ありがとうございました。
 
ほんとに叶えたい「夢」は、
あきらめないことが一番だと思います。
 
私には無理!
私の境遇では無理!
「無理」と言った時点で、
その夢は、終わってしまう・・・
 
でも、私自身は、夢は、叶えられなくても
持ってるだけでもステキなことだなーって思います。
 
今日は、他の人の話を聞いてるだけでも、
楽しくなったり、
自分も、もっとがんばろう〜!
と思ったり、
いろんな気づきや刺激があった方も
いらっしゃったと思います。
 
その反面、
自分は、もっとがんばらないといけないのに・・・
がんばってない自分が情けない・・・
なんて思ってしまった方がいなかったろうか?
と、私も反省しています。
 
がんばろう〜!と思ったら、
ぜひ、がんばっちゃってください!
応援しますよ〜!と
言いたいです。
 
でも、
もしも、今、しんどいな〜
と思っているなら、
それは、今は、ゆっくり休息して、
充電する時間が必要なのかもしれない。
 
だから、
ゆっくり休んでくださいね。
 
色々悩んだりするかもしれないけれど
それは、生きているから・・・
人と出会い、人と繋がってるからなんだと思います。
 
posted by イムニー at 18:48| Comment(4) | 街をTDRにしよう〜

2010年01月16日

コンテストの作品展示!

私が勤務している職場の社長さんが
市が行っていたコンテストを引き継ぐ形で
デジタルアートコンテストを
去年から、ボランティアで始められた。
 
小学生と中学生のお子さん対象に
PCで描いたイラストやアニメーションの
作品が集まっています。
 
今年は、作品を投票できるシステムまで作ってあるので、
ぜひぜひ盛り上げに、そのページへ行ってみてください。 
 
http://arthirakata.jp/
 
ちなみに、
私は、ページのイラストを描いてます♪
(あ、私はお仕事としてさせていただきました(^_^))
 
でも、子ども達のイラストは、
もっともっとかわいいんですよ〜
 
投票もしてみてくださいねー。
posted by イムニー at 19:31| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年01月23日

ゆず胡椒のカキ氷

久々の更新・・・るんるんるんるんるんるん 
 
今日は、
夏によく持ってきたボウルを
ちぃに渡された。
 
カキ氷をして!ということらしい。
 
最近、要求されることがなかっただけに
珍しいな、と思っていたものの、
氷を出して、かき氷をつくってやった。
 
ちぃが、次に手にしていたものは、
ゆず胡椒だった。
 
昨日、ちゃんこ鍋をしようと思った時、
家では、ゆず胡椒が残りわずかだったから
チューブのを見つけて、買った。
いつも瓶詰めなのに、チューブなんて
めずらしいとは思った。 
 
そして、ちぃは、それを
コンデンスミルクだと思ったみたい。(笑)
 
冷蔵庫から、
本物のコンデンスミルクをかけてやると
満足気に食べていた。
 
posted by イムニー at 20:41| Comment(2) | 天使の(?)ちぃちゃん

2010年01月24日

音楽発表会☆

え〜っと。
ちぃではなく、
お兄ちゃんの音楽発表会でした。
 
『ねぇねぇ、お母さんらがお酒を飲んでる時、
ジャズの生演奏してくれへん?
サックス、習えへん?』
 
等と、冗談交じりに言ってた会話を
最初は、
『いらん・・・』
と言ってたのに、
 
『サックス習いに行く!』
と言い出したのが、小学6年生!
 
え???
マジで・・・?
 
やや慌てふためいたものの、
んじゃあ、見学に行こう〜!
と、音楽教室をいくつかはしごしてから
決めようと思ったのに、
最初に行った教室の先生の人柄に、
お兄ちゃんも私も二人して
大いに気に入ってしまった。
 
先生は、プロの演奏者でもあり、
教え方も上手い!
そして、何よりも生徒思いの気さくな方。
なぜか、教室に来られる生徒の方たちも
みんな、気さくで、ほがらかな人たちばかり。
 
え?
何、この雰囲気?
生徒さん同士仲がいいし、
み〜んな、楽しそう・・・ 
 
年齢は、バラバラで、
小学生から主婦やおじさんまでいる。
でも、どちらかといえば、
学生さんや大人の人の方が多いかな? 
その中で、大人と子どもが
違和感なく会話し、生徒同士が親しくなっていく。
それは、すべて、先生の人柄と
先生の作られた教室の雰囲気のせいのはず。
 
そんなわけで、
ろくに練習するわけでもないのに
お兄ちゃんは、その時から、
ずっと教室に通っている。
 
ただ、高校生になって、
ブラスバンド部に入ってからは、
やはり上手くなった。 
 
今日は、その音楽教室の発表会。
 
ピアノもあるけど、ほとんどが管楽器。
サックスやトランペット、クラリネットにフルート。
バイオリンの方もおられた。
 
普段、身近に見ることも聴くこともない
楽器のソロの演奏は、
生徒さんの演奏といえども、
毎年、楽しみにしている。
 
残念ながら、さすがにちぃは、
連れてはいけないので、

(みんな緊張しているので、

演奏の邪魔は絶対できないから。)
今日は、ヘルパーさんとで、
お出かけをしておいてもらった。
 
ちぃも楽しめるように、
カラオケに連れて行ってもらう予定だったのに、
FMラジオをスタジオの近くで(?)聴きながら、
踊っていたらしい。 
 
なんて安上がりな・・・
(母としては、嬉しい限りやけどね。笑)
 

posted by イムニー at 23:27| Comment(0) | 家族

2010年01月27日

校長先生とお話しました。

昨日、全体の校長、高等部の校長である準校長、バス担当の先生、
担任のおひとり、の4人の先生方とお話をしてきました。 


バスの件で、その後、またまた別の問題が起こったから。
担任の先生とだけ話をすると、
担任の先生らが、一番負担になりそう・・・
 
そんなわけで、校長先生らも一緒に、
今後のことを考えてもらった。
聞きたいことも聞くことができた。

まずは、入学直後から、
バスの人から、言われたクレームを
箇条書きにまとめていったものを見せた。

その事実の確認をしてから、

私から学校へのお願いとして

・バスの人には、愛情持って、子どもと接して欲しい。
・バスの人も、学校も、もちろん子ども目線で、考えてほしい。
・バス内のことをバスの人にお任せしているのなら、
バスの人自身も、バス内のことは責任持ってほしい。
(なんでもかんでもに学校に対策を考えて!と学校に丸投げするのではなく)
 
それから、バス内のことだけに限らず、
入学してから、ずっと伝えたかったことを伝えた。
 
私達保護者は、障害のある子(人)の理解を
社会に広めていかないといけない。
それは、保護者だけではなく
学校の方も、その役目を担っていると思う。
社会の中で、子どもや保護者は、恐縮し、遠慮し、
肩身の狭い思いをしている。
そんな思いをせずに過ごせる社会に住みたいと私は思う。 
そんな社会にしていきたいと思っている。
それは、支援学校であるならば、
同じように考えていって欲しい。
 
バスの人だけに限らず、
学校内を出入りする業者さんにいたるまで、
支援学校に関わるすべての人たちが、
障害児やその家族に対しての理解に繋がるよう
学校は、働きかけていって欲しい。 
 
そして、保護者や子ども達が、安心して、
どんどん外へ向かって発信していける力まで身につけていけるように
そんな支援もしてほしい。
 
それが、支援学校にとっての大きな役割ではないか?
と私は思うのです。 

そんな話をさせてもらって、帰ってきました。
校長先生はじめ、先生方は、理解してくださったと思います。

posted by イムニー at 13:59| Comment(4) | 障害児教育・学校のこと

2010年01月28日

目覚めた途端に真っ青?

昨夜は、11時ごろに、
こたつでウトウトし始めたちぃ。
 
11時ごろから寝始めるなんて、めずらしぃ〜〜 
 
「ちぃちゃん、上で寝なさい。」
と二階の寝室へ促すと、
とろりとした目をあけて、
ふらふらしながら、リビングを出て、
階段をあがっていく。
そして、その後、リビングへ戻ってくることはなかった。(嬉)
 
久しぶりのゆっくりとした私だけの夜の時間が流れる・・・
 
でも、いつもより早めに寝たちぃは、
明け方に一度目覚めて、夜(朝)泣き・・・
 
夜更かしした私は、
おかげで、いつもの朝の時間には起きれなく。(汗)
 
目覚めた時、なんだかよく寝た気分。
と思ってたら、お兄ちゃんが
「お母さん、もう8時やで!」
と。
 
「えーー?!8時ぃ〜?!」
「もっと早く起こしてよ〜〜」と私。
(あ、母が息子に言う言葉ではなかったか・・・)
 
「ごめん、ごめん!ボクも二度寝して、今、起きたとこ。」
(しかも、母に謝ってくれるなんて・・・汗)
 
「じゃあ、お父さんは遅れずに仕事に行ったん?」と私。 
 
「うん。行ったで!」と。
 
そうか・・・。
それなら、まあ、よかった。
 
で、ちぃは、母が寝坊したせいで、
もちろん遅刻・・・
バスには、到底間に合わないので、
マイカーで学校へ・・・
それはそれで、うれしかったようで、
後部座席から、うふふふ〜♪と笑い声が聞こえていた。
 
まあ、こういう日もあるさ〜
 
posted by イムニー at 19:09| Comment(2) | 家族

2010年01月30日

実家での一日・・・

今日は、法事・・・
 
お寺さんが来て、
お経を唱えている間、
うふふ〜とニコニコのちぃ。
時々、おなかをポリポリかいたり。
お経に合わせて、体をゆすったり。
三角すわりをしたり、膝をのばしたり。
紙やプラをピラピラしたり。
 
お経は、ちぃにとっての
癒しのリズム・・・
おだやかな空気が流れる。
 
そういうわけで、
ちぃにとっては、
おりこうさんに過ごせました。
 
お昼は、
みんながご馳走を食べている横で 
ちぃは、トーストに大好きなタマゴをはさみ、
 
そして、夕飯は、
ミートスパゲティーのマヨネーズがけをすると
満足気に食べて・・・
 
時々怒ったりしながら、
実家で晩まで過ごしてきました。 
 
posted by イムニー at 23:47| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2010年01月31日

作品展で・・・

今日は、ちぃの学校の
作品展でした。
 
午前中は、保護者は、子どもと一緒に周ります。
最初は、エーー?!っと思ったけれど、
ちぃは、お父さんと私が来て、
一緒に過ごすこと、
なかなかうれしそうでした。
 
お弁当も一緒に食べます。
作れたのは、ちぃのお弁当のみ。
マカロニサラダとエビフライを作った。
ダラダラと時間をかけていたけど、
全部食べて・・・
 
午後は、
近所の高校のブラスバンド部が来ての
コンサートだった。
 
私達は、お弁当を食べさせた後は、
買い物に出かけたけど、
ちぃは、午後のプログラムも終えて
スクールバスから降りてきたとき、
とってもご機嫌だった。
きっと、すごく楽しかったのだろう。
 
20100131_2.png
 
 
 
 
 
 
 
 
 木工作業で作った椅子グッド(上向き矢印)
 
20100131_1.png
 
 
 
 
 
 
 
窯業で作ったちぃの作品グッド(上向き矢印)

(椅子も食器もほとんど先生の作品だろう〜笑)
 
20100131_3.png
 
 
 

 
 
 

 
織姫と彦星は、

先輩たちの合同作品らしい。
かわいかったので、パチリ・・・ 

posted by イムニー at 23:56| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと