2010年05月01日

誘拐させないもーん!

昨日、ヘルパーさんに
お迎えに行ってもらい、
その1時間後に事業所さんへ
迎えに行った。
 
ちぃは、コンビニでアイスを買ったり
ちょっとお散歩したりしながら、
最終的に電車に乗って、
事業所へやってくるはず、
だったのだけど、
迎えに行くと、まだ帰ってこない。
 
どこかで怒って座り込んでいるのかな?
 
事業所の方が、何度も連絡してくれて
ようやくヘルパーさんに電話が繋がると、
まだ、電車に乗れていない、とのこと。
 
そういえば、
最近、新しいヘルパーさんが
付き添ってくれていた。
 
いつも行くのとは逆のホームへ行こうとしたら
行くのを拒んだらしい。
あらら〜?
これまでも何度も別方向へ行ってたはずやのに・・・
 
今までも、
例えば小学生のとき、
いつも放課後にお願いしていたボランティアさんに
その日は、車で自宅まで送ってきてほしい、
とお願いしたことがある。
そのとき、初めて車に乗るのに
30分もかかったそう。
ちぃは、ものすごく抵抗したそう・・・
 
中学のときは、
ヘルパーさんにタクシーを使って、
私のいる場所は連れてきてもらったら、
やっぱりタクシーになかなか乗らずに
えらい料金がかかってしまって、
大ショックを受けたことがある。
その後、ヘルパーさんを頼んでいる事業所さんが、
福祉タクシーのサービスを始めたので
その後は、助かった。
ちぃも、乗り慣れると
いやがらずに(喜んで)乗っているようだ。 
 
昨日は、
方向が違うでしょ!?
とちぃは、動かなかったんだ。
確かに、どこに連れていかれるか
わからないんだもん。
こわいよね・・・
 
いつも慣れているヘルパーさんが
迎えに行ってくれた。
それでも動くことはなかったようで、
結局、
昨日は、母が最初の駅まで迎えに行った。
とほほ・・・
 
でも、きっと、これなら誘拐されることは
ないだろう〜(苦笑)
動かないだけじゃなく、凶暴やしね!(汗)
 
posted by イムニー at 19:18| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2010年05月03日

バーベキュー大会

GW、そんなに予定はないけど、
ちょっとたいくつしている日もあるけど、
そこそこ楽しんでいます♪
 
昨日は、
とれぶりんかのティーンズメンバー
(どちらかというと、ふれあいサークルの
メンバー)と共に
くろんど池まで
ハイキング&バーベキューに行ってきた。
 
ちぃも、ティーンなので、参加させてもらった。
(荷物も運ぶ必要があったので、
車も必要だったから。)
企画者は、学生のお兄ちゃん!
ちぃのお兄ちゃんよりも
1歳年上なだけなのに、しっかりしてるぅ〜
 
朝早かったので、
ちぃは、起きてくれるか?
ソファーから離れてくれるか?
家から出てくれるか?
とっても心配したけど、
なんとか車に乗せることに成功!
 
そして、バーベキュー場についてからは、
行きしなに買った
マカロニサラダやカニかまぼこサラダ?を
さっさと食べだしたりして・・・
(BBQしに来たのに・・・汗) 
 
そんな自由にしているわりには、
午前中、ちょっと怒ったりもして・・・
 
でも、その後は、ご機嫌だった。
 
ただ、バルタン先生が
一緒にボートに乗せてくれようとしたのに
残念ながら、乗り込む直前に
しり込みして、怖くて座り込んでしまった。
 
せっかく池の上をプカプカ、
のんびりボートに乗って
母も楽しもうと思ったのに・・・
 
バーベキューの予算は、
なかなかシビアで、それでも、
色々と工夫してくれて、
お肉やウインナー、焼きそば、
それに厚揚げなど、おいしくいただきました。
 
企画者のお兄ちゃんが
マシュマロを買ってきてくれたので、
女子中高生らには、大うけだった。
 
マシュマロとチョコとバナナを一緒に
ホイルに包んで、チョコバナナの焼きバナナもした。
女の子らが楽しんで、ホイルに包んでくれた。
マシュマロは溶けてなくなり
とろ〜りとしたソースになっていた。
チョコは、溶けてるといえば溶けてるけど、
完全には溶けないんだ。
 
お友達のお母さんが、
焼き芋や飯盒でごはんまで炊いてくれた。
 
どれもこれもおいしくいただき、
バルタン先生からいただいた(or奪った?)
たけのこもホイル焼きにして
持ち帰った。
帰り際にも山菜を色々買って帰った。
 
昨日もまた、
学生の子や、若いメンバーと一緒に
はしゃいできてしまった・・・(笑) 
楽しかった〜


IMGP0125.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
IMGP01291.jpg
 
 
 
 
 


IMGP0138.jpg
 
 
 
 
 
 

 
IMGP0141.jpg

 
 

 
 


 

IMGP0151.jpg
 
 
 
 
 
 
 


IMGP0148.jpg
 


 

 
 

 
IMGP0145.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 IMGP0147.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by イムニー at 23:55| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年05月04日

ついに、この日がやってきた!

以前、
障害児の学童保育のような場
(WakuWaku体験くらぶ)を行ったとき、
知り合いのパパさんから
DVDのホームプロジェクターを
貸してもらったことがあって、
自宅でも、一度映画鑑賞をさせてもらった。
 
その時、
ちぃちゃんパパが、
とーっても気に入って、
ずっと欲しいと言っていた。
 
でも、もったいな〜い!と
購入を拒んできた。
 
そして、ついに!
パパが、自分のお小遣いで買ってくれることに!
 
調べてみたところ、
以前のよりもずっと進化していて、
そして、価格も安くなっていた。
その上、スクリーンまでセットになってたりする。

ついでに、ケースまでついてる。
 
ホームシアターというヤツは、
結構値段がするみたい。
でも、ホームプロジェクターという名前の機械は、
全然、手が届く値段・・・
 
何が違うの???
臨場感???
 
昨日、とうとう商品が届き、
早速DVDを借りにいき、
上映会を開いた。
 
スクリーンは、
買うのを迷ったけど、やっぱり買った。
それが、思いのほか大きい!
まあまあ白い壁ならリビングにあるから、
そこに映しても・・・とか思ってたけど、
映せそうなリビングの壁の面積よりも
スクリーンの方がでかい! 
 
きゃ〜〜!
この大きさで充分やん!
(でも、壁が大きければ、
この3倍や4倍は、大きく映せるらしい)
 
スピーカーを別で購入して
部屋の四隅に置いたりしたら、
きっと完璧なのだろうけど、
スピーカーなくても、なかなかの臨場感!
 
これで、充分やん!
映画館に来たみたいな感覚が
充分、味わえた。
 
映画鑑賞をしている横で
ちぃが騒ぎ出さないだろうか? 
と心配したけど、
ちぃもちょっと喜んで、はしゃいでいた。
音がいいのと(今あるテレビより)、

大きなスクリーンに
ちぃも興味をもって、眺めていた。
(テレビやビデオ、DVDは、
あまり見ないのに・・・) 
ちぃにとったら、
TDRのアトラクションのような感じなのだろう。
 
音楽の流れるシーンは、
特に楽しいみたいだ。
 
これから
ちぃも一緒に楽しめるかもしれない。
 
それと、横で
ポップコーンを販売?してもらおう〜(笑)
 

IMGP0166.jpg
 
 
 
 
 
 


家庭訪問前なのに、散らかってるリビング・・・

ということは、気にしないでください!  IMGP0164.jpg
 
 

 
 
 
 
 
 
注:右下にちょこっとうつってるのは、ソファーに転がってるちぃ。
 
posted by イムニー at 06:00| Comment(0) | ライフスタイル

春の香り、山の幸〜

くろんど池のBBQの帰り際、
いくつか山菜を買ってみた。 
IMGP0154.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
めずらしいと思ったのが、
切り干し大根みたいに
ずいきも天日干ししてあったこと。 
早速、買って帰って、調理してみた。 
 
☆ 一昨日の我が家の夕飯メニュー ☆
 
 ・たけのこご飯 IMGP0162.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・若竹煮 IMGP0158.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・たらの芽のてんぷら IMGP0155.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・干しずいきの煮物 IMGP0157.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・焼き筍 IMGP0159.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わらびは、しっかりアク抜きしないと
食べれないことも、初めて知った・・・
 
というわけで、一昨日の夕飯には間に合わなかった。 
 
posted by イムニー at 08:00| Comment(0) | ライフスタイル

くらわんか音楽祭

明日5月5日(水)は、
第二回 くらわんか音楽祭というのがあり、
お友達が出演するので、
ここにも宣伝しておこう〜!っと。笑
 
お友達は、ちぃの同級生のお母さんで
YOKOさん
なかなか見事な歌唱力で、
オリジナル曲は、結構、泣ける・・・
 
場所は、枚方市 岡東中央公園にぎわい広場
(観覧無料 雨天中止)
模擬店とかもあるらしい。
 
YOKOさんの出演予定時刻は、
11時25分からだそうです。
 
ちぃとママも見つけたら、
ぜひ、声をかけてね〜♪
 
posted by イムニー at 21:10| Comment(2) | 街をTDRにしよう〜

2010年05月06日

生まれてくれてありがとう!

GW最終日の昨日、
くらわんか音楽祭へ
YOKOさんの歌を聴きに行ってきた。
母娘の絶妙なハーモニーは、すばらしい!
 
その詳細は、YOKOさんのブログ
載ってますぅ〜
ついでに、ちぃも・・・?!
 
YOKOさんの歌は、
愛に満ち溢れている。
障害児の親なら、誰でも共感してしまう・・・
そして、
障害児を育ててなくても、
どの親も共感できるのじゃないかな?
ただ、普段あまり意識しないことだろう〜
 
絶対に知っといて欲しいのは、
どんなに重度の障害を持っていても
その子は、望んで生まれてきたし、
親も家族も
「生まれてくれて、ありがとう!」
って思ってるということ。
 
ごくたまに
生まれてこなければよかったのに・・・
と思う親はいるかもしれない。
でも、それは、障害がなくても同じこと。
親が、しんどいものを抱えているんだ。

もちろん、その子のせいでもない。
 
ときどき
「医療の進歩のおかげで、
障害のある人を生き延びさせた。
障害のある人が増えた。」
みたいな差別発言を聞く。
 
そんな発言をするあなただって
大人になるまでに、
ものすごくたくさんの人に支えられたんだよ。
人からたくさんしあわせな気持ちにさせてもらったはず。 
そのことに気づいたら、
人の『いのち』を理屈じゃ語れなくなると思うけどな。
そして、
障害のある人が、
あなたよりも劣ってる、と勝手に決め付けないでね。 

posted by イムニー at 10:47| Comment(4) | 街をTDRにしよう〜

2010年05月07日

学校へ行く前に・・・

学校へ行く朝は、
お父さんが家を出る7時前に起している。
 
でも、今朝は、
早起きなお父さんの物音に目覚め、
(だって、リビングのソファーで寝てるんだもん!)
そして、とうとう怒り出した。
 
まあいい。
学校へ行く頃にはおさまってくれれば・・・
と思っていた。
 
ところが!
おさまってからは、
自分で、さっさとトイレへ行き、
そして、お風呂へ・・・ 
 
え〜〜〜???!
もうすぐ学校へ行く用意をするんですけどぉ〜〜
でも、ちぃの行動は、もう止められない・・・ 
 
あ〜あ。
今日もまた、バスに乗り遅れるのかぁ〜〜 
 
と思っていたら、
意外に早くお風呂から出てきた。
 
そして、着替えて朝ごはん。
そして、次にソファーへ逆もどり・・・
 
そのソファーから
引き剥がすのに、またまた一苦労・・・
 
そして、ようやく家を出た。
 
結局、信号でひっかかって、
目の前にバスが見えてるのに
前の車を追い越せないから、どうしようもない。
やがて、バスは、いつもの場所から出発していく・・・
でも、次の次のバス乗り場で
なんとか間に合って、
ギリギリセーフ!
 
ありがたかったのは、
(去年と同じだった)バスの人が、 
「よかった〜。ちぃちゃん、間に合ったねぇ〜」
と言ってくださったこと。
優しい言葉をかけてくださった。
 
今年の担任の先生も
とってもいい感じで、
昨日の家庭訪問時、
ちぃのために、いくつも提案をしてもらった。
とてもありがたいと感じた。 
 
ちぃの周りの環境は、
なかなかいい感じに変化していってるよう・・・
 
そのせいだろう〜
2年生になって、随分落ち着いてきた。
そして、昨日も今日も、学校から帰ってきてから、
と〜っても機嫌がいいのは・・・
 
posted by イムニー at 20:45| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2010年05月10日

高校生活が一番楽しかった!

今年受験され、めでたく高校に入学された
知的障害を持つお子さんのママから
その後の様子を聞かせてもらっている。
 
日中の活動として
通所施設へ通われていた方が、
高校へ通うようになって、
顔つきが変わり、
とってもイキイキしたいい表情になっているそう・・・
受験のときは、
ただならぬ雰囲気が怖くて泣き叫んでいたのに
今は、とってもおとなしく授業を受けているそう。
そして、周りの生徒達の様子はというと
クラス内がとっても落ち着いているそうです。
 
また、
高校を卒業されたお子さんの話では、
「(小中学校よりも)高校が一番楽しかった!」
と言ってられるそう・・・
確か、色々あったように思うけど、
結局は、しんどいのじゃないか?とか心配もしたけど、
それでも、本人は、やっぱり高校生活が、
とっても楽しかったんだ。
 
そして、ほとんどの子が、
めぐまれた小中学校よりも、
高校が一番楽しい!と言ってる。
 
大人は、嫌なことをいつまでも覚えているけど、
子どもらは、嫌なことはさっさと忘れ、
楽しい!ということが、そこにあれば、
やっぱり『楽しい〜!!』となるんだね。 
 
親御さんや障害のある人から
そんな報告を受けては、
とってもあったかい気持ちにさせてもらっている。
やっぱり重度の知的障害があっても
高校生活は、とっても必要なことなんだ〜 
 
posted by イムニー at 09:42| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2010年05月12日

いのちの授業

小学5年生か4年生だったかな?
その日の参観は「性教育」で、妊娠と出産についての授業でした。
その時の授業の流れから、
私はその時、「これはチャンス!」と自分から挙手して
ちぃの障害がわかった頃の話をさせてもらいました。

産まれて少ししてから、

おでこに大豆大のぐりぐりがあることに気付いたこと。
レントゲンの結果、腫瘍だと判明。
その部分はきれいに取り除くことは無理だろうと
医者に言われたので、

悪性なら、死んでしまうのだと私が思ったこと。
ショックだったこと。
でも、良性だったこと。
だから、今は、一緒にいられることが

とてもとてもラッキーなことで

障害があるとかないとかは、気にならなくなったこと。
ちぃが生まれてきてくれて、

今もとてもうれしいんだということ。
そんな感じの話をしました。


で、障害があってもなくてもおんなじ!

生きているだけで素敵なことだよ!
だから自分を大事にしてね!

自分を大事に思えば、他人も大事にできるよね?
という風な話を大胆にも、
ちょっとえらそうに話してきてしまいました。

でも、担任の先生が喜んでくださり、

後日、子ども達に『参観日』という題で作文を書かせてくれました。
そしたら、半分くらいの子の作文の中には

私の話した感想等が、はいっていました。
ちぃと一緒に育ってきた子ども達だからこそ、
こんなに感じてくれたのだと思ってうれしくなりました。

 その内容をほんの少し紹介すると
【最後はちいちゃんのお母さんです。
お医者さんは、「このままでは死んでしまうかもしれない。」って
聞いたとき「エーーー。」って思いました。でも、運良くちいちゃんのは良性でした。ほっとしました。】

【ちいちゃんは、(良性で)
よかったなーと思います。なぜなら2億から5億個のきせきで生まれてこれるのに死んじゃったら、もうきせきは2回もおきるだろうことはないだろうし、だけどちいちゃんは運良くうまれてこられてよかったなーと思います。】


【ちいちゃんのおばちゃんが、『自分を大切にしてください。』と言って、あらためて自分を大切にしようと思いました。】 

【さいごはちいちゃんのお母さんがちいちゃんのことを言っていました。そしたら、お母さん達も「うん。」と言いました。】 

【ちいちゃんのお母さんは、しょうがいがあっても別に幸せだったらいいと言っていて、別にしょうがいがあっても悲しいことじゃないんだと思いました。】 
 
【ちいちゃんの生まれたときのようすやしょうがいのことを聞けてよかったです。ちいちゃんのお母さんがさいごに言ったことばが忘れられません。ぼくも命をたいせつにしたいと思います。】



みんなの作文(感想文)は、とってもうれしかったよ。

どうもありがとう!

今日は、ほんとは告別式に参列してきた。

だから余計に、死ではなく、

生について、考えたかったのかもしれない。

posted by イムニー at 23:33| Comment(0) | 小学校でのエピソード

2010年05月13日

やんちゃな子ほど・・・

月に1回程度、障害を持つお母さん達と
交流会をしている。
 
最近は、相談員の方や、元教員の方、
障害者のサポート等をされている男性とか
障害児の親以外の方も参加してくださるようになってきた。
 
元々は、地域の学校へ行ってる障害児の親が、
地域の学校で問題が起こっても
気軽に相談できるママ友達がいなくて
地域で孤立しがちだったり、
知ってるとお得な情報を知らなかったり、
もったいないことになっていたので、
交流や情報交換の場として、
主に支援学級の保護者を対象に
お友達のお母さんとはじめた。
 
とはいえ、実際には、
支援学級の保護者じゃなくてもOK!
誰が来てくださってもOK!
 
その交流会の中で
時々話題になるのが、
クラスでやんちゃな子が、
障害のある子には、とっても優しくて・・・
という話題。
 
そして、
障害のある子がいる学年の子らは、
ひとりもいない学年の子たちよりも
落ち着いているよね?ということも。
(但し、障害があっても、障害児だとわかりにく子に
対しては、そうじゃない場合がある・・・)
 
いろんな学校のお母さんらから
そんな話を聞くのです。
 
ちぃには、
ほとんどの子たちが、優しかったように思うけど、
それでも、
『クラスでやんちゃなA君やB君が、
いつも問題ばかりおこすのに、
ちぃちゃんには優しくて・・・』
と担任の先生が喜んでられたことは、
私もうれしかった。
 
他のお母さん達からも
そんな話をたくさん聞く。
 
そして、ちぃの周りでは、
同じ学年の一般のお母さんや地域の方からも
そんな話を聞くことが時々ある。
 
先日も
「障害のある子がいたから、
あの(ちぃの)学年は、まとまっていたみたいよ!」
って、地域の方が話していたそうだと聞いた。
 
私が言うと、
とーってもわざとらしいのだけど、
ほんとにその通りだと思うよーー(笑)
 
posted by イムニー at 21:44| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2010年05月18日

芝桜がとってもきれい!!

と想像していたのに、
すでに、もう終わっていた・・・汗
 
IMG_5425.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 

週末、トンボ池公園というところに
おばあちゃんも誘って行って来た。 
 
久々にお弁当もがんばった・・・
 IMG_5416.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、ちぃのメインディッシュは、
カップラーメン・・・苦笑
 
IMG_5423.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
見つけたテーブルは、
車椅子の人のために、一箇所、空けてあった。 
 
IMG_5427.jpg
 
 
 
 
 
 
 
小さな小山が、3つ、4つ・・・
ちぃは、おそるおそる登った。
頂上では、超うれしそうだった・・・
でも、下りるのは、こわかったのだ〜
 
新緑が美しく、お天気もよくて
風もあって、気持ちよかった。
 
クローバが、たくさんあったから、
探すと、四葉のクローバも見つけた・・・
いいこと、あるかなぁ〜?
 
 

posted by イムニー at 19:09| Comment(0) | 家族

2010年05月20日

職員人権研修

本日、高校の研修会にお友達の方々と参加させていただきました。
呼んでくださり、ありがとうございました。 
 
研修に呼んでいただいたのは、
「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に!ということで
ネットワークを作った仲間たち。 
私も、他の方の話を聴いては、
共感させてもらったり、学ばせてもらったり。
 
こんな風にいろんな方々と
お友達になったり、繋がったり、
今日みたいに、新しい出会いがあることが
とってもうれしい〜!
 
そして、
今、ブログを読みに来てくださった方々、
どうもありがとうございます。
 
質問の中で、
障害のある子だけが、『〜ちゃん』と
ちゃん付けで呼ぶというのは、どうか?
というのがあったけど、
私は、「う〜ん・・・????」と考えていた。
 
あとで、他の人と、
その人との関係性にもよるのでは?
と話してたのだけど、
そのことは、

また、あらためて書きます。
 
今日は、どうもありがとうございました。

posted by イムニー at 18:07| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2010年05月22日

職員研修での質疑応答

他の生徒には、
『〜さん』や、呼び捨てで名前を呼んでいるのに、
障害のある子だけに
『〜ちゃん』と呼んでいる教員がいるが、
それは、どうなのか?
と聞かれたので、
私自身は、う〜ん・・・???と考え込んでいました。
 
二人のお母さんからは、
我が子の例を出して
「そういうのを嫌がっていた。」
ということを伝えてられましたが。
でも、子どものタイプによっても違うかも?と思った。 
 
多分、子どもは、
先生が、自分だけ小さい子みたいな扱いを
しているんだ、と気がつけば、
やはり、それは感じるだろうし、
イヤなのじゃないかな?
 
でも、かわいいから、という愛情から、
ついつい、『〜ちゃん』付けしてしまうのなら、 
気にならない子も少なくないかも?
 
そして、その子の性格にもよるのだろう。
 
家に帰って、お兄ちゃんにも聞いてみた。
「他の子には、そんな呼び方ではなくて
自分だけが、ちゃん付けやったら、
そら、イヤやろうな〜。
でも、だからといって、そんなことでは、
高校生にもなれば、あんま気にしぃひんけどな。
別にそう呼ぶ先生がいても、まあ、いいんちゃうの?」
と。
 
「そうやんな。
お母さんも今まで、気にしたことなかったわ。」
彼は、現役の高校生だ。
彼の言うことは、きっと正しいだろう。
 
子どもが『〜ちゃん』と呼ばれて嫌がってた、
と話していたお母さんも
「でも、小さな事なので、そのことを学校に言わなかった。
(もっと他に言わないといけなことが、あるので。)」
とおっしゃってたこともその通りなのだろう。
 
逆に 
「〜してはいけないのではないか?」
と先生方が、不安になって、
間違った対応をするかもしれないから、と怖くなって、
障害のある子に近づけなくなってしまわないように
と願います。
 
最初は、不安でわからなくても
とりあえずは、つきあってみてください。
すると、
こうしてやった方がいいのでは?
とか、
こうしてたことが、間違いだったかも?
とか、
そんな風にあーでもない、こーでもない、と
迷ったり、悩んだりしてくださることが
私は、とってもうれしいです。
 
それは、障害のある子の親としてではなく、
健常児の親としても、そんな風に思うのです。
 
当日、こんな風に質問してくださったことも、
とてもうれしく思いました。
皆様、ありがとうございました。
 
posted by イムニー at 01:30| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

思い〜っきり・・・怒鳴られた!(>_<)

今日は、久々に、
本当に、久々に、
これまでにないぐらい
怒鳴られた!(汗)
 
今日は、ちぃと『みんなのあそび場1(ワン)』の
催しとして、商店街から神社にかけての縁日に

参加していた。
 
ちぃは、お昼前から私と一緒に参加。
お昼を過ぎて、
一度、トイレに行こう〜と誘い、
近くのスーパーのトイレへ。
 
嫌がるちぃを無理やり連れて行ったのが
いけなかったのだろう。
ちぃは、しばらく便座にすわっていたけど、
そのうち、出ないとわかって?
怒り出した。
 
あ〜ん・・・
こんなところで、怒らないでよ〜(涙)
 
ただ、トイレの個室は、2つあった。
それが、せめてもの救い・・・
 
少し落ち着いたかも?と
とにかくトイレから出ようと、
まず個室から出すことに成功!
 
ところが!
次は、手洗いの前で座り込んで
本格的に怒り出してしまった。
 
きれいなトイレだったことが、
せめてもの救い・・・
 
でも・・・(涙)
 
個室から出ると、
誰も並んでいなかった、、、
ように思った。
誰かが来るとびっくりするだろうな〜
とも思った。
それでも、誰か来たら、
個室には入ってもらえるように配慮していた。
 
スーパーの人が来て
「どうされたんですか?」と。
 
娘は、最重度の知的障害があり、
今、パニックになっている、と話をしたけど、
スーパーの人は、何も言わずに出て行かれた。
理解されて、そっとしておこうと思ってくださったのかな?
とか思っていたのだけど・・・
 
ちぃのパニックが本格的で
私も泣きたいぐらいな状態になっている時、
またまたドアが開いて、
中年の男性が、
「アンタは・・・アンタが親か!」
「みんな、迷惑してるんや!
どんだけ外で待ってると思ってるんや!
わかってるんか!!」

 
といきなり大声で怒鳴り散らされた・・・ふらふら
 
「私も困ってるんです。
  ・・・
それに、どんなけ待ってるとかは、わかんないです・・・」
と私。
(ひぇ〜〜!めずらしく泣きそう・・・)もうやだ〜(悲しい顔)
 
「なにを言うか〜?!
さっきからずっと外で待ってるんや!

アンタは、それがわからんのかぁ〜!?」
 
「だから・・・私は、中にいるから、
外の様子なんてわかんないですよ〜」
とにかく、今、そんな話をしている場合ではない。
私までパニックになるやん。(半分、なってるし!)がく〜(落胆した顔)
 
それでも、まだまだ怒鳴られ、まくし立てられ続ける。
 
「苦情があるなら、警察でも呼んでください!
私も困ってるんですから・・・」
 
「警察やったら、わしも同じ立場や!」
(も〜お!この↑意味わからんしー)

 
少しして、
また、ドアを開けて、怒鳴ってきた。
 
「だから、私も困ってるんです!!」(←私)
「だから、警察でも呼んで!」(←私)
「わしも同じ立場や!」(←おっちゃん)
(これ↑が、意味わかんない・・・
スーパーの中で、自分は警察みたいな立場だと
いうことなのだろうか???と家に帰ってから気がついた。
でも、一般の警察官は、困ってる人に怒鳴りつけたりしないよ!) 
 
そして、少ししてから
私と同じ年代ぐらいの女性が
「ほんとに警察呼んでもいいんですか?」
と、とっても冷ややか雪に言ってきた。がく〜(落胆した顔)
 
この言葉は、本当にカチンときた!
まるで私に、
『本当は警察を呼ばれては困るでしょ?!』
と挑戦的に言ってきている言い方やん!
 
私の方が警察を呼んで欲しいと思ってるのに。
こっちは、必死でちぃをなだめているというのに、
おっちゃんたちの相手までしないといけないから、
警察の人に、おっちゃんたちの相手をしてもらいたかった。
でも、こんなことで警察を呼んでも、
警察の人に悪いだろう〜
だから、私の常識としては、呼ぶわけにはいかない。
だから、あなたが呼んでくれると、私はうれしいんだけどな。
 
私からは、

私も困っていて、
私も助けて欲しいんだ、ということ
必死で伝えているのに・・・
それでも、怒鳴ってくる! 
なんとかしたいけど、私には、成す術がない。


結局、別の女性が入ってきて
トイレで用を足していった。
「すみません。うるさくて・・・」
と私が言うと、
「いえいえ。大丈夫です。」
と何食わぬ顔で、出て行かれた。
 
え?一体、この差は、何???
 
ちぃみたいな子に
今まで会ったことなかったのだろうけど、
だからといって、反応が過敏すぎやしない???
 
他のスーパーやデパートでは、
逆に
「大丈夫ですか?」
「何かお手伝いすることありますか?」
「慌てなくてもいいですよ。」
「気にしなくてもいいですよ。」
と優しい言葉をかけてもらってきたから、
今の社会は、随分と障害のある人への理解が
進んできたのだ、とホッとしていたのだけど、
今日は、本当に残念だったし、悲しかったし、
ものすごく傷ついた。

 

そして、
なぜ、ここまで怒鳴られないといけなかったのか?

事情を聞かずにいきなり怒鳴ってくるなんて・・・
事情を説明しても、助けを求めても
ずっと怒鳴ってきていた。
大人の男性が、それは、
いくらなんでも、ひどいんじゃない? 
 

と、今も思い出しては、
怒りと悔し涙が込み上げてくる・・・

 
posted by イムニー at 18:44| Comment(10) | 街をTDRにしよう〜

2010年05月25日

コワイィ〜!!

日曜日、大好きなお風呂に誘っても
ちぃは、とっても嫌がった。
誘う度に、怒り出した。
 
 ???
 
お出かけしてないから?
 
出かけて帰ってきたら、お風呂に入る!
ということに取り決めたん???
 
まあ、土曜日に入ってるから
日曜日はいいでしょう〜
でも、あとで入る!とか言わないでよー。
また、一緒に入らないといけない、
或いは、見張っておかないといけない、
なんて、いややから〜
 
そして、昨日の月曜日。
夕方、家に帰ってくると
トイレに行って、お風呂に入る気配もあったのに
またまたリビングへもどってきた。
 
あら?
 
今日は、ここで入っといてよ!
あとから、
「お風呂入ろう〜」
と言う度に、怒り出されてはたまんないし!
 
そのうちお風呂が沸いたので、
私も一緒に入った。
(水風呂には一緒に入らない!と私は決めている。)
 
一緒に入ったけど、
ちぃは、浴槽に入るのがコワイ!
ちょっと入っては、また出て・・・
また、ちょっと入っては、出て・・・
そして、ちょっとゴンゴン・・・
 
ゲーー!
あんなに好きだったのに、
また、お風呂がコワイ!という周期に 
陥ったぁ〜?
 
ちぃは、ソワソワと落ち着きなく、
体を震えさせている。
本当に怖いんだね。
 
思い当たるのは、
やはり土曜日に怒鳴られたこと。
怒鳴られたことが怖かったのか?
母が、ショックを受けていたことが
ショックだったのか?
母が、自分のせいで傷ついてるんだ、とか
思われていたらどうしよう?!
と、私もあせる・・・
 
「大丈夫!大丈夫!」
「ママは、ちぃちゃんのことが、大好きだから!」
 
いっぱいなだめていると
やがて、浴槽の中へ
ホッ
 
ごめん!ごめん!
こちらの精神状態はリンクするから
気をつけないといけなかったのに・・・
(って、そこまで落ち込んでたわけじゃないんだけど。)
posted by イムニー at 09:59| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2010年05月26日

試行錯誤

おいしいキャラメルポップコーンを作ろうと
試しているところ。
 
二度目の試作品がこれ左斜め下
IMGP0180.jpg
 
 
 
 
 
 
 
まあまあおいしくできた。
ちぃは、大喜びで食べてくれた。
でも、もう少しカラッとさせたい!
 
ついでに、カキ氷のシロップで、
青色のも作ってみた左斜め下
IMGP0179.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 かなりマズそうに見えた・・・ 
posted by イムニー at 11:37| Comment(2) | ライフスタイル

2010年05月29日

乗りたいけど、乗れない。

昨日、ちぃの学年は、校外学習で、
遊園地へ行ってきた。
 
家庭訪問時に乗り物とかはどうですか?
と聞かれて
「ディズニーランドやシーのアトラクションは
大好きだけど、初めての乗り物には、
怖くて乗車拒否をするかも?」
「或いは、乗りたいけど、
乗るのに時間がかかったり・・・」 
と伝えていた。
 
昨日も前半はびびりまくりだったそうで・・・
乗ろうと誘うと座り込み、
やめとこう〜出よう〜と言うと
素直に立つ、という繰り返しだったそう・・・(苦笑)
 
コーヒーカップも乗りたいくせに
こわくて一歩が踏み出せず、
でも、先生方が、手伝って乗せてくださったおかげで
その後は、順調だったよう・・・
 
昔、ディズニーランドで
お兄ちゃんは
グランドサーキット・レースウェイが好きで行くと
でも、ちぃも乗りたかったようで
自分から、入り口の中へ。
(初めて乗った時ではなく、
久々にパークへ行った時の話。)
 
順番がまわってきて
サーキットカーに乗ろうとしたら、
片足を上げるものの、こわくて・・・
でも、乗りたくて、また、片足は、車の中へ。
でも、次の足も入れたいけど、入れれない。
何度も挑戦するものの怖くて・・・
 
後ろの人が気になって
私があきらめかけたとき
「ゆっくりでいいですよ。大丈夫ですよ〜」
と、いつまででも待ちますよ〜
という雰囲気のキャスト(スタッフ)さん!
 
おかげで、少し時間をかけて
ちぃは、ようやく車に乗ってくれた。
 
その後、うれしそうな顔で乗っていた。
 
posted by イムニー at 10:04| Comment(2) | 天使の(?)ちぃちゃん

みかんの缶詰をお弁当に入れる方法

昨日のお弁当も
もちろんマカロニサラダを〜
(他にエビフライやコロッケ、黒豆を。笑)
 
そして、果物も・・・と思うものの
ちぃが喜んで食べるのは、ブドウ!
スーパーで見ると
まだ時期が早いせいで、
ちょっと高い!
 
なので、みかんの缶詰にした。
 
でも、みかんの缶詰だと
お汁が出るから、と
それで、思いついたのが以下。
 
1)常温で保管できるプチゼリーを
電子レンジで、30秒程チン! 
IMGP0193.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2)液体になったゼリー液に
みかんをくぐらせてミニカップへ。
(余ったゼリー液にもついでにみかんを・・・)
 
常温になれば、すぐにゼリーは固まった〜
これで、お弁当の中でみかんの汁も
シャットアウトされたよね〜?!IMGP0206.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 

2010年05月30日

畑プロジェクト♪

先月から 
「みんなでつくる学校とれぶりんか」で、
畑プロジェクトが始まった!
その名も『とれぶde畑〜つちのこ〜』
 
昨日と今日、パパが出張だからお出かけしにくく、
でも、家に2日もこもるとたいくつして怒り出すので、
今朝は、冷やかしに?畑に遊びに行ってきた。
(全然お手伝いしなくて・・・汗)


久々にお兄ちゃんも一緒に出かけた。
焼きたてパンも・・・
IMGP0207.jpg
 
 
 
 
 
 
 

今日は、さつまいもを植えていましたよ〜
IMGP0212.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、上の画像は、

ネギとモロヘイヤかな?


これまでに、

長ナス・トマト・ミニトマト・ゴーヤ・キュウリ・きくいも・
シマオクラ・つるなし菜豆も植えたそうです!

IMGP0213.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
グングン成長してました〜 
IMGP0214.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちぃは、ひなたぼっこ。
大好きなお姉ちゃんと一緒にパチリ!
でも、カメラ目線は、してくれません。(~_~)
IMGP0211.jpg
 
 
 
 
 
 
 

最後に、
さつまいもの苗の上に、わらを敷き詰めて
今日の作業は、完了!
IMGP0215.jpg
 
 
 
 
 
 
 

ぽかぽか陽気と畑の土の感触と香り、
とっても癒されて帰ってきました〜

posted by イムニー at 22:17| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜