2011年05月02日

自傷のはじまり・・・

ちぃが自傷するようになったのは、
正直、よく覚えてない。

小学校の中学年頃だったのかな?
低学年や幼児の頃でも、
頭を手で軽くゴンゴンするようなことは
していたのかもしれない。

それよりも、怒って泣いてわめいて、
というようなことなら、
幼児の頃からやっていたと思う。

健常児の1〜2歳の赤ちゃんと
変わらない感じかなぁ〜?

腕を、おでこや鼻の上あたりにゴンゴンきつく打ち付けるようになり、
そのせいで、鼻の上が赤くなるようになったのは、
中学年頃からだったと思う。

まさか、どんどんエスカレートしていくとは
思いもよらなかったし、どう対処してやればいいのか?
全くわからなかった。
また、その頃は、自傷そのものよりも、
泣いて騒いで、というのが大変だったし、
毎晩の夜泣きが大変だった。

やがて、高学年になってくるにつれ、
腕だけではなく、
床に頭をゴンゴンするようにもなっていった。
また、自分の膝で顔を打ち付けたり、
両膝で、顔を挟むように
激しく打ち付けるようになり、両方のほっぺも腫れるようになってきた。
この頃には、なんとかしたいと思うようにはなっていた。
でも、対処法がわからない・・・

小学校6年生ぐらいからは、
母ひとりで、電車等の公共交通機関で出かけるのがこわくなってきた。

なだめても、ダメ。
怒ったら、もっと激しくなる。

おなかがすいた、とか、暑い、とか、
アトピーがかゆい、とか、
理由がわかるものもあれば、
突如、豹変して、自傷しだすことも多々あった。

自傷しだすと、本人には抑制がきかない。
本人もコントロール不可になるよう・・・

当然、自傷を止めることも試みてみたが、
本人には、それが苦痛になるようで、
一層、自傷を激しくするだけだった。

結局、色々試みた結果、
自傷が始まった時は、そっとしておくことが、一番マシだった。

自傷は、始まったら対処するよりも
自傷する理由を見つけて、自傷起こさないように対処することが望ましい、
というようなことを、いろんなところで読んだ。

だけど、それは、簡単なことではない。
理由がわからない場合の方がずっと多かった。

また、ちぃにとって、逆に自傷することで発散でき、
気持ちをコントロールしているようにも感じた。

中学一年生になり、余計に自傷が激しくなった。
その頃、ちぃは、他の人と違うこと(自分に障害があること)を理解するようになったのかも?
ただ、3日間程度、家族でディズニーランドへ行った時、
その間、ずっとご機嫌だった。

ちぃの自傷時、
当時は、とにかくそっとしておいた。

長くなるので、今日は、この辺で・・・


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)

自傷の種類と対処方法

ちぃの場合は、段々と自傷がエスカレートしてきて
中学2年生の終わり頃には、そばにいる人にも
叩いたり、拳骨で殴ったり、と他傷行為もするようになった。

他傷は、決して好ましい行為ではないけど、
他者に向く、ということは、
それはそれで、成長している結果だといわれたし、母もそう思った。

だけど、誰かを傷つけるわけにはいかない。
自傷の時も、無理に止めたりせず、おさまるまで放っておいて!
と学校やヘルパーさん達には伝えていたけど、
他傷が始まってからは、怪我しないように
少し離れていてほしい、ともお願いした。

それでも、急にパニックになったりしたら
そばにいた
先生の腕を叩いてしまったり、
友達の手を叩いてしまったり、
ということが、何度かあった。

ちぃの自傷は、思春期に入り、
多分、感情がフクザツになっていったからだろう。
激しくなっていった。

でも、子どもによっては、
幼児期に自傷していても、
年齢が上になるにつれ、
自傷が減っていった、というケースもよく聞く。

言葉が出るようになってから、
徐々に減っていった、というケースも多い。

また、先の見通しがつかず
パニック=自傷になるというケースも。
そんな場合は、スケジュールをわかりやすく提示するとよい、とか。

ただ、ちぃの場合は、スケジュール云々は、
提示もしにくいし、それ以上に、
理由のわからない自傷の方が多かった。

いろんな意味で、わからないことだらけだし、
わかってもらえないことだらけで、しんどいんだと思う。
また、嫌なことを思い出して、自傷しているように感じることも多かった。

それと、たいくつだ、とか、かまってほしい、とかを感じることも多かった。
だったら、できるだけ甘えさせてやる方がいいのかな?
と思ったり。
でも、いつまでも甘えさせていては、キリがないのではないか?
ひょっとして、甘やかせすぎている?
と思うこともあったり。
こちらもわからないことだらけ。
だけど、甘えたいときは、甘えさせてやりたいと思った。

他の人からもいろんな意見を聞いた。
ただ、それらも、本当に正解かなんて、よくわからない。
もっと放っておいてもいいんじゃない?なんて言う先輩もいた。

絶対いえることは、同じような自傷であっても、
人によって、対処方法が異なるかもしれない、ということ。

ティーチ
ABA
インリアル
等、いろんなアプローチがあるようです。
(ABAは、最近、このブログ読者の方から教えていただいたんです。)

それらの専門家に頼って、色々試してみるといいかもしれません。
但し、フツーに子育てする中でも、
育児は、育児書どおりにはいかない、というのと同じで、
専門家のいわれることが、すべてわが子に当てはまるわけではないし、
専門家が必ずしも、いつも正しいことを言ってるわけではないんだ、ということを
頭の片隅に少しだけ入れておくことも、私ならオススメします。

だって、人だもの。
マニュアルどおりに子育てできる人間なんて、
この世にいないと思うもの。

それに、専門家同士でも、
180度、言うことが異なるような場合もあるからね。
専門家にすべて依存してしまわないように、とは思います。
また、私は、迷いのない専門家の方は、あまり(ほとんど)信用しない。

ただ、上記のアプローチ法には、
共通項もあって、
テクニックの前に
子どもの気持ちに寄り添うことが必要なことばかりかも?
それは、子育ての基本だと思えます。

そして、ちぃの母のように
ちぃの自傷が、相当激しくなってから考えるのではなく、
自傷が軽い頃から、対処法を考えることはオススメします。

またまた長くなったので、
ちぃの現在の自傷の状況は、次の機会にします。
一気に書けなくて、すみません。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
 

2011年05月04日

どうやって24時間を過ごすか?!

春休みが終わり、
ホッとしたのもつかの間・・・

短縮授業やら、
GWやらで、
ちぃの行動に付き合う母は、
気が休めない。

学校のない休日は、
少なくとも1日2回は、出かけないときがすまない。
行くアテのない時は、買い物に行く。
買い物に行ったら、アイスを買わないとダメ!
散歩だけで、家に帰る!なんて、
ちぃにとっては、あり得ない!大汗
朝早く起きた日は、大変だ。

その30分後には、出かける!
と騒ぎ出すのだから・・・

買い物に行き、お風呂に入り、カキ氷を食べ・・・
などなどの一連のいつものパターンを終えると、
また、部屋着から外出用の服に着替えだして、出かける!と
騒ぎ出すようになってきた・・・汗

また、何か対策を考えねば・・・

とりあえず、今日は、庭でほんの数十分だけ過ごしてくれた。
その後、すぐに買い物に行くハメになることを
2回繰り返したのだけど・・・あせ

IMGP1249.jpg

よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 16:52| Comment(2) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2011年05月07日

野菜もスクスク育ってます♪

パパは、ちぃちゃん農園と名づけて、
野菜をたくさん育ててる。

その中のサラダそら豆。
って、どんな豆?

最初は、こんな小さかった・・・
IMGP0832.jpg

そして、少しずつ成長し・・・
IMGP1034.jpg

今やこんな風に・・・
IMGP1250.jpg

豆ができた〜
IMGP1251.jpg
どこにあるかわかる?

ほら、こんな風に・・・
IMGP1253.jpg

こっちのは、もう食べれるんちゃうん?
採ってみようか?
IMGP1254.jpg
これって、
食べてもいい大きさ???

採ってから、ネットで調べた〜
調べてみたら、まだ早かったよう・・・あせ
もうちょっとおいといたら、もうちょっと大きくなるらしい。

でも、ちぃも中にある小さなお豆をパクパク食べてました〜


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうざいました。(^_^)
posted by イムニー at 16:13| Comment(0) | ライフスタイル

2011年05月09日

GWなんて、いらなかった。

10連休の方もあったそうで・・・
今日から出勤、お疲れ様です。

ちぃは、あれから5日や7日や8日には
朝の7時ごろに起き、
30分程まどろむどころか、
起きてすぐに、出かける!と騒ぎ出していた。汗

1日二回のお出かけでは、治まりきらなくなっていた。

このGW中、パパはパパで、
仕事に3日程行き、1日は、釣りに行っていなかったから
その分、ちぃと母との密着度は高く、
ちぃも、母に、ちょっと飽き飽きしていたよう・・・

2月頃から、パパの残業や休日出勤も
多くなっていたからね。

パパが仕事から帰ってくると、
パパを追い掛け回すちぃ。(笑)

パパと一緒にお風呂に入りたくて、
お風呂の戸を開け閉めする度に音が鳴るチャイムを
ちぃ自身の手で、カランコロン、ガシャンガシャンと鳴らしまくる。
いつの間に、そんな合図を身につけた?

疲れて帰ってきてるパパも
わがままな姫に、仕方なく?付き合っている。
大変だけど、かわいい。

ま、なんとか楽しい時間も作りながら
今年のGWを終えた。(嬉)


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 09:37| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

ドライブは楽しいみたいなんだけどね・・・

連休中に、生駒山のドライブウェイへ行った。

IMGP1219.jpg

生駒なんて、なんか久々で、ちょっと懐かしかったような・・・

IMGP1222.jpg

お弁当は、ごく簡単に・・・
IMGP1209.jpg
だから、おにぎりを食べないちぃの主食は、カップラーメン・・・(汗)

道路沿いにあった峠の茶屋。
IMGP1211.jpg

お土産や野菜も売っていて、
IMGP1212.jpg

ちょっと癒される空間で、
IMGP1217.jpg
なんかいい感じだった。

だけど、ちぃは、車から降りたがらなくて
お弁当の時もすぐに車へもどってしまったー


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 15:27| Comment(2) | 家族

2011年05月12日

出た〜!!!

雨が続いているせいで、
玄関前にムカデ・・・

この辺りは、ムカデが多い。

団地住まいの頃も
梅雨時なんかに、よく出た。
なんと家の中にも・・・

1階に住んでたので、
1階に住んでるお部屋は、夜中に刺されて病院へ走った人も多かった。

思い出すだけで
寒気する・・・

天井からボトンと自分の手の甲に落ちてきた感触。
自分の手を見る一瞬手前に
ムカデだ!とトッサに感じた瞬間!

『ギャ〜〜〜!!』
とその後叫んでふりほどく。
けど、逃げられてもコワイ!
自分で殺すのコワイ!
でも、死んでくれなきゃコワイ!

一戸建てになってからは、
その恐怖を味わうことなく平和に過ごせると思っていたのに・・・
(でも、家の中に出ることはないかー)

今朝は、
パパ早出で、
母は、まだ夢の中・・・
出勤前に、パパは、格闘していたらしい。


よかった・・・(笑)



只今、ようやくGW明けたことで
昼間は、ほとんど家にいません。
昨日まで短縮だったし、
ちぃが帰ってきたら、PC前になかなか座れないので
ちょっと更新サボリ気味だけになってます。
お許しください。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 08:49| Comment(0) | ライフスタイル

2011年05月13日

私が選ぶもん!

学校へ行く時、
女子高生らしい服を着せるようにしている。

でも、時々、いつものカッターシャツを
着ない!
あっちいけ!
とか
スカートを
絶対に履きません!
と拒否される。

そんな日は、遠足へ行く日みたいな格好をする。

でも、今朝は・・・

ダダダ〜っと
2階へ行って、
降りてきたかと思うと、

長袖のTシャツの上から、
半そでのダンガリーシャツを着て、
パパの短パンをはいていた。

110513_070759.jpg

あとで、短パンだけは、
プリーツのスカートに履き替えてくれたけどね。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 21:07| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2011年05月16日

最近の自傷について

今も、ちぃが自傷しだしたら、
顔を殴らないように、必死で止めている。

怒り始めは、腕で、自分のおでこを軽めにゴンゴンする。
やがて、強くなってきて、
怒っている声を出して、
床にペタリと座り込んだかと思うと
顔面を床に打ち付ける。

ちぃの顔面を手のひらで押さえようとしたら、大変!
打ち付けた顔と床に挟まって、指を捻挫する。(汗)
一度、真っ赤になって、パンパンに腫れあがった。
骨折しなかっただけ、マシ!

だから、床に打ちつけ始めたら、
すぐに座布団や布団などをちぃの後ろに置いて、
ちぃを一気に仰向けに後ろへ倒し、
そして、両腕を押さえる。
腕を押さえないと、ゲンコツで、顔を殴ろうとするから。

腕は、片方の腕は、足で、
もう一方の腕は、両手で押さえる。
どちらも体重をかけて押さえる。
力だけでは、母だけではなく、パパだって勝てない。

それでも激しくなってきた時、
母の場合は、馬乗りになって
ちぃの両腕を両足で押さえる。
これまた体重をグンとかける。
きっと、すごく苦しいにちがいない。
誰かが見たら、虐待だ!と通報されるだろう。
でも、勝手にすればいい!という感じ。

ちぃも、当然、負けていない。
母の背後から、膝蹴りをしてくる。
だから、腰に青あざができたりする。
手近なところにクッションなどがあれば、
背中に置いたりする。
でも、すぐに退けられる〜

自傷を押さえはじめた頃は、
1日に2回、大体朝と夕方に自傷があった。
長い時は、1時間以上の自傷をしていた。
1時間、力を入れるちぃもすごい体力だけど、
1時間押さえつづけるのも、すごく体力を消耗し、
さすがに頭はクラクラして、目もうつろになってくる。
もちろん、汗だく!

でも、最近は、一週間に数回になってきているかも?

連休が続いたりすると、少し回数は増える。
それでも、長い時間の自傷も、少なくなってきた。

自傷を止める代わりに、
できるだけ、ちぃの要求を聞いてやるようにしている。
言葉のしゃべれないちぃは、手を引いて
あれ欲しい!
とか
こうして!
とか
要求してくる。

今回のGWは、本当に大変だった。
出かける!と騒ぎ出されるので・・・

それで、1日に2回は、買い物などに連れて行ってた。

それだけではなく、
あれやこれやと、ちぃは、腕をつかみ、引っ張ってくる。
その度に、何がしたいのか?(何が欲しいのか?)と
ちぃに連れていかれる方へ行き、ちぃの要求が何かを確認する。

要求を理解してから、
それは汲めない要求だわ〜!ってのは、
断固として拒否する。
(ここで、断固として拒否すべきことかどうか?時々、悩む。)

断固として拒否しても、
ちぃはちぃで、本当にしつこい。

それが、ここ数日、
すごく安定してきている気がする。

なんでもかんでも手を引いてこなくなった。

まだまだ油断できない状況だけど、
確実に自傷は減ってきていると思う。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 23:31| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2011年05月22日

自傷について、こう考えていた。

最近のちぃの場合、
無理やり何が何でも自傷を止めている。

だけど、以前は、
自傷を止めることで、自傷はひどくなった。
(今は、お薬に頼っているせいで、止めることができている)

ちぃにとっては、怒りや不安、いろんな思いを
爆発し発散することで、気持ちを安定させていた。
激しく自傷をしても、その後は、スッキリし、ケロッとしていた。
逆に無理に止めると、長引くし、
結局、その後もすぐに自傷をしていた。
発散しきれてないから。

健常者の場合
イライラした時、
物に当たるとか、誰かに愚痴るとか、
相手がいれば、その相手に反論したり、ケンカもする。
そうして、やがて怒りは、静まっていく。
でも、それを制止されたり、
たしなめられたりしたら、
余計にイライラは増すばかりだろう。

ちぃの場合、言葉がしゃべれないから、
普段から、言いたいことが伝わらないで、
悔しい思いをしているはず。
不安な思いもたくさんあるだろう。

その思いを自分なりに解消する術として
自傷をするようになったのではないか?
と思っている。

では、自傷させないためには???

・なるべく不安な思いをしない生活をすること
 だから、よく目で見てわかりやすいように写真やイラストで、
 これからのスケジュールを提示し、見通しをつけさせたりするんだ。
 (残念ながら、ちぃには、それは難しかった。)

・本人の思いをできるだけ汲み取った生活をすること
 (ちぃの場合、小さい頃は、やはり要求がわかりにくく
 こちらも判断できないことが多かった。最近は、よく手を
 引っ張ってくれるので、なるべくそれに応えるようにしている。
 でも、できない要求に対しては、断固拒否している。)

・自傷は、よくないことだと伝え続ける。
 ちぃには、ちぃちゃんが大事やねん。とも何度も伝えている。

・自傷の代わりに発散できることがあればいいのに・・・
 ちぃの場合、物に当たる!という行為になりそうで、コワイ。
 というか、すでに、家の中の壁などは、いくつも大きな穴が空いてる・・・汗

以上が、私が思ったこと。
自傷をやめさせる為にどうすればいいか?
は、多分、お子さんによっても対処法は、違うはず。

自傷を止めよう!と思って、
自傷しそうになる度に、
そばへ行って、抱きしめてやるのもいいかもしれない。
けれど、障害のある子でも、子どもはかしこい!
すぐに抱きしめてくれるとわかれば、
ことあるごとに、自傷をしようとして、
誰かを呼ぶかもしれない。

そばに来て欲しい、ということなら、まだいいけど、
もしも、わがままを通すために、
ということになれば、
それは注意しないといけない。

知的障害があるから、知能が低いとは思わないでほしい。
ちぃは、言葉もしゃべれない最重度の知的障害でも
いっぱい悪知恵を働かせ、日々、色々たくらんでいるようだ。
それに、心は、健常の人と変わらないと思うよ。

お兄ちゃんの小学生時代の妹を記した作文にも
『だから、妹は、かしこいです。』
と最後に書かれていた。

だから、なめてかからない方がいい。
大人は、結構必死で、色々考える必要があると思う。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)

 

2011年05月23日

自立させてはいけないのよ!

先日、アニマルセラピーの学習会に
参加させてもらいました。
ワンちゃんのしつけは、
ちぃのしつけと共通する部分や
参考になる部分が、すごくあります。(笑)

例えば、
・できるだけ怒らないようにして、褒めて育てましょう。

その理由がね。
悪いことをして叱っても、じゃあ、何がいいのか?わからないままだから。

そうやわ〜
と思ったのよ。

健常の子だったら、当たり前にわかっている社会のルールも
ちぃには、わからないことが多い。
だから、健常の子になら叱るようなことでも
ちぃの場合は、叱るよりは、そうじゃなくて、こうしてね!と
教えないと、わからないもんね。

だから、ワンちゃんのしつけと同じ?!(笑)

一部違うなぁ〜と思えることは、犬が主人にならないように
例えば、散歩に行っても、犬の行きたいところへ飼い主がついていく
ような散歩の仕方はダメ!等。

ちぃだって、
なんでもかんでもちぃの好きにばかりはさせれないけど、
基本的には、主体的にさせてやらないとなぁ〜、
自主性は尊重してやらないとなぁ〜と思いながら聞いてた。

だって、ちぃは、人間やもん。
自分のこと、自分で決めたいよね?

すると、ある方が、
「犬のしつけも、人間の子の子育ても、おんなじよ。
ただひとつ、人間と違うのは、
犬は、自立させてはいけないのよ。」
とおっしゃった。

やっぱり、そうかー。

共感したり、再確認できたり、
その日もやっぱり参考になった。

そういう意味でいうと、

学校では、どうだろう?


子どもを自立させないで、
周りに従順に従うような子を育ててないかな?

親や先生が何でも決めて、
自己選択、自己決定する力を奪ってないかな?


まあ、どっちにしても、
ちぃは、先生方の言うことを聞いたり、聞かなかったり、
マイペースにやっているよう・・・。
あらら〜〜(汗)
と思っていたけど、
人間の子なので、それはそれで、いいのかも???


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 15:51| Comment(4) | 障害

2011年05月27日

あったかくなると、ぐんぐん成長していく

小さな苗だったのに、
こんなにでっかくなりました!(^_^)
IMGP1303.jpg

キュウリ〜
IMGP1306.jpg

サラダソラマメ〜
IMGP1308.jpg

そして、収穫〜
IMGP1311.jpg

豆の中は、こんな感じ〜あ、これは、茹で立て〜〜
IMGP1321.jpg

ミニトマトは、まだ青いけど・・・
IMGP1298.jpg

ナスビ〜
IMGP1299.jpg

母リクエストのハバネロ〜
IMGP1289.jpg
実がなったら、辛〜いピクルスを作る予定〜

ネギ帽子ができたので、お兄ちゃんの「種とったらええやん!」の声で
大事に種を育てている・・・
IMGP1297.jpg

大葉は、毎日採っても、次から次へ。
IMGP1305.jpg

三つ葉も、これまた次から次へ
IMGP1304.jpg

このちぃちゃん農園は、ほとんどパパが育てている。

母は、お花担当。

ちぃも、そのうち手伝ってくれるかなぁ〜???


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 14:50| Comment(2) | ライフスタイル

2011年05月28日

なんでもあり!の生活

今朝は、4時に起きられた〜汗

そして、母も起こし、
服を着替えさせられて、
ちぃも服を着替えて、
パパも起こしにいき、パパもリビングまで連れてこられ、
パパのいつも休日に来ているシャツは、
2階の洋服ダンスから探して持ってきて・・・
(普段、2階には、寝るときしか行かないのに、
しまってある場所、知ってたんや〜〜)

結局、パパは、もっと寝てたいと逃げ・・・
ゴンゴンと自傷しだすちぃ。

慌てて、
「したらアカン!」
「ダメ!」
と止めると、ほんの数分でおさまり、
ちぃ自身、我慢しているのがよくわかった。

水筒にもお茶をいれさせられ・・・

出かけたがるちぃ。

「ちぃちゃん、もうちょっと待ってね。
まだ、朝早いから。
まだ、みんな寝てる時間やからね。」
と言い聞かせてみる。

やがて、子ども達のキャンプボランティアへ行くという
お兄ちゃんが起きてきた。
そして、6時過ぎに出かける・・・

母が、必死で、まだみんな寝てる時間やねん、と
言い聞かせてたのにぃ〜〜

やがて観念して、
「じゃあ、ご飯食べよ!」

と朝食のトーストの準備。

一緒に朝食を食べたら、すぐに玄関へ。


結局・・・

7時すぎに・・・

出かけるハメに・・・


スーパーは、空いてないから、
少し離れたコンビニへ。

アイスと飴玉ひとつを買うと、
ご満悦のちぃ。
ま、これで、納得してくれるんなら、まだいい方かな?(笑)


帰ってきて、アイスを食べて、
沸かしておいたお風呂に入り
(帰宅すると、必ずお風呂に入ると、決めているらしい。)
今は、お風呂の中から、ご機嫌な声が聞こえている。

母は、夕べ1時に寝たので、
眠い!!

でも、なんだかな・・・ちぃと一緒に過ごしていると、
疲れるわ〜というよりも、やっぱり、
おもしろくて、楽しいな。

わ、お風呂から出てきた〜〜汗



よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 07:57| Comment(4) | 天使の(?)ちぃちゃん

2011年05月29日

療育相談〜ABA(応用行動分析)を取り入れると?

こちらのブログ読者の方からご紹介いただき、
昨日、療育相談に行ってきました。
(ご紹介、ありがとうございます。(^_^))

17歳にもなった娘の療育相談だなんて、
もっと早くに出会っておくべきだった〜〜汗
とか思いながらも、
きっと17年間、その先生に出会わない間
母なりに、いっぱい考えてきた過程は、
たぶんだけど、ムダではなかったろう〜

ご紹介いただいた先生は、
応用行動分析を30年前から取り入れてこられた
日本では先駆的な方。

ちぃの自傷には、
1)強い自傷には、少し(2〜3秒)間をおいてから、かけつける。
 軽い自傷のときには、すぐにかけつける。

《結果》
軽くする方が、自分の意思を伝えやすいと学習してくれる。
だから、軽い自傷をするようになる。

いきなり自傷をなくすのではなく、それを繰り返して、
軽くゴンゴンするようにさせていき、もっと軽くゴンゴンさせるようにしていく。


2)要求があれば、なんでも付き合ってやりなさい。

 なんでも本人の意のままに付き合ってやれば我侭になる、と言われるが、
そんなことはない、と。

ただ、呑めない要求の時は、一旦、気持ちを汲む。
例えば、止めたら、それがイヤだった場合は、
止めた手を一旦離す、とか。

3)体をマッサージしてやるといい。

これは、ちぃも大好きで、特にお父さんにいっぱい求め、
毎日お父さんを捕まえては、クビをこちょこちょしてもらったり、
肩をもんでもらっては、こそばくて、ゲラゲラ笑っていたりする。

それはすごくいい!と、パパが、褒めてもらった。(笑)


4)ちぃの出す喃語?発声に合わせて、
こっちも同じ発声を真似て出してやるようにしたらいい。

ちぃが怒るとき、イーイー!と抗議の声を出す、と告げると、
じゃあ、こっちがちぃに怒る時は、イーイー!という声を出したらいい、と。
それが、会話に繋がる、と。
言葉は、まだあきらめなくてもいい、まで。

言葉の獲得には、
絵本の読みきかせをすればいい、
いっぱい話しかけてやるといい、
とよく言われるが、それらは、全く根拠がない。

でも、子どもの発する声を、その都度、真似てやるようにすれば、
親の発する言葉を真似るようになる、と。

なるほどね〜。
ちぃが出す発声は、何気なく真似てることがあるが
それは、ちぃと向き合ってる時というか、
一緒にダラダラと過ごしている時だったので、
これから意識して、日常的に声を出してやろうと思った。


1)については、今は、いい感じになっているように思えるので、
激しい自傷には、無理やり止めようと思う。
まだ、激しすぎるので、間髪いれず、すぐに止めたいから。
でも、激しい自傷の時には、きつく『ダメ!』と言い、
軽い自傷の時は、優しく『ダメよ〜』って言って、
『何がしたいの?』と聞いてやろうと思っている。


2)については、
自傷を止めるようになってから、
気持ちを汲む、ということを、丁寧に対応するように
心がけていることだった。
また、可能な限り、要求を受け入れるようにしたら、
次から次の要求がどんどん出てきて、大変だったことが、
今、ピーク時よりは、落ち着いてきた。

その要求は、絶対ダメ!という時には、
結果的に自傷になってしまうこともあるが、
けれど、しつこさが、少し減った。


3)も、これまでよくやってきていると思う。
但し、これからは、意識して、もっとやってやろう〜


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)

スキンシップが足りないから?

先の記事の続きです。(先の記事から読んでください。)

あ、それから、もうひとつあった。

5)お風呂上りに着る!と決めているTシャツとノースリーブがあり
たまに、ベランダで洗濯物として干してあって、
お風呂上りにハダカでベランダへ出て行こうとするちぃ。
止めているのだけど、どうすればいいでしょう?と聞くと、

ハダカになりたがるのは、スキンシップが足りないから、と。

ハダカになりたがる?
ベランダへ洗濯物を取りに行くのは、着たい服を取りに行くので、
なりたがるという行為とは、少し違うような気はするものの、
でも、ハダカになりたがるのは、スキンシップが足りない!
というのは、わかる気がした。

ちぃは、これまでも、お布団の中などで、
ハダカになることがあった。
夏に、暑くてハダカになることもあったけど、
冬にハダカになっていることもあった。

今は、添い寝じゃないとダメだし、
横で寝ていると、足をからませてくる。

昔、ハダカになることがあった時も
もっと母にベタベタくっつきたかったのかもしれない。

ただ、少し私の言葉で変えさせてもらうとしたら、
足りない、のではなく、求めている、としたい。

多分、その子によっても、
時期によっても、瞬間瞬間によって、
スキンシップを求めている時と、そうでない時
求めている量(というのかな?)には違いがあるだろう。

だから、今日は、いっぱいスキンシップをしたからOK!
というわけではなく、
ちぃの求めを、瞬間瞬間、心傾けながら、
でも、母も忙しいねん!
という言い訳もしながら(苦笑)、
付き合っていきたいと思った。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)

2011年05月30日

知的障害女子高生、アルバイトに行く?!

実は、先週、学校を休んで
アルバイトの見学・面談に行ってきた。

大阪NPOセンターの方から
「みんなでつくる学校とれぶりんか」に紹介いただき、
団体代表のX氏から誘われ、
「行くー!」
と。

「ちぃちゃん、ボタン押せるやろ?」
ということで、

「うん。押せる!」
ということになり。(笑)

就職活動をされている赤阪はなさんもお誘いしていたようだけど、
結局、その日は来れなくて・・・
もうひとり、車椅子の女性、Sちゃんと出かけてきました。

ちぃには、ヘルパーさんのTさんも一緒に。

お仕事の内容は、見学に来られた方を案内するという内容。
どこかのお部屋に入って、ボタンを押しながら、
音声が流れたりして、それで説明するのかなぁ〜?
と思っていたけど、案内しながら、社内を動かないといけないようで
ちぃには、ちょっと難しいかも?

何しろ、実際に案内してもらおうとしたら
その時点で、ざわざわしたお仕事中の雰囲気がイヤで
脱走したぐらいだから・・・(汗)

結局、みんなが案内してもらっている間、
食堂で、さぼっていたちぃ。(苦笑)

IMGP1317.jpg

さて、その会社については、
次回の記事で、ゆっくり書かせていただきます。(^_^)


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 15:57| Comment(0) | 障害