2011年07月01日

あと、もうちょっとやねんけどなぁ〜

実は、先々週、パパが4日間、出張でいなかった。
出張の3日目、4日目にちぃの機嫌が悪くなり、
4日目は、激しめの自傷。
帰ってきてからの土日、
パパがいるにもかかわらず、ちょっと激しい自傷があった。

その後、少し落ち着き、
先週の土日も、
やっぱり自傷があった。
自傷は、減ってきてたんだけど・・・

今週は、昨日、また朝早く(4時半)に目覚められ、
朝、軽く自傷があった。(今週1回目?)
パパが、朝の6時ごろに家を出た少しあとに・・・
朝からパパがいて、うれしくて、テンション高くて・・・
その日までの平日は、ずっと落ち着いて、おだやかに過ごしていたんだけど・・・

どうやら・・・
パパが朝早かったり、
晩遅かったり、
出張に行ったり、
土日も出勤したり、
ということが続くと、
ちぃのご機嫌が悪くなり、自傷が、また増えるみたいだ。

土日にパパがいるときに、
自傷するのは、もっとかまってーー!
という思いからなのかなぁ〜?

母は、まあ、たいていちぃのそばにいるから、
いない日が続いた時にどうなるのか?
よくわからないけど・・・
たぶん、母にもかまって欲しいし、パパにもかまってほしいのだろう〜
二人セットで、かまって欲しいのだろう〜

だけど、ガイドさんと過ごしている放課後も
毎日、超ご機嫌らしい。

結局、常に誰かにかまってほしいのだろう〜

わがままやなぁ〜。
甘えたやなぁ〜。

と前からも、今も、思っているけど、
今のちぃには、結局、それが必要なことなんだろうなぁ〜。
と思ってる。

そして、以前は、
それって、あまやかしすぎ?!
と、時々悩むことがあったけど、
先月の療育相談を受けて、
そうじゃないんだ、と思うことができた。

もちろん、療育の先生がすべて正しいことをおっしゃっているなんて、
証明できないのだけど、
家族以外にも、同じような考えを持っていてくださる方がいるんだと思えるだけで、
自信もてるもんね。

あと、もう少し、考えるべきことは、
パパだって、朝早くて、晩遅くて、
土日も出勤になることが多くて、
家にいる時ぐらい、ゆっくりしたいのに、
ちぃがそれを許してくれない。
パパのひざの上へ、でっかいちぃが、ドスンと乗りに行く。
去年の夏は、それが原因で、椎間板ヘルニアになって、入院してしもたんやからね〜(苦笑)

土日になるべくガイドさんと出かけてもらえるとありがたいけど、
でも、もうすぐ夏休み。
時間数は、限られているし・・・

この夏、どう乗り切るか?!
きっと、来
年の夏は、あまり心配しなくていいだろうけど・・・
さぁ〜。この夏が大変だーー!


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 10:30| Comment(2) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

思い知りました。

その後の庭の野菜たち・・・

そうめんを茹でては、
以前は、買って来たネギをチョロチョロと入れるぐらいしかしなかったのに、
庭にあるから、ネギ、大葉、三つ葉をたっぷりと刻んで、薬味にすると、
大葉や三つ葉の香りがいい感じになって、
そうめんが、高級な料理になったような気分・・・

以前、まだ青いのに、
赤い実を採ってる時に、ポロリと落ちたミニトマトは、
ナスやきゅうりと共に、ヌカ漬けにしてみた。

ナスもきゅうりも、超おいしい!

そして、ミニトマト・・・
超、超、まずかった。
やはり生で食べておいしいものは、漬物にしてもおいしいかもしれないけど、
生でマズイものは、何にしてもマズイのかも?

ちっちゃかったハバネロは、
ピクルスにするにも小さすぎるし、
細かく刻んで、ピザトーストの上に乗せて、焼いた。

焼いてる間、
目じりを何気にこすったら、
目じりがヒリヒリ・・・

ん?

さらに、ヒリヒリ、ヒリヒリ・・・激しくヒリヒリ・・・
指をなめてみたら、
じわじわと辛くなり、
そのうち、強烈な辛さがやってきた。
舌が熱くなってきた・・・

ヤバイ!
目は、大丈夫かな?
慌てて、目薬をさした。

というわけで、
焼きあがったピザトーストから
慌ててハバネロのみじん切りをすべて取り除いて食べた。

が!
辛かった〜〜

辛いもの大好きなのに、辛かった〜

ハバネロ取り除いたのに、辛かった〜〜

というわけで、
ハバネロの脅威を思い知らされる出来事だった。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 10:47| Comment(0) | ライフスタイル

2011年07月04日

やればできるんやけど・・・

土曜日、パパが家にずっといたら、
3回も自傷があった。
パパがいて、うれしい!とか、
でも、ちょっと構わなくなったら、怒る!とか、
また、お出かけに連れて行け!とか。

昨日は、パパ、日曜出勤。
やっぱり一度、怒り出して、自傷に・・・。

平日は、自傷がなくなってきたのは、
学校に行ってるせいもあるだろうけど、
やっぱりパパに甘えているような気がする。

そんなちぃでも、
母が洗濯物をたたんでいると、
ダダダーっと
2階に上がったかと思うと、
ベランダから自分のお気に入りのシャツを取って来て、
『たたんでー!』
と。

これは、数時間前に干したものやん。
あ、でも、乾いてた。

たたんで、ちぃに渡すと、
洗面所においてあるタンスの引き出しにしまいに行った。

ボロボロやのに、なぜか気に入って、
洗濯してー!
たたんでー!
しまってー!
と持ってきたり、自分でも動く。

実は、いろんなことがよくわかっていて
やろうと思えば、色々できるんよね。
他の家族の洗濯物も取り入れてくれたり、
たたんだ物をしまいに行ってくれれば助かるんやけど、
自分の興味がないことは、絶対にしてくれない。苦笑

でも、やれば、できるんやもんなぁ〜〜
きれいには無理でも、
たたんでー!
と言えば、イヤイヤながらも(本当は、誰かにしてもらいたい)自分の大事なシャツだけなら
たたんでくれたりもするし。
少しずつでも、手伝ってくれないかな?


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 09:05| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2011年07月08日

やっぱりわかってるや〜ん!

今日は、ちぃの個人懇談。
成長したことをたくさん褒めてもらって、
先生方も、ちぃの気持ちに寄り添いながら
付き合ってくださっているということで、とっても感謝!

例えば、こちらから何かさせようと押し付けようとするのではなく
本人のしたい気持ちを『待つ』姿勢を持つようになった、とか。

先生方の姿勢は、母にも感じられた。

ちぃもまた、自分の要求を伝えることが上手くなった。
2年経って、成長したね〜
と言っていただいたが、
お薬を使ってるせいもあって、
ちぃの中で、イライラが減ったせいもあると思う。

最近のちぃの様子を色々教わって、
その中のひとつに
いくつかの係りの仕事をやっているのだけど、
紙のカード?を配る?か何かで。
今年、一番最初の時には、
その紙をビリッと破ったけど、
「これは、破ってはいけません!」
と注意してから、その後、毎日、その紙を配る?けど、
それっきり、やぶっていないとか。
「ちゃんとわかってる。」と。

へ〜え。やっぱり?!

母が思うに、ちぃは、もっと小さい頃から、
そういうことをしっかりわかっていたのだろう。

例えば、中学の時、
ある日、お友達の教科書をやぶってしまった・・・(汗)

1年生の担任の先生が、
「友達のものと自分のものとの区別が、いまだにつかないようで・・・」
と。

「いやん。先生!
全く同じ絵柄の教科書なんやから、ちぃには、区別するのは、難しいわ〜」
と。

ただ、続けざまにお友達の教科書を破ったりして・・・(激汗)

その子に謝ったり、新しい教科書を買いに走ったりして、
だけど、
『あれれ〜?おかしいなぁ〜。』
と思っていた。
だって、小学校の時には、そういうことがほとんどなかったから。

そして、ある日、学校に行くと、
ちぃは、教科書のサンプルを
ビリビリと破らせてもらっていた。

『なるほどー。これかも?』

「先生、すみません。
これ、ちぃには、サンプルだからいい、というようなことは難しくてわからないので、
『教科書は、破っていい!』という学習をさせてもらってることになるかもしれないですぅ〜。
あのぉ〜。もしよかったら、教科書のサンプルを破るのは・・・」

「あ・・・。やめときましょ・・・か?」

「すいませーん。お願いします。」

もちろん先生は、ちぃが紙を破るのが大好きなので、
いらない紙を、そうやって渡してくれていたわけで、
パパとも、ご好意でしてくれてたことやもんね、と話していた。
それに、実際には、そのせいで、お友達の教科書を破ったのかどうかなんて、わからないし。

でも、また、あるときは、
母は市の広報誌を、保管しておくようにしていたのに、
ちぃは、なんか目ざとく見つけては、破ろうと必死!
なんで、こんなに広報誌がすきなんだろう?と思っていた。

すると、ある日、やっぱり見つけてしまった。
広報誌をちぃに渡して、好きにやぶらせてくれている場面を!(笑)
学校だけではなく、他の場所でも。
もちろん、皆さん、それだって、ちぃのためにご好意で!

実は、ちぃに感心していた。
ちょっとうれしかった。
ちぃは、ちゃんと破ってよい紙だ!とか、破ってはいけない紙よ!
とかを、大体かもしれないけど、わかってるのだろう、と。

そして、今日、その話を聞いて、確信した!
やっぱり、小学生の時だって、ペープサートをした班の中で、
ちぃには、破る演出を考えた友達らだったけど、
ちぃはちぃで、友達らがせっかく一生懸命やっている中で、
破ってはいけないと思ったのだろう、と。
  ↓
http://makaroni.sblo.jp/article/37413278.html

やっぱり、わかってるやん。
きっと、今だからじゃなく、昔からわかってたんやわ。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 23:57| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2011年07月09日

悪い人は、ひとりもいない?!

懇談の中で、
スクールバスの添乗員さんのこともお伝えした。

とても優しく丁寧に対応してくださり、
いたれり、つくせりで、本当に感謝している、と。

実は、担任の先生は、
1年生の時にも担任を持ってくださっていた先生。

その先生を含めて、
何度も先生方から電話をいただき、
バスの添乗員さんから、
「ちぃが自傷して困っている。」
とか
「ちぃに汚されて困っている。」
とか
「〜〜してほしい。」
と、言われています、お母さんお願いできませんか?
と言われ続けていた。

入学直後に何度もの電話。
その後、3学期まで、時々何か言われてきた。
お迎えに行ったガイドヘルパーさんにも
「中に入って、連れて出てほしい。」
というような言われ方をして、ガイドさんの方からも
イヤな気分がしました、と教えてもらった。

気になったのは、学校も学校じゃないか?!ということ。
バスの添乗員さんの言いなりになってないで、
もっと上手に対応してよー!と。
添乗員さんの言い分が、まるで致し方ないと思っているかのようではないか?

ちぃだって、好きで自傷しているわけじゃない!
わざと汚しているわけでもない!
母だって、恐縮してないわけじゃない!
だけど、ありのままのちぃの現状を否定したり、排除することで、
解決しようなんて、やっぱり間違ってる!
ちぃの気持ちに寄り添って考えてほしいねん。

というわけで、当事、校長たちと話をした。
  ↓ (その時の様子) ↓
http://makaroni.sblo.jp/article/34967585.html

これまでがんばってこられた先輩ママの多くから、
世の中に悪い人なんて、ひとりもいないと思うわ〜
心を割って、丁寧に話していけば、きっといつかはわかってくださると思う。
と聞いてきた。

ちぃと一緒にいると、
本当にそうだ〜と感じる経験が、
これまでにも、たくさんあった。
伝えることをあきらめないでいたい。

バスの添乗員さんには、今では、本当に心から感謝!


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 08:18| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2011年07月13日

子どもより1日でも長く生きよう!なんて、思いたくないねん。

史跡のうち特に重要なものとみなされ、
日本文化の象徴と評価されるものを『特別史跡』というのだそう。

大阪府内にある特別史跡は、大阪城(跡?)と百済寺跡の二つ。

その百済寺跡で毎年行われる百済フェスティバルで
いつも目立っているのが、チャンゴの会の皆さん〜

先週末、ちぃもそのチャンゴ体験に参加させてもらった。

チャンゴというのは、朝鮮半島の代表的な打楽器で、
砂時計みたいな形の太鼓。
竹製のばちなど、2種類を両手に持って、
低音と高温を組み合わせた演奏をします。

IMGP1364.jpg

小学生から高校生?
そして、大人まで、20名弱の参加で、世代も越えて、楽しい時間となりました。

ちぃは、前で説明が始めると、ドンドンドンドン!とたたき出し、
みんなが、演奏を始めると、立ち上がって、ゲラゲラ笑いながら踊っていました。

IMGP1366.jpg

でも、最後は、疲れて、寝そべっていた〜
他の子ども達も、ちょっとお疲れ気味になっていたので、
疲れたのは、まあ、ちぃだけでもなかったみたいだけどね。

知り合いの高1のHくんがそばに来て、
「どこにでも参加されてるんですね?」と
ちぃと母のことを。(笑)

(ハハハ。君もやん!笑)

「そうやね〜。ちょっと出て行くと、すぐに知り合いが増えていき、
また、次に誘ってもらったりするからねぇ〜。」
と母。

母は、ちぃより1日でも長く生きよう〜!なんて思ってないねん。
母が死んだあと、誰かがちぃのことを気にかけてくれるやろう〜
と安心して死のうと思ってるから。

地域に、たくさんの知り合いがいるって、
本当に心強い!
災害になっても、きっと誰かが覚えてて、
必要な場合は、助けてもらえるのではないか?
って期待しているねん。

障害児の親や障害福祉関係者以外の繋がりも、
やっぱり大事にしたいし、広げておきたい。
ちぃの知り合いを大勢作っておこうと思ってるし、
ちぃにもいろんな体験をさせてやりたい。

チャンゴ体験、今週末も参加する予定です♪


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)

posted by イムニー at 09:42| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

実り多い夏?!

ちぃと母がチャンゴ体験をしに行ってる間、
パパは、前日に釣って帰ってきたお魚をさばいて
アジの開きまで、作っていた。

この猛暑の中、2日間干したら、いい感じに・・・
IMGP1373.jpg

たくさんおひさまの光を浴び、野菜たちも次々に・・・
IMGP1362.jpg
やっぱり採れ立ては、水々しくて・・・


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 15:48| Comment(0) | 家族

2011年07月16日

支援学校か?地域の学校か?就学選びのQ&Aをご紹介!ぜひ、参考にしてください!!

小学校入学前、障害児の親は、と〜〜っても悩みます!
支援学校に行けば、より専門的な教育をしてもらえ、
子どもをより伸ばせてもらえるのではないか?
ちぃの母も、そんな期待がありました。

でも、地域の学校へ、近所の子たちと一緒に当たり前に通いたい!
ランドセルもあこがれました。

我が子にとって、どっちがいいのだろう?
長く先を見越して、今どうか?
だけではなく、
将来、わが子が、どんな風に成長するか?!
どんな環境になっているのか?!
そんなことを思いきり一生懸命考えるわけです。

そんなわけで
就学先を考えるための『Q&A冊子』というのができあがりました!

aaa.png

WEB上でも、PDFファイルで閲覧できます。
http://swee.info/tomo/
(いずれ、テキストページができる予定です。)
冊子を取り寄せることも可能です。

冊子の内容は、大阪府版です。
お住まいの地域によっては、学校の内容は、大きく異なると思います。
でも、大阪での様子も、ご参考になさってください。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 07:10| Comment(0) | 障害児教育・学校のこと

2011年07月18日

こういう感じがいいねん!

先週に続けて、チャンゴの体験に行ってきた。
音楽室に入るなり、先週同様、うれしそうにしていたちぃだけど、
今回は、パパも一緒に付き合っていたので、
母も自分がチャンゴの体験をしてみよう〜!と
教えてもらいながら、叩いていたら、

ま!
もうっ!

母からの自分への関心がないということでか?!
怒り出してしまった。汗

結局、パパと母にベタベタしてもらいながら、
時々、太鼓をドンドンドンドンドン!と叩いたりしながら、
やっぱり皆さんの太鼓の音に合わせて、踊っていることの方が多かった。

その後、音楽のはしご〜

近くの別の会館で、
みんなでつくる学校とれぶりんかのコンサート会場へ。

コンサートは、後半になっていた。
でも、途中からでも、
ちぃは、ノリノリになって、
前へ前へ出ていこうとする。

前の方に空いていた席へ座り、
二胡という楽器の演奏では、なかなか静かに聴いていた。
上出来!上出来!
と思っていたら、次に子ども劇団の演技が始まる。
とってもシリアスな場面・・・
ちぃは、この場にいるのがうれしくて、
『ぐふふふふ〜』と笑い出す。
きゃ。セリフが聞き取れないやん!

母、必死で口をふさぐ。汗

そうこうしている内に、ちぃが立ち上がり、
そのスキに、母は、ちぃを後ろへ追いやった。
ま、前で声出すよりは、まだマシでしょう〜

最後にチェックドールの歌が始まり、
ちぃは、もう我慢できずに、
ステージの前に出て行った。
観客は、皆、座っているけど、
そのまん前に立って、踊る、踊る。

そばにいたダウン症の女の子が、
少しイラッときていたように感じたけど、
やがて、その子も最後には、立ち上がって踊りだし・・・

いい感じの、いつものとれぶりんかのコンサートになった。(笑)

“初めて来られた方は、少し驚かれたかもしれませんが、
とれぶりんかのコンサートは、こんな風に、
障害のある人も、誰でも、皆で一緒にやってます!”
というようなことを最後に代表が挨拶されていた・・・

アーティストも、スタッフも、
ちぃの様子には、すっかり慣れてしまい、
皆、当たり前になっている・・・

こういうのがいいねん。
障害のある人のためのコンサートよ!
という感じではなく、
ごく当たり前に、気づけば、いろんな人が一緒に音楽を楽しんでたなぁ〜
という、こういう感じ。

チャンゴの会でも、
とれぶりんかのコンサートでも、
ちぃは、好き放題!だったりするけど、
温かく迎えていただき、たっぷり楽しませてもらいました。

正直、面倒なこともあると思います。
それなのに、ありがたいことです。
どうもありがとう〜!


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)

posted by イムニー at 09:24| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2011年07月21日

障害のある子の力も信じて!

これから障害のある子の学童保育的なことや
教室やお店を始められるという若いママたちにお会いした。

次々に、いろんな発想が出てきて、
まだ、お子さんも小さいのにすごいな〜と思っていたら、
あら、お互い共通の団体に関わっていたことが判明!
なんや〜、遠い知り合いやった?(笑)

特に感心したのは、子どもたちと一緒に何かをしようと
されている姿勢。

ママたちには、ちぃの母がお友達と、
かつて、ワンシーズン(夏休み)だけ実施した
『WakuWaku体験くらぶ』のことを
紹介させてもらった。

その頃のことを思い出している中で、
そういえば、あのカレー作り
障害のある子達、なかなか上手にやっていたな〜
ということも思い出した。
子ども達、すごく手際がよくて、びっくりした!
集中力があるのかなぁ〜?

まだまだ母も誤解や偏見を持っているのかもしれない。
障害があっても、子ども達は、
たくさんの力を持っているのに、何をするにも
健常の子よりもヘタクソだと思い込んでいるところがあったりする。
健常の子よりも上手にできることも、実は、たくさんあったりするのに。
というか、障害がある、とか健常児だから、とか
そんなことを言ってしまうこと自体が、本当は偏見の塊だったりするのよね。
障害があるなしに関わらず、どの子も、どんな人も一長一短あるもんね。

だけど、この子には、無理・・・
と、
障害のある子には、
最初からあきらめられて、
機会すら与えられないことも
多いのではないか?

子ども達の経験を奪っているのは、
きっと、大人の方・・・


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 07:53| Comment(2) | 障害

2011年07月23日

カキ氷にホワイトリカー

年がら年中、風呂上りには、カキ氷を食べているちぃ。
でも、この夏は、ちぃだけではなく、
母らも、すでに何度も食べていたりして、
カキ氷機は、大活躍〜

ちぃの好きなシロップは、
イチゴとブルーハワイ。
そして、時々、紙のパックに入ったホワイトリカーを
持って来ては、
『これをかけてー!』
と。

お薬を飲んでいるし、
ホワイトリカーは、アルコール濃度が高いから、
味見をさせずに、飲ませないようにしてきた。

でも、昨日は、しつこくて・・・

最近、また自傷も増えてきたし、
面倒なので、一部の氷を小皿に入れて、
その上からホワイトリカーをかけてやった。
すると、ちぃは、ゴクリと呑んでしまった。汗

でも、ま、その後は、ブルーハワイでも納得して食べてくれた。
ホワイトリカーは、まずい!と思ってくれたでしょう。
たぶん。

よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 08:28| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2011年07月26日

自傷が増えてます。

パパが、出張で、数日家にいなかった日から
どうも自傷が増えている。
その後も、晩が遅かったり、
休日出勤だったり・・・

どうも、パパに甘えている様な、
パパに構ってもらえないストレスを
ちぃから感じる。

パパも大変だー
仕事が忙しくなっているし、
晩遅かったり、朝は早かったり、
休日出勤まであれば、
家に帰ってきたときぐらい、
ゆっくりしたいはず・・・

ちぃの遊んで〜!攻撃は、スゴイし。
でっかいちぃが、パパのひざの上にドスン。

ぎゃ、
そういえば、去年の夏は、それが原因で
パパ、椎間板ヘルニアになってんから〜〜

母も大変だ。
晩にパパがいないのだから。

夏休みに突入し、
ちぃにベタベタ付き合ってやるようにがんばってるけど、
1日は、24時間もある。
しかも、それが、延々つづく。

ガイドさんともお散歩に行ってもらったりはしている。
だけど、母とも、ほとんど毎日買い物に行く。
ちぃは、アイスを買ったり、他にも買い物したりする。
母は、買いたいものは、少ししか買えない。
ガイドさんとお散歩に行ってくれる日に、
買い物に行く。

夕べは、10時半ぐらいに寝てくれたので、
その後、ホッとしたけど、
その前の晩、2日間は、晩の12時をまわった。
朝も、7時に起きてきては、出かけるー!と
騒ぎ出されたりして・・・

しかも、毎晩のように、
出かける〜〜!
と家の中で大騒ぎだ。

服を着替えたり、着替えさせられたり、
水筒にお茶を入れたり、
色々付き合ったり、拒んだり・・・
拒むと、ひたすら、そりゃあ、しつこくしつこく、
これでもか?!と
要求してくる。

仕方なく、着替えたり、水筒にお茶を入れたりまでは
つきあう。

けど、出かける!
というのは、拒む。

出かけるだけなら、まだいいけど、
ちぃのねらいは、買い物に行って
アイスを買うことやねん。
昼間にひとつ、または、多い時には、二つ食べてるねん。

だから、絶対に行きません!!
晩にアイスは、買いません!!
と、母は、そこは決めている。

それに買い物に行き、
アイスを買い、
家に帰って、アイスを食べたら
お風呂に入り、
お風呂から上がると、
カキ氷を食べ・・・
おもらしもし・・・
と、なんかパターン化された
諸々が続く。

夕飯後は、ドッと疲れが出てくるので、
もう勘弁して〜〜

でも、拒むと、
また、自傷が始まったりもする。
でも、行きたくないから行きません!!
そして、自傷は、止めます!
ほとんど虐待みたいになってます。

休日は、パパがそばでゴロンと寝たり、
ちょっと自分の趣味のことをやっていたら
自傷をすることも多い。
パパのいる日の方が、自傷が多い。

自傷を始めると、
パパは、すぐに寄ってくる。

ということで、
これからは、パパがいる時でも、
自傷が始まれば、
パパは、ちぃから離れてもらうようにした。

その逆に
ちぃがご機嫌な時ほど、
そばに来てやってね。

posted by イムニー at 10:14| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2011年07月30日

女子会は、カラオケ・・・でも、もうたまらん!

昨日は、お友達の母子ら10人とカラオケ大会だった。
ちぃは、お友達に歌を歌ってもらって、
超ごきげん!

スイングしたり、ジャンプしたり、
途中立ち上がったりしながら
ずっと体をゆらして踊ったりしてた。
IMGP1393.jpg

IMGP1397.jpg
(ひとり、途中で帰ったので、写真には、4人が・・・)

母は、
“ご機嫌で、いい〜感じ〜”
と思っていた。

午前中は、ガイドさんにスーパーまでお散歩に連れて行ってもらったし
午後は、こうしてカラオケに行ったし。
まあまあ充実した1日になったのではないか?

たぶん、きっと、そう・・・

だけど、最強ちぃちゃんは、
それだけで、満足する子ではなかった。汗

カラオケを楽しんで、
自宅へ帰り、
それからお風呂に入り、
お風呂から出て体をふいてやると
また、お出かけの服に着替えると言い出した・・・

マジで???

結局、いつものようにカキ氷を食べ、
夕食の準備もしようと思ったら、
またもや、
出かけるー!と騒ぎ出し、
ダメー!
イヤー!
と母が拒否すると、
それから、大暴れ!!

母もマットレスなどをちぃにかぶせて、
自傷できないように押さえる。
ちぃも慢心の力を込めて、それをなんとか阻止して自傷しようとする。
母への攻撃もしてくる。
この日の攻撃は、なかなか激しい!

おかげで、母子のバトルは、どんどんエキサイトし、
お互い、心身ともにヘロヘロに・・・
母までエキサイトしたら、悪循環になるのに・・・ハァ〜〜
結局、バトルは、1時間位続いた。

ちぃが落ち着いたら、
リビングにちぃを残して、
母は、2階へ・・・

母にもクールダウンが必要だ。

その後、ちぃは、少ししおらしくなったり、
また、ご機嫌な声を出したり・・・

でも、晩の11時ごろ、
またもや出かけるー!と
少し騒ぎ出したりして・・・

もう、たまりません!!
無事、夏休みを終えることができるのだろうか・・・???
posted by イムニー at 08:54| Comment(4) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2011年07月31日

心が折れそうな時だってある。

今日は、朝からパパが一緒♪
ちぃもご機嫌!

朝9時前に起きたちぃは、
すぐに、出かける!と猛アピール!

まあね、昨夜は、
『また、明日ね!』
『寝てからね!』
と言い続けていたわけで、
怒ったり、騒いだりしたものの
結局は、外に連れて行ってもらえなかったわけだし。

着替えを済ますと、
すぐに出ていこうとしたけれど、
まずは、先に朝食を・・・

そうこうしている内に出かける頃には、
10時になっていた。
(どこのスーパーも開いてるわ〜)

パパは、家にいてもいいか?
と言っていたけれど、
たまたま自宅にお友達が来て、
母、玄関前で、少し立ち話をしていたので、
結局、パパも着替えさせられて、出てきた。(笑)

買い物に行き、
帰って、パパと一緒にお風呂に入り、
カキ氷を食べ・・・
その後は、しばらくご機嫌で過ごしていた。

2時半をまわってきた頃、
また、出かける!とアピールするちぃ。
パパがソファーでうたた寝していたので、
今度は、母だけでちぃを連れ出す。
ニコニコしながら、車に乗るちぃ。

またまたスーパーに行き、
アイスを選んで、レジへ行き、
お金を払っている内に、
機嫌が悪くなる。

なぜ???

「スプーン入れときましょうか?」と店員さん
「あ、ハイ。」と母。
「あれ?ない。ちょっと待ってくださいね。」と店員さん。

ちぃは、このときの会話を聞いた直後に
機嫌の悪い声を・・・

母がよく使う「ちょっと待ってね。」の言葉を、
ちぃは、ひょっとしたら意味がわからないまま、
イヤな言葉と思っているのかもしれない。

普通、店員さんなら、「お待ち下さい。」と言うのを
たまたま「ちょっと待ってください。」と。
それがいけなかったのかなぁ〜?

それとも、レジへ行くタイミングが早すぎて、
他に買いそびれた物があったのか?

或いは、急に、昨夜のことを思い出して、
母に対して、憎しみがわきあがってきたのか?

それともその全て?

とにかく、その後、
帰りの車の中で、いよいよ本格的に機嫌が悪くなり、
最近では珍しかった攻撃を受けた。

頭を後部座席からたたいてくるわ、
髪の毛をグイッと引っ張ってくるわ、
「やめなさいよー!」と振り向くと、
その顔面に思い切り、ビンタ!

後ろから髪の毛を引っ張られると、
顔は、上に。
上を向くと、正面が見えず。
というわけで、道路の真ん中で、停車よ、停車!
結局、攻撃を受けながら、ソロリソロリと車を走らせ
危なくないところでもう一度停車(駐車)させる。

そして、母は、車外へ避難。

ちぃは、窓ガラスを割りそうな勢いで、
頭突きしていた。
車体は、大きく揺れ、
道行く人は、皆、あっけにとられていた。

目は、大丈夫かな?
と思いつつも、
このとき、ちぃを止める気力がなく。

最強ちぃちゃんを育てる強靭な母も
さすがに心が折れそうになる瞬間がある。

こんな時、力の強い男性2人ぐらいで、押さえ込んでくれたら、
どんなにいいだろう?

救急車がサイレンを鳴らして近づいてきた。
ひょっとして、誰か「呼んだ?」と期待したけど、
サイレンの音は、そばを通って、また遠ざかっていった。

ただ、救いは、
見た目の激しさは、以前とそんなに変わらないのだけど、
ゴンゴンするきつさが、以前よりマシになっていること。
顔があまり腫れていない。

20分程したら、落ち着いてきた。
ちぃの座席の横に座り、優しく、でも、厳しく、声をかける。
どうやらスッキリし、納得したよう・・・

家に着くと、アイスは、ドロドロに溶けていた。
溶けてなくても、もう、あげへん!

パパは、ソファーで、まだ寝ていた。
昨夜、帰ってきたのは、2時半をまわっていたし。
明日も仕事だしね。

乗り降りの楽な2列目に乗せていたけど、
もう、車に乗せるときは、3列目にしよう〜
なかなか車から降りないことの多いちぃを
3列目に乗せると、
今後は、ますます降ろすのに手を焼くだろうけど、
でも、運転中にこんな調子では、本当に大事故になりかねない。

と、
ここまで書いたら、ちぃ、起きてきたーー(汗)


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 02:59| Comment(2) | 悪魔の(?)ちぃちゃん