2011年08月09日

こんな風に癒されて、夏休み後半もがんばろう〜

先日の日曜日は、PTAの親子行事だった。

朝、目覚めたら、行動開始しようとするちぃ。
その日は、こちらから起こすまで寝ていたものだから、
起きて、着替えて、朝ごはんを食べ、
すぐに家を出ていくことができ、
ちぃは、上機嫌で車に乗っていた。

ところが、到着したのが学校!

本人は、違う場所へ行くイメージだったせいか???
着いた途端に怒り出したりして・・・(汗)

でも、今日は、学校であって、いつもの学校とは違うで。
ちぃの大好きなコンサートやで。
(コンサート、わからんかなぁ〜?)

8時半までに着いたものの、
もう出演者のお二人は、
すっかり準備を整えてくださっていました。

会場には、大きなスピーカー。
え?お持ちくださったそうで・・・
大型の代車3台分の楽器や機材の数々・・・

わぁ〜、すご〜い!
子ども達、きっと大喜びだ〜

でも、こんなたくさんの機材等、
運搬するのは、ほんと大変なのですよね。

ご出演いただいたのは、
稲岡大介さん、木南祐子さんによる
Healing Dolces(ヒーリング・ドルチェス)
というダルシマーDuoユニットのお二人。

ダルシマーというのは、
ハンマーダルシマーという楽器で、
ピアノの先祖みたいな楽器なんですって。
110807_085753.jpg

すご〜くきれいな音が出るんです。
(あ、でも、私も叩かせてもらったんですが、
私だったら、そうでもなく、
お二人が叩くと、きれいな音なんですけど・・・汗)

コンサートは、二部構成にしていただき、
前半は、ダルシマー2台のアンサンブル演奏でした。
オリジナル曲がすごくステキなんです。
優しくやわらかで、森の中で、森林の香りと風を感じながら、
ゆ〜っくり何かに包みこまれているような安心感。
そんなことを感じながら癒されていました。

ダルシマーの楽器は、
新しい出会いと、どこか懐かしさを感じるような
そんな音の世界を感じました。

110807_101406.jpg

ただ、この癒しの世界は、楽器のせいだけではないな、
と思いました。
お二人からにじみ出るお人柄のせいもあるようです。

ちぃも、もちろん大喜びで
体を揺らしていた。

110807_110703.jpg

後半は、木南さんの衣装も変わり、
学校の先生方がピアノを運んできて、
ガラリと雰囲気が変わっての演奏。
ピアノとダルシマーで、子ども達のよく知ってる曲を
選んでいただいて、子ども達も保護者もノリノリに!

鈴やタンバリンなどの小物楽器を持参いただくとよいかと?
とお知らせくださっていたので、
先生方が、それらをた〜っぷり用意してくださっていました。

ちぃも大きなタンバリンを鳴らしたりしていたけど、
やがて立ち上がって、踊りだした。
ちぃの横では、YOKOさんの息子くんも立ち上がって踊ってる!
いつものように、音楽に厳しい二人が立ちあがっていた。(笑)

110807_111857.jpg

楽しい時間は、あっという間に過ぎていき、
やがて第二部も終了!
2時間近くのコンサートで、
子ども達は飽きなかったどころか、名残惜しい。

というわけで、アンコールをお願いし、
会場から歌ってくれる人を!ということになり
YOKOさんが・・・
曲は、AKB48!
これまた、雰囲気がガラリと変わって、
(癒し系からノリノリ系に変わったような・・・?)
もはやアンコールというよりも、3部構成や!(笑)

そんなこんなで、
とっても楽しい親子行事が終わりました。

母もすっかりリフレッシュできて、
夏休み後半もがんばるぞー!という気になりました。

ちぃにも
「ほらね〜。学校に来てよかったでしょう?」
と散々言ってやりました。
でも、帰りの車の中でも、また怒っていた。汗
今度は、家に帰るのがイヤだったみたい・・・(もう、なんなんだか・・・)

Healing Dolcesのお二人、
子ども達に、本格的な演奏を届けに来てくださり
本当に本当にありがとうございました。

ちなみにお二人は、いろんな活動をされているようです。
大人も楽しめるし、
子ども達も楽しめるし、
障害のある子達の理解もあり(音楽療法もされてます)、
ご興味ある方は、HPを確認くださいね!


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 08:37| Comment(5) | 障害児教育・学校のこと