2012年08月01日

大好きなあなたへ

ちぃを見つけたら、
「ちぃちゃ〜ん!」
と声をかけてくれて、

「カバン、持ってあげる。」
と、手を貸してくれて、

ちぃの誕生日に
カードをくれて、

ちぃが退学した日、
号泣してくれたとか。
(ごめんね。悲しい思いをさせてしまって。)

本当に、本当に、たくさんありがとう!
優しさをありがとう!
キュートな笑顔をありがとう!

なんか、本当は、もっともっと言いたい思いがあるけど、
一番言いたいことは、言葉にならなくて・・・


生きてることも、
縁あって出会ったことも、
やっぱり、すべてが奇跡なのかもしれないね。
だから、今を、出会いを大事にしたい!
posted by イムニー at 16:29| Comment(0) | ありがとう!

2012年08月07日

パパ、女子校生と一緒に・・・

今年もプールの季節がやってきました!

女子高生になっても、ビニールプール大好きです!

しゃ〜ぁ〜ないなぁ〜
とパパも付き合います♪(←暑いから、一緒に入りたいだけやろー!!)

IMGP2112.JPG

実は、夜間の高校でも、プールの授業があります。
ナイターなんですよ〜

で、ちぃは、中学の時も、なかなかプールに入らなかった、
支援学校でも、小さいプールから入ってた、
去年の夏の旅行の時も、なかなか入らなかった、
おそらく、高校の深いプールで、しかもナイターで、水面が暗かったら
まず、入らないだろう〜
ということで、プールの授業時、
ちぃは、自宅から、このビニールプールを持って行った。(笑)

これ、終業式の時、持って帰るのを忘れてたら、
担任の先生が、わざわざ自宅まで届けてくださって・・・
(ほんとにお世話かけました。m(_ _)m ありがとうございました。)

新学期が始まるまで、
また、ちょくちょく、ちぃは、ビニールプールで楽しむ予定〜
小さい子みたいだけど、本音を言えば、母だって入りたい!!
毎日、めっちゃ暑いんやもん・・・


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 14:56| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2012年08月09日

大阪地裁判決に関する緊急声明

少し前、以下のニュースが流れた。

発達障害で求刑超え懲役20年判決 「社会秩序の維持に」

産経新聞 7月30日(月)20時39分配信

 大阪市平野区の自宅で昨年7月、姉=当時(46)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職、大東一広被告(42)に対する裁判員裁判の判決が30日、大阪地裁であった。河原俊也裁判長は、犯行の背景に広汎性発達障害の一種、アスペルガー症候群の影響があったと認定した上で「家族が同居を望んでいないため障害に対応できる受け皿が社会になく、再犯の恐れが強く心配される。許される限り長期間、刑務所に収容することが社会秩序の維持に資する」として、検察側の懲役16年の求刑を上回る同20年を言い渡した。

 河原裁判長は判決理由で「計画的で執拗(しつよう)かつ残酷な犯行。アスペルガー症候群の影響は量刑上、大きく考慮すべきではない」と指摘。その上で「十分な反省がないまま社会に復帰すれば、同様の犯行に及ぶ心配がある。刑務所で内省を深めさせる必要がある」と述べ、殺人罪の有期刑上限が相当とした。

 判決によると、大東被告は小学5年のころから約30年間引きこもり状態で、生活の面倒をみていた姉に逆恨みを募らせ殺害を決意。昨年7月25日、市営住宅の自室を訪れた姉の腹などを包丁で何度も刺し、死亡させた。



以前、ここのコメント欄でも、
『障害がある故に、無罪になったりするのは、差別ではないですか?』
などのご意見を頂いたことがあるけれど、
私からは、
『障害がある、というだけで、無条件に無罪になるなら、それは差別だと感じます。』
みたいなことを伝えたと思う。

でも、
『障害に対応する受け皿が社会になく・・・』
なんて、それ、本人のせいじゃないやん!
それを理由に、求刑以上の判決が出るなんて・・・
配慮があってもいいと思うのに、なんで、刑を重くする必要があるん???
それこそが、差別やん!

と、怒っていたし、
多分、多くの人が怒っていたと思うけれど・・・


日本児童青年精神医学会が、
大阪地裁判決に関する緊急声明』を出されました。

以前、維新の会が『家庭教育支援条例(案)』を作った時にも
緊急声明を出された医学会です。
なんか・・・ホッとしました。
けれど、社会の理解も、まだまだこれからなのだなぁ〜と、改めて思いました。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 09:19| Comment(0) | 障害

2012年08月10日

多数でいじめ、ぶちのめせばいい!と本気で思う?

もちろん、本気で取り組もうと、橋下さん、善意から思ってるのでしょう。



橋下市長「多数でいじめ、ぶちのめせばいい」

大阪市の橋下徹市長は7日、市役所で市教育委員と意見交換し、いじめ問題の指導について、「多数で少数をいじめるなんてことをやったら、ぶちのめしたらいいと思うんですよ」と述べ、いじめた側への厳しい対処の必要性を強調した。


市の「教育振興基本計画」改定のための協議での発言。



 各地で深刻なケースが発覚しているいじめ問題について、教師側が踏み込んだ指導ができていないことを指摘。「生徒の支援と同時に先生の支援を、法律家ががっちりくんでルール化し、手順を踏みながら、いじめはいけない、という明確な方針を(立てるべきだ)。一線を越えたら厳しく対処するという姿勢が必要だ」と話し、いじめを把握した際の生徒指導の方針作りや、教師を支える支援体制の構築などを提案した。




橋下氏、大阪に“いじめっ子更生施設”つくる!加害者に厳しく対応

全国で深刻ないじめが発覚する中、大阪市の橋下徹市長が、いじめの加害者を更生させる施設を大阪に設置する構想をぶち上げた。「いじめられた側が転校を余儀なくされるのはおかしい」として、加害者側を転校させ、厳しく対応する姿勢を示した。

 橋下氏は7日、市の教育振興基本計画の改訂作業を前に市教育委員5人らと意見交換した。その中で、複数の委員が海外の事例として、いじめた生徒に対し特別施設で更生プログラムを受けさせる▽校長にいじめた子供を転校させる権限が与えられている−などの制度を紹介した。

 これに反応した橋下市長が「いじめた子供を更生させる施設が大阪に作れないか。(設置が可能なら)来年度に向け予算もつけたい」と提案。いじめの被害者が転校するケースが多い現状について「いじめられた側に学校を替わりなさい、というのはおかしい」と批判した。

 いじめ加害者の更生施設設置は月内に開かれる同計画策定に向けた有識者会議で検討される。類似施設は海外にはあるが、「国内では聞いたことがない」(市教委幹部)という。

 このほか、学校現場でいじめ問題に対応する教師を支援するチームの設置や、保護者との間で係争に発展した際に弁護士を積極的に関与させる意向も示した。

 個人的な見解として「一線を越えたら厳しく対処する」「ぶちのめすというくらいの姿勢が必要」とした橋下氏。いじめっ子をビビらせる存在になれるか。




でも、本当に、こんな考え方でいいの?
いじめを受けた子や、その家族にとっては、いじめた相手を

『ぶちのめしたい!』

って、誰だって思うよー

『どっかに入れて、隔離しとけー!』

なんて、思ったりもするよー。

でも、いじめる側にも、何かしら、しんどい状況があるはず。
しんどいものを抱えているからこそ、自分よりも、もっと弱い相手をいじめたり
攻撃したりすることも少なくないはず。

人と人とが一緒にいれば、必ず、そこには衝突やら、誤解も生じる。
小さな衝突や誤解から、やがて「いじめ」へと発展することもあるだろう。

集団の中で、皆と違うタイプに感じられた場合、
からかいの対象にしてしまうのかもしれない。

でも、皆がそうするわけじゃない。


私が教育現場に願うのは、

《人を大切にすること。》
《自分を大切にすること。》

その心を育てる教育をお願いしたい!
そういう心を育てるためには、まず、大人が、子ども達の心を大切に考え
子どものありのままの姿を愛してやることではないか?
って、私は、思うんだけど・・・

そして、自分の意見を言う《勇気》も育ててほしい!

いじめは、
いじめた側といじめられた側だけの問題ではない!と思う。
誰かをからかっている友人を見たら、『そんなことするなよ〜』
って、言う人いなかったの?
からかってる段階で、やめとけ、って止めることができたら
いじめに発展しないし、
小さないじめを見つけた段階で、止めることができたら
大きないじめに発展しないと思うのだけど・・・

学校って、人を育てるところでしょ?
教育って、そうじゃない?
なんで、いつも学力向上のことにばかり、点数など数字にばかり、目を向けているの?
公立の小中学校を、民間の進学塾のようにしていこうとしていない?
学校は、子ども達を、人として成長させていく場でないといけないと思うよー

そして、大人同士も、力のあるものから、力のないものをいじめているような、、、
そんな姿を
ニュースを見ていて、いつも感じるのだけど、
力を使って、圧力をかけて、
相手に従わせようとする様な姿を・・・
それ見て成長する子ども達は、それが正しいことと、
そのまんま影響してしまうようにしか思えない。

というか、それが、今、現時点で影響していない?

橋下さんのような力のある人が、
自ら、周囲の大人を気遣い、大切にする姿を子ども達に見せてくれたら、
もっと優しい愛情のある言葉を使って語ってくれたら、
子どもたちだけではなく、教員など現場の人の気持ちも大切に考えながら
日本の教育を考えていってくれるのなら・・・
そうしたら、日本の教育も変わっていくような気はするけれど・・・

だって、
学校や教師が(教育委員会も?)、
いじめをなかったことにする背景には
そのまた上の力あるものの存在に怯えているからなのではないか?
教師が生徒の悩みや相談を受ける時間を、どれだけ与えられているというのか?

今、現時点でのいじめた側の責任や学校や教育委員会の責任は
もちろん大いにあるし、免れるわけがない!
だけど、教師や学校を締めつけがきつくなればなるほど、
逆に、『いじめ』はなくならないどころか、いじめが増えて、
そして、それを隠すことに、もっと全力を尽くす大人が増えていくような気がしてならない。

いじめる子を排除することに力を注ぐのではなく、
いじめる子を作らないことに力を注げば、誰も傷つかないのだから。

大人自身が、相手を大切にする姿を
大人自らが、そんな風に生きていく姿を
子ども達に見せていけたら・・・

そうしたら、子ども達も、それをそのまま学ぶはず。
そして、『いじめ』も『不登校』も逆になくなっていくような気がするんだけど・・・


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)

posted by イムニー at 12:36| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

2012年08月12日

いじめ、教育、平和・・・、今、必要なことは何か?

ちぃとちぃのガイドヘルパーさんと、
昨日は、リバティホールまで、『Cherry』を観に行ってきました!

一部は、子どもたちによるダンスパフォーマンスと
音楽部によるコンサート。
ちぃは、立ち上がって、ノリノリで踊っていました。
そのために、一番後ろの席に座らせていました〜(^O^)

二部は、いよいよ劇なので、シリアスな場面もあるし、
ちぃには、どうかな?
あまりにうるさくしたら、途中で出てもらおうと思っていたけれど、
本人は、すごくご機嫌で・・・
というか、ただの演劇ではなく、音楽劇ということで、
途中で、何度も歌が入るから、楽しくて仕方ない様子。

とはいえ、機嫌のいい時も声は出すので、
少しハラハラしたけど、結局、最後まで観せていただきました。
ちぃが、まともに見たのは、初めてのことかな?
よい経験をさせてもらいました。

ちぃのそばに座ってられた方には、うるさかったかも?
ごめんなさい。

chacchaこと、加藤優香ちゃんの歌声、演技、
すっかり板についていたというか、
この演劇からのメッセージが、優香ちゃん自身の中にもあって
自分の思い、自分からのメッセージとして
演じ、歌っている部分があるから
ダイレクトに伝わってくるものを感じていました。
歌がうまい!演技がうまい!というだけではなくて・・・

IMGP2145.jpg

IMGP2152.jpg

IMGP2153.jpg

もちろん、優香ちゃんだけでなく、子どもたちの演技もよかったよ。
歌もよかった。

コルチャック先生と子供たちのパネル展(日本ヤヌシュ・コルチャック協会提供)
も開かれていました。
以下の一部は、クリックすると拡大します。

IMGP2131.jpg


IMGP2132.jpg

IMGP2133.jpg

IMGP2134.jpg

IMGP2136.jpg

IMGP2135.jpg
子どもたちは、汽車に乗せられ、トレブリンカの強制収容所へ。
そこで、死を迎えました。

IMGP2137.jpg

当時のユダヤ人迫害の様子は、『戦場のピアニスト』の映画を観るとよくわかります。
あの戦場の中で、コルチャック先生は、子どもたちの福祉と権利を訴え、
自らも、それを実践されていたのですね。

その彼の考えていた子どもの理想は、死後47年にして国連で、
『子どもの権利条約』として実現しました。
日本も1994年に批准国となっています。
この『子どもの権利条約』は、本当に素晴らしいと思います。

とれぶりんか代表の今回の公演での最初のメッセージの中に以下が記されています。
【「たとえ子どもであっても、人格は大人と平等に有している。ただ未熟なだけである。
子どもはすでに人格者である。子どもの人格は、親に委ねられるのではなく、
子ども自身の固有のものである。」
こうした提言は、今もなお輝きを失ってはいません。いや、むしろ、今の世界と巡る子どもたち
の厳しい現実が、コルチャック先生をいとおしいまでに求められているのではないでしょうか?。

 日本の現状も深刻です。後を絶たない『いじめ』『不登校』『引きこもり』『うつ』『自殺』・・・。
子ども、若者の孤立化は、孤老の問題と相まって、日本の閉塞感をいっそう深いものにしています。
子どもたちの夢や憧れにつながる居場所を、発信基地をつくろう!!これが、私たちの出発点でした。】

今の子どもたちにとって必要なことは何か?
コルチャック先生の生き方から、教えられることは多々あると思うのです。

少なくとも、教育に競争を持ち込むことではなく、
学校や先生らの評価システムでもなく、
学力重視することでもなく、
今、目の前にいる子どもたちにとってどうか?(誰ひとりとして排除することなく)
ということを考え続けることではないか?と思うのです。
子どもたち自身の声を聴きながら・・・


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 09:27| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2012年08月16日

出会いと別れも人を成長させてくれると思う。

今年に入ってから、
ちぃは、何度もお別れと出会いの繰り返しだ。

2月の初め、ちぃは、支援学校を退学した。
退学する日、先生方は、
わざわざちぃのために6限目の時間を使って
ちぃが退学することを、学年の皆に話してくださり、
そして、最後に花道を作って、送り出してくれた。

ショックを受けたお友達もいたようで、
本当に申し訳ないことでした。
それでも、ちぃのために花道を作って送り出してくれたことで
ちぃ自身も、自分が今日でみんなとお別れなんだ、と
理解できたと思う。
本当に、本当にありがたくて・・・
先生、ありがとう!!

ちぃはちぃで、きっと、色々な混乱が、心の中にあったろう。
校長先生や准校長先生らからも
「ほんとは、全員揃って、卒業できたらいいな、と言ってたんです。」
という気持ちも、もちろんもちろん、よくわかるし、
皆さんには、寂しい思いをたくさんさせてしまったなぁ〜と
ずっと申し訳ない気持ちはありました。

それでも、こちらの気持ちを尊重してくださり、
皆で、送り出していただいたことは、
たぶん、一生忘れないと思う。
それは、PTAの役員さん、委員さんたちに対しても。
ずっと感謝してます。
その気持ち、忘れないでいます。



そして、2月から、長い長い春休みが始まってしまったちぃの
過ごし方に困っていたところ、
快く受け入れてくださった事業所さんがありました。
ちぃは、3月に入って、少ししたら通いだしたのです。

ちぃの自傷が無くなるように、
ずっと、止めたり、本人の気持ちが安定するように、
気持ちに寄り添うよう、努力していました。

昼間通うようになった事業所さんは、
本当に、ちぃのために、よく向き合ってくださりました。
ちぃの言わんとすることを理解し、
ちぃのできることは、自分でさせて、
ちぃと上手にコミュニケーションとってくださったのです。
この数ヶ月、ちぃは、すごく成長しました。

最初の頃こそ、自傷もちょくちょくあったけれど、
最近は、すっかりなくなりました。
スタッフの皆さん、どなたも、とってもあったかくて
そこに通われている仲間の方たちも、
ちぃのこと、かわいがってくださっていました。

「ちぃちゃん、来てくれて、ありがとう!」

そんな言葉もいただいていたのに、
先週、またまたお別れ会でした。
ちぃのために、大好きなバニラアイスを用意してくださっていて・・・

きっと最初に出会っていたら
これから先もずっとお世話になっていたことと思います。

1年半、それ以上前に
おそらく母にとっても、ちぃにとっても、運命の出会いがありました。
出会った方は、これから事業所を立ち上げるのだとおっしゃっていて・・・
母の気持ち、母の希望、それに、ピタッとはまってしまう
そういう考え方の持ち主の方だったので、
そのときから、ちぃの一生の行き先として、
その方にお願いしていました。

今さら、やっぱりヤメる!とも言えないし、
そうしたくない自分の気持ちがあった。
立ち上げが、遅れ遅れになったとはいえ、
これから何十年も通うことになるのなら、
数ヶ月の遅れは、なんの問題もないどころか
逆に、そのおかげで、
この街に、また、ちぃのことを知ってくださる方が増えた。

ただ、やっぱりここでも、
ちぃだけではなく、スタッフや仲間の皆さんに
寂しい思いをさせてしまい、本当にそれが申し訳ない。

最後の日、ちぃは、喜んでアイスを食べていた。
そして、とうとう帰る頃、ちぃは、怒ったり、悲しそうにワーワー
言っていた。
ちぃにも、今日でお別れなんだと理解できていたよう・・・
やっぱりわかってるよね?
ちぃが、皆とのお別れを悲しんでくれたことはうれしかった。
ここが、ちぃにとっては、それだけ大事な場所になっていたんだ。
ただ、ちぃに寂しい思いをさせてしまったことは
胸がキュンとなって・・・
でも、そんな気持ちを経験できたちぃは、
たぶん、また、人として成長してくれていると思う。

ちぃの心の声を聞くように、
母は、努力しているつもりだけど・・・
それが本当にできているのか?
間違った選択をしていないか?
いつもいつも、母は、悩んでる。
ただ、ちぃの力を
ちぃ自身が、
自分の人生を切り開いていく力があることも、
信じているからね。



皆がちぃに書いてくれた寄せ書き♪(皆さん、ありがとうございます!)
120816_085700.jpg
ちぃの定時制高校の入学式の日にも
代表の方が来てくださって、先生方へ色々話をしてくださり、
給食が始まったら始まったで、女性スタッフが先生方に、色々伝えに来てくださったり・・・
いっぱいお世話になったんです。

ちぃは、本当に、たくさんの方々に支えてもらっています。
人のぬくもりに、母は、いつも感動し、ちぃのおかげで
たくさんの方との出会いがあります。
感謝、感謝・・・



というわけで、新たにできる事業所が完成するまで、
ちぃは、またまた、去年と同じ夏休みのような感じで
過ごしてますぅ〜

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
posted by イムニー at 09:59| Comment(0) | ありがとう!

2012年08月18日

とうとう、こんな物まで買いました!汗

ちぃの通っていた保育所は、
お昼寝マットとか、お昼寝布団とか、そんなの用意しなくてもよかった。
だから、そんなの買ったことなかったけど・・・

結局、ちぃは、毎晩、リビングのソファーで寝てるのよ。
無理やり寝室に連れて行っても、
途中で、ガバッと起きて、リビングへ逃走されるし、
やれやれ寝たか・・・と思っても、
朝の4時に目覚めて、また、リビングのソファーへ。
そんな繰り返しに付き合う方が、ストレスになるので
もう、寝室で寝てもらおう〜!なんて考えること、やめました。

で、ちぃが寝てしまったら、
母だけ寝室へ行こうとか考えてはいるけど、
何しろ、最近は3時頃まで平気で起きてたりするちぃ。
学校が夏休みに入って、昼間の活動だけでは、疲れなくなってるんです。苦笑

母の方が、耐えられなくなり、
そのまま、ソファーの前のフローリングの上で、寝てしまう・・・汗

というわけで、朝になると、体がだるいし、
オリンピック選手が持ち歩いていたマットレスなんかいいかも?
とか思うものの、かなりお高いようなので、
結局、お手軽なおこちゃま用のお昼寝マットを買っちゃいました!苦笑

120815_210223.jpg
リビングにお布団持って降りてくるなんて嫌だしね・・・

で、こんな風に寝てる子の前で、母も寝てます。(^^;
120815_205958.jpg
あ、ドーナツクッションは枕ではありません。
かわいいかな?と思って、置いてみただけ・・・(笑)
ちなみに、ちぃは、2代目鍋帽子をいつも枕にしてます♪
1代目の鍋帽子にちぃにとっての使い方?が記してあります。

なんか、もう、なんでもアリ!というか
わけわからん生活ですが、
新しい事業所に移ったら、
これまで、ゆっくり母が送って行ってたけど
今度は事業所さんに、もう少し早い時間に迎えに来ていただく予定。
(水曜日は送っていくので、その他の曜日はお願いします。(^-^))

そうして、朝から活動したら、早寝もできるでしょう。(たぶん)
今は、起こしても起こしても、家にいたら、
結局、また寝てしまうんです。。。
起こすなら、起こし続けておく必要があるので、やっかいです。。。苦笑

と書くものの、昨夜は12時頃に寝てくれました。
今朝は、8時半に起こすと、最初は眠そうにしてたけど、
たっぷり寝たせいで、その後は、ニコニコになってました。(^O^)


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^-^)
posted by イムニー at 10:22| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2012年08月21日

うれしいお知らせo(^▽^)o

ちぃに『マカロニ』という曲を作ってくださった
Crescendo Time Loverが、
8月26日(日)、枚方市駅周辺で、
久々にライブをされるそうです!(^-^)

これまで、気になっていた方は、ぜひ、お聴きください!

o0480067912141042344[1].jpg

なかなかの豪華メンバーです!
詳細は、かとちんのブログに載ってますよ〜ん!

そして、彼らの紹介記事は、こちらです!
posted by イムニー at 12:19| Comment(2) | 街をTDRにしよう〜

2012年08月28日

夏の旅行〜大人へ

先週は、徳島まで行っていた。
子どもたちが小さい頃は、毎年、海水浴へ行っていたから
何度も泊まっていたコテージ。

小さい頃は、民宿へも、よく泊まっていたな。
食事を用意してもらえるから楽チンだったけれど、
ある時期から、ちぃを連れては無理になって・・・

コテージやバンガローは、
建物が独立しているので、泊まりやすい。

で、今回は、ほとんどお兄ちゃんのドライビング練習の為の旅行だった。
彼は、春休みに免許を取得しました!(合宿で。)

ドキドキハラハラの中、ご機嫌さんなのは、ちぃ。
(手に持っているのは、いつもの鍋帽子〜笑)
DSC00141.jpg

さすがに、パパも行き帰り、眠らずに
お兄ちゃんに、横から、細かいことまでも指導・・・

DSC00194.jpg
鳴門海峡大橋〜

初日のお昼ご飯は、徳島ラーメン!
120822_104752.jpg
店内には、有名人さんらの色紙がずらりあっただけあって、
なかなか美味しかった。
でも、母には、ちと味が濃すぎて、少し辛かったかな?
生卵を入れるとちょうといいんだと思う。

コテージの中は、こんな感じ。
IMGP2163.jpg

IMGP2193.jpg
物が散乱していて、失礼〜

IMGP2174.jpg
左にも、同じ部屋があり、
左側にだけは、2段ベッドが。
つまり、ベッドは5台になります♪

DSC00169.jpg
1日目の夕食は、室内で・・・

2日目は、パパとお兄ちゃんは釣りに・・・
IMGP2181.jpg
せっかくなので、炭焼きに・・・

バルコニーがあり、そこにも、テーブルと椅子が。
DSC00172.jpg

せっかく徳島に来たので、すだちを買ったら、
いつものバーベキューとは違う味わいが・・・。
母は、すだちのお酒まで買ったので、相性バッチリ!(^O^)
IMGP2188.jpg

コテージの外は、こんな感じね!
IMGP2170.jpg

もう、海水浴は行かないので、今回は、のんびりと過ごしました〜。

といっても、コテージに入るなり、
ちぃは、お風呂場へ突進して、すぐに入ってましたが。苦笑

それでも、まあ、それなりにお利口にしていてくれました。
ベッドもうれしかったようです。

ただ、パパとお兄ちゃんが釣りに行っている間、
ちぃは、部屋から窓の外を、『パパ、早く帰ってこないかなぁ〜?』と、
恨めしそうに何度も眺めていました。笑

行きも帰りも、ほとんどをお兄ちゃんが運転しました。
私には、そんな長時間運転は、今でもキツイ。

IMGP2223.jpg

まだまだハラハラはあるけれど、
来年の夏には、難なく、どこへでも行けそうです。

昨日、20歳になった彼。
親の役目は、ここで、一旦終了かなぁ〜?
もう、保護者としては、あれこれ言わなくてもいいかもなぁ〜

今後は、彼より長く生きてきた先輩として、見守りたいと思います。


IMGP2217.jpg



よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)

posted by イムニー at 10:08| Comment(2) | ライフスタイル

2012年08月31日

感動の渦〜〜

先日のストリート、
もちろん、ちぃは、ノリノリで大喜びでした。
IMGP2238.jpg

IMGP2237.jpg

えっと、ここに書いちゃっていいのかな?
最後に、なんとボーカルの池口さんが
皆の前で、公開プロポーズ!

もう、そこにいる人、み〜んなが感動でウルウル・・・
と〜っても素敵なご夫婦の誕生なんですよ〜(^-^)

お二人の人生最大の瞬間に
立ち会わせていただけて、感謝です。

なんかね、、、
すごく優しい気持ちにさせていただきました。
どうぞお幸せに・・・

ただ、ちぃは、みんなが拍手喝采した直後、
わけわからず、一瞬だけ、軽く怒っていましたが。笑
最近、いっぱい成長してきたちぃも、
さすがに、意味わからないわなぁ〜(^^;

その日は、午前中から出かけていたし、
晩の9時頃に自宅へ帰ったから
きっと疲れて寝てくれるだろう〜と思ったら、甘かった。。。大汗

母は、暑かったのと、立ちっぱなしだったのと
旅行疲れも残っていたので、
帰ってきたあとは、バタンキュー、という状態でしたが、
ちぃは、やっぱり全然元気で、
夜中の3時を過ぎても、なんかリビングで踊ったりしていました・・・(>_<)


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 10:56| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜