2013年01月07日

遅ればせながら…

遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます!

今日から、ちぃも、ようやく通常モードで
昼間の事業所さんへ。
学校は、明日が始業です。

年末は、
28日までは、事業所へ通っていたので、
去年の年末は、ありがたかったです。

パパのお友達らからは、たくさんのおいしいお正月用の贈り物があり、
IMGP2716.jpg


IMGP2616.jpg


IMGP2623.jpg

生湯葉も贈り物です(^-^)
お吸ましの中に入ってるのも・・・
IMGP2632.jpg

ミッキーおせちは、さすがに高価なので、やめたけど、
おせちは、またまたお取り寄せしちゃいました〜
IMGP2631.jpg

ちぃは、生まれて初めて、おもちを食べてくれました。
ちょっと喉詰まりそうになってたけど・・・(^^;

年始になってからは、
ちぃも退屈してきて、ご機嫌斜めなことも多く、

ご近所での初詣も、手を清めたところで、終わってしまいました(汗)。
IMGP2628.jpg

確かに長い列が、できていたし…
IMGP2626.jpg

結局、朝早くから散歩がてら、他の神社へお参りに行っていたパパと一緒に
ちぃは、車で待機しておいてもらい、お兄ちゃんとで参ってきました。
IMGP2627.jpg

結局、ちぃは、初詣してない〜!

と思っていたら、今日は、事業所さんの方でも
初詣へ行くのだそうで・・・

よろしくお願いします!

皆様も、今年もどうぞよろしくお願いします(^-^)



posted by イムニー at 11:15| Comment(2) | ライフスタイル

予想していた以上に…(^-^)

今年のお正月最大のイベントは、
ちぃに着物の着付けをすることでした〜

着物には、あらかじめ
小さい子みたいに、
軽く腰上げをしておき、

長襦袢にも、あらかじめ紐を付けておき、

帯は、先にお太鼓にしておいて、
IMGP2644.jpg
ここに、洗濯バサミで止めてから、背中にのっけました。
お友達からいただいたクリップは、内側につけてあります。

なんと、
ちぃは、大喜び!

着付けしている間も
長いことイヤがることなく、じっと我慢して立っててくれました。
30分位かかってるのに・・・
というか、むしろ出来上がりを楽しみにしながら
母を応援するつもりで、じっと待っててくれている様子でした。

出来上がり〜〜
IMGP2642.jpg

背中のお太鼓も、まずまずかと?
IMGP2645.jpg

パパも着物好きなので、今年は、一緒に・・・
IMGP2657.jpg


実は、今日も、事業所初出の日に
着物で通所させていただいたんです。

昨夜、着物の用意をしていたら、
ちぃは、夜中なのに、着る〜〜!と催促してました。

それで、
明日、これ着るからね!
朝になってからね!
明日は、早起きしなあかんよ!
だから、早く寝なさい!

と、さんざん言いまくっていたんやけどね。
練るのは、やっぱり2時をまわってからでした〜汗

でもね、
今朝は、8時に起こしたら、
(年末年始は、9時半以降しか起きたことない!)
いつものように、リビングのソファー?で寝ると思ったら、
そのままニコニコして起きてきて、
またもや、早く着物着せてよ!と
催促してた〜〜

ほんとにうれしいみたいで・・・

これから、普段の日も
朝から着る!と
言い出しかねないなぁ〜と、ちょっとドキドキするわ。

でも、ジッと待ってて
長いこと、文句言わずに立ってるちぃの姿が珍しく、
こちらも嬉しくなってきます♪

今朝は、帯揚げの色を変えてみました〜
IMGP2733.jpg
帯は、今日のは、ちぃのおばあちゃんにもらった帯です♪
作り帯になってるので、簡単です!

今朝は、お化粧もしてみました〜

画像は・・・

やっぱ、

やめときます!(笑)


成人式は、来年。

これなら、振袖&袴が
着せれそうです!

洗える着物で、と思っていたけど、
誰も着る人いないのだから、
母が着た振袖を着せよう〜と思っています。
(お友達に言われて、残してても意味ないやん!と気がつきました!(^_^))

汚すのわかってるんやけどね。

それと、
こんなに喜んでくれるんなら、
これから、ちょくちょく着物買って着せようかな?

枚方の毎月ある五六市にも
着物、着せて行ったりできるしねぇ〜


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
今年もどうぞよろしくお願いします。
posted by イムニー at 11:54| Comment(2) | 天使の(?)ちぃちゃん

2013年01月11日

体罰なんかよりも相手に寄り添う姿勢の方がいい!

昨日、パニックになっている、と学校から連絡をもらった。

以前も、入学して少しした頃、給食に出たお魚の小骨が喉に刺さって、
大パニックになって、自宅へ帰る途中に電話がかかってきた。
慌てて行くと、何人もの先生方が
ちぃの頭や腕を押さえてくださっていた。

なぜ、ちぃと知り合ったばかりの先生方が、
ちぃがしゃべらないのに、小骨が喉に刺さったとわかったのか?
最初は少し不思議だったけれど、
先生方は、ちぃに限らず、相手の気持ちに寄り添い、
普段から生徒の様子をよく注目されてるからなのだと思う。

そして、ちぃの気持ちにも寄り添ってくださるから、
ちぃの様子から、すぐにわかったんだ。
決して、ちぃのパニックについても、
困った子やなぁ〜という顔をされる方もおられず、心配してくださる。

ちぃが、何度目かのお茶やら、ご飯を口にして、
ようやく落ち着いてきた頃、
「あー、よかった、よかった。」
「もう1時間めは、今日は、ゆっくり過ごそうかー。」
「苦しかったねぇ〜。」
等と、優しく声をかけてくださる姿が、
ありがたくて、うれしくて、感激してしまう。

昨日も、慌てて、学校へ行くと、
パニックは収まり、ビエーンとべそをかきながら、涙を拭う頃だった。
ちぃは、別室にいて、先生方が何人か来てくださっていた。
やっぱり先生方があまりにも優しくて…
そして、それが当たり前の学校の空気になっている。

私が「お世話をかけて申し訳ないです。」と言っても、
「とんでもないです!」
と気持ちを込めて言ってくださることも、ありがたくて、ありがたくて。 

考えてみたら、
「お母さん、困りますねぇ〜。」
という姿勢に、これまで、どれだけ傷ついてきたろう?
もちろん、その気持ちも理解できるから、
だから、余計にこっちは辛くて、肩身が狭かったんだ。
でも、その度に、話し合いの場を作ってもらい、一生懸命伝えてきた。
私が辛いのはいいけど、
ちぃが、家の中や施設の中で過ごすのではなく、
この社会の中で少しでも生きやすくなるために・・・。(親がいなくなっても)

この高校にも、というか、
高校だからこそ、より一層その覚悟をして、ちぃの受験を決めたのに
そんな必要は、今まで一度もない。

あ〜、こんな先生方ばかりだったらなぁ〜。

昔、個別指導のパソコン教室でインストラクターをしていた頃、
生徒さんによって、
どうですか?と声かけて欲しい人
自分から質問するまで声かけしないで欲しい人
基本知識だけ教えて欲しい人、
テキストに載ってないことでも、積極的に教えて欲しい人、
ゆっくり教えて欲しい人、
練習問題飛ばしてでも、さっさと教えて欲しい人、
等々
色々だった。

だから、
同じインスト同士で、相手によって対応を変えなあかんよなぁ〜と
話し合ったりしたと思う。


体罰を容認する声が、今だに聞こえてくる。
愛のムチならいいって?!
暴力は暴力やん!
自分が子どもの頃は、もっと厳しかった!
という声も上がってくるけれど、
だから、何?
自分が経験してないから、体罰なしでの指導の仕方を知らないのだろう。

自分が体罰をして欲しいなら、自由に周囲に伝えたらいい。
でも、他人がされている体罰の容認なんて、勝手にしないで!
誰にだって、あなたとは違う『気持ち』があるのだから。


年末は、インドでのレイプ事件に、ずっと心が痛かった。
でも、レイプされる方も悪い、みたいなことを言う人が、やっぱりいる・・・
めちゃくちゃ腹が立つし、ものすごく悔しい!


知的障害のあるご夫婦の赤ちゃんを
周りのサポート体制ができたにも関わらず、養護施設から返してくれないという事例についても
腹立たしくて仕方なかった。

親御さんの気持ち、赤ちゃんの気持ち、
そのご家族の気持ちを案じてサポート体制を作られたNPOのスタッフの皆さんの気持ち
どんだけ踏みにじるつもり?

しかも、何かあったらと思ってのことでしょう、と
役所の方を擁護する声も、やっぱりある。
サポートしてくれる人がいて、何かあったら?!っていう心配するのは、
一体、どういうこと?!
何かあったら、と思って、サポートする人が現れたのでしょう?
その人たちがいるなら、それは、健常者の子育て以上に恵まれている環境でしょ?!


なんかね、どれもこれも、繋がってるよなぁ〜って思う。
力の強い者が、力の弱い者の『気持ち』(人権)を無視しているし、
意識の違いで、周囲から笑われていることにも気がつかない!

今、表に出て、格好いいこと言ってるつもりかもしれないけど、
橋下さんかって、自分は権力持って、市の職員へ同じことしてると思うよー。

互いに相手の気持ちを考えたり、感じ取ったり、
互いに気づいたことを言い合える関係の方がいい!
特に教育現場では!

体罰を行った先生を擁護する声もあり、先生にだって気持ちがあるのだから、
そこ考える気持ちもわからなくはない。
人は、間違ってしまうことが、誰でもあるのだし。

でも、人が亡くなってしまったんやん!
今は、擁護していいわけがない!

擁護するより、もっと前に
それ、おかしくない?
とか、
あんたのやってること、おかしいやん!
って、先生同士、言えなかったの?と思う。

心を育てることが目標ではなく、
勝つことが目標になっていたから、
一応強いチームにしている先生のやり方は、『正しいこと』に見えたのじゃないかな?
そうだとしたら、すごく恐ろしいことやわ。

きっと、同じことが、学力向上を目標にした場合でも言えると思うー。

でもね〜
教育は、心を育てることやん!
人権を尊重することやん!
そこが一番の中心になってたら、
互いに気づいたら、注意しあえるやん!
その姿勢が学校の中にあれば、生徒同士も
小さないじめの内に、互いに注意し合ったり、
いじめられてる子をかばったりできるのと違う?

そのこと、橋下さんも、もっと考えて欲しい!
橋下さんが今、行っている教育改革は、その真逆のことばかりに感じるよ。


ちぃの話から、大きく逸れてしまったけれど、
ちぃは、一昨日も2時過ぎに寝たのに、
昨日は、珍らしく朝早く起きてきて
ちぃの1日が長かったんだと思う。
その上、12月から木曜日は、福祉タクシーで学校へ送ってもらうようにした。
母の送りと違うことにも、戸惑いがあったのだろう。
また、これまで始業式のあとは、短縮が続いていたのに
3学期は、通常授業がすぐに始まった為に、
久々の学校生活にペースが戻ってないせいもあるのだろう。

昨夜は、11時過ぎに自分からベッドへ行って、その後、そのまま寝てくれた。
12時に寝てくれることも、ほとんどなくなったちぃが、
早く寝てくれたので、久々に、私も早起きできた。
ちぃは、ギリギリまで寝てたので、たっぷり睡眠をとれている。

さて、今日は、ニコニコで過ごしてくれるかな〜?
いつもご迷惑かけて、すみません〜〜汗


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^-^)
posted by イムニー at 14:58| Comment(2) | 定時制高校でのエピソード

2013年01月13日

やらんでええことは増えたけど…

手を引っ張ってきて、
あれしてー!これしてー!と
訴えてくることも増えたし、
夜の学校から帰ってきて1度目のお風呂に入るのが9時半を過ぎて…
なのに、その後、寝るまでの間に、まだ3〜4回は、お風呂に入る。

その度に、新しいTシャツに着替える。
さっきの着ときー!と無理やり着せようとしても、
ぜ〜〜ったいに着ない!(>_<)

着替えは、昼間や夜の学校でも
トイレに行く時に上下共に着替えることがあり、
持っていく着替えの量も多い〜〜(ノ゚ο゚)ノ 

コーラ味の飴食べないのに、
コーラ味も入ってるどんぐり飴(どんぐりガム?)が大好きで、
コーラ味ばかり残っていく。

大玉のアメは、1回目のお風呂に入った後に
口に入れて、すぐに出す。
なんのおまじないか?と思うわー。

1回目のお風呂に入った後に着る服も決まっている。
タンクトップなんやけど、
毎日来ているので、もう破れてボロボロだ〜
それでも、まずは着る。
その後、かき氷を食べた後に、わざと水をこぼしたりして
それから、お風呂に入って、フツーにTシャツを着る。

そんなややこしいちぃだけど、
例えば、カキ氷やアイスを食べる時、あー朝は、ヨーグルト食べてるけど、
そのどの場面でも、
自分で取っておいで!と言うと、
いつの頃からか?ちゃーんとスプーンを持ってくる。
(ちょうど家で、スプーンとフォークの区別を練習させていた頃に、
支援学校では麺類をスプーンで食べさせてたから、それで、余計にびっくりしたんよ。
アイスでもカキ氷でも、フォークを取ってくることも多かったからね。)

お風呂に入った後は、自分で浴槽に蓋をするように言ってきたら
ちゃんと蓋をしてから上がってくることも増えた。
うまく拭けないけど、自分なりには、タオルで体も拭いてたりする。

2階のべランダから取り入れたまま放置している洗濯物があれば、
1階から、わざわざ洗濯カゴを持っていき、
そこに入れて持って降りてきてくれることも増えた。
(これは、私が教えてない。自分からするようになった〜)

1回目のお風呂の後に着る服は、
お風呂に入るより前に、引き出しに入ってるかのチェックをして
入ってなかったら、先に2階に干してあるのを探しに行くようにもなり。

ニコニコしながら脱衣所へ来て、横の引き出しに入ってなかった時の表情も
また、おもしろい。
だって、それまでニコニコだったのに、プクーッと膨れた顔をしているから。笑
その顔で、2階へ服を探しに行くねん。

最近は、事業所へ行く前には、
自分から、髪留めのゴムを持ってきて、
私に渡してくれるようになった。

そういや、その前には、私が出すのではなく、
自分で冷蔵庫から朝食べる分のヨーグルトを一つだけ取り出してくるようになった。
そろそろ、ポップアップトースターを買って、
トーストも自分で焼くように教えてみてもいいなぁ〜。

頭の中では、きっと色々考えているのだろうな〜。
言葉がしゃべれないだけで、きっと18歳の女の子らしいことを
考えていると思うー。

昨日も今日も、毎日…
ちぃも母も、まだまだ成長し続けています。(^-^)


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
本日もご訪問、ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 10:07| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2013年01月15日

地元の成人式

昨日は、お兄ちゃんが成人式だった。
同じく成人された皆様、おめでとうございます!

うちの市では、何年か前から、
公立の地元中学校単位で式が行われるようになった。

ということで、皆見知った友達同士だ。

中学校で式を行うことには、
色々と反対意見も多かった。

ちぃにとっては、ありがたいんだけどね。
だって、ほぼ全員がちぃのことを知ってくださってる方ばかりだから。

でも、私学に行かれたお友達が参加しづらいよなぁ〜と
少し辛くなったりする。
小学校時代のお友達とか、近所のお友達とかが、
一緒に行こうよ〜!って、ぜひ、事前に誘ってあげて欲しいなぁ〜。

けど、
式には、地域の方が誰でも参加することができる。

昨日は、ちょこっと様子を見に行ってきた。
IMGP2743.jpg
もちろん、勝手知ったる体育館だ。

女の子は、やっぱり全員が晴れ着姿で、すっごく華やかで、キレイ〜

男の子は、やっぱり大半がスーツやなぁ〜。
そして、予想通り、一部の子たちが紋付袴だった。

調理室も、ちょこっと覗きに行くと、
見慣れたお母さんたちのお顔が・・・

成人した若者たちを祝おうと
朝早くから集まり、お餅つきをして、
豚汁やぜんざいを振舞う為にたくさんの準備をしてくださっていた。
本当に頭の下がる思いです。

いつもありがとうございます!
IMGP2750.jpg
晴れ着姿の女の子たちも食べやすいように、と、
ちっちゃなちっちゃな一口大のお餅〜

紅白のお餅も作ってくださっていて
お兄ちゃんも、こんな風にいただいてきました〜(*^_^*)
IMGP2755.jpg

今年はちぃも20歳になり、
来年は、いよいよ成人式です!(^-^)
posted by イムニー at 21:11| Comment(0) | 家族

2013年01月18日

なんで大阪市長が、そんなん言うの???


『生きてるだけで丸もうけ〜』

この言葉は、私ら障害児の親も、
たぶん障害のある人たちも、
そして、今、生活が苦しい人らも、
何かしんどいことがあって、悩んで悩んで苦しんで、
ようやく光が見えてきた時に、
皆、たくさん使ってきた言葉だと思う。

その言葉は、自分で、自分自身のために使う。

或いは、しんどい立場の人が、同じしんどい立場の人に
励ますために言う言葉かもしれない。
それでも、自分の中にストンと落とすためには、
自分が、心から、そう感じた時になる。

でも、なんで、
市の行政サービスを提供する側の人が、
権力を持つ側の人が、
弱い立場の人に向かって言うの?

それは、ないわ〜。

例えば、裕福な人が、最低限の生活すらしんどい人に向かって使えば、
それ、どんな気分がするか想像できない?

事故を起こした側の人が、怪我させられた側の人に言えば、
どう感じるか?わからない?

市長は、
「桜宮高を目指して頑張ってきた受験生、保護者の気持ちはよく分かるが」としながらも、
「これまでの生徒、保護者の意識の積み重ねで桜宮高の体育系クラブの伝統が築かれてきた」と
言い、だから、生徒や保護者にも責任があるみたいなことを言う。

えーー?!
生徒は、高校生。
学ぶために学校に来ているのよ。
教育を受ける側よ。
なんで、生徒にまで責任をとらそうとするの?
間違った教育を受けてきたのなら、
彼らも被害者だ。
そして、これから受験しようとしている生徒も被害者だ。

その価値観を植え付けたのは、
この社会全体の大人やん!

橋下さんも、橋下さんなりに
一生懸命考えてはるのはわかるわ〜。
けど、
これまで体罰に容認発言をされていた責任はどう感じてるの?
(競争に勝つことを支持してきたのも、誰よりもあなたやん!)

大阪市の最高責任者が、被害を受けた生徒に
上記の言葉を使うなんて!

やっぱり、おかしいよ〜。
そして、生徒らに責任押し付けるなんて!

また、間違っていることに気づいていても
声を出せない人が、橋下さんの周囲にもたくさんおられるんだけど、
それ、どう思ってるの?
橋下さんが体罰容認していた頃に
バスケ部の部員に相談されたら、
さて、真剣に話を聴いてあげることができた?
顧問の先生のが正しい!って、言うたかもしれへんよ。
そんなだから、二重に傷つきたくなくて、声が出せないのだから。

だからね、
権限を持った人には、一番立場の弱い人のことを考えてほしい。
皆が声を上げやすい環境を作ってほしい。
体罰容認してたせいで、声を上げにくい環境を作ってたんやん!

人が一人亡くなった重みは、そのとおりやよ。
けど、その重みについて考えないといけないのは、
私たちすべての大人。
決して、一高校の問題じゃないわ〜。

今、ただでさえ、生徒らは、傷つき、苦しんでいると思う。
亡くなった仲間のことを思えば、
確かに
『生きてるだけ丸もうけ〜』ではある。
けどね、
彼らだって、被害者なのよ!
そして、体罰することもなく、
愛ある態度で、一生懸命支えている先生方が
彼らのそばにおられるかもしれない。
(私は、きっとおられると思うー。)
体罰を見過ごしてきたことや、
体罰してしまったことを
猛烈に反省している先生もおられるかもしれない。

だからね、
市長だって、もっと愛ある対応をしてほしい。
何よりも、生徒の気持ちを第一に考えてほしい。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 19:05| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

2013年01月24日

体罰問題〜命の重みを知っていたなら…

障害児を抱えている家庭は、
普段から、『いのち』と向き合っていることは多い。

まして医療的ケアが必要なお子さんを抱えているご家庭は特に。

『いのち』の重みを知っているのなら、
今、目の前にいる『いのち』は、全て大切に思えるのじゃない?

先の記事に記した
「生きてるだけで丸もうけ〜」
と自分に言い聞かせるのではなく、相手を黙らせるために使うことが
私には、どうしても許せない。

「1年、2年、棒に振ったって…」
とも言えるのは、
明日どうなるかもわからないという想像ができていないから。

人は、いつ、どこでどうなるかなんてわからないのに。

だから、命を大切に思う人は、今のこの瞬間瞬間を大切に生きているし、
生きていて欲しいと思うのではないでしょうか?

今、目の前にいる人を大切に思えない人が、
命の重みを感じているとは、私には、到底思えない。


高校生の記者会見。

本当は、市長にもっと話を聴いてほしかったんよね。
それが叶わなかったから、
市長に届けるために、
TVの前に出た。

あと1ヶ月で卒業する彼ら。
黙って卒業することもできたのに。
後輩たちの為に、後輩たちを守ってやりたい!と
勇気を持って、前に出て、自分の意見を言った!
本当は、仲間の死や、マスコミの攻撃、世間の目に すごく傷ついてるはずなのに。

体罰から彼らを守ってあげていなかったのは、大人でしょう?
橋下さんも
今回のことがあって、ようやく「考えを変えないといけない。」と言われたぐらい。

なのに、前に出る勇気のない人たちが、彼らをどうして非難できるの?
正しいと思うなら、名前や顔を出して、非難してみますか?
それは、できないのでしょう?


尾木ママまでがブログで、
生徒らの記者会見を「誰が仕組んだのかしら?」等と記してあること
また、「生徒会が前に出てくるべき!」
と書いていたことに、実は、かなりショックを受けた。

考え方はそれぞれだから、
もちろん、そう思うことはかまわない。

だけど、心ない尾木ママの発言のせいで、生徒らへの批判や非難が
グーンと増えたのではない?
記者会見は、ほんの一部分しか報道されていないというのに。

子どもの権利条約には、
子どもたちが、自由に意見を言える権利がある、と記されています。
自由にグループを作ることもできます。
それらは、すべて子どもの権利であり、
大人が侵害してはいけないのです。

これまでキャプテンをしてきた彼らが、
卒業していく自分たちにできることとして
考え行動するのは、不自然でもなんでもない。
高校生なんて、時に、大人よりも立派な行動がとれるよ〜。
そして、なぜ、生徒会じゃないとダメなのか?

どうして確認もしていない憶測の内容を、
社会的に影響力ある尾木さんが、
堂々とブログに書かれたのか?

結果、ネット上に批判コメントを増やし、
彼らを一層傷つけることになったのではないか?
それが、本当に子どもたちを大切に思う姿勢なのだろうか?


そして、
多くの非難・批判の言葉の中には、
遺族の気持ちを考えているのか?
命の重さを考えているのか?
などとコメントを書かれている方が多くいて・・・

では、あなたは、
ご遺族の方からの話を直接聞かれたのでしょうか?
亡くなった生徒さんに話を聞いたことがあるのでしょうか?
ご自身が、どれだけご遺族の気持をわかっているというのでしょうか?
わかっているつもりになっているだけではないか?と疑わないのでしょうか?

なぜ、仲間が助けなかったのか?
というコメントもある。

かつて大阪市の公益通報制度に通報があったのに、
まともに調べなかったのは、大阪市、大阪市教委ではないか?
通報しても助けてもらえない脱力感がどれほどのものだったろう?

声を上げても、助けてくれなかったというのに、
「なぜ、声を上げなかったの?」なんて、
どうして軽々しく言えるのだろう?

あの時、もっとキチンと対応していたら・・・
その対応のまずさ、或いは、その制度そのものに不備があったのだとしたら、
一体、誰が責任を取るというの?


いつの間にか、そのことには触れられなくなり、
いつの間にか、学校、校長、顧問、保護者だけではなく、
生徒までもが
責任を押し付けられているのは、非常におかしい!
学校でいじめがあったら、これまでは、いじめられた生徒だけではなく
周りの生徒へも心のケアを〜!と言われてきた。

今回、なんにも過ちを犯していない生徒らには、
ケアをしてあげないどころか、
どうして非難されなければいけないのでしょう?

私には、さっぱりわからないのです。

そして、生徒らを簡単に非難できる人ほど、
命の重さを知らない人なのだと、私には思えるのです。
彼らだって、大切な『いのち』なのだから。


私は桜宮高校の生徒たちの行動を支持します。





★追記★
ちなみに、生徒の記者会見は、影で大人が糸を引いていたわけではない!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/other/624303/

【教師が同席しない生徒だけの会見は前代未聞。間に「仕掛け人」がいて生徒は言わされただけでは、と嫌な感じもしたが、それは誤解だった。関係者に聞くと学校を介さず生徒たちから会見を申し入れたとか。体罰がはびこった体質の中で自分たちの学校に誇りを持つ骨のある生徒が育っていた・・・】



よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 11:25| Comment(4) | 共に学び共に育つ教育

2013年01月26日

当たり前の高校生活???!

ちぃを高校へ送りに行く時間は、
昼間の生徒らが、まだ部活の真っ只中〜。

給食を終える頃に、生徒らは帰宅していく。

高校生の当たり前の光景を見るにつけ、
なんだかなぁ〜と思う。

体罰は、体罰をした人が悪い!
黙認していた大人が次に悪い!
まずは、体罰をしていた顧問、管理職、
その人たちを処分し、現場から外せばよい話ではないか?
確かに教員の入れ替えもある程度は必要かもしれない。

けど、
声を出せなかった高校生まで、なぜ非があるの?
容認していたから?
暴力を受けている人間が、容認なんてするわけないやん!
誰が、喜んで暴力を受けると思ってんのよ!
言いたくても言えないことが、世の中には、たくさんある!

そう!
言いたいことは山のようにあるだろうけど、
今だって、全く話を聴いてくれないじゃない?!

その上、声を出したら、逆に叩かれ・・・
ひどいわ・・・
声出せない状況作ってるんやん!!

力ある者が、力のない者に対して、
どれだけ傷つけたら気が済むんだろう?
というか、
子ども達に対して、大人は何やってんだか?!

教育を保障する側の行政が
子どもたちにまともな場を保障できなかった責任こそが重いのに
いつの間にか、安全な場を提供できなかった非ではなく、
安全な場を作れなかった人たちの責任にされ、
その作れなかった人たちの中に生徒までが入れられているなんて、
どう考えてもおかしい!
やっぱり、おかしい!

あ〜。
ちぃの様子を紹介しようと思ったのに、
やっぱり、体罰問題の話にいってしまう〜〜(。-_-。)


先週後半、ちぃは、晩、12時前後までに寝てくれることが多く、
この調子で12時には寝る、という生活リズムになってくれるといいな、
と甘い期待を抱いた。

ところが、
今週は、2時半とか、3時半も回るとか(母が寝てしまったのがその頃だから、
実際には、4時まで起きていたかもしれない。アセ)
それでも、朝の8時半とか、それを少し回った時間に起こしても、
全然、元気に起きてきて、
昼間の事業所と、夜に学校と、
全く眠そうな様子もなく、通っていた〜〜
(若干、アクビはしてたのかなぁ〜?)

家に帰ってからは、2〜3回のお風呂。
音楽を聴いて踊ったり、食品パックのプラスチックを破り続けたり。
ベッドの上では、キャーキャー騒いで、ゲラゲラ笑いながら、弾んでいたり(苦笑)
ベッドの上、楽しいのかしらないけど、うるさすぎて、
朝早くに家を出るパパも寝れない〜〜

そんなちぃも、さすがに木曜日ぐらいは
少し不機嫌ぽくなってきて、
昨日の金曜の朝には、ようやく疲れてきた様子が見られ、

結局、昨夜、お迎えの時間より1時間ほど早くに
学校から連絡があった。

門の前にお迎えの車を探しに行き、
そこから離れず、少し大きな声で騒いでいるとか。アセ

早めのお迎えになったというのに、
なんかね、ちょっとホッとした。
ずっと元気な方が、逆に心配だから。

慌てて迎えに行き、早退させていただいた。

先生方にとっては、
もうちょっと頑張らせてもいいのでは?
とか、
これ以上頑張らせない方がいいのでは?
とか、
ちぃが、どう感じているのか?
とか、
保護者が、どの程度を希望しているのか?
とか、
多分、色々と判断しなくちゃいけないことが多いと思う。
(お手数かけて、スミマセン。)

そういう小さな判断やタイミング、ちぃの気持ち、保護者の気持ちを
いつも考えてくださっていることが、申し訳ないぐらいありがたくて。
そして、すごく安心させてもらっている。

少し付け加えておくと、
夜間のこの学校の場合、
必ず授業を受けなさい!とか、学校は休んではいけない!とか、
そういうことが常識にはなってない。
もちろん、遅刻や欠席が多ければ、
当然ながら単位はもらえなくなるけれど、
基本的に昼間働いている生徒らの体力的な部分、精神的な部分にも
いつも配慮されているのだと思う。
ちぃにだけが、特別ではなく。

帰りの車の中では、ちぃは、嬉しいのかして、
ゲラゲラ大笑い。

結局、1時頃まで起きていたし、
やっぱりベッドの上では、キャーキャー楽しそうに騒いで
パパの睡眠を妨害しまくっていた〜(>_<)

そして、今朝は、まだ寝てる〜〜(^_^;)
(休日は、無理に起こさないようにしてる〜)


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 10:55| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

お待たせしました!ちぃの曲が聴けるようになりました!

ちぃの曲『マカロニ』が、とうとうネット上に登場です(^-^)

Crescendo Time Lover(クレッシェンド・タイム・ラバー)のかとちんが、
YouTubeにUPしてくれました〜。

これはね、
『マカロニ』発売スタートの記事に記しているように
たまたまCDを購入しようとしたその日、
曲のプレゼントの応募券がついていて
100人の中から選んでいただいたの。
(インディーズデビューしたばかりの彼らのCDが、
持参していた100枚が一気に全部売れちゃったのよ。
もっと持ってくればよかったのに〜笑)
とっても優しい曲で、
ちぃも、自分の曲だとわかっているのかして、
すごく気に入ってるんよ。

私もね、曲を作ってくれたから、彼らのファンになったのではなく、
彼らの詩、曲、の世界観、
彼らの歌で、会場をホワ〜ンとあったか〜い空気が広がっていく体感をして
すっかり彼らのファンになってしまったの。
曲のプレゼントは、その後のことだったんよね。
すごくうれしかった!ありがとう〜☆



『マカロニ』
作詞作曲:池口了以
編曲:Crescendo Time Lover、
安木未来


マカロニを
頬張りおいしいと
顔中を
しわくちゃにしてみせる


どんな言葉よりも
貴女の笑顔に会いたくて
会いたくて...


明日は楽しみにしてた
遊園地へ行く日...
私の世界を貴女が
ピンク色に変える日


今、貴女の背中に手をあてがい
今、私が出来る
それはただ一つ...


同じ瞬間を
過ごす人生を
この手に抱く事!!


未来へ...


手をとり
Gateを越えれば
魔法の世界があって
貴女がもたらす喜び
慈しんで行きたい...


お弁当を開けると
どんな時も
笑顔に変える
マカロニサラダ
それは私の魔法...


うれしさ哀しさは
やがて愛する術になる

誰かを守るという事の
意味を知っていく


今日は楽しみにしてた
遊園地の中で
私の世界を貴女が
ピンク色に変える日
NANANA...


Crescendo Time Lover
池口了以(Vo.)
大野篤(Vo.Cajon)
加藤貴弘(Vo.Piano)



よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 11:21| Comment(2) | 共に学び共に育つ教育