2013年04月26日

『妬み』の感情

「トルコのお土産で、よくもらいません?」
と、
先日、トルコの魔除けのお話しを聞いた。
青いガラスの目玉。

どんなのか?と思って調べてみたら、
確かに、昔ちぃがお世話になった先生に頂いたことがあった。
ちぃが頂いたのは、ちっちゃーいのが10個から20個程束になったキーホルダーだった。
中学時代、紺色のリュックを背負っていたから
ちょうどリュックの色と合って、気に入っていたけど、
(他にスティッチもぶら下がってた。笑)
扱いが悪くて、キーホルダーから外れてしまった。
今もどこかに閉まってあるはず。

頂いたものの、何を意味するものなのか?
先日まで、全く知らなかった〜(苦笑)

『ナザール・ボンジュウ』っていうよ、と
今度は高校時代のお友達からも名前を教えてもらった。

邪視から身を守る為のお守り。
邪視というのは、羨望・嫉妬・悪意などの感情がこもった眼差しのことで
その感情をもって見た視線の先に「悪いことが起こる」という言い伝えがあり
標的とされた時に自分の身を守る、
或いは、自分自身も妬みなどの感情を抱いた時に
吸い取ってもらう、とか、そういう意味合いがあるらしい。

その話を聞いて、「なるほどなぁ〜。」
と深く納得してしまった。

『羨望』という感情は、日本では悪いものではないと思うけれど(違う?)、
海外の言葉に訳すと、ひょっとしたら微ミューに違う意味になるのかも?

『妬み』
という感情も、おそらく基本的には誰もが持っていて
自分自身が満たされていると、あまり湧いてくることはない。
けれど、その逆であれば、みるみる湧いてくる場合があり、
そうなったとき、自分でコントロールするのは難しいかと?
(それとも、それは私だけかな?)

実は、最近(前から?)、
この感情ほど、厄介なものはないなぁ〜
と、考えていたところだった。

自分が満たされてない状態の時ほど、
他人の幸せが恨めしくなってしまうというか・・・
その結果、相手の不幸を望み、相手が不幸になれば、
なんか救われた気持ちになってしまうというか・・・
自分の方がマシと思い込みたいために、ということなのか???
そんな感情を私だって、抱いたことがある。
(て、私だから?私だけ?)
特に自慢をされた時など・・・

そして、、、
周りを見ても
社会の中で、しんどい人が増えれば増える程、
次元の低いところで、結局、立場の弱い者同士が足の引っ張り合いを
してしまうのは、この感情のせいだったりしないかな?と。

ところが、相手が不幸になったとて、
自分の今の現状が変わるわけでもなく・・・

社会を変えていくのが大変なように
自分の環境を変えるのも、容易なことではないかもしれない。
でも、よ〜く考えたら、きっと自分がすべきことが見えてくるはずで
自分自身の環境を少しでもよくする為に
それぞれの個人が行動していけば、
結果的に社会も動いていくのでないかな?とか。
職場の労働環境なんかもそう!
労基法違反には、皆が声を上げると、きっと企業も社会も変わると思う。
(でも、個人で声を上げるのが難しいんだよね・・・それでも、私は声を出したい!)

段々何書いてるのかわからなくなってきたけど、
とにかく、『妬み』の感情は、自他共に、
厄介だなぁ〜と
ちょうど、フツフツと考えてたのだった。
(私の場合は、その感情を受けた時に反発する感情かな?苦笑)

そして、
自分と似たりよったりの人が、自分の周りに集まってくるはずだから
そう考えると
自分を高めれば高める程、いい出会いをするはず。
その逆もしかり。
それを今までも実感してきたから、
その方向へエネルギーを注いでいこうと思うー


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)

 
posted by イムニー at 10:02| Comment(10) | 街をTDRにしよう〜