2013年12月02日

20歳になりました!

この週末は、なかなかイベント盛りだくさんで、
濃い時間を過ごしていました。

土曜日の午後は、
教師だけではなくて、さまざまな立場の人たちが集まっての
「インクルーシブな授業、教材」をつくる研究会に
ちぃもガイドさんも一緒に参加していました。

その晩、ちぃのお誕生日のお祝いを
家族でするつもりだったけど、
とれぶりんか音楽部からのイベントのお知らせが来て、
急遽そちらへ。

昨日の日曜日は、
朝から、支援学校時代の仲良し母子たちで
日帰りバス旅行へ。

ちぃの20歳のお祝いは、
帰ってきてから行いました(^-^)

まずは、ちぃちゃん、
20歳のお誕生日おめでとう!
成人なんや〜(^-^)

これまで、お世話になった皆様、
今日まで、本当にありがとうございました。

あらためて、ちぃが生まれた時のことや
やがて、おでこに腫瘍が見つかり
それが悪性だったら、最悪の場合、死んでしまうんじゃないか?
と、本気で考え、泣き続けていた頃を思い出してた。
本当に、今まで生きていてくれて、ありがとう!

保育所での園長先生はじめ、
たくさんの先生やお友達、そして、親御さんたちの優しい眼差しも
思い出して、ウルウルしたり・・・。

ドキドキで迎えた小学校の入学。
お友達の作品壊さないだろうか?
お友達に嫌がられないだろうか?
親御さんらから、苦情が来ないだろうか?
そんな不安を、たくさんの子ども達が
吹き消してくれた。
お姉ちゃんやお兄ちゃんたちも
ちぃに優しくしてくれた。

先生や保護者の方々も、本当に優しくて。
学童保育の先生方や
土曜日に閉室となって、別の事業が始まる時、
同じ学童の保護者のお母さんもお父さんも
障害のある子のことを一緒に考え、応援してくださった。
やがて、ほかの市内全域の学童の保護者の方々まで
一緒に考え、応援くださったこと、
あの時の、矢面に立った時の怖かったことと、
たくさんの人たちの応援が骨身に沁みたこと
それから、自分自身の生き方や方向性を考えるようになったこと
思い出していました。

4年生で卒会したあとも、仕事が続けられるように
学校の空き教室を貸してくださった校長先生。
そこで、ボランティアしてくださったお母さんや学生さんたち。

ちぃが過ごしている場所だから、と
幼稚園のお母さんたちがたくさんの作品を、
そのお部屋に持ち込んだ時、
PTAのお母さんが、幼稚園のお母さんたちに
私の知らない間に、お話しをしてくださったり。

登下校している間は、
多くのご近所の方が、声をかけてくださった。

とれぶりんかの人達と知り合ったのも、その頃。
やがて、いろんな市民団体の方々とも知り合った。

移動支援制度を利用できるようになり、
ヘルパーさんや事業所の方々とも知り合った。

中学へ上がっても、子ども達は変わらない。
先生方とは、最初は、色々話し合わないといけなかったけど、
やがて、皆さん、すぐにこちらの思いを汲み取って、
支援くださった。
ちぃのことも、とても可愛がってくださった。
大変な思いもさせてしまったと思う。

皆が受験勉強の最中でも、ちぃは、おとなしかったわけじゃない。
たくさん迷惑かけたと思うけれど、
私自身へは、嫌なこと言ってくるお母さんは
ひとりもおられなかった。
それどころか、やっぱり、なんか優しくて、
会えば、自分の子が、家でちぃの話をしているということ
私にも教えてくれたり。

支援学校でも、
たくさんのお友達やお母さん、
そして、やっぱり先生方とは、色々話し合うことはあったけど、
結局、どの先生も、ちぃのことを可愛がってくださった。

最後にPTAをしたせいもあって、
他学年の保護者や先生方とも知り合えて・・・。

そして、今、
昼間の事業所の方々や高校の先生方や生徒の人たち。

そして、このブログを通じて知り合った皆さん。

結局、ちぃがいたから
知り合った方々ばっかりで、
ちぃがいなかったら、であってない人がほとんどに思える・・・

ちぃの為に、
それなりに一生懸命してきたつもりだけど、
ちぃがいたから、そして、その周りにたくさんの優しい人達がいたから、
私は、これまで笑ってこれた。
どれだけの人に支えてもらってたんだか・・・

ちぃにも感謝!
そして、出会った全ての方々に感謝!

本当にありがとうございます。

そして、
これからもどうぞよろしくお願いします。

KIMG1483.jpg


本当は、18歳になったら、とか、
20歳になったのだから、と、
いつまでもちぃのプライベートなことを
ここに記してはいけないのじゃないか?
と迷っていました。
でも、色々考えた結果、
やっぱり、これからも、このブログは続けていこうと思っています。

といっても、
すっかり更新が減っていますけどね(^^;

とにかく、これからもまだまだどうぞよろしくお願いします(*^_^*)
posted by イムニー at 23:26| Comment(2) | 天使の(?)ちぃちゃん

2013年12月05日

『学びをひろげる わたしと○人の会』

1回目、2回目と参加させてもらっているのが
『学びをひろげる わたしと○人の会』
http://massugu.way-nifty.com/tomonimanabu/2013/11/1130-3f17.html

教師だけではなくて、さまざまな立場の人が集まって
「インクルーシブな授業、教材」をつくる研究会だそうです。

なぜか私も参加しています(^^;

先日の2回目には、
ちぃも一緒に参加させていただきました。

3時間以上なんて耐えられへんやろうなぁ〜
と少し遅れて行ったのだけど、あら不思議〜〜

ちぃは、ずっとニコニコご機嫌だったんです。
よほど優しく心地いい空気が流れていたのでしょうね。

ワークは、
小学校教師をされている川島さんが
保健センターで殺処分された犬猫のことを取り上げて、
実際に行われた授業を紹介してくださり、
その後、3つのグループに分かれて、
また新たな独自の“いのち”についての授業を考えました。

自分自身が参加しているのは不思議でもあるけど
先生方の授業を考える時のご苦労や
先生方の思いなども、一緒に感じられるように思います。
そして、
こうして、立場の違う人同士で考え合えば、
自分にない発想や気づきに出会うことも、
また楽しいのですよね。
posted by イムニー at 12:37| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

音楽部でお祭り開催〜

先の記事に記した『学びをひろげる わたしと○人の会』は
先週の土曜日のお昼から。

その日の晩は、
とれぶりんか音楽部主催の
『とれぶ祭りサーキット』のある会場へ。

なかなか楽しいイベントです。
第一弾の様子を画像と共に〜〜

イラスト部は、マンガコーナーを設けて、
KIMG1398.jpg

こちら↓を描かれた彼は、すごいんです。
KIMG1400.jpg

女の子のイラストは、オリジナルだと思うけど、
彼、鉄道マニアで、自分が見たまんまをカメラの画像のように頭の中に記録されるの。
一生懸命覚えるとかではなく、スっと頭に記憶されるんですよね。
だから、スラスラっと、何も見ずに、全国各地で走ってる電車のイラストを正確に描けるんです。
彼の頭の中には、全国の路線図も入っていて、やっぱり、それが正確なの。

イラストも、イラストに書かれた文字も
下書きなしで、ペンで描くんです。

「書き損じとか、しないの?」

と聞けば、

「しないよ。」

と、言われます。

すごいよねー?
彼の才能を、何かに生かせないかな?

そして、
もうお一人、かいらしい女の子なんですが、
彼女の描く漫画も上手なんだよ。
トリプルバトミントン物語という9ページの冊子もできました!
DSC00861.jpg
中身は、全て漫画で描かれています。
1冊100円で提供しています!!
ご興味ある方は、
みんなでつくる学校とれぶりんかまで、お問い合わせください。

カフェ&ティーンズでは、カフェコーナーを設置。
KIMG1458.jpg
コーヒーがいただけます。

CHECKDoLLのSi−to君のカメラ撮影あり。
KIMG1454.jpg

ペットボトルボウリングコーナーがあったり、
KIMG1455.jpg

木塲孝志さんによる
二胡の体験教室が行われました。
KIMG1417.jpg
私は、この体験させていただきました。

二胡という楽器を間近で見ることも触ることも初めての経験だった中、
プロの演奏家&作曲家の方に教えてもらい、
演奏(音鳴ら)させてもらえるなんて、感激です(^O^)

二胡の演奏を聴かれたことありますか?
透き通ったような音色で、聴けば、すごーく癒されるんです。
(木場さんが演奏されるからですが。)

もちろん、コンサートはあります。

CHECKDoLLのお二人からは、
その日、ちぃの誕生日だったことで、
Happy Birthdayの歌のプレゼントもしていただき、
会場の皆で、お祝いしていただきました。
KIMG1412.jpg
あきちゃん、シートくん、
どうもありがとうございました(*^_^*)

あとで、木場さんも
ちぃに演奏してくださっていました。
ありがとうございます。

おねえちゃんと姉妹DUOユニットでも歌っているしおりちゃん。
この日は、お一人で。
おねえちゃんもAYA1000RR-アヤセン-としての活動されている人気アーティストです。
KIMG1436.jpg

ちぃは、常に、スピーカー前です。
KIMG1441.jpg

ちぃの誕生日は、
きっとちぃにとっても、
とてもいい1日となりました。


さて、そんな楽しいイベントは、
次回もあります!

〜〜『とれぶ祭りサーキット』〜第二弾〜〜


・12月21日(土) 
午後7時〜9時
場所:ラポール4階大研修室
・参加費:1000円(親子は割引あるみたいな…)・主催:とれぶりんか音楽部


どなたも、お気軽に参加ください。

 

posted by イムニー at 14:47| Comment(2) | 共に学び共に育つ教育

2013年12月08日

調理実習のおすそ分けを…

先週は、2回調理実習がありました。
1回目は、スポンジを焼いたところまで。
2回目で、ブッシュドノエルを完成させたそうです。

玉子を割るのが大好きなちぃ。

家でも片手で割ることがあり、
たいてい玉子の殻の破片が、割り入れた器の中にはいってしまいます。
だから、
「ちぃちゃん、両手で割ってね。」
といつも言ってるんです。

それが、
学校での調理実習の時にも、
またまた片手で割ったとか。

それで、ほかの人たちから、
「ちぃちゃん、片手割りなんて、すごーい!」
と、びっくりされてたそうで。
介助員さんらが教えてくれました。

しかも、破片が入ってなかったそうで・・・。
へーー。

にしても、学校でブッシュドノエル作りなんて
いいなーー。

どんなんができたのか?
見たーい!見てみたい!とか言ってたところ、
母もいただいてしまいました。(嬉)

KIMG1526.jpg

おいしかった〜
ありがとうございました(^-^)

posted by イムニー at 09:23| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

強制労働反対!

外出から自宅へ帰ると、
いつものようにお風呂に入って、
上がるとかき氷を食べて、
わざとアレして、コレして、色々やって、
再度、お風呂に入って・・・
また上がってから、
水筒にお茶入れてー!
お薬塗ってー!
等など、一連のお決まりの行動をして、
その後、ようやく落ち着いた頃、
洗濯カゴを持って2階に行き、
そこに、取り入れた洗濯物を入れて降りてくるちぃ。

例えば、私がまだ夕食を食べているとかであっても、
腕をキツく引っ張って、
洗濯物をタタメ!とうるさい!

今はヤダ!
と断っても断っても、
何度でも手を引っ張ってくる。

結局、洗濯物をたたむハメに・・・(ーー;)

例えば、
“肩こったなぁ〜”

一瞬、手をとめて、首を左右に曲げてると、

すぐにちぃが、私の腕を引っ張って、
はよタタメ!と指示してくる。
休憩も許してくれない〜〜(T_T;)

そして、先日は、
私がタオルからたたみ始めていたら、
それじゃない!先にこっち!
と渡されたのが、ちぃの服・・・

その後も、次はどれにする?
と私がちぃに聞いてみたら、
やっぱり洗濯物の山から自分の服を引っ張り出してくる・・・(~_~;)

洗濯物をタタメ!とうるさく言ってくるのは、
ひょっとしたら、自分の服をたたんでほしくて???

にしても、
「自分でたたみーやー!」
と私からもちぃに洗濯物の一部を渡してみるけど、
絶対に自分ではたたもうとしないで、また返される。
昔は、一緒にたたんでいたことあったんだけどなぁ〜〜

もう、ホンマに!!
posted by イムニー at 09:41| Comment(0) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2013年12月20日

衝撃の事実発覚?!(障害児の兄としての思い)

就学についての学習会を行っている方から、
お兄ちゃんに講師依頼があった。

これから就学先を決める親御さんらにとって、
すでに小学校に入学している兄弟姉妹が
障害のある兄弟姉妹をどう思っているのか、
小学校でからかわれたり、
障害のない兄弟姉妹がつらい思いをしていないか、
それら気がかりな親御さんも少なくはないから、
障害児の兄として思うことを話してほしい、と。

でも、お兄ちゃんは、
この12月に入った途端、就活真っ只中で〜。
まだ1年以上もあるというのに、もう、こんなに頻繁に動き回るん?
土日だけじゃなく、平日も、スーツ着ていくことがよくある。
おかげで、ワイシャツのアイロンがけが増えた〜。

そんなわけで、学習会の日に参加できるかは確約できないとのこと。
それで、講師についてはお断りしたものの、
母も興味あるので、
お兄ちゃんに話を聞いてみた。

「あー、中学の時は、B小学校から来た人たちから、ウケがよかったで。」
「『ちぃちゃん、笑いのツボをよく押さえてる。』
『おもしろい。』
とか言われてたわ。」
とお兄ちゃん。

へーー。
ちぃとお兄ちゃんの通った小学校はA小学校。
中学は、A小学校から半分ぐらい、B小学校から半分ぐらいの人と、
その他数人の他小学校からの人が集まっていた。

A小学校の人たちも、元々ちぃには優しかったけど、
最初は、B小学校から来た人たちは、戸惑っていたんじゃないか?
という印象を持っていたから、そんな事を、お兄ちゃんの周りでは
言ってくれてたんだなぁ〜と、ちょっと嬉しかった。
まあ、B小学校から来た人たちも、みーんな優しかったけどね。

ただ、中学の先生からは、
「小学校と違って、中学になると、子どもたちも変わるから、
小学校のようには接してくれないよ。」というようなことも言われたことがあった。
それで、あれれ?周りの子たちの接し方、別に変わってないけどなー
と疑問に思ったり。

で、よく考えたら、先生は、子どもたちが、もっとちぃにチヤホヤ接していたと
思っていたのかもしれない。

子ども達は、フツーに接していた。
いつも構っているわけなんてない。
当たり前に一緒に存在する人ととして接してくれていた。
だから、普段からチヤホヤするとかなんてない。
ちぃが困っている時に、手を貸してくれる人がとても多かった。
それが、特別な子として接してくれてなくて、自然でよかった。

大人の方は、もっとこうして、ああしてあげないといけないのかな?
と、アレコレ考えてしまいがちに思う人も多いと思うけど・・・(笑)
って、
いやいや話が脱線してしまった〜〜(^_^;)

お兄ちゃんに私が聞きたかったことも、周りの子のことじゃなくて、
アンタが、どう思ってたか?ということやし!

それで、聞き直したら、

兄:「別に〜〜。なんも思わんかったけどなぁ〜〜。」
母:「なんか嫌な思いとかをしたことない?」
兄:「別にないんちゃう?」

まあ、あっても、そんなん言わへんやろな。

でも、まあ、昔、朝礼の時に、お兄ちゃんの同級生が
『ちぃちゃんって、お前の妹なん?』
と聞かれているのを、お兄ちゃんがどう答えるか?と、
そばで聞いてた先生らが耳を澄ませていたら、
『そうやで〜〜。』と、それがどうかしたん?と、フツーに返事してたのを聞いて
先生らも、ホッとしたらしいことを聞いたことがある(笑)

高校受験も昔から応援してくれてたし、
自分の高校が定員割れかと勘違いして、
「ちぃちゃん、受けたらよかってん。」
とか言ってくれてたこともある。

というか、最初から、そんなに気にする子じゃないことも、
《気にするようなことじゃない》ことも、よくわかっている。
ちぃちゃんが妹でいいなーと言ってくれてる子もいたし、
おそらく、ちょっとからかわれることもあったろうと思うけど、
それも、まあ、誰しも、からかったり、からかわれたりなんて、
妹が障害児じゃなくても、よくあることだろうし〜。

で、会話の後半に、母にとっては衝撃の事実を知った。

兄:「そもそも、ちぃちゃんが支援学校へ行くまで、支援学校とか養護学校が
あること知らんかったし。」

(え?マジで?!小学校の時ならわかるけど〜〜(@_@;))

兄:「他の子も、そうなんちゃう?」
「大学なっても、教育学部の学生ぐらいちゃう?知ってんのは!
俺の周りは、みんな知らんのとちがうか?」
と。

母:「確かに!
小学生なら、周りの子も、知らんかー。
中学でも、卒業後に、ちぃちゃんどうするんやろ?と思ってくれてた子も
いたかもしれへんなぁ〜。」

兄:「いたやろな〜。」

母:「けど、もうすぐ近くに支援学校ができるで。
そうしたら、知る人も多くなるやろな。」

兄:「あー、それはあるやろな。」と兄。

にしても、大学生で、支援学校とか養護学校知らん人は
少ないやろ!(笑)

   

 
posted by イムニー at 07:45| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

2013年12月27日

クリスマスの給食には…

24日は終業式だった。

でも、定時制高校は給食があります。
(食べているのは希望者だけですが。)

当日のメインメニューはクリームシチュー。
給食なので、ゴージャスでもないけれど、
お鍋で温めたものをよそってくれるので、おいしそうです。
昔は、調理室で作っていたそうですが、
今は、業者さんが作ったものを運んできてくれます。

それでも、冬は、あったかいメニューを多くしてくれたり、
ご飯は発泡スチロールに入れてもってきてくれるので
割とあたたかいです。

そして、季節の行事に合わせてデザートなども。
その日はクリスマスケーキが。
1525594_443041159155390_1424313161_n.jpg

カステラみたいなのかな?と思ったら、
中身は、かわいらしい苺クリームが上だけではなく間にも挟んでありました。
1484247_443041185822054_622162776_n.jpg

ちぃが先にケーキを欲しがっていたので、
慌てて、シャッターを切りました(笑)
やっぱりデザートは食事のあとに〜〜
posted by イムニー at 09:32| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年12月31日

よいお年を!

いつもブログにお越しくださり、ありがとうございます。

今年も色々なことがありました。

いいことも、悲しいことも。

最近は、少々辛いことがあっても
そんな感情を持てることは生きてるからなんだーと、
なんでも幸せに感じられるようになりました。

それでも、
今も、生きることに必死の方がおられると思います。

私は、なんにもできないけれど、
これからも、知ること、考えることを、放棄しないでいたいと思います。

なかなか更新できませんが、
来年もどうぞよろしくお願いします。
posted by イムニー at 23:12| Comment(0) | ありがとう!