2017年11月30日

こんな働き方もアリだと思わない?!

相変わらず、ご無沙汰しています。
なかなか更新しないのに、
それでも訪れてくださる皆様、
本当にありがとうございます。

ちぃも母も生きてます!

さて、ちぃは、高校を卒業して一年半が経ちました。
高校卒業後には大学へも、と考えていましたが、
今は、母自身よからぬこと(?)を企んでバタバタしている為
大学は、しばらくお預けしています。

そんな中、お友達が、
『nagomisuto なごみすと』という冊子を創刊されました。
いえ、創刊号を発行されたのは、もっと前でした(^_^;)


----------------------------------------------
What We Do
障害のある人が作ったものって、どんなの?
ちゃんとしたアート作品だったり、イラストだったり、パンやお菓子もありますよね。
だけどそれだけでは面白くない。
私たちはどんどん発信していきます。
オリジナルな冊子を作り、それを地域で、売って行く、、
障害者版のビックイシューを目指しています。
買って頂くことで、障害者に売上げの一部が入ります。
取材、制作から販売、営業まで、個人ができることを分担して行っていきます。
そしてできたものを自分の育った地域で販売していき、
もっとたくさんの人と関わって生きていけるようなツールにしていきます。
ちょっとワクワクしませんか。

0389ed_73c5ec15beca43a2bbf183bf99957d5f~mv2.jpg


----------------------------------------

この↑赤い表紙が、創刊号です!
で、ビッグイシューの障害者版ということで、
ちぃも販売員をさせていただくことになりました。

ちぃに販売なんてできるの〜?
と思われるかもしれませんが、
お金の代金受け渡しは、ヘルプが必要ですが、

宣伝ウーマンとしては、なかなか優秀なんです。

たとえば、夏前に行われた市のフェスタでは、こんな感じ〜
24257513_1511188995673929_1734880725_n.jpg

わかりますかね?
ショッキングピンクのTシャツを着たちぃが、
ステージ正面ど真ん中に立ってるの(^^;)

隠れちゃってるけど、ステージ上で歌ってるアーティストの女の子は、
「ちぃちゃん、前に出てきて踊って〜。」
なんて言ってくれるととってもキュートでステキな女性なんです。
そして、このイベント自体は、
障害のある人とない人とで一緒に作りあげているイベントですから
座席の皆さんも、温かく見守ってくださっています。

そのちぃの背中に貼ってある様子が、コレ↓

24172252_1511189049007257_1207746033_n.jpg

ということで、最強のサンドウィッチウーマンです。
何しろ、隅っこにいたとしても目立つ子ですから!

今後は、他のショップの宣伝なんかも、
例えば1時間100円とかでお受けして、
ちぃのアイスがゲット出来たらいいなぁ〜なんて考えています(^^)


で、話は戻りますが、
この度、『nagomisuto(なごみす)』感動第2号が発売されました!
一冊500円です。

24251057_1511189539007208_186648147_o.jpg

















ぜひ、ちぃに会ったら、お求めください。
中身も、しっかり取材されて、濃い内容となっています。
24282254_1515008905291938_1228561665_n.jpg

24550605_1515010728625089_801439351_n.jpg

 ■ ご購入方法は、以下です。 ■■■

★(その1)
ちぃを見つけて、ちぃのリュック内にメモを入れてください。
(ちぃに付きそうヘルパーさんには断りを入れてくださいね(^^))
・冊子の希望冊数(冊子代は入れないで下さい)
・ご購入希望の方のお名前             
・電話番号                  
・メールアドレス
・構わなければ、住所も(近隣の方であれば直接届けさせていただきます。)
以上メモを見て、母より連絡させていただきます。

★(その2)
メールにて、連絡ください。
kinoko★swee.info(←★は、@に変更ください。)
その際も、携帯番号を入れておいてくださいますか?
返信メールが届かない場合があるので、ショートメールにて確認させていただきます。


★(その3)
上記にも掲載しましたが、以下サイトでも購入ができます。


どうぞよろしくお願いします(*^^*)

追記:本日、ちぃは24歳になりました(^^)
24331307_1515011445291684_294469586_n.jpg
続きを読む
posted by イムニー at 07:16| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育