2019年01月06日

新年早々のお騒がせ〜

新年おめでとうございます。

年末はバタバタと過ぎて行きましたが、今年の年始は長いというか、ちぃも、4日には祝日などに通わせていただいているB事業所さんへ行ったのですが、平日に通っているA事業所さんが月曜日から開所なので、まだ日常が戻ってきたという感じになれないでいます。

それでも、年末から元日までは大きなパニックがなく、穏やかに過ごしてくれていました。
それだけでも上出来で、大助かりです。
とはいえ、スーパーへ買い物中に、ひっくり返って床に頭を打ち付けました。
一文で書くと簡単ですが、そりゃもう!大騒ぎでした。

2日はおばあちゃんちから帰ってきてから、長めのパニックになり、2時間以上も続きました。
3日の晩もパニックとなり・・・
回数は減っているように思うものの、パニックが大きくなると、激しかったり、長引いたりするようになっています。

4日は、B事業所さんで、初詣に連れて行ってくれたようで、ニッコニコで帰ってきました。
本当にありがたいことです。
しかし、やはり、その晩にはパニックに・・・。

支援学校時代、私はPTAの全国大会なんかへ参加させていただくことがありました。
様々な話を聴かせていただきましたが、その中には、支援学校を卒業後には行くところがなくて、在宅になっている人が半分ぐらいおられるとか、さらに、その半分の通えている人のであっても、親御さんが送迎している場合が半分ぐらいとか、そんな地域もあると聴きました。おそらく今も在宅になっておられる方がいらっしゃるのでしょう。
大阪であっても、ちぃが学齢期の頃には、先輩ママさんに毎日送迎しているという話も聞いたし、まして、昼間に通うところがなくて、保護者同士で、小規模作業所を立ち上げた話も聞いた。
だから、長期休暇になると、そんな親御さんたちのご苦労を想像しながら過ごしています。

昨日は初詣に行った先で、ひっくり返ってしまいました。
長くなるので、続きは、次回に。
でも、少し嬉しい気持ちで記させていただくと思います。


続きを読む
posted by イムニー at 11:33| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

2019年01月11日

成田山での大騒動〜

既に、今日はえべっさんも残り福の時期となりましたが、
前回の続きで〜(^^;

今年の初詣は、成田山へ行きました。
ちぃは人ごみが苦手なので、行ったのは5日です。
(4日に事業所さんから初詣を済ませているけれど)
スマホを持っていくのを忘れ、画像なしですが、
大阪の成田山は、こんな↓ところ〜

到着する頃には、ちょっと疲れてきている様子のちぃ。
その後、お参りを済ませて帰ろうとしたら、とうとう怒り出してしまいました。(大汗)
大きな声でひっくり返っているちぃ。
そして、私達夫婦も押さえ込む為に地べたへ。
いきなりひっくり返っても、とりあえず背中にはリュックがあります。
でも、クッションとかを頭の下に敷いても、ちぃは、それを避けて、頭を床に打ち付けてしまうので、止めるのは大変なのです。

山伏さんらしき方々が、そばに来て、声をかけてくださいました。
「救急車を呼びましょうか?」と。
そんな風に声をかけてくださることは、ありがたいことです。

次に袴姿の青年が。
その方も、成田山の関係者の方でした。
次々に、成田山の関係者の方々が、声をかけに来てくださいました。
「大丈夫ですか?」
「何か手伝うことはありますか?」

その後も、袴姿の若い方は、ずっと付き添ってくださり、自分の顔を打ち付けようとするちぃの腕を持っていてくださいました。

通りすがりの方も、何人もの方が心配して声をかけてくださいました。
少しご年配の方も声をかけてくださり、その後も、ずっと見守ってくださいました。
今会ったばかりのちぃに、何をしてあたらいいのか?なんて、とても難しいことだと思います。
パニックだって、みんな、それぞれ違うのだから、会ったばかりの人のことなんて、わからないよね。
それでも、ずっと付き合ってくださり、わからないながらに「〜〜しましょうか?」と色々と提案してくださるのです。

「大体30分ほどで収まると思うので、ある程度、発散したら、ケロッとして機嫌がなおると思います。」
と言いつつ、最近は2時間ぐらいパニックが続くこともあったなぁ〜と、内心は若干ドキドキでした。

一度、ちぃは自ら座り直したものの、またまた仰向けにひっくり返り、こちらもすかさず、その頭の下に腕を入れて押さえ込むので、私達夫婦もひっくり返ってしまいました。
横を歩く人は本当にビックリされたことと思います。

それでも、30分ほどでなんとか収まり、ホッとしました。
雲行きが怪しくなっていた頃に買っていたジュースを飲み、ちぃもニコニコ。
付き添ってくださっていたお二人の方も
「あ、笑った。」とにっこり(^^)
笑うと可愛いし、周りも幸せな気持ちになるのになぁ〜

ご年配の方の男性からは、一緒についていきましょうか?とまで言っていただき、本当にありがとうございました。
その後は、コンビニでアイスなどを買って、自宅へ無事に帰ることができました。

成田山の関係者の皆さんも、沢山ありがとうございました。
次々に声をかけていただいたこと、とても感謝しています。
posted by イムニー at 05:55| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

2019年01月16日

「みんなの学校」上映会&シンポジウム


お友達ママらが企画し、
大阪北区社協さんにも協力をいただきながら、
『みんなの学校』の無料上映会とシンポジウムを実施させていただきます。
(「みんなの学校」についての記事は、こちらにも記しています。)

木村先生のお話はもちろん、他の先生方のお話、
そして、進行は、大空小を最初に取材された
迫川緑さんだなんて、楽しみすぎるでしょ?(^^)
場所も便利なところなので、
ぜひ、この機会に、遠方の方もお越しください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
映画「みんなの学校」無料上映会&シンポジウム
みんなと一緒に学ぶこと・みんなと一緒に生きること
〜インクルーシブな社会を考える〜


2019年1月20日(日)(開場11時45分)

会場:北区民センター(大阪市北区扇町2−1−27)

定員:500名(申込不要)

【第一部】12:15〜14:10 
     映画「みんなの学校」上映(106分) 
      バリアフリー版(字幕・副音声入り) 

【第二部】14:25〜16:15 
     シンポジウム
     (2部からご参加の方は、14:10開場になります)

 木村泰子氏(大阪市立大空小学校 初代校長)
 水本 洋氏(公益財団法人田附興風会医学研究所 北野病院 小児科未熟児新生児部門部長)
 鈴東裕己氏(Ring代表、大阪市北区ボランティア・市民活動センター運営委員長、SMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会役員)
 大水千佳氏(社会福祉法人みおつくし福祉会 長柄保育園 園長)
 進行:迫川 緑氏(関西テレビ放送株式会社 映画「みんなの学校」企画)
      シンポジウム手話通訳あり

一時保育あり 1000円 ※事前申込 
   定員15名(2歳〜未就学児) 
   1/7(月)より受付開始

主催:社会福祉法人 大阪市北区社会福祉協議会
共催:特定非営利活動法人 Sunny ones〈旧ダウン症児親の会Sunny〉
   インクルーシブ教育をすすめる会
協力:アニマート・グループ関西株式会社
後援:北区民生委員児童委員協議会・大阪市教育委員会・関西テレビ放送株式会社

お問合せ
社会福祉法人 大阪市北区社会福祉協議会(大阪市北区神山町15−11)
Tel.06-6313-5566 Fax.06-6313-2921
特定非営利活動法人 Sunny ones〈旧ダウン症児親の会 Sunny〉
Mail:minnano2019@gmail.com

minnano1.jpg

minnano2.jpg


続きを読む
posted by イムニー at 18:59| Comment(2) | 共に学び共に育つ教育