2019年01月11日

成田山での大騒動〜

既に、今日はえべっさんも残り福の時期となりましたが、
前回の続きで〜(^^;

今年の初詣は、成田山へ行きました。
ちぃは人ごみが苦手なので、行ったのは5日です。
(4日に事業所さんから初詣を済ませているけれど)
スマホを持っていくのを忘れ、画像なしですが、
大阪の成田山は、こんな↓ところ〜

到着する頃には、ちょっと疲れてきている様子のちぃ。
その後、お参りを済ませて帰ろうとしたら、とうとう怒り出してしまいました。(大汗)
大きな声でひっくり返っているちぃ。
そして、私達夫婦も押さえ込む為に地べたへ。
いきなりひっくり返っても、とりあえず背中にはリュックがあります。
でも、クッションとかを頭の下に敷いても、ちぃは、それを避けて、頭を床に打ち付けてしまうので、止めるのは大変なのです。

山伏さんらしき方々が、そばに来て、声をかけてくださいました。
「救急車を呼びましょうか?」と。
そんな風に声をかけてくださることは、ありがたいことです。

次に袴姿の青年が。
その方も、成田山の関係者の方でした。
次々に、成田山の関係者の方々が、声をかけに来てくださいました。
「大丈夫ですか?」
「何か手伝うことはありますか?」

その後も、袴姿の若い方は、ずっと付き添ってくださり、自分の顔を打ち付けようとするちぃの腕を持っていてくださいました。

通りすがりの方も、何人もの方が心配して声をかけてくださいました。
少しご年配の方も声をかけてくださり、その後も、ずっと見守ってくださいました。
今会ったばかりのちぃに、何をしてあたらいいのか?なんて、とても難しいことだと思います。
パニックだって、みんな、それぞれ違うのだから、会ったばかりの人のことなんて、わからないよね。
それでも、ずっと付き合ってくださり、わからないながらに「〜〜しましょうか?」と色々と提案してくださるのです。

「大体30分ほどで収まると思うので、ある程度、発散したら、ケロッとして機嫌がなおると思います。」
と言いつつ、最近は2時間ぐらいパニックが続くこともあったなぁ〜と、内心は若干ドキドキでした。

一度、ちぃは自ら座り直したものの、またまた仰向けにひっくり返り、こちらもすかさず、その頭の下に腕を入れて押さえ込むので、私達夫婦もひっくり返ってしまいました。
横を歩く人は本当にビックリされたことと思います。

それでも、30分ほどでなんとか収まり、ホッとしました。
雲行きが怪しくなっていた頃に買っていたジュースを飲み、ちぃもニコニコ。
付き添ってくださっていたお二人の方も
「あ、笑った。」とにっこり(^^)
笑うと可愛いし、周りも幸せな気持ちになるのになぁ〜

ご年配の方の男性からは、一緒についていきましょうか?とまで言っていただき、本当にありがとうございました。
その後は、コンビニでアイスなどを買って、自宅へ無事に帰ることができました。

成田山の関係者の皆さんも、沢山ありがとうございました。
次々に声をかけていただいたこと、とても感謝しています。
posted by イムニー at 05:55| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育