2019年08月16日

施設よりはグループホームの方がいい!とか言う前に…

支援学校時代に施設見学というのがあってね、
その見学先に、グループホームを併設されていたところがあった。
グループホームでの暮らしぶりの話の中に、
最初は、親と一緒に過ごしていた自宅と離れ、
寂しくて泣いて夜を過ごしていることが多い、という話があった。
それを聞いて、すごく悲しくなった。

私なんて、中学生の頃から親から離れたくて、
いつも一人暮らしをするためのシュミレーションをしていた。
自分の知り合いを見渡しても、別にイヤイヤではなく、
もちろん大学行くのに下宿するとか、
就職したから家を出るとか、ごく当たり前に、親から離れている人ばかり。

そう、ごく自然に親から巣立っていく。

なのに、なんで障害のある子は
親や支援者の思いだけで、無理やり離れさせないといけないのか???

というか、親から(自宅から)離れたい!
という気持ちを持てる人も少なくないけど、そういう気持ちが持てないことが原因?
それは、経験不足が理由でもあるだろうし、
一緒に楽しいことをする友達等の存在が希薄なのも原因なのかも?
差別や偏見の目も、いまだにあって、親じゃなきゃ安心できない場合もあるのかな?

まずは、親から離すより先に、
その気持ちを育ててやりたい!

ちぃは、ひとりよりも誰かと一緒の方が好きなので、
一人暮らしには向かないだろう。
となると、グループホームやシェアハウス等の方がいいかな?
その場合も、勝手に一緒に暮らすメンバーを、

親や支援者の都合だけで決めてしまってもいいのだろうか?

そんなこともフツフツと考えていたら、
やっぱり、ちぃにとって、
一緒にいて楽しい!
一緒にいたい!
と思う仲間をちぃ自身が作っていくことじゃないか?

じゃあ、その機会をどうやって作れば良いか?

そうだ!
ショートステイを利用して、何人かでお泊り女子会をしたらよいかも〜?

メンバーが、毎回同じとは限らないから、
それで、何度もショートステイを重ねていく内に、
親と一緒にいる家庭とは、また違った楽しさを味わえるだろうし、
一緒にいて楽しいと思える友達が見つかるかもしれない。
見つからなくても、まずは、そういう経験を重ねてやりたい。
それが、ショートスティを作りたいと思った一つ目の理由。


posted by イムニー at 02:44| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育