2016年02月26日

最重度の知的障害があっても、高校卒業できます!

お久しぶりです。

昨日、ちぃは、夜間高校を卒業しました。

テスト期間が終わってしばらくしてから、
一昨日、久しぶりに登校すると、久しぶりのトイレも寒いからか
ちょっと怒ってしまうちぃでしたが、
この4年間は、やっぱり学校に通うのは楽しかったみたいです。
ちぃも毎日よく頑張ったなぁ〜と思います。

それもこれも、周りの先生達や生徒の人たちが
ちぃにあったかく接してくださったお陰ですね。

でも、障害のある子だって、みんなと一緒に学びたいと思っている、
とおっしゃっていた大空小学校の木村元校長先生のお話を
その通りだなぁ〜と、つくづく思っていました。

夜間高校には、中学時代はうまく学校に馴染めなかった生徒もいます。
お友達のお子さんもそうでした。
そのお子さんの中学時代の先生方の対応には、私も怒りを感じていました。

教育者だからといって、間違ってしまうことはあると思います。
私だって、失敗ばかりしている大人ですから。
でも、相手を傷つけたかもしれない、とか、
そもそも傷つけたという自覚を持っていても、
それを反省することもなく
これまでのやり方をそのまま続けていかれる方々には、
私は、やっぱり疑問に思ってしまいます。

先日、教育委員会の方と話をしていても、
似たようなことを感じ、脱落感を覚えていました。
この先も、同じことを繰り返し続けていくおつもりなのか…?

教育現場でさえも、効率を優先させ、
そして、学力ばかりを重視し、過度に競争もさせ、
教育者といわれる方々が、人を育てているんだ、
という自覚を忘れてしまう場合があるのは、
先生だけの責任ではないのでしょうけど、
でも、目の前の子どもたちと実際に接している大人は、
やっぱり一番は、学校の先生方なのですから!

夜間高校の場合、効率が優先されることもなければ、
学力を重視するわけでもない。
生徒が、毎日楽しく学校へ通うことに重点をおいているのでしょう。
夜間高校だから、それが出来るのでしょうけど、
なぜ、昼間の学校では、それができないのでしょう?

生徒の生活を丸ごと感じ、そして、支え、
彼らのしんどさに寄り添い、
上から目線でもなく、対等に生徒と向き合っている先生方。

そんな中に、ちぃが加わったのですから、
そりゃあ、先生方は、大変だったと思います。

でも、ちぃのような子が加わることで、
その場にいることが、ふわっと楽になることがあるんですよね。


・・・卒業式の報告を書くつもりが、
なんだか取りとめないことを記してしまいました。

一緒に卒業された皆さん、
おめでとうございます!
そして、本当にありがとうございました。

これから卒業される方、
今年の卒業は難しい方も、4年間、又はそれ以上の期間、
やっぱり、夜に学校へ通い続けることは、すごいことです。
本当に立派だと思います。
この先も、大変なことは多いと思いますが、
ぜひ、めげずに頑張ってくださいね!

先生方、介助員さん、事務員の皆さん、
華道部の皆さん、給食のお姉さん方、
給食でご一緒した皆さん、
ありがとうございました!

3.jpg

7.jpg

2.jpg

担任の先生たちからまで贈り物が…(T_T)
4.jpg

それから、

支援学校を退学する時に、
沢山のご迷惑やお世話をかけまくった皆さん、
黙って送り出してくださったPTA役員の皆さんに先生方、
花道を作って送り出してくださった先生方や同級生の皆さん、
中学の校長先生や支援担だった先生方、
沢山支えてくださった皆さん、お友達の方、
本当にありがとうございました。

昨日、式にかけつけてくださったSさん、
事業所のスタッフさん、
ありがとうございました!

5.jpg

6.jpg

上記は、事業所さんからの心のこもったお祝いのお品でした。
ちぃも私たちも沢山の方に支えていただいています。
感謝!

posted by イムニー at 13:10| Comment(6) | 共に学び共に育つ教育
この記事へのコメント
卒業おめでとうございます。卒業後はどうされるおつもりなんでしょうか?
Posted by アロマ at 2016年02月27日 05:20
アロマさん、お祝いメッセージありがとうございます!
卒業後も、昼間の事業所はあるので、これからも元気に通うと思います。
Posted by イムニー at 2016年02月28日 14:36
あの、高校は勉強するところです。
お遊戯するところじゃありません。
自分の子供がいたから雰囲気が優しくなったと
上から目線ですが、真面目な勉強モードじゃなくて、
お遊戯モードにならざるをえなかったんですよ。
結局あなたの子供は方程式を解けるようになりましたか?
分詞構文を作れるようになりましたか?
元素記号をいくつか書けるようになりましたか?
これが高校の勉強なんです。
できもしないくせに、高卒を名乗らないでください。
Posted by だの at 2016年06月16日 17:53
だのさん、コメントありがとうございます。

方程式を解けるようになること、
分詞構文を作れるようになること、
元素記号をいくつか書けるようになること、
それが高校の勉強だったなんて、私が高校生の時も、今も、思いもしませんでした(^^;)

大人になれば、方程式も分詞構文も元素記号もほとんど忘れてしまいましたが、高校時代の楽しい思い出が今も残っています。
夜遅くまで練習した応援団の練習や文化祭の準備、休み時間での友人との会話、こそっと門を乗り越えて脱走した事など、そんなことは沢山覚えているのにね!

だのさんにとっては、高校は勉強だけするところだったのですね!
それは失礼しました。
でも、私の考えは違います。

勉強だけすればいい!
学力だけ上げればいい!
そういうつもりの人だけが高校に行き、そういう大人だけになれば、今以上に息苦しい社会になると思っています。

息苦しい社会というのは、障害のある人だけにとって、ではないはずです。
結局、自分自身に、それが返ってきます。

皆が勉強だけすれば、勉強できる子だけが偉い!となる。
勉強だけが全てとなり、勉強できる子同士であっても、よりよく勉強できる子がよい!となりますよね?
人の価値は、それだけで決まらないはずなのに、人の価値がそれで決まる社会になっていってしまいます。

そうなれば、やがて一握りの人だけが優位に生活できる社会になっていくかと?皆が上を目指して椅子取りゲームをしていくことになってしまうんです。椅子を取っても、いつその椅子を誰かにとられるかわからない状態になり、結局、優位にいても安心できないはずです。
塾なら勉強するためだけに行くのでよいと思いますが、学校と塾は違いますよね?学校を勉強だけの場にしてしまうのは、そういう理由で私は反対です。人として成長する場のはずです。

だのさん、自分で自分の首を絞めることになってしまいませんか?
逆に、できない子がいても、或いは、失敗したり、不得意のことがあっても、周りが助けてくれるのが当たり前の中にいたら、どれほど心が温まるでしょう?
そんな経験をされたことはないですか?
優しい社会を一緒に作りましょうよ〜。

【できもしないくせに、高卒を名乗らないでください。】

高校を卒業したので、『しました』と記しました。
どうせ卒業できないし…と高校受験を諦めようとされている方がおられたら、チャレンジしてみてほしいと思って、記しています。

また、お遊戯モードって、なんでしょう?
授業中、まじめに勉強している人、昼間の仕事で疲れて寝ている人、スマホをいじっている人もいたかもしれませんが、お遊戯モードの方はいませんし、学校の先生方も、教室をお遊戯モードなんかにはしていません。この記事には、全くそんなことを記していません。


Posted by イムニー at 2016年06月22日 13:13
親のごり押し。こんなんだから馬鹿にされんだよ!娘ブサイクだなwww キモ^^
Posted by マーイーカ at 2017年02月16日 21:28
マーイーカさん、娘はかわいいですよ(^_^)
言葉は喋れないけど、私たちの手を引っ張っては、色々と伝えてきてくれます。
してほしいことがあれば、両手を合わせて、ちょこっと首を傾けてお願いしてきます。
嬉しいことがあれば、ケラケラ笑って全身で表現しますが、その笑顔は、本当にキュートです。
甘えたい時は、ベタっと寄ってきてくれます。
怒った時は、むすっと口を尖らせたりもしますが、その表情もまた可愛くて可愛くて…。
とても表情が豊かなんです。

そして、最近は、とてもお姉さんになったなぁ〜と感じます。
頼めば、ちょっと待ってくれたり、物を運んでくれたり、手伝ってくれたりもします。
そして、娘は言葉は話せなくても、相手の気持ちはとてもよくわかっているようです。
すごいな、と思います。
そんな娘のことを、私たちは大好きで大好きで可愛くて可愛くて仕方ありません。

でも、マーイーカさんは、人の気持ちは全くわからない方なのですね。
自分で自分が虚しくなりませんか?
誰かにマイナスの言葉を発したとしても、それは自分を傷つけるだけ。
私を傷つけようとしたかったかもしれないけど、私は、こんな風に匿名で中傷してこられても、ビクともしないんですよ。
だって、あなたのことは知らないし、あなたも娘のことをほとんど知らずに発している言葉だと思えるから。逆にあなたがかわいそうな人に思えてしまいます。
それに、娘の可愛さは世界最高だと思っているから。
娘の母親になれたことを、今も毎日毎日嬉しくて仕方ない。

でも、ドキドキしながら、今、あなたは、ここを読んでいるのではないですか?
それは、楽しい気持ちですか?

確かに、ネットやSNSに慣れていないお母さんなら、こんなことでも傷つく方がおられるかもしれません。
だから、ほかでは、こんなことを書かないであげてください。
でも、やっぱり、あなたも傷つくと思います。
どうせなら誰からも好かれるマーイーカさんになってくださいね。
その方が、きっといいと思います。
Posted by イムニー at 2017年02月17日 10:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。