2010年04月27日

長所と短所は、紙一重・・・

母親は、
自分の子には、短所ばかり目がいくのに
よその子は、上手に褒めてあげれる。
 
たとえば、
うちの子、短気ですぐにカッとなるから〜
と言う母親がいれば、
へ〜え。なんにでも熱くなって
一生懸命になれるなんて、すごいことやん!
って風に、褒める。
 
うちの子、いつもでしゃばって
おせっかいばっかりしてるんじゃない?
という母親がいれば、
 
そんなことないよー。
面倒見がよくて、やさしいねんなぁ〜。
とか言ってあげる。
 
うちの子は、いつもとろいねんよー。
とか言う母親がいれば、
 
なんでも丁寧にして、えらいやん!
とか言ってあげたり・・・
 
わがままばっかりで・・・と言われたら、
しっかり自分の意見が言えるんだから
えらいよー!と言ってあげるわけ。
 
そう!
母親たちは、よその子を褒める天才かもしれない。
 
それを、そのまま、わが子に置き換える・・・
なんてことは、非常に難しいのだけど・・・(汗)
 
では、
ちぃのうるさいのを
よその子だったら、どう言えばいいのだろう?
 
  ・・・・・・
 
そして、
いつも紙破りする行為については・・・???
 
  ・・・・・・ 
 
でも、小学校6年生の時、
担任の先生からの連絡帳に
「ちぃちゃんの班は、お楽しみ会で
ペープサート(紙人形?)をすることになりました。
さて、どうなることやら?」
と書いてありました。
 
「ちぃと一緒にペープサートですか〜?
子ども達は、チャレンジャーですねー!」
 
というようなことを私から書いておきました。
 
そして、当日。
ペープサートのお話を終えて、
その最後に班の子らは、
ちぃに『おしまい!』と書いた紙を持たせて
ビリッと破ってもらう演出をしていたそうです。
 
そっかー。
破られないように考えたのではなく、
破ってもらうように子どもらは、考えたのかー
と、すっごく感心しました。
そして、さっすがー!と。
 
ちぃと一緒に育ってきた子ども達は、
難なく当たり前に思いつくんだ〜
 
結局、ちぃは、
ビリッと破らなかったそう・・・
 
きっと、ちぃはちぃで、
友達が一生懸命がんばったから、というのと、
自分も班の一員として
破ってはいけない、とちぃなりに考え
破るのを我慢していたんじゃないかな?
 
posted by イムニー at 20:58| Comment(0) | 小学校でのエピソード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]