2010年08月02日

世界をかけめぐるギターリストと共に・・・

昨夜、『みんなでつくる学校とれぶりんか』主催の
田中あきひろさんのライブに行ってきた。
 
彼のことは、
ちぃの曲『マカロニ』を作ってくださった
クレッシェンド・タイム・ラバーのサポートギターとして

クレッシェンドと共に出演していた頃に知った。
そして、クレッシェンドのワンマンライブだったと思うけど、
オープニングアクトをつとめた時に、

彼のソロ演奏を初めて聴かせてもらった。
 
その時、音楽音痴の私でも
すごい!!
す、すごーい!!
と、そのギターの音色に感動した。
確かその頃は、まだ彼は、20歳位。 
 
その少しあとに、
彼は、フィンガーピッキングコンテストという日本の大会で、
あれよあれよと横浜での決勝大会まで進み、 
そして、初めて参加した大会なのに、

彼は、グランプリをとってしまった。 
ピアノやヴァイオリンのように
ギターを、幼少時からする人は、まずいない。
彼は、中学生の頃にギターを始めたと聞いた。
彼は、決勝進出した人達の中でも
かなり若かったのじゃないか?と思う。
つまり、まだまだギター暦がすごく浅い!
なのに、優勝してしまった。
 
あの時、私(達)が感じた感動は、 
本物というか、当然というか・・・
 
その後、彼は、世界へ羽ばたくようになった。
 
そして、昨年、世界のフィンガースタイルギターコンテストで
グランプリこそ逃したものの(グランプリをとってもおかしくない実力!)
堂々の準グランプリを受賞!
 
今では、忙しく世界を駆け回っている。
 
ギターの腕前だけではない。
彼が誰かのサポートでギター演奏している時も
そして、ソロでギター演奏している時も
いつも謙虚で誠実な彼の人柄が見て取れた。
音楽は、きっと技術だけではダメなのだろう〜

きれいな音を出すということ、
或いは、個性を出すということも
その人自身の中味も磨いておかないといけないのだろう。
昨日のトークの内容までも癒されるものだった。
とれぶメンバーにはそんな人が多い。
だからこそ、プロになっていく人が多いのかもしれない。


そして、

そんな田中あきひろさんのライブに
ちぃみたいなうるさい子が
一緒に参加させてもらえる!
田中あきひろさん、とれぶりんかの皆さん、
本当にありがとう〜!!
 
昨夜のライブは、
ステージ上ではなく、観客のそばに
あきひろさんもいて、その後ろに大きくスペースを
空けてくれていた。 
ちぃは、
スタッフの思惑通り?
田中あきひろさんの後ろのスペースまで出て行き、
曲に合わせて踊っていた。 

 
IMGP0376.jpg
 


 

 
 
 
 
 


疲れて座席へ戻ってきてからも
椅子に座って、ずっとゆれていた。
なのに、途中、ちょっと怒ってうるさくしてしまった。(汗)

ファンの方もいるのにねぇ〜〜
いつもあまり飲まないコーラを買ったものだから
その味が気に入らなかったのかもしれない。
 
これまでの経験から言うと、
ちぃも、田中あきひろさんの演奏は大好き!
なのに、なのに〜〜(激汗)
ただ、さすがにすぐにおさまった。
 
彼の演奏は、
ドラマ『のだめカンタービレ』のピアノ演奏みたいに
キラキラしたものが、はじけて飛んでいく様子が
まるで目に見えるような印象。
それらは、七色に輝き、ホール全体を包み込む。
ギターでこんなにもいろんな音を出せるんだ。
 
そんなすばらしい演奏の中で、
ちぃが、私を現実にもどす・・・
ひぇ〜〜。
もうやめてよーー
 
それでも、田中あきひろさんは、
優しくちぃのことをみんなに紹介してくれる。
本当にあったかい。
田中あきひろさん、
観客の皆さんも
ありがとうございました。
 
帰りは、会場が片付いた頃に
またまた、怒って、大騒ぎでしたーー(疲) 

できれば一緒に写真を撮ってもらいたかったのに
またの機会にお願いしよう〜

 

もしよかったら、応援クリックをお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 08:46| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]