2010年08月08日

おそるべし!救急医療現場〜(4)

新しく入院したA病院は、
当たり前に、親切・丁寧に
入院に際しての説明をしてくれた。
 
看護師さんや主治医の先生が
病室へ挨拶に来られて
今後の予定を話してくださる。
予定を報せてもらえることが、こんなにありがたいとは・・・
 
そういえば、
ちぃには、これから先の予定がわからないことが多い。
だから、ちぃの日常の中で、

ちぃは、不安なことだらけなんだろうな〜
でも、不安になるのは、別に障害のある人だけじゃないんだ。
 
その後、看護師さんからの問診。
色々検査・・・
 
検査の結果がいつ出て、
先生がいつ説明に来られるかを伝えてくださり、
言われた予定通り、先生が来られる。
 
あまりにフツーに親切で、うれしい!
 
ただ気になるのが、
病室へ入ってこられるお医者さんも看護師さんも
「おなか大丈夫ですか?」
と必ず聞いて入ってこられること!!(驚)
 
おかしいなぁ〜〜。
おかなが痛い!なんて言ってないのに・・・
背中が痛かったのに、背中は心配してくれる人がいないし・・・
 
やがて、その理由がわかった。
転院前の病院からの書類には、
 「腹痛、尿路結石」と記されてあった。
(結石は、まず間違いなく疑いがない!と言われたのに・・・)
どこにも

「背部痛」や疑いがあると言ってた病名は記されてなかった。


単なる間違いでもひどいけれど、
あの婦長の態度を見れば、わざとの可能性もある・・・

パパは、検査を終えるまでは、食事もおあずけにされて、
「めっちゃ腹減った!」とぼやいてた。
私も、内科的な病状かもしれんのやったら、やっぱ検査中は
食事抜かないとあかんのかー、と、気の毒に思ってた。

でも、結局、腹痛で、救急車で運ばれたのだと
伝えられてたからなんだー(怒)

結局、A病院で再検査してもらった結果は、
内科的な病気ですらなかった。
やはり整形外科でよかったんだ。
先の病院では、整形外科の先生が二人も
検査結果を見ていたのに・・・(苦笑) 
胸椎椎間板ヘルニアでした。
 
でも、症状名が判明して、ホッとした。
来週前半には、退院もできそうです♪
ご心配いただいた方、ありがとうございました。
 
ただ・・・
救急医療現場、色々考えさせられました。
病院側がいけないのか?
それとも、
こうでもしなきゃ
救急患者なんて、受け入れることができないのか? 
 
私達ができることって、なんなんでしょうね〜


追記
その病院の内科の先生が院長先生で、
その奥様が婦長さんだということを
後に知りました。
ご夫婦での病院経営、さぞ大変なんでしょうね〜〜
ま、近所なので、そのご夫婦の私生活についての様々な話も
後に、周囲からは聞こえてきました。

もう、二度と行かない!

 (おしまい)
 

ブログランキングに参加しています。
もしよかったら、以下のバナーを応援クリックしていただけませんか? 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 22:46| Comment(0) | 家族
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]