2012年04月06日

新しいスタート

まだ、なかなか更新できないですが、
今月後半ぐらいになれば、
少し時間もできてくるかも?です。

さて。

昨日、ちぃは、入学式でした。

本人、高校の門をくぐるのは、
とってもうれしそうでした。

でも、教室に入るのは、不安がいっぱい。

他の人たちも緊張と不安でいっぱいの人が多いのだから、
なんでも敏感に感じるちぃに、それらが伝わらないわけもなく。

早く慣れるといいな〜と思います。

体育館での式には、喜んで行っていました。
夜間だから暗いのだけど、
そこは大丈夫でした。

式の間も、時々声を出していたけど、
まあまあ、お利口に。

昼間に通っている事業所の代表の方も
式に来てくださり、
式のあとは、学校の先生方とも挨拶してくださり、
教室にもどってからの諸連絡の後に
保護者と学校との懇談時も
一緒に話をしてくださり、
本当にありがたくて、ありがたくて。
来週、女性スタッフの方も
先生方へ、ちぃの関わり方を伝えに来てくださることになりました。

親の視点とは違いますから、
いろんな視点が加わること、ほんとに心強いです。

以前の支援学校の担任の先生やコーディネーターの先生らも
高校との連携をとってくださっているのですが、
それもまた、すごくありがたくて。

でも、今は、ちぃの昼間の様子を一番よく知ってくださる方も
こうして連携してくださることに、感激してしまいました。

高校の方も、いろいろ考えてくださっています。
介助員さん(有償ボランティアさん)も
知り合いの紹介で、2名の方が決まりました。
「僕もしたいな〜。」
なんて言ってくださる男性の方もおられたりして、
本当に、

皆さん、ありがとうございます!


来週は、母も、学校に待機しておくことになりました。
母も高校生活、ちょっと楽しみです。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 14:18| Comment(2) | 定時制高校でのエピソード

2012年04月13日

夜の学校には給食が・・・

今日から給食が始まります。

受験前、給食については、あまり意識していなくて・・・。
給食があるのは知っているけど、
どういうシステムなのか?などは、よくわかってなく。

ちぃも食べれるのかなぁ〜?
食べれるよねぇ〜?
授業前だから、親が付き添ってないといけないのかなぁ〜?
などと思っていた。

でも、夜間の学校だから、給食があることの意味、
その重要性について、行き始めてみて、すごく感じるようになった。
昼間働いて、学校まで移動すること、結構大変なことです。
ゆっくり食事なんてしている暇はないだろうし、
もしも学校に行く間に食べるとしたら、もっと時間が必要になる。
その夕食時間だって、早すぎるだろう。

でも、授業前のギリギリに食べることができ、
そして、何より毎日のことなので、栄養バランスなど考えられていること
本当にありがたいと思います。

ちぃも、昼間は生活介護の事業所へ行ってるので
この数日、福祉会館で時間調整している間、
買ってきたマカロニサラダやパンを食べてから学校へ向かった。
もちろん、お弁当を作ってもよかったけれど、
夕方に食べるお弁当は、かなり作りづらいことに気がついた。

そんなわけで、給食のありがたみがわかったところで、
あとは、ちぃが、ちゃんと食べてくれるかどうか・・・?

またまた、昼間の事業所のスタッフの方が
学校へ出向いてくださり、
私の代わりに、先生方へ、ちぃの食事の時の様子を伝えてくださることになった。

「お母さんがいない方がいいと思うので。」
「おうちでのやり方でなく、こっちのやり方を伝えた方がいいので。」
なんて言ってくださり。

ほんとにありがたいです。

ということで、今日も学校で待機しておく予定ですが、
母は、ちぃのそばから離れて、過ごしておくつもり。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 15:07| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2012年06月10日

体育祭は、ナイターで。

夜の学校なので、体育祭は、ナイターです。
といっても、体育祭が、ナイターなんて、
初めてです。

IMGP2132.jpg

今までのように授業で、体育祭の練習とかもあるわけでなく、
当日のみに、ゲームを行う、というものです。

その分、これまで経験してきた体育祭とは、
盛り上がり方も、雰囲気も違いますが、
アットホームな感じでした。

ちぃは、満面の笑みで、パン食い競争に出たのでした。

IMGP2135 - コピー.jpg

支援学校の体育祭には、どの子も参加できるためのたくさんの工夫がありました。
地域の小中学校では、ちぃと周りの子らのやり取りに、たくさん感動しました。

今回、これまでのような《感動》というのがないのだけど、
これまで以上に、いろんなことを感じたかもしれません。

ここでも、先生方の工夫があり、
結局、障害のある子だけに工夫するのではなく、
どんな場合でも、その子やその人たちに合わせた工夫というのが
教育の中では、必要なんだと思いました。
どの子にも同じようにすればいい、というものではなく。

先生方の生徒たちを思う気持ちもたくさん感じました。
また、生徒の皆さんには、
友達思いの優しい一面をたくさん見ることができました。

この中に、ちぃも入ってることが、不思議でもあり、うれしくもあり。
私自身も、ここの皆さんに出会えたことに、感謝でした。


そうそう!
3つの団対抗リレーは、みんな、すごく速かった。
でも、先生チームも、すっごく速くて、びっくり!

さすが!


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 21:19| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2012年06月21日

高校には、自販機があるから・・・

高校へ通い出して、何日目だったか?
ちぃは、校内にある自動販売機を見つけてしまった。

先生のおっしゃるには、
自販機を見つけ、お茶のところのボタンを押そうとしていたとか。

お茶なら、勝手に買って、飲ませてもいいかー、
ということになり、
カバンに入れてた巾着からお金を出して、コインを入れると(入れさせると?)
ちぃは、何度も押してたお茶のボタンとは違って
ジュースのボタンを押したとか・・・(苦笑)

そんなわけで、うまくジュースをゲット!!

母がお迎えに行くと、先生らに、
そのときの話を笑いながら聞かせてもらい、
「でも、高校生だし、他の人もジュース飲んでるし
1日一本と決めて、欲しがった時には買ってもいいですよね?」
と。

その後は、時々、ジュースやスポーツドリンクを買っていたちぃだけど、
先週ぐらいから、
食後にジュース!と決めてしまったらしく、
給食の後、ダダーッと走って、
食堂の裏の自販機へ向かうよう。

小・中・支援学校では、
もちろん学校に自動販売機なんてない。
ちぃにとって、自販機があるのとないのとでは、
おそらく大違いだろう。
高校は、ちぃにとっては、夢のような場所になっているかもしれない。笑


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 20:48| Comment(2) | 定時制高校でのエピソード

2012年10月22日

もうすぐ文化祭・・・

ちぃは、機嫌よく過ごしている。
昼間が在宅になった頃、やはり、少し自傷が復活した。
学校も9月になるまでは、夏休みだったし。

9月終わり頃から昼間に居場所ができ、
先週からは、新しい事業所がスタートし、
夜の学校も前期を終え、
2日間の秋休みがあり、
そして、先週から後期がスタートした。
ようやく短縮もなくなり、通常授業になりました。

4時限の授業は、ちぃは、ちょっとダルイ〜!という感じ〜。
それで、少しテンションが低くなったりしつつも
それでも、なんだか元気に過ごしています。
夜の学校に行く、という生活ペースがすっかり身につき、
入学した頃は、あくびばっかりしていたちぃが、
今は、学校から帰ってきても、すごく元気だし、
朝も、割とスッキリ起きられるようになっている。
(今は8時半に起こしているのだけどね。)

ちぃの前期を終えた通知表もいただきました☆
ちぃの学校生活の中で、一番の好成績をつけてくださいました!
コメントもステキで、先生方の優しさが感じられます。

今も、当然ながら、先生方には、たくさんのご負担もかけていて
そうなることをわかっていながら、普通高校に入学させたことが
正しいことなのかどうか?は、やっぱりわからない。

けど、先生方は、ちぃのこと、かわいがってくださっています。
ほんとにありがとうございます!
ちぃだけではなく、
その学校の生徒たちを、どの生徒の人に対しても
大切に思ってられる、という感じ。

おそらく、先生方の考え方も、本当は様々なのだと思う。
ただ、受け入れたからには、前向きに受け入れてくださっている。
(しゃあないな〜という感じの方はおられるだろうけど・・・)
そして、私の、ちぃのような子が学校にいることも大事なことなのだ、
という考えに、賛同とまではいかなくても
その考え方自体は否定せずに、すんなり受け止めてくださっていて、
やっぱり、とってもありがたい。

そして、それは、ちぃには、当然伝わっていて、
ちぃは、学校生活をそれなりに満足しているのを感じている。
(授業は、やはり、ちょっとダルイんだと思うけど・・・)


もうすぐ文化祭があり、
ちぃのクラスは豚汁を作ることになっています。
当日のちぃは、販売を頑張るらしいのだけど、
先日の試作会にも参加させてもらって、
調理担当のお友達らと一緒に作りました!

ちぃは、小学校1年生の頃から包丁を使っている、という話をしていたら、
家庭科の先生が、前もって先の丸い包丁をちぃに用意してくださっていた。

人参と大根を切らせてもらって、
大きさは、バラバラだけど、

「ちぃちゃん、上手に包丁使うね〜。」

と、先生やお友達からも、いっぱいおだててもらって、
やっぱり、ありがたいとは思わずにいられませんでした。

121005_194518.jpg

121005_195006.jpg

他の女の子たちは、本当に手際がよくて、
何も言わなくても、どんどんと後片付けもできていく。

帰り際に、先生との何気ない会話の中でも、
彼女ら、彼らたちの思いに心を寄せ、受け止めようと
アンテナを張り巡らされている姿勢を感じられ
(先生は、それ、意識してないと思うー)
やはり、こちらが、心洗われる思いがした。

生き方、姿勢、人と接すれば接するほどに見えてくる。

ちぃと一緒に生きていると、母もまた、たくさんの刺激を受けて、
いつも、いろいろなことを考えさせられる。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 10:26| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2012年10月30日

学校に夜店〜

夜の学校だから、
文化祭は、夜店になるから、なんかワクワクするっ!
先週金曜日に文化祭が行われた。

ちぃのクラスの豚汁屋さん〜
IMGP2479.jpg

夜ならではで、照明を使った作品がたくさんありました。
IMGP2487.jpg

大きな貼り絵は、1年生が。
離れて見たら、すごくきれいな芸術作品。
近くで見たら、こんな風なのに〜
IMGP2485.jpg

養護の先生と家庭科の先生とで、食育ブースも!
IMGP2519.jpg

たくさんの野菜ケーキを作って、皆に配ってくださっていました!
IMGP2509.jpg

ゆるキャラとは、ちぃも一緒に写真を撮りました!
IMGP2514.jpg

前半は、体育館で、
歌やダンスがあって、
もちろん、ちぃは大喜びでした〜

昼間の高校よりは規模は小さいけれど、
時間も短いけれど、
生徒と先生らが一緒になって盛り上がってました〜
皆、楽しんでいる様子。

参加させてもらって、ありがとう〜


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^O^)
posted by イムニー at 10:12| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2012年11月13日

夜の学校には、こんな給食があります!

ちぃは、高校へ行きだして、
まるで最初から好き嫌いがなかったみたいに
なんでも残さずに食べている。

ほんと、不思議〜〜

学校によっては、給食が授業の合間にあるところもあって、
定時制高校だからといって、どこでも同じではないみたい。

で、ちぃの高校の場合は、
5時半頃から給食があり、6時を過ぎてから1時限目が始まります。
高校に行くまえから、ちぃは、自宅でも5時半頃に夕飯を食べていたので、
給食の時間はピッタリでした!(^-^)

おいしそうな給食を、
担任の先生に許可をいただき、撮影させてもらっちゃいました〜(^O^)
IMGP2360.jpg
この↑ごはんは、ちょっと多めになってますが、
ちぃは、ご飯を少なくしてもらってます♪
男性方なんかは、どんぶりにテンコ盛りにご飯食べられています。

牛丼とかたまご丼とか、どんぶりの時には、少し多めのごはんにしてもらうねん。
IMGP2361.jpg

うどんの時は、ごはんはなしにしてもらいます。他の方は、ごはんも食べてはりますぅ〜
IMGP2362.jpg

これ↓は、カレーのようで、ハヤシライスだったかな?
IMGP2363.jpg

ドンブリじゃない時は、ちぃは、自分で、ご飯に味噌汁をぶっかけて食べるの!(笑)
IMGP2374.jpg

この日は、デザートに杏仁豆腐がついてます。
IMGP2397.jpg
カップのゼリーやプリンがつくときもあります♪

シチューもちぃは、大好きです!
IMGP2402.jpg

魚のフライにはタルタルソースがつく日もあります。
IMGP2414.jpg

唐揚げ5個も、ボリュームたっぷりや〜!
IMGP2450.jpg

これはカレーやね!カレーの時には、よくチーズがついてます。
IMGP2451.jpg

給食はデリバリー方式で、おかずは、最初から盛り付けてあります。
ご飯は、温かいのを保温して持ってきてくれていて、
味噌汁など、お汁物は食堂で温めたものをいただきます。

あ、昼間の高校では、食堂として利用しているところで
給食をいただきます。
小学校とかみたいに、皆で一斉に、というのではなく、
来た人からよそってもらい、好きなところに座って、食べます!

もう、毎日、誰がどこに座るかが、大体決まっていて、
ちぃも、毎日同じ場所に座って食べてます♪

給食には、割り箸がつくので、
ちぃは、毎日、スプーンとフォークを持って行ってます♪

で、きっと支援学校で教わったのじゃないか?と思うのだけど、
ちぃは、飲み終わったあとの牛乳パックは、
必ず四隅の角をはずしてたたんで、カサを小さくして捨てています。

そして、食べ終わったあとには、
今では、ジュースを買いに行く、というのが日課になっています。(苦笑)

ジュース以外にスポーツドリンクの日もあるけどね。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
記事を読んでくださり、ありがとうございました。(^-^)
posted by イムニー at 21:11| Comment(4) | 定時制高校でのエピソード

2013年01月11日

体罰なんかよりも相手に寄り添う姿勢の方がいい!

昨日、パニックになっている、と学校から連絡をもらった。

以前も、入学して少しした頃、給食に出たお魚の小骨が喉に刺さって、
大パニックになって、自宅へ帰る途中に電話がかかってきた。
慌てて行くと、何人もの先生方が
ちぃの頭や腕を押さえてくださっていた。

なぜ、ちぃと知り合ったばかりの先生方が、
ちぃがしゃべらないのに、小骨が喉に刺さったとわかったのか?
最初は少し不思議だったけれど、
先生方は、ちぃに限らず、相手の気持ちに寄り添い、
普段から生徒の様子をよく注目されてるからなのだと思う。

そして、ちぃの気持ちにも寄り添ってくださるから、
ちぃの様子から、すぐにわかったんだ。
決して、ちぃのパニックについても、
困った子やなぁ〜という顔をされる方もおられず、心配してくださる。

ちぃが、何度目かのお茶やら、ご飯を口にして、
ようやく落ち着いてきた頃、
「あー、よかった、よかった。」
「もう1時間めは、今日は、ゆっくり過ごそうかー。」
「苦しかったねぇ〜。」
等と、優しく声をかけてくださる姿が、
ありがたくて、うれしくて、感激してしまう。

昨日も、慌てて、学校へ行くと、
パニックは収まり、ビエーンとべそをかきながら、涙を拭う頃だった。
ちぃは、別室にいて、先生方が何人か来てくださっていた。
やっぱり先生方があまりにも優しくて…
そして、それが当たり前の学校の空気になっている。

私が「お世話をかけて申し訳ないです。」と言っても、
「とんでもないです!」
と気持ちを込めて言ってくださることも、ありがたくて、ありがたくて。 

考えてみたら、
「お母さん、困りますねぇ〜。」
という姿勢に、これまで、どれだけ傷ついてきたろう?
もちろん、その気持ちも理解できるから、
だから、余計にこっちは辛くて、肩身が狭かったんだ。
でも、その度に、話し合いの場を作ってもらい、一生懸命伝えてきた。
私が辛いのはいいけど、
ちぃが、家の中や施設の中で過ごすのではなく、
この社会の中で少しでも生きやすくなるために・・・。(親がいなくなっても)

この高校にも、というか、
高校だからこそ、より一層その覚悟をして、ちぃの受験を決めたのに
そんな必要は、今まで一度もない。

あ〜、こんな先生方ばかりだったらなぁ〜。

昔、個別指導のパソコン教室でインストラクターをしていた頃、
生徒さんによって、
どうですか?と声かけて欲しい人
自分から質問するまで声かけしないで欲しい人
基本知識だけ教えて欲しい人、
テキストに載ってないことでも、積極的に教えて欲しい人、
ゆっくり教えて欲しい人、
練習問題飛ばしてでも、さっさと教えて欲しい人、
等々
色々だった。

だから、
同じインスト同士で、相手によって対応を変えなあかんよなぁ〜と
話し合ったりしたと思う。


体罰を容認する声が、今だに聞こえてくる。
愛のムチならいいって?!
暴力は暴力やん!
自分が子どもの頃は、もっと厳しかった!
という声も上がってくるけれど、
だから、何?
自分が経験してないから、体罰なしでの指導の仕方を知らないのだろう。

自分が体罰をして欲しいなら、自由に周囲に伝えたらいい。
でも、他人がされている体罰の容認なんて、勝手にしないで!
誰にだって、あなたとは違う『気持ち』があるのだから。


年末は、インドでのレイプ事件に、ずっと心が痛かった。
でも、レイプされる方も悪い、みたいなことを言う人が、やっぱりいる・・・
めちゃくちゃ腹が立つし、ものすごく悔しい!


知的障害のあるご夫婦の赤ちゃんを
周りのサポート体制ができたにも関わらず、養護施設から返してくれないという事例についても
腹立たしくて仕方なかった。

親御さんの気持ち、赤ちゃんの気持ち、
そのご家族の気持ちを案じてサポート体制を作られたNPOのスタッフの皆さんの気持ち
どんだけ踏みにじるつもり?

しかも、何かあったらと思ってのことでしょう、と
役所の方を擁護する声も、やっぱりある。
サポートしてくれる人がいて、何かあったら?!っていう心配するのは、
一体、どういうこと?!
何かあったら、と思って、サポートする人が現れたのでしょう?
その人たちがいるなら、それは、健常者の子育て以上に恵まれている環境でしょ?!


なんかね、どれもこれも、繋がってるよなぁ〜って思う。
力の強い者が、力の弱い者の『気持ち』(人権)を無視しているし、
意識の違いで、周囲から笑われていることにも気がつかない!

今、表に出て、格好いいこと言ってるつもりかもしれないけど、
橋下さんかって、自分は権力持って、市の職員へ同じことしてると思うよー。

互いに相手の気持ちを考えたり、感じ取ったり、
互いに気づいたことを言い合える関係の方がいい!
特に教育現場では!

体罰を行った先生を擁護する声もあり、先生にだって気持ちがあるのだから、
そこ考える気持ちもわからなくはない。
人は、間違ってしまうことが、誰でもあるのだし。

でも、人が亡くなってしまったんやん!
今は、擁護していいわけがない!

擁護するより、もっと前に
それ、おかしくない?
とか、
あんたのやってること、おかしいやん!
って、先生同士、言えなかったの?と思う。

心を育てることが目標ではなく、
勝つことが目標になっていたから、
一応強いチームにしている先生のやり方は、『正しいこと』に見えたのじゃないかな?
そうだとしたら、すごく恐ろしいことやわ。

きっと、同じことが、学力向上を目標にした場合でも言えると思うー。

でもね〜
教育は、心を育てることやん!
人権を尊重することやん!
そこが一番の中心になってたら、
互いに気づいたら、注意しあえるやん!
その姿勢が学校の中にあれば、生徒同士も
小さないじめの内に、互いに注意し合ったり、
いじめられてる子をかばったりできるのと違う?

そのこと、橋下さんも、もっと考えて欲しい!
橋下さんが今、行っている教育改革は、その真逆のことばかりに感じるよ。


ちぃの話から、大きく逸れてしまったけれど、
ちぃは、一昨日も2時過ぎに寝たのに、
昨日は、珍らしく朝早く起きてきて
ちぃの1日が長かったんだと思う。
その上、12月から木曜日は、福祉タクシーで学校へ送ってもらうようにした。
母の送りと違うことにも、戸惑いがあったのだろう。
また、これまで始業式のあとは、短縮が続いていたのに
3学期は、通常授業がすぐに始まった為に、
久々の学校生活にペースが戻ってないせいもあるのだろう。

昨夜は、11時過ぎに自分からベッドへ行って、その後、そのまま寝てくれた。
12時に寝てくれることも、ほとんどなくなったちぃが、
早く寝てくれたので、久々に、私も早起きできた。
ちぃは、ギリギリまで寝てたので、たっぷり睡眠をとれている。

さて、今日は、ニコニコで過ごしてくれるかな〜?
いつもご迷惑かけて、すみません〜〜汗


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^-^)
posted by イムニー at 14:58| Comment(2) | 定時制高校でのエピソード

2013年01月26日

当たり前の高校生活???!

ちぃを高校へ送りに行く時間は、
昼間の生徒らが、まだ部活の真っ只中〜。

給食を終える頃に、生徒らは帰宅していく。

高校生の当たり前の光景を見るにつけ、
なんだかなぁ〜と思う。

体罰は、体罰をした人が悪い!
黙認していた大人が次に悪い!
まずは、体罰をしていた顧問、管理職、
その人たちを処分し、現場から外せばよい話ではないか?
確かに教員の入れ替えもある程度は必要かもしれない。

けど、
声を出せなかった高校生まで、なぜ非があるの?
容認していたから?
暴力を受けている人間が、容認なんてするわけないやん!
誰が、喜んで暴力を受けると思ってんのよ!
言いたくても言えないことが、世の中には、たくさんある!

そう!
言いたいことは山のようにあるだろうけど、
今だって、全く話を聴いてくれないじゃない?!

その上、声を出したら、逆に叩かれ・・・
ひどいわ・・・
声出せない状況作ってるんやん!!

力ある者が、力のない者に対して、
どれだけ傷つけたら気が済むんだろう?
というか、
子ども達に対して、大人は何やってんだか?!

教育を保障する側の行政が
子どもたちにまともな場を保障できなかった責任こそが重いのに
いつの間にか、安全な場を提供できなかった非ではなく、
安全な場を作れなかった人たちの責任にされ、
その作れなかった人たちの中に生徒までが入れられているなんて、
どう考えてもおかしい!
やっぱり、おかしい!

あ〜。
ちぃの様子を紹介しようと思ったのに、
やっぱり、体罰問題の話にいってしまう〜〜(。-_-。)


先週後半、ちぃは、晩、12時前後までに寝てくれることが多く、
この調子で12時には寝る、という生活リズムになってくれるといいな、
と甘い期待を抱いた。

ところが、
今週は、2時半とか、3時半も回るとか(母が寝てしまったのがその頃だから、
実際には、4時まで起きていたかもしれない。アセ)
それでも、朝の8時半とか、それを少し回った時間に起こしても、
全然、元気に起きてきて、
昼間の事業所と、夜に学校と、
全く眠そうな様子もなく、通っていた〜〜
(若干、アクビはしてたのかなぁ〜?)

家に帰ってからは、2〜3回のお風呂。
音楽を聴いて踊ったり、食品パックのプラスチックを破り続けたり。
ベッドの上では、キャーキャー騒いで、ゲラゲラ笑いながら、弾んでいたり(苦笑)
ベッドの上、楽しいのかしらないけど、うるさすぎて、
朝早くに家を出るパパも寝れない〜〜

そんなちぃも、さすがに木曜日ぐらいは
少し不機嫌ぽくなってきて、
昨日の金曜の朝には、ようやく疲れてきた様子が見られ、

結局、昨夜、お迎えの時間より1時間ほど早くに
学校から連絡があった。

門の前にお迎えの車を探しに行き、
そこから離れず、少し大きな声で騒いでいるとか。アセ

早めのお迎えになったというのに、
なんかね、ちょっとホッとした。
ずっと元気な方が、逆に心配だから。

慌てて迎えに行き、早退させていただいた。

先生方にとっては、
もうちょっと頑張らせてもいいのでは?
とか、
これ以上頑張らせない方がいいのでは?
とか、
ちぃが、どう感じているのか?
とか、
保護者が、どの程度を希望しているのか?
とか、
多分、色々と判断しなくちゃいけないことが多いと思う。
(お手数かけて、スミマセン。)

そういう小さな判断やタイミング、ちぃの気持ち、保護者の気持ちを
いつも考えてくださっていることが、申し訳ないぐらいありがたくて。
そして、すごく安心させてもらっている。

少し付け加えておくと、
夜間のこの学校の場合、
必ず授業を受けなさい!とか、学校は休んではいけない!とか、
そういうことが常識にはなってない。
もちろん、遅刻や欠席が多ければ、
当然ながら単位はもらえなくなるけれど、
基本的に昼間働いている生徒らの体力的な部分、精神的な部分にも
いつも配慮されているのだと思う。
ちぃにだけが、特別ではなく。

帰りの車の中では、ちぃは、嬉しいのかして、
ゲラゲラ大笑い。

結局、1時頃まで起きていたし、
やっぱりベッドの上では、キャーキャー楽しそうに騒いで
パパの睡眠を妨害しまくっていた〜(>_<)

そして、今朝は、まだ寝てる〜〜(^_^;)
(休日は、無理に起こさないようにしてる〜)


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
posted by イムニー at 10:55| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年03月19日

あれから一年が経ちました!

ちぃが高校受験して、一年が過ぎました。
今年また、障害のあるお友達の方が高校受験をされていました。

ちぃの定時制高校へ入学してこられる方もおられます。
知的障害のある子の高校受験を好ましく思ってない方もおられると思いますが、
(でも、大阪では割と好意的だなぁ〜。)
私は、やっぱり『学校』というのは、人を育てる場であり、
教科書での学習をする場が先に来るところではないと思っています。

色々な個性のある人が集まることで
色々な価値観をぶつけあえる、
しかも対等な関係でぶつけあえる。
そして、いろんなことを一緒に経験できる。
それって、知識を得る以上の学びにもなると私は思うねんなぁ〜。


先日、ちぃの高校も終業式でした。
半分以上(だったかな?)出席さえすれば、単位はもらえ、
その場合の通知表の評価は、『2』以上。
けれど、ちぃの通知票には、『3』が4つもあり、
そして、美術は、なんと『4』を!(@_@)

しかも、その作品を見れば、かなり笑えるのに・・・(^-^;)
IMGP2914.jpg
それでも、本人なりに意欲的に取り組んでいたから、ということでなのか???!
実は、特別支援教育となってか?あるいは、大阪では昔から?、
知的障害の子には、標準と比べて評価するというよりも、
その子自身がどんなけがんばったか?などで評価することにもなっています。

とはいえ、健常児と比べた中で、運動ができるとか、絵が上手とかではないのに
標準以上の成績をつけてくれるというのは、
あんまり聞いたことがありません。
先生方の気持ちがありがたくて、ウルウル(;_;)してしまいます。

ちぃの場合は(一般の高校生にはないよね?)、記述式でも記してくださっています。
「授業開始と終了の挨拶ができるようになった」とか
「声を出しても、注意されて静かにできるようになった」とか
「指示されたことが、わかるようになった」とかも
記されていました。(笑)
高校へ行ってからは、トランプを使い、数字の勉強もしているようです。

ここの先生方は、よく皆で話し合いをしてくださっています。
皆が、情報を共有してくださっているのも、とてもありがたいことです。
おそらく、ちぃ以外のお子さんについても、
たくさんの時間を会議に費やしてられるのだと思います。
そして、的確に、最善の策を講じていかれます。
教育者としてのプロフェッショナルさを感じてきました。

例えば、ちぃの機嫌が悪くなった時に、
何が嫌だったのかなぁ〜?という想像をたくさんしてくださいます。
もちろん、原因はわからないことも多いのだけど、
「〜〜だったのでしょうか?」
と私が聞けば、
「それは、違うと思います〜」と、そこにいる先生方が全員否定されたり。
先生方は、気づかれていませんが、私はホ〜オと感心してしまいます。
だって、ハッキリ否定するということは、ある程度のちぃの気持ちを理解できてないと
否定も肯定もできないのだから。

「〜〜のときには、なるべくこうしてください!」と、私がお願いをしていたとしても、
やっぱり人の気持ちには、Aか?Bか?と単純に判断できないことの方が多い。
そんな時に、ちょうどいい具合で、判断していかれるし、
私からの話を聞いただけで、私の考えを理解し、
どのぐらいまで、本人に頑張らせたらいいか?
どのぐらいまでは、本人の意思を優先させればよいか?
こういう時には、甘えさせてもよいか?
等と、細かい判断も、ちょうどいい具合にされていきます。

私のつたない説明で、スっと、こちらの思いを掴んでくださることに
驚いてきました。

なぜ、そんなことができるのか?というと、
先生方は、話す『言葉』に耳を傾けるというよりも、
普段から、人の『気持ちや思い』の方に、意識を向けてくださっているから
それで、保護者の思いも、本人の思いも、とてもスピーディーに
理解されていくのだと感じています。
そして、その都度その都度の本人の気持ちに寄り添い、
本人にとって最善が何か?を、難なく感じていかれるというか、
そういう思考が身についてしまっているというか。

ということで、人の気持ちを読むことの得意なちぃが、
この学校で、居心地よくないわけがない。(笑)

それでも、受験する前は、
こんなステキな先生方ばかりだと知らなかったので、
受験には、とっても勇気がいりました。
まだまだ知的障害のある子の高校受験は
誰にとっても、なかなか勇気のいるものです。

高校へ入ってからも、先生方との意見の相違で
何度も話し合いを重ねられている保護者の方も少なくはないようです。
それでも、最初の道を作られた方々は、
もっともっと勇気もエネルギーもいったことでしょう。

今、ちぃの取り巻く環境が、とってもあたたかなのは、
すべて、その先人の方々のおかげですね。
街へ出て、皆の視線があたたかなのも、
たくさんの先輩方が、当たり前にどんどんと外へ外へと出ていかれたからでしょう。

この街には、子どもの頃から、障害のある子と共に育ってきた人が
たくさん大人になっているから。
そして、今、共に育っている子ども達が、やがて大人になります。
その頃には、障害があるとかないとかは、関係なくなっているかもしれませんね。(^-^)

だから、今、地域によっては、
しんどいよー!辛いよー!と思ってる保護者や当事者の方も
めげずに前に進んでほしいな、と思います。
きっと、その後に続く道が出来ると思うから。

とにかく、この1年間も感謝!!
ちぃでも高校受験できたことに改めて感謝!!

以下のバナーに応援クリックをしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)

 
 

  
posted by イムニー at 13:21| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年04月10日

夜の学校へお弁当持参です(笑)

今週から新学期が始まりました!
ちぃは、高校2年生です。

案の定、クラスの数は減っています。
定時制高校は、卒業する頃には、
入学時の半分に減ってしまうと聞いていました。

それにしても、たった1年で・・・(>_<)

昼間の高校を受け直して合格した、とか、
新しい進路へ進まれていることを願うばかりです。

校長先生も退職されたそうで、
新しい校長先生とご挨拶させていただきました。
新しい校長先生には、もちろん期待していますが、
以前の校長先生とは、ほとんど挨拶を交わすぐらいしかしていなかったので、
もうちょっと色々とお話をしたかったなぁ〜と
少し寂しい思いです。

小、中、支援学校と、
障害児の親の場合、校長先生と話す機会というのが
フツーは、いっぱいあるのに、
(支援学校の場合は、フツーは、あんまりないかも?)
定時制高校へ行ってからは、
校長先生と話をする必要が全くなくて・・・
あれれ?という感じ。

で、
ちぃの楽しみな給食は、12日からということで、
それまでの4日間は、お弁当持参で行ってます(笑)

1年生の終業式の日も、給食がなく、
それでも、ちぃは、いつものように食堂へ行くーー!と
グングン進んで行ってしまったんで、
先生の方からも、
「給食の代わりにお弁当を持って来てもらってもいいですよ。」
と言っていただき、

そればかりか、
本当は、学校は6時5分から始業なのに、
給食のある日みたいに、5時20分頃に
ちぃが来るのを待っていてくださいます。
うぅ〜、ありがたいことですぅ〜

それと、
担任の先生も1年生の時と同じ先生で、
なんと!教室まで
1年生の時と同じ教室にしてくださっています。
多分、調子の悪い時に別室へ行く為にも、
その教室の位置は都合がいいんやとは思うけど・・・
女子トイレも、その階にあるしねぇ〜、

それにしても、
ありがたいことですぅ〜

お弁当は、普段の給食風に、ランチジャーに作ってみました〜
ちぃもお兄ちゃんも、児童会に行ってる頃、
よく使ってたのが、久々に登場で〜す!

130408_162934.jpg

もちろん、マカロニサラダも登場です(笑)
130409_165713.jpg

昨日は、食堂が開いてなかったので、
中庭で食べました〜
お天気が良くて、ピクニック気分で気持ちよかった〜

でも、外でランチジャーは食べにくいので、
今日は、もうパンにします。その方が楽だし・・・(笑)


以下のバナーへクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)

 
posted by イムニー at 12:40| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年05月02日

GWの前半は…

ちぃの学校の遠足は、GW初日に。

淀屋橋集合後、
ラーメン博物館で、オリジナルカップヌードルを作り、
その後は、動物園でお弁当を。

お弁当は、やっぱりマカロニサラダを〜(^-^)
130427_073914.jpg
ただ、お昼食べる予定時間が午後1時になっていて、
しかも、普段よりも朝1時間ぐらい早起きしたので、
お腹空くかも〜!と玉子の入ったランチパックも持たせてたのよ(笑)

予想通り、すべて完食だったらしい・・・(^-^;)

先生方は、ちぃと電車でお出かけが少し不安だったようで
帰りは梅田で解散ということもあり、
母も一緒に梅田までは行き、
一旦帰宅して、また梅田まで迎えに来るのも大変なので
そのまま梅田に滞在し、
オープン2日目の『グランフロント大阪』へ行ってみました〜

朝早い集合時間てことでもなかったものの、
3時のお迎えまで時間が長いので、
まずは、お茶でも〜と、抹茶メニュー豊富の和カフェを見つけたので、休憩〜
IMGP2976.jpg

IMGP2979.jpg

10時は回っていたけど、まだお店の中は、
ガランとしてました〜
カフェやレストランの集まった上層階は、
おそらくもっと混んでたんだろうけど・・・

ランチメニューも美味しそうだったので、
結局、お昼もここで済ませてから、
そろそろ混んできた頃に、店を出ました〜

南館の6階にビーズ専門店を見つけて、
テンションアップ!!
何しろ、近所にも大型の手芸専門店は、2店舗もあるけど、
手芸専門じゃなくて、ビーズ専門なんて〜〜(^O^)

オープンしたとこなので、品切れ商品もなく、
ネットで品切れだったサイズのビーズも購入することができました!

お天気もよくて、テラスガーデンも気持ちよかった〜
まだ人が多いけど、少し落ち着いたら、
フードコート等でおいしいもの購入して、
の〜んびり、読書したりしながら過ごすのもいいなぁ〜。

3時前にちぃを迎えに行くと、
先に一行は帰ってきて、一旦解散に…。

ちぃは、トイレに行って、介助員さんと担任の先生とで
のんびり帰ってきたらしい。

ラーメン記念博物館では、トイレに入った途端に
パニックになったらしく・・・大汗
ちょうど前日も、事業所で久々のパニックがあったということで、
一度なると、翌日とかも続くことが多々ある。

最近、ほとんどなくなってきていたので、
ちょっと残念だけど、まだ、油断できないのは、仕方ないかなぁ〜。
学校が通常授業になっての1週間経過だったので、
春休みが長かったせいもあり、ちょっと疲れたのかもしれない。

その後は、機嫌もなおって、
よく歩いたそうです。
動物園では、アルパカ?に、皆で餌をあげたりして、
ちぃも自分から手を差し出していたらしく
先生に写真を見せてもらったり…。

とにかくお世話をかけました〜
ありがとうございました。

帰りは、地下鉄と私鉄を乗り継いで、母と二人で帰宅。

翌日は、ゆっくり過ごしました〜

そして、そのまた翌日は、
これから移動支援など会社を立ち上げようとされている若い方たちに
バーベキューに誘っていただき、パパも一緒に参加〜
IMGP2984.jpg
他のお母さん方とも、たくさんおしゃべりさせていただきました〜
ありがとうございます!
これから、またよろしくお願いします。

その後は、『みんなでつくる学校とれぶりんか』のホームルームへ。
GW後半には、とれぶりんかのふれあいサークル?しるべサークル?でも
遠足へ行くことになっています。

今度は集合時間が早いので、さて、どうなることやら・・・???

車で出かけると、渋滞に巻き込まれるけれど、
そんな心配のない近場でのGWを、しっかり楽しんでいます。

昨日と今日は、学校も休み〜
でも、昼間の事業所さんへは、元気に?出かけていってます。
今日は、健康診断だそうで〜〜
ちゃんと採血できたかなぁ〜???

よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)

 
  
posted by イムニー at 15:44| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年05月11日

毎日、電話がかかってきます〜

家にいたらいたで、
出かけるー!
と騒ぎ出すちぃ。

家でじっとして過ごす、ということは、まずない(-。-;
かといって、
出かけて行っても
同じ場所で何時間も過ごすのは、やっぱり退屈してくるちぃ。

学校も同じで、
送って行く時は、ニコニコして車に乗り、
そして、学校に到着すると、
ご機嫌で、車から降りていく。

それが、4時限の授業ともなると、しんどくなるらしく、
『もう、はよ、家帰るー!』
と、この3日間は、騒ぎ出しているらしい(汗)

去年は、まだ、そうでもなかったはずなのですが、
春休みが長かったので、
新年度になって、学校のペースにもどるのに
少し時間がかかってしまい、
GWで、間に遠足の代休やら創立記念日も入り、
またまた長いお休みとなり、
結局、この8、9、10日は、
4時限目のはずの時間に学校から電話が。

正門の前から動かずに
ワァーワァー泣いているらしい。
パニックにならないように、との配慮で、
無理やり教室へ戻すのではなく、
母の私に電話をしてくださる。

そして、
迎えに行くと、ニコニコ〜

う〜〜〜ん、、、
ちぃのペースにうまく乗せられている感があるなぁ〜(^^;

なにしろ先生方が、と〜っても優しいので、
去年は、それでも、ちょっとキンチョーもしていたちぃだけど、
今年は、それが薄れて、甘えてるのかもしれない。

先生方からは、
いつもトイレへ行く時にリュックを持ったまま行くので、
それで、もう帰れる、と思うのかもしれない、と。
リュックには着替えとか入ってるので(汚すこともあれば、
汚してなくても、上下共、Tシャツまでを服を脱いで、着替えることも多く(汗)、
だから、いつも着替えを持ち歩いてる〜)
カバンは教室に置いたまま、
着替えやタオルなどを入れた手提げだけを持っていくようにしてみます〜
と言っていただき、
また、来週から様子をみることに。

ま、ちぃに限らず、
ゆる〜い感じなのが、定時制高校かな?
それを経験してしまうと、
一般の中学校って、もうちょっとゆるくてもいいのになぁ〜
校則とかで厳しく取り締まらなくてもいいのになぁ〜
と感じる。

力づくで言うこと聞かせようとしても
反抗されるだけやん!と思うしー
この学校では、先生方が大声あげているとか、
怒鳴ってる声をほとんど聞かないなぁ〜
それでは、意味がないことを先生方は、
よ〜く知ってはるもんなぁ〜。

車に乗せて、家に帰る時も
先生方は、皆、優しい声をかけてくれる。
担任以外の先生も、よく数人が校門前で立っていることが多く、
そんな他学年の先生方も、
「ちぃちゃん、またね〜」
「また、月曜日に元気でおいで〜」
と言ってくれる。

他の生徒らへも、
そんな風に声かけをしているんだろうなぁ〜。

その口調もまた優しくて、
ほんわかした気分になりながら、門を出る。
そして、そのほんわかした気分は、
自宅へ帰るまでも、自宅に着いてからも、
その晩も、
しばらく余韻が続いていくー

だから、

お迎えに行くのも、楽しみのひとつでもあり〜(^-^)


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。



  
posted by イムニー at 12:49| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年05月22日

悪魔の笑い…?

夜の学校では、
リュックをそのまま持って移動するのをやめ、
小分けした手提げだけを持って
教室移動するように変更していただき、
そうしたら
結局、帰るー!と動かなくなることもなく
あれから
早めのお迎えは、なくなりました。

ちなみに
以前から
4限もの授業が負担にならないように
先生方は、色々考えてくださっています。

校内の散歩や別室での音楽など
ゆる〜い時間も用意してくださり、
かなり自由に過ごさせてもらっています。


それでも、さすがのちぃも
週末頃には疲れて、ちょっと怒りっぽくなるようです。

だから、週末は、家では朝寝坊をさせています。
10時とか11時頃まで寝ていることもあり。
(でも、1日中、家でゆっくり過ごすということはないので、
少なくとも買い物へは行きますが。)
でも、それでもまだ足りないのか?
晩も11時とか11時半とか早めに寝てくれたりして、
やっぱり疲れてるんやなぁ〜
さすがのちぃも、そりゃ疲れるわなぁ〜
なんて思いながら、寝顔がかわいい〜と見つめるのだけど。
(天使に見えるさぁ〜。)

結局、
その翌日などには、
しっかり元気いっぱいになり
おかげで朝まで平気で起きてたりして・・・(>_<)

うう・・・
確かにオールナイトで遊ぶようなお年頃〜

ハァ〜〜
でも、その生活リズムには、
もう母はついていけません!
翌日も、12時回っても元気に起きてたりしたら、
睡眠不足の母には、たまらなくこたえます(;_;)

ただ、
小学校中学年頃までだったか、
朝まで何時間もの夜泣きが、ほとんど毎日のように続いてたりして
睡眠不足のまま仕事に出かけていたことを思うと
音楽流して、ニコニコ踊っているちぃの姿は
ホッとしたりもする・・・かな?
なんかね、力が抜けていく〜〜

やっぱり、
笑顔は、どんな時も嬉しいなぁ〜〜。
悪魔の笑いに聞こえることはあるけど・・・(笑)

posted by イムニー at 13:35| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年06月10日

定時制高校の体育祭

金曜日は、ちぃの高校の体育祭でした。
昼間の学校では、
張り切ってお弁当を作って持たせることが多いけれど、
この日は、保護者の給食試食会も一緒になっていて・・・

お弁当を作ることもなく
普段、ちぃがおいしそうに食べている給食を
母も頂いてきました〜(^-^)
130607_181040.jpg
ご飯は、希望すれば、いくらでも大盛りにしてもらえますぅ〜(^-^)

赤団、青団、黄団の手作りのうちわと景品です〜
130607_183241.jpg
1000m走の一等賞は、米5キロでした〜。
50m走の一等賞は、カレーセットということで、
両方1等を取れば、カレーライスが食べれるそうです(笑)

高校生に米?
いえ、結構喜ばれているようです(^-^)

夕方は、グラウンドの様子もよく見えますが
130607_184046.jpg

日が沈むと、真っ暗になるので、
照明は、あらかじめたくさん用意してくださっています。
130607_192519.jpg

もちろん、テントの中にも・・・。
130607_194424.jpg

今年もちぃは、パン食い競争に出ました〜
パン食い競争といっても、
最初に風船を割って、網をくぐって、と
障害物競走になっています。

風船は、担任の先生が代わりに割ってくれて、
網をくぐるときは、網担当の生徒ら(生徒会の人達かなぁ〜?)が
ちぃが走ってきたら、大きく上に持ち上げてくれていました(笑)

今年1年生で入った障害のあるお友達の時も同じでした〜。

今年は、パパは見に行かなかったけど、
1年生のそのお母さんとずっとおしゃべりして見学させてもらい
知り合いがいるということで、これまた楽しかったです。

昼間の高校程の派手さはないのだけど、
ナイターの体育祭って、
なかなか経験できることじゃないので、
今年も、ちぃは、しっかり楽しんでいたようです。

玉入れの時も、大縄跳びの時も、横で、揺れながら応援していました。
玉入れの玉は、持たせてもらっても、なかなか高いところへ
投げるということができないのでした。
それでも、本人なりに楽しみ、
参加賞のジュースをもらって、
ニコニコで帰ってきました。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)
 
  


  
posted by イムニー at 13:43| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年06月21日

本人にとってどうか?

今朝も、4時頃まで起きていたちぃ。
あ〜ねむい〜〜(。-_-。)
ちぃ自身は、全然元気に事業所へ行き、
学校へも行きました〜
今日は、調理実習で、ピザとデザートとか作るそうです。


さて。
昨日は、ちぃの個人懇談でした〜

去年から比べて、色々とできることが増えた〜
と言っていただいた。

毎日、給食のあとに自販機でジュースとかを買っているけど、
それもまた、学習になっている(笑)
お金を入れて、ジュースを買う、
おつりも取り出すとこまで、できるようになってきた。
財布の中には1円玉も入ってて、
1円玉を掴んでしまったらしい時も、それは使えないことを知っていて、
財布にもどした?らしい。
お金の区別ができるようになってきた〜。

で、各教科の先生方が個々悩みながらも学習の仕方を考えてくださってるらしく、
数を教えてくれていたり、
言葉を一つでも多く覚えれるといいな、
と単語(日本語だよ)を教えてくれていたり、
一般の教室では静かに座って授業を受ける、
というのを目標にして取り組んでもらっているのだけど
とにかく、本人にとってどうか?ということをたくさん考えてくださっていた。

先生方は、
『本人にとってどうか?』と考えることは
別に褒めてもらうようなことじゃなくて、当たり前のことです、
とおっしゃってはりましたが…。

実は、本人にとってどうか?というのは、ごく当たり前のことのはずだけど、
それが、今の一般の学校では、なかなかできなくなっているのを
ここ何年間か、感じてきた。

結局ね、学力を身につけること優先になってるからなのもあると思うー。
その上、先生らも評価され、
しかも、その評価の仕方が数値化されたものであるなら、
目に見えるデータの方に、意識がいってしまう〜

やがて、しんどい子のことを考えたり、
この子にとって身につけるべきことの優先順位は何か?と考えたり、
この子のステキなところは何か?を見つけたり
生徒同士が
一緒にがんばったり、
励まし合ったり、思いやったり、
誰かが誰かを傷つけた時にも
一緒に考えたり、
どうやって向き合ったらいいか?と悩んだり、
と、そういうデータ化できないことには
どんどん意識を向けることを忘れてしまい
そんな余裕がなくなっているような…

人が減らされ、やることばっかり増えていけば
あれこれ考える時間だって、奪われているだろうし。
 

だから、
本人にとって、と個別で考えるよりも、
どの子も一緒くたに、ひとまとめにして考える方がてっとり早くて
そのせいで、そこからこぼれていく子ども達が
みるみる増えていってるのかもしれない。
 
学力も、もちろん大事〜
でも、そこを優先するよりも、まずは、『この子にとってどうか?』
一人一人が当たり前に大切にされることが
大前提であってほしいんだけどなぁ〜〜


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)

 
posted by イムニー at 18:09| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年06月22日

調理実習

昨日の記事の後半部分に書いていたのは、
実は、最近、いろんなお友達から
学校へ行くのがしんどくなって…の話を聞いたから、というのもあります。

支援学校でも、例外ではなく。

学校へ行かない選択があってもいいじゃないか?!
という意見を聞いたこともあります。
でもねー、
不登校になっている子たちのほとんどの子は、
みんな、本当は学校に行きたいんです。
友達が欲しいんです。
自分の安心できる居場所が欲しいのよね。

中学時代、学校に行けなかった人が
ちぃのいる学校で、毎日元気に通っている姿を見るのは
ホントに嬉しいし、先生方に感謝です!

でも、同じようなこと、
本来なら、中学でも出来るはずなのになぁ〜
夜ではなく、ホントは昼間に学校へ通いたい人もたくさんいるだろうし。
今もしんどくて、学校に行けずに、
家の中でもがいている親子もいるんだと思うと、
やっぱり残念なんよねぇ〜〜(;_;)


さて、昨日、ちぃのクラスは調理実習でした〜
ピザは、ディズニーランドでも、そんなに食べないちぃ。
けど、毎日、残さずに給食を食べているちぃだから、
自分たちで作ったピザは喜んで食べるかなぁ〜?
と思っていたけど…
すでに夕飯を終えていたので、
そんなにお腹すいてなかったのかして、持って帰ってきてくれました〜
スープまで(^O^)
IMGP3164.jpg

でも、デザートは、食べてきたのじゃないんかなぁ〜?
あ、上のフルーツだけ食べたのかぁ〜。めずらし…
家庭科の先生も、ほんっとに優しい方なんですよねぇ〜(*^_^*)
いつもちぃのこと、大切にしていただき、ありがとうございます。


よかったら、以下バナーに応援クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(*^_^*)

  
posted by イムニー at 09:28| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年08月03日

部活動

昨年の夏は、昼間の活動も安定してなかったり
家で、ずっと過ごしている期間があったり、
夜間の高校も、当然ながら7月と8月はお休み。

ということで、
夏休みの間、クラブ活動でもあれば・・・
かといって、ちぃが活動できそうもないかなぁ〜?
等と思案しつつ、
夏休みに練習があるなら、
軽音楽部へ見学にでも行かせていただけないか?
と担任の先生へ相談してみました。

で、顧問の先生に話してくださり、
その後、練習日を記したプリントをいただきました。
そこには、
「ちぃちゃん、いつでもウエルカムです。」
等と、記してくださっていて、
しかも、あとから付け足したように
「部員一同より」
と記してくださっていました。

わかるかな?
このお心遣い。

先生方だけじゃなく、
部員たちも、ウエルカムだから、と
わざわざ伝えてくださってるんですよね。
もちろん、実際に部員の人たちに聞いてくださったかどうかも
わかりませんが。

行っても歓迎されないかな?
とか、
迷惑がられるだけかな?
とか、
そんな心配せずに来ていただいて構いませんよ、
と、こちらの胸の内をスっと(おそらく無意識で)察して、
わざわざ思いやりある書き方をしてくださっていたんです。

入学させていただいた時から、
先生方のこういう相手の気持ちを察して
細やかに心遣いされている姿勢、
相手の気持ちを大切にされる姿勢に
ずっと感激させていただいていました。
一つ一つの事例は些細なことかも?ですが、
これが、高校生活の中に、毎日積み重なっていくんです。

それは、ほとんどの先生方がそうなんです。

そして、これこそが本当の教育だなぁ〜。
いや、子育てにも通じるよなぁ〜。
人を育てるってことは、まず相手を大切に思うことなんだろうなぁ〜。
そんなことを改めて考えさせられてきました。

先生方は、
その上で、ちぃが、ドラムの大きな音にびっくりしないだろうか?
と、とても心配してくださっていました。

もちろん、母は、ちぃが生の演奏が大好きなことを知っているので、
昨年、初めて練習しているお部屋へ入った時、
想像していた通りのちぃの姿が、そこにありました。
(但し、バラバラな音がうるさく交じり合ってるのは苦手だけど。)
ちぃは、ドラムのリズムに合わせて、
ガンガン体を揺すって踊っていました。
先生方は、安堵してくださっていました。

昨夜は、この夏、二度目の乱入。
一時間ほど、ちぃはガンガン踊って、
皆にお礼を言って、ニコニコで帰りました。
お付き合いくださる担任の先生にも
いつも感謝です。

その日、朝4時からお目覚めだっただけに
晩は、よく寝ました。
posted by イムニー at 10:33| Comment(4) | 定時制高校でのエピソード

2013年08月12日

連携がありがたい

そして、
高校の担任の先生は、
ちぃの昼間の様子を見学に
夏休みに入ってから、事業所さんへ見学に来てくださいました。

事業所さんも、最初、高校へ見学に来て下さり
そして、学校の方も、事業所へ見学に来て下さり
互いに連携をとってくださること、
本当にありがたいことです。

教育と福祉、よく行政は縦割りだから、と
なかなかうまく連携取ることが難しいのですが、
そういえば、市の方も、
障害児の放課後の居場所づくりについてを
障害福祉室と子育て支援室と教育委員会の社会教育部とで
話し合ってくださっていたことがありました。

障害のある子(に限らないのだけど)にとって
福祉と教育は切っても切り離せない。
ちぃが入学してからは、
先生方へは
送りの福祉タクシーの事業所さんも紹介させてもらったし
お迎えの移送サービスの事業所さんも紹介させてもらい、
通学ガイドについては、
一緒に相談員さんと話もしてくださいました。
事務的なことでも、色々お手間をかけました。

結果的には、
ちぃのお世話になっている事業所さん同士が連携とっている以上に
学校が一番、その中心となって
福祉事業所さんとの連携が必要なんですよね。
小学生の頃は、子育て支援のサポーターさんとも
連携が必要でした。
そういう意味で、学校の役割って、本当に大きいな、と思います。
ちぃにとっては、障害福祉が大きく占めているけれど、
おそらく、生徒さんによっては、
或いはその家庭によっては、
様々な専門機関との連携が必要になってくるのが学校なんでしょう。

そういう意味でも、
先生方の仕事の膨大さも感じます。
保護者が目に見えている部分は、ほんの一部分なのだと思います。
そこが、なかなか理解されにくくて、
学校や先生方は、一層ご苦労されているのかもしれません。
posted by イムニー at 11:31| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年09月06日

2学期始まりましたが…

9月に入り、ちぃの高校もスタートしました。

初日は、すっごく蒸し蒸ししてて、
給食の前のトイレで(トイレはより一層暑い)
ご機嫌斜めになり、食堂へ着く頃に怒り出してしまいました(汗)

軽くパニックになり、
結局、涼しい保健室へ移動して、
給食は、そこで食べさせていただくことになり・・・(苦笑)

「今日は、久々で、初日やからしゃーない。」
「また、すぐに慣れるわ。」
「ちぃちゃんの順応性は、すごいもんねー。」
などと、周りの先生や介助員のお姉さんたちに優しく言ってもらいながら、
ちぃは、悠々と涼しいところで、給食を食べ終え、
そして、その後、手をあらうように施したら、
保健室にあるタライを使って遊ぼうとしておりました(苦笑)

そして、昨日は、
2限目から、お腹の調子が悪かったらしく、
トイレに連れていくと、
お腹を押さえて、ウンウン唸ってたとか?
ちぃは、少々痛くても、痛い場所を押さえることがあまりなく、
押さえるというときは、とーっても痛い時のはず。

それで、またもや保健室で過ごしてたらしい。
お腹をあっためてもらってたらしく。
でも、熱もなく、
迎えに行くと、まあ、そこそこ元気に・・・。

帰ってきてからは、結局、いつもと変化なく、
お風呂に入ったあとは、もちろんかき氷を食べ、
その後に、再度、お風呂へも入り、
寝室へ行っては、音楽を流して踊って、
また、脱走して、リビングへ行ったり来たりの
相変わらずでして・・・

今週は、学校が始まったというのに、
やっぱり、毎晩2時や3時頃まで平気で起きていて
つきあうこっちが寝不足でしたが、
(ちぃは、それでも8時半まで寝てるから、いいのよー)
昨夜は、もうね、ちぃをリビングへ残して
母は寝てしまいましたー。
キッチンには鍵かけてあるんだけどね。
お風呂にも入ってなかったようで、よかった、よかった(笑)
posted by イムニー at 13:27| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年12月08日

調理実習のおすそ分けを…

先週は、2回調理実習がありました。
1回目は、スポンジを焼いたところまで。
2回目で、ブッシュドノエルを完成させたそうです。

玉子を割るのが大好きなちぃ。

家でも片手で割ることがあり、
たいてい玉子の殻の破片が、割り入れた器の中にはいってしまいます。
だから、
「ちぃちゃん、両手で割ってね。」
といつも言ってるんです。

それが、
学校での調理実習の時にも、
またまた片手で割ったとか。

それで、ほかの人たちから、
「ちぃちゃん、片手割りなんて、すごーい!」
と、びっくりされてたそうで。
介助員さんらが教えてくれました。

しかも、破片が入ってなかったそうで・・・。
へーー。

にしても、学校でブッシュドノエル作りなんて
いいなーー。

どんなんができたのか?
見たーい!見てみたい!とか言ってたところ、
母もいただいてしまいました。(嬉)

KIMG1526.jpg

おいしかった〜
ありがとうございました(^-^)

posted by イムニー at 09:23| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2013年12月27日

クリスマスの給食には…

24日は終業式だった。

でも、定時制高校は給食があります。
(食べているのは希望者だけですが。)

当日のメインメニューはクリームシチュー。
給食なので、ゴージャスでもないけれど、
お鍋で温めたものをよそってくれるので、おいしそうです。
昔は、調理室で作っていたそうですが、
今は、業者さんが作ったものを運んできてくれます。

それでも、冬は、あったかいメニューを多くしてくれたり、
ご飯は発泡スチロールに入れてもってきてくれるので
割とあたたかいです。

そして、季節の行事に合わせてデザートなども。
その日はクリスマスケーキが。
1525594_443041159155390_1424313161_n.jpg

カステラみたいなのかな?と思ったら、
中身は、かわいらしい苺クリームが上だけではなく間にも挟んでありました。
1484247_443041185822054_622162776_n.jpg

ちぃが先にケーキを欲しがっていたので、
慌てて、シャッターを切りました(笑)
やっぱりデザートは食事のあとに〜〜
posted by イムニー at 09:32| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2014年03月03日

春は目の前〜&単位取得について〜

庭の小梅の花が満開になっています。
KIMG240801.jpg

去年は、赤紫蘇やショウガも
パパが庭で作ってくれたので、
それらを一緒に漬けて、おいしい梅干しになりました。
KIMG2411.jpg


ちぃの学校は、先週でテスト期間を終えました。
テスト期間中は、ほとんど1時限だけなので、
送迎する時間考えると、私の方は、なんとも落ち着きません。
それでも、ちぃにとっては、事業所からまっすぐ家に帰ってくるよりも
楽しいみたいです。

テスト期間、ちぃはテストを受けていません。
1年生の最初の頃に、先生方が話し合ってくださり、
ちぃには、一般の生徒と同じテストは設けない。
教科ごとに、担当の先生の判断で、
必要ならば、ちぃ単独に別課題のテストを考えてくださるということとなりました。
今は、別室で、テストではなく別課題をして過ごしています。

単位については、ちぃに限らず、どの生徒に対しても、
半分以上の出席で、5段階評価の「2」の成績がもらえます。
テストの成績や、その他の要素によって、さらに成績に加点されていくという仕組み。
でも、成績に「2」がつけば、その教科の単位は取得できます。
なので、出席日数をクリアしているちぃは、少なくとも単位が取得できます。

ちぃにとっては、出席することは簡単なことですが、
他の多くの生徒たちにとっては、それこそが難しいことのようです。
誰だって、仕事帰りに英会話教室とかスポーツジムなどへ
《毎日》通うことは大変だもんね。
まして45分×4時限もの授業〜
もちろん、昼間働いている人ばかりでもないのだけど…


で、今日からはテスト休みで、あとは終業式に登校すると春休みです。
3名おられる介助員さんのお一人(学生さん)は、
この春から他県の支援学校で先生をされるそうです。
きっとステキな先生になられると思います。
ちょっぴり寂しいけれど、もちろん応援しています。

少しの不安とたくさんの希望や期待を持っての旅立ちかな?
春は、それぞれの人の心の中に、様々な思いが交錯しますよね。
 
  
posted by イムニー at 11:16| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2014年03月24日

それは普通のことだから

ちぃの終業式は14日でした。
それから随分日が過ぎてしまったけど…

通知票には、「2」だけじゃなく、「3」も記してくださり・・・
そして、記述式のも・・・

終業式の後に、二人の担任の先生が懇談してくださいました。

通知票を見せていただき、
「どうですか?」
と聞かれたので、
そこには、各教科共に、
ちぃが「できたこと」をびっしり記してくださっていたので、
「わー、大変なのに、ありがとうございます。」
と伝えると、

「いえ、そんな大変じゃないですよ。」
と言ってくださる先生。

あのね、
もうそれだけで、泣きそうになるわ。

そして、
入学してから、
ちぃの自傷がグンと減ってきたことがありがたくて、
学校だけではなく、昼間の事業所さんもそうだけど、
ちぃの周りの先生やスタッフの方々が、
みーんな、ちぃの気持ちに寄り添って
ちぃに接してくれているせいが大きいことを伝えると、

「まあ、それは本人の力が大きいと思いますよ。」
と言われるので、
具体的に、こんな風に接してくれていてありがたいんだ、と
つまり、一人の人として向き合ってくださること、
しかも、とても丁寧に向き合ってくださっていることがありがたいと
伝えると

「いえ、それはフツーのことですから。」
と、(そんな当たり前のこと言わなくても〜的に)言われる先生に、
なんだかとっても嬉しかった。
posted by イムニー at 12:31| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2014年04月14日

新学期がスタートしました(^_^)

すっかりご無沙汰しています。

実は、このさくらネットのブログの投稿が
最近うまくいきません。
何度も投稿途中で、記事が消えてしまい…(T_T)

まぁ、長い春休みは、
夜が長いのに、ちぃにPC向かうと怒られるので
更新なかなかできないでいました。
(ちぃのいない昼間は、遊びに行ったりしてるので〜(^_^;))

そんなちぃの新学期は、先週から始まりました。

ちぃ担当の先生は、今年も馴染みの先生が担当してくださいます。
でも、教科でお世話になった先生方の多くが異動になってしまい、
先生方に、これまでのお礼を言えなかったことが
とっても残念に思っています。

もしも、このブログを覗いてくださっている方がおられたら…

今まで、本当にありがとうございました!
先生方が、ちぃの気持ちをよく考えて下さったおかげで
ちぃにとって、とっても過ごしやすい学校生活でした。
いつも可愛がってくださり、ありがとうございました。

教頭先生にもご挨拶できませんでした。
(昨年退職された入学時の校長先生もそうだったんですが。)
一年下で入学されたお友達の子は、
初対面の人に、なかなか心許すことなかったのに、
教頭先生と会った時に、先生の手を自分から握り締めたとか。
前の校長先生もですが、優しいお人柄がにじみ出ていました。

どなたもご挨拶できませんでしたが、
心から感謝しています。
ありがとうございました(^_^)

ちょっぴり寂しいスタートですが、
新しい出会いにワクワクもしています。

今年の遠足は、神戸だそうです。
今日から、ちぃが楽しみにしている給食も始まります!
残り半分の学校生活が、益々充実していきますように〜(*^_^*)
  
posted by イムニー at 12:10| Comment(2) | 定時制高校でのエピソード

2014年06月22日

丸焼けになって、おいしそう〜(汗)

すっかりご無沙汰しておりますが、
3年目の高校生活も、楽しく過ごしています

遠足や体育祭は終え、ナイターでのプールの授業も
先週からスタートしています。

ちぃは、4時間ある授業の全てを、きちんと教室で過ごしているわけじゃなく、
大きな声を出すとき、調子の悪い時なんかは、
別室へ行ったり、校内を軽く散歩したり、保健室へ避難(?)したり、
それから、よく行くのが、藤棚の下です。

藤棚の下は涼しいけれど、そろそろ蚊が出てきて、虫刺されもします。
アトピー用に、お医者さんに処方してもらったお薬や
或いは、保湿用にホホバオイルを持たせているので、
虫よけスプレーも、肌に負担がかからないように手作りしてみました(^_^)
10458595_534601326666039_2068025532034620304_n.jpg

最近、お友達の影響も受けて、
入浴剤以外に、アロマを利用することが多くなってきています。
化粧水の作り方も教わり、今、使っています。
(それが、ビックリするほど気持ちいい〜)

で、庭に、ミントの葉が茂ってきては、いつも草抜きに追われる程なので
今年は、その葉を利用しての虫よけスプレーです

たまたま入浴剤作りに購入してた精油が柑橘系の香りで
その一つのレモングラスも虫除けになるそうなので
ミントの葉以外に、レモングラスの精油も入れてあります

それで、金曜日に学校へ迎えに行くと、
その日は、火災が起きた場合の避難訓練があったそうで。
でも、ちぃは、避難訓練に参加できなかったらしく。
それで二人の介助員さんから
(まだ20代の若い二人が交代で介助員をしてくれています。)

「あ〜あ。ちぃちゃん、ハーブとレモンの香りするし、
おいしく焼けたなぁ〜
「ちぃちゃん、おいしそう〜。
などと言っては、笑ってられました。

そうです!
ちぃは、避難できなくて、逃げ遅れ、丸焼けになったという設定です(笑)

最近、ちぃにも、手作り化粧水も試しています。
これが、ちぃには、なかなかの保湿効果持続となり、よい感じです。

晩には、お友達の作ってくれた安眠できるための
ルームフレッシュナーを使ってみたり・・・。

毎日、ちぃは、いい香りに包まれています。
というわけで、いつもおいしそうなちぃです(^_^)

posted by イムニー at 15:55| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2015年02月20日

悲しい理由

先日のこと。

学校へ行って、トイレへ行って
そして、給食を食べに食堂へ。

給食のおばちゃん(お姉ちゃん?)が
新しい方を紹介してくださった。

「4月から、この方が来られますので〜」

私がちょっとビックリして

「えーっ?!」
「そうなんですかぁ〜。(今までの方へ)
よろしくお願いします。(4月からの方へ)」

とお返事した。

ちぃは、お膳にご飯をよそってもらいながら、
その会話を聞いていた。
そして、その直後に怒り出した。。。

お膳をテーブルに運んで、
席についてからも。
時に悲しそうに泣き出したり…。

「え?」
「さみしいの?」
「会えなくなると、悲しいの?」

そう言いながら、なだめてもダメで…


それから、

「ん?」
「ひょっとして、給食がなくなると思ったん?」
「大丈夫よ。新しい人が来てくれるんやから。」
「ずっと給食は食べれるよ。」

そう言いながら、なだめると、
ニコニコになっていった・・・


なんや・・・マジか?!

片言の単語や、その場の雰囲気で
なんとなく言うてることを読み取るちぃ。
私が最初に驚いたことで、ちぃもビックリしたみたい・・・


ただし、
ちがうかもしれない。
決め付けない、ということを
常に頭に入れておかないとね。


posted by イムニー at 00:44| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2015年06月04日

部活動はじめました!(^_^)

めちゃくちゃご無沙汰しています。

一度書きかけて、記事消えて〜〜(;_;)

で、ちぃは、4年生になって
華道部へ入部しました(^_^)

まともにはできませんけどね、そりゃあ〜。

でも、体験に行った時も
一応、花瓶にお花を差していました。

で、正式に入部してからの一度目。
お花の先生(外部の方)が
ちぃが扱いやすいようにと
オアシスを用意してくださっていたんです。
11208817_720577488068421_1887708971_n.jpg

なんとかなんとか…
11216117_720578381401665_817281458_n.jpg

ちぃにしては、上出来ですわ〜(^_^)
11208949_720578528068317_1771491916_n.jpg

お花を見て、
「あら、綺麗〜。」
とか感じてくれればいいなー(^_^)

posted by イムニー at 16:57| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード