2009年02月22日

今日から、書き始めます♪

今日から、


時々、


日々のできごとや、感じたことを
書いてみようと思います。


お父さんと私と娘の3人で
今日は、大阪天満宮へ行きました。

梅がきれいに咲いていました。
境内の横では、

梅酒の試飲大会みたいなこともしていて
500円で飲み放題とか?
あーん。。。

飲みたい!!ハートたち(複数ハート)
 

その横を泣く泣く通りぬけ、
3人で『すべらんうどん』を食べて
願かけをしてきました。
 

その理由は、後ほど〜
posted by イムニー at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年03月12日

クッキー作り♪

IMGP0693.jpg昨日、学校の調理室を担当の先生に貸してもらいました。
ちぃとちぃのヘルパーさんと一緒にクッキーを焼きました。
明日、卒業式なので、感謝の気持ちを込めて、
みんなにプレゼントプレゼントしようと思って・・・
 
みんな、喜んでくれるかなぁ〜?
 
全員に配れるように、とたっくさん焼きましたわーい(嬉しい顔)

ヘルパーさんもびっくりの大量のクッキーが焼けて、
私もちぃも大満足!!


 
今日は、最後の卒業式の練習だったそうで・・・
学校の連絡帳に
「卒業生の歌のエンディングに少し涙を流して
『オーオー』と大きな声で泣きました。
他の生徒も見ると涙が・・・」
 
去年のお兄ちゃんの卒業式のことが思い出されます。
中学生がここまで泣くの?というぐらい、
ほとんどの(?)生徒が、
そして、先生も泣いていました。
学校の規模が小さいので、
先輩を送り出す在校生も泣いていたりします。
 
昨日から、ちぃのつくった作品やら記念品、
友達からのメッセージや
陸上部の人達からのメッセージや記念品、
大量に持って帰って来ています。  
 
あ〜『卒業』なんだ、、、
と、さすがに実感してしまいました。
 
職員室のそばを通ると
いろんな先生から声をかけていただき、
本当にありがとうございます。
 
ちぃの卒業式と花粉症とで、
明日は、目が真っ赤っかになるな〜もうやだ〜(悲しい顔)

 
実は、クッキー作りの途中からは
結構さぼったりもしていた・・・(笑)
 
 IMGP0698.jpg
 
 


 

posted by イムニー at 21:36| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年03月27日

とうとうお薬・・・

ちぃは、いつ頃からだろうか?
小学生頃からかな?
時々自傷をするようになって、
それが、年齢と共にとても激しくなってきて・・・
 
ゴンゴンと顔を腕やひざ、床に激しく打ち付ける。
 
 そして、1年程前から
人に対してもゴンゴンとするようになって・・・
 
最近、車の運転中にも激しくすることが
度々あって・・・
車が大きく揺れるのは、もちろん、
車の窓ガラスも割れそうなほどすごくはげしい! 
 
とうとう車の運転に支障が出てきてしまった。
誰かを傷つけてもコワイし。
 
でも、お薬は、使わない方がいいとの意見を多く聞く。
一度使いはじめるとやめるのが困難にもなるだろう。
 
だから、使うか?使わないか?
というところから、今日はお医者さんに相談に行った。
今日のお医者さんは、いまひとつパッとしないので
よそへも行ってみようと思って帰ってきた。
 
待合室で、居合わせたおじさんが
「この子は、支援学校とか行ってるの?」と。
つまり、
「もし、ずっと家にいたら、お母さん、大変やろうな、と思って・・・」と。
「寄宿舎みたいなところやったら、楽できるんと違う?」 
「かわいそうに・・・」
「でも、家族の不幸をこの子が全部背負ってくれているんやから
大事にしなな。」とか。
 
もちろん親切心で言っていただいているのが、よくわかり、
こんな時こそ、他の人にも聞こえるように説明できてありがたい!
 
「いえいえ〜。この子は、全然不幸ではないんですよ。
かわいそうでもないです。
私達にとっては、この子は、とっても普通なんです。
できないことは多いけど、人として劣っているわけでもないです。
私達は、むしろ、この子をさずかって、よかったと思ってるんです。
大変なこともあるけど、一緒にいて、楽しいですよ〜。
ただ、もしかわいそうだとしたら、今の世の中、健常者中心に
できているということ。
それは、この子にとっては、すごく生き辛いんです。
この子だけではないです。
車椅子の人にとっても、階段や段差だらけだし、
他にもいろんな多様な人で成り立つ社会なのに
そんな人の存在を忘れられてしまいがちなことかな?」
 
そうかー、と理解してもらい(?)、
気持ちよく帰ってきました。
 
帰りの受付で、保育園時代のお友達とも久しぶりに出会い、
それもまたうれしかったです。
 
posted by イムニー at 23:55| Comment(2) | 街をTDRにしよう〜

2009年05月08日

ワクワク感♪

GWの期間、ずっと体調を崩していたおとうさん。
昨日、出勤したら、また寝込んでしまった。


朝、お父さんが家にいる。
ちぃは、学校休みと思い込む?!
(だれも、そんなこと教えてないのにぃ〜)


結局、制服に着替えさせようとしたら
いやがり、怒り出し・・・
やっぱりいつもの時間には家を出れないもうやだ〜(悲しい顔)


入学してから、お父さんが仕事を休んだのは2度目。
2度とも、バスに乗れなかった・・・(トホホ)


機嫌が落ち着いてから、
母の車でビュ〜ンと支援学校まで連れていった。


支援学校のバスも同じ頃、あちこちから
学校へ向かってやってくる。
この光景を見たのは、入学式と以前のマイカーでの送りとで3回目。


入学式の時から、その光景がなんか気に入ってる私ぴかぴか(新しい)


同じ形のバスが、同じ目的場所へ
あちこちから集まってくる。
なんかおもしろいような・・・???
楽しいような、うれしいような・・・???
なんだろう?
この気持ち。。。揺れるハート


わが子を含めた子ども達を乗せているから? 
どっかで同じような光景を見たような気もするけど・・・
とずっと思っていた。


そして、今日、とうとう思い出しましたグッド(上向き矢印)


はは〜〜ん。。。
私自身が、その光景を見て、なぜかワクワクしているんだ!
以前に見た光景というのは


  
 ディズニーリゾートへ行った時の朝晴れ!!


あちこちからホテルのシャトルバスが、
ディズニーランドとシーへ向かって集まってくる。
中には、ミッキーのバスも!


だから、私は、こんなにワクワクしてしまうのね
(アホかも?笑)

posted by イムニー at 19:01| Comment(2) | 街をTDRにしよう〜

2009年05月20日

インフルエンザ・・・

お兄ちゃんが一週間も
学校もクラブも休みだなんて
こんな絶好の機会を
以前の我が家なら、絶対に逃すわけがない!
 
あ〜〜ん。。。
ディズニーランドに行きたいよ〜〜
 
自宅待機って言われてたでしょう?!
って、もし誰かに叱られたって、
 
「だって〜〜。
関西にいたら心配だから、関東に行ったのよ〜」
なんて、言い逃れることもできるし。
 
もう1年以上も行ってないなんて・・・
25周年に、一度も行かなかったなんて・・・(大泣) 
 
ちぃも
「いつになったら、連れていってくれるのー?!」
って思ってるんだろうな〜
 
 
posted by イムニー at 23:53| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年06月02日

ホームルームで感じたこと

ここで、ホームルームの内容を記してもいいものか?
と思いつつ、差しさわりないだろうと思えることを・・・
 
車椅子の人がバスに乗ろうとしたら、
乗車拒否されたということ。
 
最初に来たバスは、スロープのないバスだから
仕方ないかと思ったそう。
 
でも、次に来たバスは、スロープのついたバス。
 
それでも乗車拒否。 
 
乗客の人も
「乗るんやったら、事前に予約しとかな!」と
言われたそうで・・・
 
バス会社は、あとで謝罪してくれたそうですが・・・
もちろん、予約なしでも、いつでも乗ってくれていいとのこと。
それは、スロープなしのバスでもよね?
 
それが『当たり前』なんだ、と
バス会社も『当たり前』とみとめていてくれるのは、
車椅子の方にとっては、まだまだ怒りかもしれないけど、
私は、ホッとしました。
 
『当たり前』のことを『当たり前』と認めてもらえてない現実は、
今の日本の社会にたくさんあるから〜
 
『おかしいやん?!』『ひどいよー!』って
叫んでも、あんた何を言ってんの?
と不思議がられてしまう現実もあるから・・・ 
 
乗客の人が
「そらー。予約してないあなたがいけないでしょ?」
と口に出して、車椅子の人に言ったこと。
その乗客の人にとっては、
とっても『当たり前』で常識的なことを
言ったつもりでいてはるんだと思います。 
口には出してなくても、
同じように思ってられた乗客の人も
いてはったと思うんです。
 
このこと、
言った側も思ってる側も
なんの悪気もないと思います。
 
でも、言われた側は、
すごい悔しいし、
すごい悲しいし、
すごい傷つく。
きっと、めちゃくちゃへこみます。
 
自分を乗せてくれなかったバスが
立ち去る時、どんな気持ちで
そのバスを見送ったろう?

バスに乗せてもらえなくて、

行きたい目的の場所に行くことができなくて。
どんなに悔しいことであるか・・・
 
車椅子の人だけが、
なぜ事前に予約しないといけないと思うの?
健常者であるあなたは、
予約して、バスに乗ってないでしょう?
 
健常者と同じ生活ができないというのが
社会のバリア。
そのバリアを、きっと私も一緒になって
作っているのだろうと思う。 
 
それでも、気がついたことは、
おかしいやん! 
と、どんどん発信していきたいと思う。
 
とりあえず、
バス停に、車椅子の人がいて、
たとえ、スロープじゃないバスが来たとしても、
手を貸してあげたいと思うし、
周りの人にも、温かく見守ってもらえるように
伝えていこうと思う。
 
 

posted by イムニー at 09:29| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年07月31日

ハンセン病・・・

今、「みんなで作る学校・とれぶりんか」では、
ハンセン病問題に取り組んでいる。

ハンセン病というと、
う〜ん・・・自分には関係ないわー
周りにも、そのことで困ってる人いないしー
ニュースでは知ってるけど、
身近には考えにくいなぁ〜
て風に、
思われることが多いんじゃないか?
って思う。

きっと、当事者の方にとれば、
そんな風にしか思われないこと、
関心もってもらえないことも

とてもつらいんじゃないかと思う。

障害者の問題は、
家族に障害者がいなくても
街に出たら、障害のある人に出会うし。


ニートやフリーター等、雇用問題なんて
身近に考える人は、多い。

女性問題やDVの問題も
女性にとっては、身近な問題として考えやすい。

部落問題・・・
小学校から、学習はしてきた。

在日外国人の問題・・・

 

他にも様々、人権についての課題や問題はあるし、
どれもこれも本当は、当事者にとっては
決して知らん顔されたくはない問題だらけだけど、
それでも、同じ社会で生活している。

家族や友達もいることと思う。


周りの人の意識は様々でも、

国が、「人」として認めてくれている。


ところが・・・

ハンセン病元患者の方は、
家族と引き離され、
親戚にも見放され・・・
友達も失い・・・

強制的に偽名を名乗らされ・・・

そして、隔離された世界で、

何年どころか何十年も過ごさなければいけなかった。
 
国が、「人」として認めてくれなかった。
 
それが、もし、あなただったら、どうした? 
 
「らい予防法」が廃止されたのは、
平成8年のこと。
それまで、ずーーっと隔離政策が続いていたんだ。
これって、つい最近のことよね?
 
さて、隔離政策が終わって、
ようやく国が、「人」として認めてくれた。
長い長い苦しみから解放された、と思ったら
今度は、私たち社会のフツーの人たちが
差別や偏見を持って、彼らを傷つけているんだよね。
 
だから、療養所の外で暮らすことに不安で、
療養所から退所できない人もいる、と聞いている。 
 
そういうこと、
無関心でいてはいけないのじゃないか?
って思うのです。 
 
posted by イムニー at 11:44| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年08月08日

子ども劇団

子ども劇団公演の『うつくしの森』を
見てきました。
 
実は、子ども劇団の観劇は、初めてです。
一部のシーンだけ、とかなら、
観たことは、あったのですが・・・
 
感動してウルウルしてしまいました。
子ども達の演技、とってもよかったです。
 
そして、内容も。
そして、音響や照明、演出も。
衣装やメイクも。
どれもとても工夫されていて、
単なる発表会的なものではなく(と書くのも失礼でした。)、
中味の濃いとても見ごたえのある質の高いものでした。
 
以前、神戸のライブハウスへ
クレッシェンド・タイム・ラバーらの
震災復興ライブを聴きに行った時は、
大人の方のとれぶ劇団の演劇を初めて観た。
 
電車のホームへの移動や電車の乗り降り、
車椅子の人からの目線で
演出されているところがあって、
こんなことが演劇で演出できるのだ、と
びっくりした。
客席の私達は、座席に座ったまま
車椅子の方の移動する様子を
疑似体験できたんです。
(客席にいながら、疑似体験できるなんてすごい・・・)
 
ちょうど、その頃、
TBSで『だいすき!』というドラマが
放映されていたときで、
1作目をみて、ゲロ吐きそうなぐらい
知的障害の人の演技に違和感を
感じたのだけど、
(だって、知的障害者を演じているのではなく、
3〜5歳ぐらいの幼児を大人が演じていたのだから。
あ、1作目だけで感じたことです。)
パン屋さんの仲間のひとり知的障害の人の演技も、
その周囲の人達の演技も、
フツーに人を演じていて、
ストーリー自体も、障害のあることを
特にクローズアップしているわけでなく、
ごく当たり前に障害のある人も
みんな(社会)の中にいる、というだけで、
やっぱり、フツーに人を演じていた。
 
その中での、『生きる希望』や『勇気』を
与えるストーリーは、
大人の役者の迫力ある演技で
やっぱり感動して涙があふれた。
 
12月には、その大人の劇団の再演がある。
子ども達が、こんなにステキなんだもん。
大人の方のもぜひ観にいかねば!と思った。
 

posted by イムニー at 23:44| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年08月09日

ガイドヘルプサービス

昨日、子ども劇団を観にいってる間、
ちぃは、ガイドヘルパーさんと、
買い物に行ったり、
同じ施設の中で、のんびりゆったり
過ごしておいてもらった。
 
おかげで、母は、
イベントのあとも、
お友達とお茶の時間を楽しむことができた。
 
このガイドヘルプサービスの制度、
知的障害の人にも利用できるようになったのは、
わが街からだったそう・・・
 
この制度は、私はすばらしい!と思ってる。
障害のある人のための制度。
本来は、私たち家族のための制度ではない。
だけど、家族にとってもありがたいし、
家族が、施設まで送迎しなければいけない、
というような負担をしないでもいい。
(送迎してもいい。)
本人は、外へ外へ、と出かけていくことができる。
出て行くのが大変で、
家にこもりがちにならなくて済む。
 
でも、
ガイドヘルパーさんがいるからといっても、
本人さんやヘルパーさんが困っている時は、
やっぱり助けてあげてね。
 
posted by イムニー at 22:26| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年08月22日

やっぱり夏のTDRは、無理か・・・

以前、年パスを持っていたときだけ、
夏休み、埼玉にいた兄の家に転がり込み、
一週間、ランドに行きまくっていた。
 
ちぃが、小学一年生になった年だから
ぐずっても、なんとか私が抱きかかえて
その場を移動することもできた。
 
埼玉からランドまでの行き帰りの電車移動は
ちょっと大変だったけど、ラッシュ時を避けて
移動していた。

(あー。前半はお父さんも一緒で、
後半は、お父さんだけ仕事に戻った。

だから、初めて新幹線で行ったときのこと)
 
パークへ行くと、日替わりで、
でぃずにーまにあのお友達がいて(笑)、
一緒に行動したりしてたから、
おにいちゃんも、楽しそうにしていた。
 
その後は、
年パスも持てず、
夏は、暑さで、ちぃが不機嫌になること多く
行くのは、避けていた。
 
そして、今回、
チップとデールのクールサービスのショーを
待ってる間、あまりの暑さに
とうとう怒り出してしまった。
 
キャストさんが
どうされましたか?
とかけよってきてくれる。
 
暑いのがしんどいちぃのために
アイスノンのようなものを持ってきてくれたり、
これは、そのまま食べれますから、
と氷を持ってきてくれたり。
 
そのうち、ショーが始まったけれど、
ちぃの自傷は、おさまらない。
結局、大騒ぎして、余計に熱くなって
まともにショーは観れなかった。
とりあえず、水はぶっかけてもらえたけど、
時すでに遅し・・・
ショーが終わり、
「清掃するので、退出してください。」 
の声に
みんながその場からいなくなっても
まだ、しばらく怒っていたちぃ。
 
結局、家族みんなずぶ濡れになっただけで、
センターオブジアースのそばで
観ていたときの方が楽しかった。
 
それでも、キャストさんが、
タオルをどうぞ〜
と差し出してくれたり、
「慌てて出なくてもいいですよ〜」
と声をかけてくれたり。
気持ちのいい対応は続く。
 
そんな優しい声かけのおかげで
嫌な気持ちにはならずに
ホッと気持ちがなごんだりするんだよね。
 
それが、私たち家族にとっての

TDRの一番の魅力・・・
posted by イムニー at 14:30| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年08月23日

やっぱりショーはいい!

暑いから、
ブロードウェイ・ミュージックシアター(室内)の
ショーは、はずせない。
というか、ビッグバンドビートというショーは、
ビッグバンドジャズの本格的な演奏とダンス
ディズニー好きじゃなくても、
満足すること間違いなし!
 
なんだけど、
なぜかお盆の時期、休演となっていた。
 
あら〜
予告なしに休演なんてこともあるんだなぁ〜。
うわさによると、出演者がインフルエンザにかかっただとか・・・
 
急遽、代わりに
「ショータイム・フレンズ」という
15分のミニショーが行われた。
 
これは、企業向けのショーだそうで
キャラクターがメインで出演します。 
以前、テレビのディズニーチャンネルで観た時
いいなぁ〜。観たいなぁ〜。
と思っていたので、
絶対観れないと思ってただけに
観れて、ラッキー♪
 
ちぃも、もちろん大喜びでした。
 
アトラクションでも、
アクアトピアにずぶぬれコースができていたので
やっぱり乗ってきました。
そして、
やっぱり本当にずぶぬれになりました。(笑)
 
晩のショーは、
アラビアンコーストで、夏祭りです。
盆踊りみたいな感じ。
 
日本の友人からハッピもプレゼントしてもらって、
王さま(?)は、大喜び!
ミッキーが、日本のなんとか節を
踊っているなんて・・・(笑)
 
夏しかやってないイベントだから、
我が家には無縁だと思っていたけど、
鑑賞できて(踊れて?)よかった。
 
これを観たあと、渋滞の中、
那須まで運転しないといけないので
大急ぎで(といっても、ちぃは、のんびり〜)、
ゲートへ向かった。
帰り際には、ブラビッシーモを
横目で見ながら・・・
 
夢の世界から現実にもどる前に
またまた那須高原だ〜〜
posted by イムニー at 01:34| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

TDRの間のお薬

結局、TDRでは、ひどい自傷にはならないだろうと
お薬は、飲ませてなかった。
 
おかげで、やはり暑い日中は、
ちょこちょこ怒ったり、
怒りかけたりされた。
 
きっと涼しい季節だったら、
全く怒らなかったとは思う。
 
でも、楽しめてよかった。
 
posted by イムニー at 01:46| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年09月10日

むっちゃ、ひとりごと・・・

いろんな人がいるけど、
いろんな人がいるから、いい!
 
怒りたい時は、怒ろう!
でも、できるだけ早く怒りは静めて、
やっぱり笑っていたいなぁ〜
 
憎むことは、むずかしくないけど、
憎んでる自分がイヤ!

だから、そんなことやめとこう〜
 
マイナスの言葉は、
相手を傷つけるだけじゃなく、
言った私も傷つく。
だから、できるだけプラスの言葉を使おう〜 

 
でも、傷つくのは、生きている証拠。
衝突するのは、向き合ってる証拠。
 
だから、
どんな人に対しても、
出会ったことに感謝できるといいなぁ〜
たとえ私のことを傷つけたり憎む人だったとしても・・・ 


気遣ってくれたり、心配してくれた友達、
どうもありがとう!

おかげで、今日も昨日も毎日が、
すばらしい日になりました。
本当に感謝! 
posted by イムニー at 23:59| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年09月21日

ありがとう!

先日、お父さんとちぃと私の3人で買い物に。
私が夕飯の買い物をしている間、
お父さんは、ちぃのめざす後をついて
アイスクリーム売り場へ。
 
私の方が先に買い物を終えるなんて・・・
あれれ?
ちぃは、アイス売り場までいったものの、
その前で踊って、アイスを取ろうとしない。
欲しいアイスがなかったのか???
確かにちぃの好きなアイス4種の内の
1種類は、なかったけど・・・
別にある中からとったらええやん!
 
やがて、座り込んで怒り出し・・・
でも、そう長くはなく、
機嫌がもどったようなので、そのままレジへ。
 
ところが、レジを通る頃に
いよいよ本格的に自傷が・・・
お父さんが力づくで身体を持ち上げようとしたけど、
とうとう座り込んでしまった・・・
(あー、こりゃ、ダメだ・・・涙)
 
買った商品を袋に詰めてる途中の若い女性が、

商品放っぽり出したまま、
「私も一緒に持ち上げましょうか?」
とかけよってきて話しかけてくださいました。
「あ。ありがとうございます。
もう、座り込んでしまったので、
3人がかりでもちょっと無理で・・・
しばらくしたら、落ち着くので、それまで待ちます。」
と私。
 
また、別のご老人が、
「私、安定剤持ってるんだけど、飲ませてみない?
そんなにきつくないから、大丈夫と思いますよ。」
と。
 
「あー。ありがとうございます。
飲ませるかどうかわからないけど、
いただいてもいいですか?」
と私。
 
やがて、ちぃの自傷はおさまり、
ニコニコしながら、エスカレータに乗れた。
その前にのっていた方が、にっこり振り返って
「ご機嫌もどったの?よかったね。」
と言ってくださり、 
「わぁー。ありがとうございます」
と私。 
 
やっぱり街へ出ると、大変なんだけど、
それ以上にあったかい気持ちになれるんだ〜
 
たくさんの知らない人に
心配してもらって、ちぃちゃん、しあわせやね。

posted by イムニー at 06:52| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年10月06日

鍋帽子をゲット〜♪

いいお天気の中、
4日、NPOフェスタが無事行われました。
 
ちぃは、ヘルパーさんと
ステージ前に貼りついて、
音楽聴きながら、いつものように踊っていました。
 
ちぃの大好きな
『とれぶりんか』音楽部のステージは、
午前中に・・・ 
 
鍋帽子を使った『エコクッキング』は、
11時〜開始。
ということは、できればそれまでに
購入に行きたいところ。
 
ちぃに自分で買いに行ってもらおう〜
と思ってたけど、この様子では、無理そう・・・(汗)
 
でも、チョコバナナ屋さんには
たくさんのお仲間が、
お手伝いしに来てくれたので(感謝!)、
私は、売り場を離れてエコクッキング会場へ。
 
代表の方がいなかったけど、
みんなに話をしてくださっていたようで
私の名前を言うと、
たくさんの鍋帽子を出してくださり、
その中から選ばせてくれました。]


まん丸で、かわいくて、ふわふわで、
きっとちぃも喜ぶ!

 
それに、
「これ、肌触りがいいんじゃない?」
って・・・。
皆さん、とっても親切で・・・

思わずふたつも譲ってもらっちゃいました。 
(欲しかったのに、買えなかった人がいたら
ごめんなさ〜い。)
 
手に提げなから、市民会館を出ると、
さっきお会いした市長さんから
「あれ?それは・・・」
「鍋帽子ですよ〜。」と私。
 
そのすぐあとに
見知らぬご婦人からも声をかけられ・・・
「あら?それ・・・」 
「ひょっとして、電話でお話させていただいた方ですよね?
すいません、二つも譲っていただいてしまって・・・
ほんとにありがとうございます。
とってもうれしい〜♪」
 
ご婦人からは、
「いえいえ〜
私もお電話いただいたあと、胸がいっぱいになって・・・
こちらこそ、とってもうれしくて。」
と。
 
ご婦人のその言葉が、
またまた、ものすご〜〜くうれしくて。
 
実は、その後、
家に帰ってからも、その言葉がうれしくて。うれしくて。
 
それに、フェスタをみんなで楽しく過ごさせてもらって
他のみんなにもたくさんお世話になって・・・。
 
とってもいい一日になったのでした。 
 
IMGP1013.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ↑上から写したら、こんな風・・・
 
 ↓ 裏返すと・・・
  そして、鍋敷きまでついてて、
  これまたまん丸でかわいい♪
 
IMGP1014.jpg
 
早速、ちぃにひとつを渡してみると・・・ 
 
ちぃも、さわったり抱っこしたり・・・
でも、前のボロボロのもはなさない。
前のを取り上げると、
慌てて、今回の鍋帽子をポイッと捨ててしまう。
 
しばらく馴染むまでは、すこ〜し時間はかかるんだろうね。
古い鍋帽子と新しい鍋帽子をしばらくは併用しよう〜。
(って、鍋帽子なくては、生きていけないのだろうか・・・???) 
 

posted by イムニー at 17:12| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

いこいのミニライブ♪

昨日は、福祉会館へお友達が出演するという
「いこいのミニライブ」へ行ってきました。
 
元々歌手デビューして、
テレビやラジオ出演なども経験している
YOKOさん! 
 
私がであった頃は、確かトールペイントに
凝っていたと思うけど・・・(笑)
 
そのすぐ後から、ネットシンガーとして
ものすごくたくさんの歌を歌っていた。
企業などのイメージソングや応援ソングなど、
今もネット配信されています。
 
その彼女が、
最近、ついにライブ活動なども再開。 
大学生と高校生のお子さんのいるママが
ライブ活動しているなんて
なんだかすっごく格好イイ!って思う。
 
一緒にライブへ行ったお友達も
「夢を追いかけて、がんばってる姿って、
いいね〜。応援したくなるね。」と。
 
うんうん。
いくつになっても、夢を追って
がんばってる姿は、
誰よりも輝いていると思う。 
 
その上、
彼女の歌を聴いて
私は、感動して、ウルウル・・・
 
「私には、無理!」
「もう、この年からは・・・」
 
なんて、言ってたら、
人生楽しめないモンね! 
 
帰りに一緒にランチへ行こう〜と
会館をあとにすると、
『土曜はダメよ!』の撮影中という『小枝』さんに出くわし、
やっぱり彼女から、小枝さんにからみ
そして、からまれ・・・
カメラの前で歌声まで披露して・・・(笑) 
 
彼女のテンションは、
いつもすごい!(笑)
見た目、年齢感じないキュートで
きれいなお姉さん風の彼女。
でも、その外観と中味とのギャップは、
おもしろすぎ〜〜
それも彼女の魅力のひとつ。
 
そんなこんなで、
またまた楽しい1日でした。
ご一緒にランチした初対面の
YOKOさんのお友達も
とってもステキな方々でした!
 
  ☆  ☆  ☆  ☆ 
 
YOKOさんの次回のライブは、以下です(^_^)

☆The Lively Cafe
〜陽気なライブ〜
(ラフィネ 3周年記念イベント)


※日時:11月15日(日)  
時間は後日お知らせ
(観覧無料 雨天中止もしくは延期)


※開催会場
カフェ・ド・ラフィネ前 野外広場。
枚方市車塚2-1-1 
枚方市立中央図書館地下1階
TEL 072-850-0510


京阪本線牧野駅より徒歩15分
京阪本線枚方市駅より

北片鉾行き等に乗り、
片鉾・中央図書館バス停下車すぐ
posted by イムニー at 18:10| Comment(2) | 街をTDRにしよう〜

2009年10月08日

鍋帽子、その後・・・

今日は、予想通り、ちぃの支援学校は、
台風の影響で、休校・・・
 
おにいちゃんとこは、
3時限目から授業開始だったのに・・・
 
私も、仕方なく仕事を休むハメに・・・
 
できれば、
ちぃと有意義に過ごそうと思ったけど、
結局、家の中を片付けるだけで、
精一杯だった(汗)
 
なんせ、10片付けてる間に、
5は散らかるわけだから〜
 
さて、ちぃは、もちろん
昼間っから、お風呂に入ったり、
MDを自分でつけて、音楽に合わせて踊ったり、
透明パックをビリビリ破って過ごしていたのでした。
 
新しい鍋帽子は、
時々、抱っこしたり、枕にしたり、
ひざにかぶせたりして、
なかなか気に入ってる。
もちろん、古いボロボロの鍋帽子も
横に置いて離さない・・・ 
 
posted by イムニー at 21:55| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年10月20日

亀井さんの発言を聞いて、ぼやき・・・

もう1週間以上前になるけど、
亀井大臣が日本経団連の御手洗会長に、
「日本で家族間の殺人事件が増えているのは
(大企業が)日本型経営を捨てて、
人間を人間として扱わなくなったからだ」と
その責任を感じるべきだ!と言ったこと、
ずっと頭から離れない。
 
ちょっと過激すぎると思いつつも、
それって、確実な根拠がないやん!
と思いつつも、
いわんとしていることは、
よく理解できるし、

『その責任を感じるべきだ!』と言ったこと、

かなり賛同できるぞ,と思った。
 
別に亀井さんのことを
支持しているわけでもなんでもないけど、
もっとガンガン言って!
と思ってしまった。 
 
御手洗会長は、いうなれば
派遣法を企業よりの法律に作らせ、
自分の会社では、偽装請負までさせ
そして、今は、多くの期間労働者を路頭に迷わせ、
日本の大企業の頂点に立っている人物。
 
民間企業が利益を求めるのは当たり前のこと。
会社としてはね・・・
でもね、経営者が、そのために
従業員を不幸にするなんてあかんやろう? 
自分とこの従業員じゃなくても、
今まで取引してきた小さな会社を
追い込んでしまってはあかんやろう?

さんざん働かせておいて、
自分だけ、利益を得ようとするなんて・・・

泣いてる人がいて、困ってる人がいて、
その原因は自分にもあるのに、
その横で自分だけ笑ってられるって、
それで、喜んでられる神経って、
一体なんなん?
それが、競争で勝つ!ということ?
そんなのおかしいよ〜
それで、ほんとに幸せを感じられる?
 
私が以前、パートで勤めていた会社でも、
私の知らぬ間に、「個人請負」にされていた。
きちんと『雇用契約書』をかわしていたにも関わらず・・・
あとから働いてたパートさんたちが
雇用契約書をもらってなかったから、
おかしいな?と
他のパートさんにも雇用契約書を出してあげて!
と伝えても、知らん顔するから、
かなりしつこく伝えたら、
とうとう「雇用」ではなく、「請負」だと言い放った。
 
完全なる『偽装請負』だ!
 
おやおや?
ちゃんと『雇用契約書』をかわしたよ!
と言うと、
途中で切り替わった、とかなんとか。
 
こちらに何も伝えてないのに???
 
まあ、次から次へと
いろんな言い訳やら、理屈をこねてきた。
 
あまりにもヒドイので、
基準監督署へ相談に行くと、
「じゃあ、こうしてみなさい。」
と言われたとおりに実行したら、
「それだけではダメで、こうもしてみなさい。」
と、またまた次から次へと
監督署も私に課題をつきつけてくる。
「そこまでしなくちゃダメですかぁ?(トホホ・・・)」
と言いつつも、その課題を次々とクリア。
 
それでも、
会社の方も、知らぬ存ぜぬ、と相手にしない。
 
ここまでしても、
あきませんかー?
と、とうとう監督署から、指導が入る。
監督署へは、ウソの報告・・・
 
やがて、会社の専務から私の自宅へTEL。
私をうまく丸め込もうという魂胆ミエミエの
気さくな話口調で・・・
 
結局、私を丸め込むのに失敗し、
雇用契約だったことを認め、
年休をとっていた私の給与を
後から支給してきたけど・・・
 
ちっともうれしくない!
 
派遣労働者を偽装請負にしていて、
それって、すごい『悪』や!ということが
世間で騒がれている中、
パートの人間までを、偽装請負にしていたなんて・・・
今でも、許せない!
 
それって、詐欺行為やん!
なのに、指導されて終わり? 
他のパートの人は、結局、個人請負のまま・・・
先日も求人広告には、
パートとかアルバイト、と、しっかり表記
されていたのに・・・ 
 
取り締まわれないなら、
何してもいいわけ?
自分達の利益のためだけに
他の人が傷ついたり、 
しんどい思いしても、
それで、本当に幸せでいられる?
心が苦しくならないのかなぁ〜?
  
結局、どっちも
不幸になってるだけじゃないの??? 
 
そんな会社を今も市の施設で
営業させているなんていうのも
おかしいと思うけどなぁ〜。

posted by イムニー at 00:26| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年10月24日

10月25日☆お知らせ

25日(日)、とれぶりんか主催

ワンワンコミュニティ(交流会)とハロウィンパーティーを行います。

11時〜12時
わんわんコミュニティ
『犬好き親バカのわが子の自慢話』
(犬を飼ってない人もどなたでも参加できる交流会です)
その後交流&昼食

14時〜15時30分
『ハロウィンパーティー』
仮装コンテストをします!

よければ、仮装してみませんか?
参加費  300円(飲み物付き)

・場所/とうりゃんせチャレンジショップ
 (京阪寝屋川市駅すぐ、大利神社通商店街内)
 ※駅から大利神社へ向かってくると、神社手前です。
 ※有料駐車場なら、たくさんあります。

posted by イムニー at 08:16| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年11月08日

やっぱりサックスは格好いい〜

先週は、香里音楽祭に行ったけど、
昨日は、ジャズストリートに行ってきた。

 
街中のあちこちで、ジャズの生演奏が聴ける。
ステキなイベントだなぁ〜って思う。

企画された人、えらすぎる!
 
実は、結構、うちの家族、

わからないくせに、ジャズ好きで・・・
パパは、元々、フュージョンが好きで、
私にとっても、それが心地よく、
結婚前には、よく一緒に聴いてた。
 
TDLでよく流れている曲が
ラグタイム。
イージーウィナーなんて、
家族全員が大好き!
ちぃも、もちろん大好き! 
 
とえらそうにジャンル名を言ってるけど、
フュージョンもラグタイムという『名前(ジャンル)』
も、本当はよく知らなかった。
曲名なんて、もっと知らない。
 
だけど、どちらもジャズに近い。
 
おにいちゃんがサックスを始めたきっかけも
ジャズを演奏するため・・・ (のはず。)
 
昨日もちぃは、もちろん1日、踊ってた。
ときどき、ちぃのその姿を見て、
面白がって笑ってる女子高生っぽい人とかを見かける。
確かに、ちぃちゃん、おもしろいもん。
でも、自分の気持ちをそのまま表現できるちぃが
いとおしいとも思う。
 
オシャレして、自分を格好よく見せて
自分の本心は、なかなか見せずに
鎧をかぶってる女子高生達も、
やがて自分らしくステキな女性になるんだろう〜
最後に、つぼけんの演奏を聴いた。
お兄ちゃんも部活の後にかけつけて、
聴き入っていた。
 
演奏うまいだけじゃなくて、
つぼけん作曲のオリジナル曲は、
カバー曲よりも、ずっといいやん!
彼の人柄まで、わかった気がした。
めっちゃ格好いい〜〜
 
お兄ちゃんに、 
あんな演奏してほしい・・・
(とか思うのは、やめておこう〜)
 
今日は、お父さんが出勤で、
車は車検に出しててないし、
家の用事がたまってたので、行かなかった。
(ちょっと残念・・・)
 
お兄ちゃんは、部活の合間に
何度も聴きに行ってたらしい。
誰かの演奏もめっちゃよかった!と
言ってたなぁ〜〜。
 
お兄ちゃんも、そんな演奏してーー!
と、やっぱり言ってしまった・・・
 
お兄ちゃんからは、
「無理!」
posted by イムニー at 23:57| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年11月29日

ちぃ&ママ講演(?)会

今日は、お友達の方にお声をかけていただき、
ちぃと一緒に他市まで講演させていただいてきました。
ちぃにとっては、初めての講演デビューです。
 
その団体さんには、
障害のある方、親の会の方、教員や支援者の方
が集まられていて、今日は、学習会として
私の話を聞かせて!ということでした。
え?私の話でいいのぉ〜?ほんとにぃ〜? 
と思いながらも、しゃべるの大好きな私、
喜んで行ってきました。 
 
ちぃは、明日、誕生日なのですが、
なんと、イチゴのショートケーキまでご用意くださっていて
びっくり!
みんなで祝っていただきました。
お心遣い、うれしかったです。
ありがとうございます。
 
ちぃは、途中で大騒ぎしたり、大泣きしたり、
うるさかった〜
でも、ま、ちぃにとっては、
まあまあこんなもんかな?(笑)
 
私の方は、案の定、時間足りずで・・・(汗)
うまくまとめれずで、すみませーん。
また、こちらにもしゃべれなかったことを
書き込みしていきますので〜 
 
終わってから、いろんな方から
お声をかけていただき、
新たな繋がりができたこと、
ほんとにうれしかったです。
ぜひぜひ、そちらの情報も
また、教えてくださいねー。
 
終わった後は、交流会にも参加。
ちぃのヘルパーさん(私のお友達)も
一緒に参加。
またまた最後にうるさくなって、
ご迷惑おかけしました。
 
とってもあったかい場で、
お知り合いが増えて、
いい1日になりました。
 
どうもありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
posted by イムニー at 23:53| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年12月04日

ディズニーマニアからのオススメ・・・

本日9時から放送の『カーズ』、
子どもだけではなく、大人にオススメ!
 
観たことない人に、
観て欲しい映画です。
posted by イムニー at 18:55| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年12月07日

道は、険しい・・・?!

土曜日は、あるイベント会場へ
ちぃも一緒に行ってきた。
実は、ちぃも一緒にプレゼンをすることになった。
ほんとは、ムリにちぃを連れてくこともなかったんだけど、
せっかくの機会だったので、ムリやり(?)行った。
 
会場には、ビジネスマン風の方も多い。
出番まで、ちぃは、会場の外で待つことにし、
出番が近づいたから、中に入った。
 
ちぃは、だまって、おとなしくしていた。
食品パックの透明容器をビリビリにして
カサカサ音はたてる。
聞きなれない音は、
ちょっと気になるかもしれないけど・・・
ちょうど会議中などに、
ボールペンをカチカチする人がいたら、
なんか気になるような感じ・・・ 
と私は、思っていた。
 
でも、まあ、ちぃちゃん的には、
上出来!上出来!
 
と思っていたら、
スタッフの方が、そばへやってきた。
 
ヤバッ!
ジュース飲んで、ドーナツ食い散らかしてるから、
『飲食はご遠慮ください!』
って、言われるのかも?と思った。
そっちの方が、場違いな気がしたものだから。
 
スタッフの小声は、マイクの声に消されて
なかなか聞き取れない。
ようやく聞こえたら、
「すみません。もう少し、音が出ないように
気をつけてもらえますか?」
と。
 
「あー。すみませーん。」
と私。
 
どうやら、ちぃのカサカサ、ピラピラする音が
いけなかったよう・・・(汗)
マイクの声は、聞こえるんだけど・・・
 
確かにちぃは、マナー違反だと思う。
でもなぁ〜
ガチガチのキチキチに
なんでもかんでも人に迷惑かけないで!
というのは、実は、ちぃじゃなくても
誰でもが、しんどくなってしまうんだよね〜
 
もう少し、
『いいよ、いいよ、大丈夫だよ〜』
ってお互いに言い合える社会にしたくて、
今、ちぃは、わざわざここまで来てる。
 
TDRのキャストさんみたいに
「騒いでも大丈夫ですよ!」
って言ってくれるのがムリでも
もう少し大目に見れる社会になれたら〜 
 
そんな意識に、みんながなれたら
外に出ても、どこに行っても
ほわんと街全体があったかくて、
みんなもっと心地よくなると思うんだけどなぁ〜
 
土曜日、
ちぃを連れて行ってよかった。
注意されたけど、
ちぃみたいな子の存在を知ってもらえたから・・・
 
posted by イムニー at 09:15| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年12月15日

とれぶりんか☆音楽劇『Cherry』

日曜日、
とれぶりんか劇団の音楽劇観てきました。
 

演劇&歌&ダンス、どれもとってもよかったです。
大人の演技はもちろんのこと、
子ども達の演技もすごく迫力あって、よかったです。

もはや子役ではなく、
ひとりの役者・・・


それから主役の女の子(大人)の演技、
『ガザの空爆を見たか?(知ってるか?)』
『ハマスのロケット砲を・・・』
などというセリフを言ってる時の悲しそうな表情、
セリフにも、ものすごい重みを感じ、
それだけで、泣きそうでした。
 
終わってからも、大泣きされてる方が
おられたみたいです。 
 
なんかね、、、

芝居をがんばる!という感じではなく、
これまで積み上げてきたとれぶりんかのみんなの思いを
会場の人に伝えたい!たくさんの人に伝えたい!
という『思い』が感じられました。
そして、それがとても伝わり、

昨日もまだ、感動したまま過ごしていました。
 
人間のエゴが、社会を滅ぼしていく・・・
それは、お芝居の中だけの話ではない。
私もまた、その一員になってるのではないか?
もしも、そうなら、
“どうしたらいい?”
とても考えさせられます。 
 
posted by イムニー at 15:31| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年12月20日

切り干し大根、出来上がり〜☆

今秋、飛騨・高山買出しツアー(?)に行って
大量に買ってきた大根。
最後に残った3本を
切り干し大根にした。
 
aaa.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 

作り方は、簡単!
縦に細く切って、
風通しのいいところに2週間ぐらい干すだけ。

 

そして、出来上がった〜☆
 
作り方の情報は、
枚方で、毎月発行している
地域情報紙『LIP』からもらった。 
(掲載されるのは、1月号)
 
『LIP』は、全員がボランティアで、
毎月欠かさずに発行している。
地域でがんばってる人や団体さんを
応援しよう!
地域密着型の情報を
たくさんの人に知らせよう〜
という思いで
取り組んでいる。
毎月欠かさず・・・というのが、
私はすごい!と思う。
 
1月号は、
そんなLIPの出来るまで〜も
記事として掲載している。
 
よかったら、
枚方近辺の生涯学習センターなどで
お手にとってみてください。
 
紙媒体に比べて、
やっぱり市民活動を応援しよう〜!
『民活ナビ』というのもある。
こちらも、やはりボランティアで
HPに掲載している。
 
みなさん、すごい! 
 
イベントのお知らせを確認してみてください。
そして、イベントをされる方は、
この二つのツールも使って
宣伝してみるのもいいかも〜?
 
 

posted by イムニー at 15:31| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年12月25日

本日のとれぶカフェ・・・

本日、ちぃと一緒に行ってこようと思ってる
とれぶカフェって、知ってる?
 
とれぶりんかカフェは、

障害のある方の仕事や居場所になれば・・・
という思いのもとに始まった取り組みで、

もう何年も前からスタートした。 
 
今は、毎月第4金曜日の18:30〜21:00
ラポールひらかたの4階研修室で行われています。


誰が来てもOK!

みんな、気さくに話してくれます。
よかったら、お越し下さい。

ラポールひらかたは、無料駐車場もあります。
 

今日は、ミニライブやビンゴゲームもあるそうですよ〜


 《本日のお知らせ》 

 ◇クリスマス会を開催します◇

 日時:12月25日(金)19時〜
場所:ラポールひらかた4階研修室1,2
 
ゲスト:ニシタニマサル(ミニライブ19時半〜)
 20時〜ビンゴゲーム!豪華景品があたるーかも♪

参加費:200円(ドリンク代)

posted by イムニー at 08:18| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年12月27日

男女共同参画の講座

お友達のアッキーさんが、講座を企画してくださいました。 
 (以下、アッキーさんの紹介文を転載します)

対象は、一応「子育て中や、夢や生き方探し・再就職を
考える女性」ですが、別に男性でもいいそうです。
他市の方でも、OKです。

ポスターとご案内は、こちら。
 ↓
http://minkatsu.jp/index.php?cid=20080721040815&aid=20091208011750

『今のあなたをどう活かす!? イムニー流 丸ごとOK!
これからの自分の仕事、生き方を考えてみよう』

枚方市主催
■男女共同参画社会づくり支援講座■

 私って、何ができるの? 何にもできない!? なんて、
 自分のこと、思っていませんか? 
 本当は、こんなこと、やってみたいの! できるかも? て、
 夢のまんまで、眠らせていませんか?

 自分の夢を、ひろげていきましょう!

日時:1月13日(水)13:30〜15:30
場所:ラポールひらかた 三階 研修室1  
対象:子育て中や、夢や生き方探し・再就職を考える女性
定員:20人
参加費:無料
保育:0〜6歳のお子さん  10人まで 
 障害を持つ0〜18歳のお子さん 3人まで
 無料  お子さんのお茶は、各自ご持参ください
(1月7日申込締切。但し、定員に達し次第、申込を打ち切ります)
申込み方法:申込受付中。1月7日(金)、申込受付終了
放課後クラブ「チャレンジ・キッズ」(電話 090-5893-5635、 
Eメールc-k@love-dugong.net)まで

posted by イムニー at 23:54| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2009年12月28日

とれぶりんか感謝祭☆

とれぶ感謝祭は、
機嫌よく、ちぃも参加・・・
と思っていたのに、
なんと!ミニコンサートが始まった途端、
ちぃは、ビービー泣き出した。
 
歌、とっても上手だし、
プロの音響さんがついているせいもあり、
会館でのライブとは、思えないような
クリーンな音色・・・
曲も、とっても優しい音色・・・
 
ちぃは、感激し、感動して泣き出したのだと思った。
ちぃは、感動しても、大声で泣くから。
 
ところが、いつもに比べて、
ちょっと悲しそう・・・
何か悲しいことを思い出したよう・・・
 
それが、
どんどん激しくなり、
とうとう大泣きをとおりこして、
激しく怒り出し・・・(汗)
ひょっとして、
私がちぃに辛く当たったことを
思い出したりしてたのじゃあ・・・?
 
あ〜あ。
せっかくのコンサートなのに・・・
 
TAKAさんが、ちぃを連れ出してくれ、
そして、ずっとなだめてくださった。
いつも気にかけてくださり、
本当にありがとうございます。
せっかくお越しいただいたのに、
ゆっくりライブを聴けなくて、
本当に申し訳ない。
 
結局、ちぃは、しばらく怒って、
コンサートがすっかり終わってしまってから
ご機嫌がもどって、ホールへももどった。 
 
その後も、
Oさんが、ちぃのために、
アメとアイスを買ってきてくださったり、
いつものように
皆さんにたくさん助けてもらいました。
ありがとうございます。
 
とれぶりんかは、来年度、
きちんとした組織にするため、
みんなの意思の確認ができたよう・・・
それぞれ、自分なりの決意をもって、
新しい年は、また、輝いていけそうです。
そして、みんなで成長していけそうです。
 
来年度もよろしくです☆
 
 
 
posted by イムニー at 17:40| Comment(2) | 街をTDRにしよう〜

2009年12月29日

学校でいじめがあったら・・・

先日、お友達から次のような話を聞いた。
 
いじめをしていた側の子のお母さん達が、
『いじめられる子の側にも、これこれこういうところがあるから、
そのために、うちの子たちは、こんなことをしてしまったのだ。』
と言うことを言ってた、と。
でも、それは、違うのじゃないか?
まずは、いじめた側が、謝るべきではないのか?と思う。
 
イムニーさんなら、こんな時、どんな意見を言う?
というようなことを聞かれた。
 (と思う。若干違ってるかな?)
 
そのとき、その返事をしてなかったと思うので、 
ここに書いてみようと思います。
 
私は、いじめとか、子ども達が荒れている時とか、
懇談の場では、次の話をよくする。
 
昔、支援学校のお母さんから聞いたのが、
確か、次のようなこと。
 
支援学校の中にも、乱暴な子がいて、
周りの子が迷惑していた。
それで、保護者懇談会で、そのことを話し合った。
当事者のお母さんは、欠席していたそうだけど、
周りのお母さんたちで決めたのは、
できるだけ、みんなで、
その子に会ったら声をかけよう〜
みんなで気にかけてあげよう〜
ということに決めた、と。
 
そして、その子に会ったら、
できるだけ愛情こめて、その子に話しかけていた、と。
 
そうしたら、すぐに
その子の状態がよくなったそう・・・
 
かなり昔に聞いた話なので、
話の内容を変えてしまってるかも?だけど、
その話を聞いて、私は感動した。
 
また、別の形で、
次のことも聞いた。
犯罪を犯した少年らの多くが、
「もしも、近所のおじさんやおばさんが、
もっと声をかけてくれていたら、ボクは、
こんなこと、しなかった(できなかった)と思う。」
と。
 
私は、それを聞いて、泣きそうになった。
 
やはり、子ども達は、
多くの大人の支えで育てていかないといけないんだ、
と思う。
 
そして、今、気がついたのが、
いじめられた子の親は、
子どもと同じように傷つき、
いっぱいいっぱいになってるはず。
でも、いじめをした側の子も親も
ど、どうしよう〜?!と、
きっといっぱいいっぱいになってるはず。
そして、
その子らのクラス担任らも
同じく、いっぱいいっぱいになってるのでは?
 
だとしたら、
その子とその親に救いの手を出すのは、
その周りの大人達の役割ではないのか?
うちは、いじめをした側でも、
いじめられた側でもないから、関係ない!
なんて、もしも、思う人がいたら、
そうではなくて、当事者ではないからこそ、
ここで、お互いの親と子がホッとできる言葉を
かけてあげないといけないのでは?
 
親も先生も、ゆとりを持って、
子どもらに接することができるように
周りの大人がサポートしていかないといけないのでは?
 
そのために、どうしようか?
という話し合いができるといいなー
って思うのですが・・・
 
そして、もしも、
いじめの対象になっている子に
障害があったら、
或いは、いじめをしたいた子に
障害があったら、
その時こそ、クラスの親にも子にも
障害を理解してもらうチャンス!!
 
そのチャンスを、ぜひぜひ生かしたい!
障害のことを知って、
逆に、傷つく言葉を言ってくる人もいるかもしれない。
でも、それ以上に、理解を示してくれる人の方が
味方になってくれる人の方が、
きっと多いと思うー。
 
気がつかないところで、
応援してくれる人もいたりして、
いいことも絶対にあるさーー!
 
posted by イムニー at 00:13| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年01月13日

男女共同参画講座を終えて・・・

今日は、企画してくださったチャレンジきっずの皆さん、
センターの方や参加者の皆さん、
ありがとうございました。
 
ほんとに叶えたい「夢」は、
あきらめないことが一番だと思います。
 
私には無理!
私の境遇では無理!
「無理」と言った時点で、
その夢は、終わってしまう・・・
 
でも、私自身は、夢は、叶えられなくても
持ってるだけでもステキなことだなーって思います。
 
今日は、他の人の話を聞いてるだけでも、
楽しくなったり、
自分も、もっとがんばろう〜!
と思ったり、
いろんな気づきや刺激があった方も
いらっしゃったと思います。
 
その反面、
自分は、もっとがんばらないといけないのに・・・
がんばってない自分が情けない・・・
なんて思ってしまった方がいなかったろうか?
と、私も反省しています。
 
がんばろう〜!と思ったら、
ぜひ、がんばっちゃってください!
応援しますよ〜!と
言いたいです。
 
でも、
もしも、今、しんどいな〜
と思っているなら、
それは、今は、ゆっくり休息して、
充電する時間が必要なのかもしれない。
 
だから、
ゆっくり休んでくださいね。
 
色々悩んだりするかもしれないけれど
それは、生きているから・・・
人と出会い、人と繋がってるからなんだと思います。
 
posted by イムニー at 18:48| Comment(4) | 街をTDRにしよう〜

2010年01月16日

コンテストの作品展示!

私が勤務している職場の社長さんが
市が行っていたコンテストを引き継ぐ形で
デジタルアートコンテストを
去年から、ボランティアで始められた。
 
小学生と中学生のお子さん対象に
PCで描いたイラストやアニメーションの
作品が集まっています。
 
今年は、作品を投票できるシステムまで作ってあるので、
ぜひぜひ盛り上げに、そのページへ行ってみてください。 
 
http://arthirakata.jp/
 
ちなみに、
私は、ページのイラストを描いてます♪
(あ、私はお仕事としてさせていただきました(^_^))
 
でも、子ども達のイラストは、
もっともっとかわいいんですよ〜
 
投票もしてみてくださいねー。
posted by イムニー at 19:31| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年02月01日

初めての場所・・・

今日は、たいくつしているちぃを連れて、
地域支援センターでのサロン(?)へ行ってきた。


初めての場所で、ちょっと慣れないみたいだったけれど、

ちょうど着いたら、みんなは、
クッキー作りをはじめていたところ。
普段、タマゴを混ぜるとかは、大好きなちぃ。
マイお玉も持ってるぐらい・・・
ちぃもお玉を持って、タマゴを混ぜさせてもらった。
でも、すぐにやめて・・・
 
その後も、一緒にしようとしない。
どうやら、人見知りをしているようだった。
ちぃでも、人見知りするんやー!(笑)
 
その後、
焼きあがったクッキーをいただき、
ちぃも食べていたのに、
ちょっと怒り出した。
私に、ずっと背中を向けたまま・・・ 
 
なんとなくなじめなくて、
居心地が悪くなったのかな?
建物がきれいで、
お部屋も広くて、
気に入ったようにウロウロしていたから、
次に行った時には、
楽しく過ごせるかもしれないけどね。
 
お姉ちゃん達が
「今日は、来てくれてありがとう!」
「また、おいでね!」
と言ってくれる。
 
きっとちぃには、
その言葉は、伝わっただろう。 
 
今日は、どうもありがとうございました。
学校があるから、なかなか行けないけど、
またよろしくお願いします。
posted by イムニー at 20:46| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年02月10日

保健師さんと激論になったこと

昨日の話に関連して、、、
 
昔、小学校就学前には、
養護学校にしようか?
地域の学校の養護学級にしようか?
と迷っていた。
 
養護学校へ個人的に見学に行くとき、
保健師さんが一緒についてきてくださったことがあって・・・
 
ありがたく思っていたのだけど、 
保健師さんも養護学校の見学は初めてのことだそうで、
どうも見学に行くことが(しかも仕事で)
うれしいらしい。
 
私は、真剣に迷っているのに、
私の出したマイカーの横で、
なんだかピクニック気分のご様子・・・ 
それでもひとりで出かけるよりも
一緒に行っていただけるのは、心強い・・・
 
でも、帰りに保健所まで送ってきた頃、
車の中で、口論になった。
 
私は、その日の感想を述べた。
ちぃは、養護学校ではなく
地域の学校へ 入学させよう〜!という
気になっていた。
それは、見学した時、
たくさんの疑問を持ってしまったから。
それらも保健師さんに述べた。
 
保健師さんからは、
「まあ〜!
やっぱり、さすがお母さんですね。
よく見てはったんですねー。」 
と言っていただいたのに、
その後、
 
「でも、ちぃちゃんみたいな重度の子は、やっぱり養護学校の方が・・・」
「養護学校は専門性があるし・・・」
 
えーー?

えーーーーっ???! 


私は、その専門性に対して、
今日、疑問を感じたということ、
とても具体的に伝えたでしょう?
専門性に対して、疑問を感じたから、
養護学校には行かせられないなぁ〜と感じたことを
論理的に話したでしょう?
なのに、なのに、
また、『養護学校は専門性があるし・・・』と言ってくるの???!
 
「では、それは、どういうところが、
どんな風に専門性があるというのですか?」
 
私が気づかなかったところで、
保健師さんが気づかれたのだったら、
ぜひぜひ教えてほしい!
と思ったのだけど、その答えは、全くなかった。
 
逆に
「ちぃちゃんみたいに、言葉のしゃべれない子は、
言葉のしゃべれない子同士で、意思の疎通ができるから
だから、養護学校の方がいいわよ。」
と。
 
「え?言葉のしゃべれない子は、
しゃべれない子同士で、意思の疎通ができるんですか?
それは、どういう根拠で、言ってるんですか?
どうして、あなたは、それを知ってるんですか?
一度しかうちの子に会ってないのに、
うちの子も、他の子と意思の疎通ができる!って、
なぜ、あなたにわかるんですか?
(今日、初めて養護学校へ行ったあなたに???)」
 
と尋ねても、全く答えてはくれない。
保健師さんの勝手な思い込みか、
或いは、今、思いついただけなのだろう。
 
でも、何度も同じようなこと
「しゃべれない子同士、気持ちが通じ合うものなのよ!」
などと、
 
しつこくしつこく、
本当にしつこく言ってくる。
 
「あのね〜。
まだ、養護学校には行かない!と決めたわけでもないし、
どっちにするかを決めるのは、親の私らです。
保健師さんに、うちの子の将来を勝手に決められては困ります!」
と私。
 
「私は、何も、決めたりしてないわよ・・・。」
「でもねぇ〜。」
 
とまだ続く。
 
結局、1時間ぐらい保健所の前で
激論が続いた。
 
時計を見て、ハッとして、
「あー。もうすぐお迎えの時間です。
もう降りてください!」
とようやく車から降りてもらって、保健所を後にした。
 
多くの保健師さんは、
親身になって一緒に考えてくださるし、
この日の保健師さんにしたって、
ちぃのことや私のことを心配して
助言くださったことのはず。
 
でもね・・・
根拠もなしに、勝手なことを言わないで!
そして、決め付けないで!!
 
それは、私に対してではなく、
ちぃに対して、
障害のある人に対して、
とってもとっても失礼なことなのだから・・・ 
 
そして、そして、
私ら親は、ちぃをちぃとしてしか見てないのよ。
障害の子をひとくくりにして考えないで!
障害のある子、
もし、その中の重度の子に限定したとしても
100人いたら、100人とも、みんな違うんだから・・・ 
 
障害の種別や程度で、
モノを考えないで!!
その人自身を見てよね!!

これから先も

根拠なしで決め付けたりする専門家がいたら、

自分の考え(価値観)を押し付けようとする専門家がいたら、
私は、その人の言うことを信じないと思う。
肩書きなんかで、人を見たりしない・・・

 
posted by イムニー at 10:33| Comment(4) | 街をTDRにしよう〜

2010年02月14日

学校には、バリアがある方がいい?

車椅子の方からの質問があったことを
ここにも書いておこうと、前から思ってた。
 
質問は、
 
学校が全てバリアフリーになると
友人に頼まなくても
1人で移動出来るから、
友人関係が疎遠になる恐れがある。
だから、わざとバリアを残すほうが良いと考えている人がいる。
でも、私は、もっといろんなところへ行けるので、
バリアフリーになっている方がいい。
皆さんは、どう考えますか?と。
 
私からの返事は、次のよう・・・
 

私は、当たり前のことだと思うー。

私たちは、2階建ての家を建てる時、

どこに階段をつけようか?と考える。
でも、本当は、階段にしようか?
スロープにしようか?
はしごにしようか?
エレベータにしようか?
と、そこから考えてもいいはずなのよ。


もしも、世の中に、車椅子を利用する人が、もっとたくさんいたら、
階段なんていう発想すら沸かなかったはず。
私達が、わざわざはしごをかけようと思わないのと同じで。

バリアフリーは、お金がかかる、というけど、
もしも、目の不自由な方が大半の世の中だったら、
街灯はいらない、と大半の人が言ったと思う。
でも、私達には必要だから、街頭はつけてほしい、必要だ!
と思うのと同じ。

 

世界中のどこに行っても街頭があるのと同じように
世界中のどこにでも、スロープやエレベータがあって当然じゃないのか?
今の社会は、勝手に健常者中心に作られているんだ。

いろんな多様な人達のことを考えた上で社会を作り、
それでも不具合の出る人がいたら、また、改善するとか、
お互いに手伝ったり、手伝ってもらいながら過ごしていければ
いいのになー。

 
手伝ったり、手伝ってもらいながら、
助けたり、助けてもらいながら、
というのが、当たり前の社会だったら、
きっと、みんな、もっとあったかくなり、
犯罪も交通事故も虐待もDVもリストラも・・・
きっと、ぐーんと減っていくはずなのになぁ〜〜。
 
posted by イムニー at 02:29| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年02月19日

ランキングに参加してますが・・・

このページ右側の『リンク集』に
『ブログ村』というピンク色のバナーがあること
お気づきかと思います。
 
知り合いの方だけではなく、
ちぃのことを知らない人にも
読んでもらおう〜☆
と、ブログのランキングに参加しています。
 
私が新しく記事を載せると、
『新着記事』の欄にタイトルが載るので、
それを見て、
ブログに訪れてくださる方。
それから、ランキングの上位から
順に?ブログの紹介を見て、
気になった方が、訪れてくださるようです。
 
ランキングが上がる程、
ブログへの訪問者は多くなるみたい。
 
だから、できれば
ランキングをアップしたいな〜
とは思うものの、
『1日1クリックをポチッとお願いします!』
とかまで書く気がなくて、
これまで何も書いてなかったんですが、
最近、毎日のようにクリックしてくださる方が
複数いらっしゃるようで、驚いています。
 
マカロニちぃちゃんブログ、
気に入ってくださってるということなのかな?
と勝手に喜んでおります。 

どうもありがとうございます☆
 
他の皆さんも、
気に入った記事があれば、
ワンクリックをお願いできますか?
 
これからもどうぞよろしくお願いします。

posted by イムニー at 11:28| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年02月27日

ないものは、作ればいい!でも・・・

ウォルトがディズニーランドを作ろうと思ったのは、
休日の午後、公園へ子どもを連れていき
自分は、ベンチでおやつのピーナッツを食べながら
「大人も子どもも一緒に楽しめる公園があればいいのになぁ〜」
とぼんやり考えていて、
「ないんだったら、自分が作ろう〜!」
と思ったのがきっかけ・・・だったらしい。
(と聞いたように思うけど、かなり曖昧な記憶・・・汗)
 
私は、そんな考え方が、
すごく好きで・・・
 
なかったら、作ったらいいねん!
 
春休みに
どうしても観たいイベントがあり
ディズニーランドに行きたくなった。
お父さんは仕事が休めないということで
断念しようかと思ったけど、
わたしひとりで、ちぃをディズニーランドまで
連れていけないものか・・・???
 
いつものマイカーを私ひとりで運転するのは無理・・・ 
新幹線や飛行機で、ちぃを連れ、荷物も持って
電車を乗り継いでいくのは、
かなりしんどい。
夜行バスなら、他の人に迷惑かけるし・・・
パークからホテルまでも
バスや電車を乗り継いでいかないいけないし・・・
 
ひらめいたのは、
私がバスをチャーターすればいいねん!
と。
ちぃが騒いでも構わないしー!という
お友達らを誘っていこう〜〜!
 
で、40名乗りのバスに
結局39名のお友達親子らを乗せて
春休みに、家の近所からバスは出発した〜
 
バスは、ホテルまでも往復・・・
しかも、早く帰りたい人用に早い時間にホテルへ
と、閉園まで遊んだ人をホテルへ
の2往復・・・
 
朝も、開演前から遊ぶ人を乗せ、
ゆっくり出かけたい人も乗せ、
やっぱり2往復・・・
 
なんてことをして、
楽しく春休みにディズニーランドへ行った。
(しかも、格安で・・・)
 
小学4年生までの学童保育がなくなったから、
学校長に空き教室を借りて、
助成金制度を使って有償ボランティアさんに来てもらい
ちぃの放課後の活動を確保した。
 
中学になったら、
場所も、有償ボランティアさんも、助成金制度も
何もなくなったけど、
初めての夏休みは、
お友達と一緒に夏休みの居場所作りをした。
 
ずっと行政にも働きかけていたから、
役所の各部署の方々から、
それぞれ手を貸してもらいながら・・・
多くのボランティアの人の手も借りながら・・・
 
ちぃの放課後保障が充実してなかったから、
私の働き方も変化していった。 
ちぃが、スクールバスに乗れずに
学校まで送っていくことを見越して、
自分の働くスタイルとして、
パソコンのサポート事業も始めた。
今は、たいして活動できてないけど、
必要に駆られた時、
私の仕事としても成り立つ、
という状態にはなった。
 
実は、ちぃの卒業後の進路が
なかった場合のこと、
考えてないわけではない。
本当に何もなければ、作らないといけないかも?
という覚悟は、
ちぃが小学生の時からしてきた。
 
ただ、
声を大にして、言おう〜
 
親が敷いたレールの上を
子どもが歩くなんてこと、
親のすることじゃない!!
それは、健常児でも障害児でもおんなじ〜〜!!
子どもにとっては、大きなお世話!
 
私の願いは、
ちぃが、ちぃの力で、ひょこひょこ歩いていくこと。
ひとりが無理なら、出会った誰かを巻き込みながら、
或いは、誰かと出会いながら・・・
歩きながら、種をまき、
ちぃの歩いたあとに、
芽が出て、花を咲かせていくかもしれない。
 
それがどうしても無理なら、
私は、ちぃの前にレールを敷くのではなく、
ちぃと横に並んで、
或いは、ちぃの後ろから手を添えて
そして、一緒に歩いていこう〜と思ってる。
 
だから・・・
 
卒業後のことを心配して
今から、動くことはしない。
 
posted by イムニー at 15:50| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年02月28日

人権感覚の違い・・・

随分前のことだけど、
アメリカで暮らしている友人(日本人)から
もらったメールに
 
【クラスに白血病の子がいるのは知ってると思います。
Aさんは風邪を引いただけでも、大変なことになるので、
もし、お子さんが風邪を引いていて、すごくせきをしていたり、
熱を出していたりしている場合、
学校を休ませることも考えて下さい。】って言う手紙が
学級委員から来たよ、
日本では考えられないんじゃない?
と記されていた。
 
カナダ人の方と結婚した友人からは、
夫さんのお母さんに介護が必要になったから
お父さんも一緒に施設に入った。
施設といっても、かなり楽しそうで、
介護の必要な人だけが入るのではなく、
夫婦揃って、老後を楽しむのだそう・・・
 
「なんで、自分の親の世話をしないの?」
と友人が聞くと、
「だって、ボクはプロじゃないから〜」
と夫さんは答えていたそう・・・
 
フィンランドだったか?(ちがったか?)
北欧の方では、学校への登下校時、
障害のある人は、
親ではない介助の人が登下校に付き添うそう・・・
誰も不思議に思ってないし、
それが当たり前なのだそう・・・
 
ちぃが、地域の学校へ入学した時
先生方も子ども達も温かく迎え入れてくれた。
というか、まあ、当たり前・・・というか。
 
でも、同じ日本でも、
地域によっては、親が授業中も介助に
入ってるそう・・・
うちの市の感覚からすれば、
めちゃくちゃびっくりする!
 
食物アレルギーのある子は、
家から給食の代わりになるモノを
用意していると聞く。
え?公教育なのに、学校で
用意してくれないの???
 
先日、ニュースで
性同一障害の女子中学生が
男子が着る学生服での登校を求めていたことを知り、
へ〜え、と思った。
うちの市では、そんなのとっくにOKだ。
ちぃも、足開いて座るから、と
学生ズボンで登校したことがあるけどな。

4月からといわず、

明日から学生ズボンで登校させてあげてよ〜
 
もう少し前、
バリアフリーになってないから、と
奈良の中学では、
車椅子の女の子の入学を最初、
認めなかった。
バリアフリーになってなければ、
それは、当然のことじゃないの?!
と思う人も、きっとまだまだ多いんだろうなぁ〜。 
工夫すれば、なんとでもなるのに・・・ 
工夫するのって、楽しいよ〜


二年程前、ユニセフが行った調査で

『孤独を感じる』と答えた子供(15歳)の割合
25カ国中、日本が断トツ1位29、8%だったそう・・・
ほとんどの国が5〜10%で、2位のアイスランドは10、3。

日本はその3倍。
 
孤独を感じる日本人は
きっと、子ども達だけではないだろうなぁ〜
 
ちぃと一緒にいると、
私達家族は、
孤独よりも
人の温かみを日々感じられる。
しあわせなことや・・・
こんな気持ち、『自己責任』という言葉ばかり

使ってる人に教えてあげたいな。
posted by イムニー at 21:19| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年03月01日

とれぶりんかピースフェスティバルへ・・・

あー。
ここに宣伝するのを忘れてた〜
 
今日19:00から

とれぶりんかピースフェスティバルでした。

ちぃは、

今日は、スクールバスに乗ってくれて、
朝からもちろん学校へ。

放課後は、バスまでガイドヘルパーさんがお迎え。
ヘルパーさんと一緒に電車で、
日中一時支援の事業所へ。

1時間半程、日中一時支援事業所で過ごしたあとは、
母がお迎え。
そして、一緒にイベント会場へ。

開始までは、夕飯にミス○ードーナツ。。。
女子高生の夕飯や〜(苦笑)

ピースフェスティバルの内容は、
すごくよかったです。 
 
〜内容〜

・オープニングアクト CHECK DoLL(Si-to×鳥生亜希)
・香山末子(在日韓国人のハンセン病回復者)詩集
 『エプロンのうた』より朗読
・バルタンによる基調講演
・姜信恵(カン・シネ)さんの講演


 

音楽部、CHECK DOLLのお二人の
ミニライブは、3曲共に聴き応えがあり、
特にラストの『あなたへ』という曲は、
ほんとにあったかく優しい気持ちになりました。
 
ちぃも大喜びで、揺れていました。
ライブが終わると、
ちょっと怒ったりして・・・
 
香山末子さんというのは、
結婚し、子どもを産み、上の子が3歳の時
ハンセン病を発症して、
子どもと別れて療養所へ。
やがて、目が見えなくなり、
点字を打っていたけど、
指もなくなり、
舌を使って、点字を打ち、
詩を書いたのだそう・・・
 
子への想い
故郷への想い
 
つらくとも
わが子がしあわせでいてくれさえいれば
それでいい、
と思っていたけど、
実は、別れた子も大人になってからハンセン病を発症し、
母親とは別の療養所へ入ったのだそう・・・
 
そんな香山末子さんの詩集を
劇団の人たちが、朗読された。
 
そんな時代に私も生きていたら、
一体、どんな生き方をしていただろう?
同じ立場であれば、
私は、今みたいに笑うことができたのだろうか? 


姜信恵さんは、
自分が日本人だと知らされていた。
でも、なんとなく違うかも?と。
そして、日本人ではないと知ってからも
本名を名乗るまでに
長い葛藤があったという、
そんな話を聴かせてくださいました。
 
そんな話を聴かせていただき、
感謝です。
その時の思いを教えていただき、
感謝でした。
 
ちぃは、
プラスチックの食品パックを
ビリビリしながら、
まあ、おりこうさんに過ごしていた。(ホッ・・・)
 
おかげで、とっても中味の濃いお話を
ゆっくり聴くことができた。
 
posted by イムニー at 23:42| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年03月02日

デコ散らし寿司☆

今朝、
テレビで、お雛祭り用の
デコちらしを作ってるのを見た。
あまりにかわいいので
自分でも作ってみたくなった・・・
 
でも・・・
幼児教室を終えたお友達が
お昼にやって来て・・・
 
午前中、小さい子のママ達と
お雛様のちらし寿司を作ったから
と言って、私にも作ってくれた〜
 
わーい!IMGP0011.jpgかわいい♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by イムニー at 16:52| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2010年03月13日

学習会に呼んでいただき・・・

昨日は、午前中、
障害のある子に関する学習会に
呼んでいただいた。
 
ちぃは、学校が休みだったので、
(小学部と中学部の卒業式で、高等部は
なぜか休みに・・・汗)
会場の駐車場で、ヘルパーさんに託し、
その後、福祉会館へ移動してもらう手筈だった。
 
ところが、学習会が終わって、
福祉会館へ移動しようと思ったら、
なんと!
ちぃは、マイカーの横で、
怒っていた。
 
激しく怒っていたわけではなかったそうだけど、
車から離れなかったそう・・・(苦笑)
車から離れていって、あとで
母と会えなくなるのじゃないか?
と、ちぃなりに、想像しているのかもしれない。
 
考えてみたら、
どこへ連れて行かれるのか?
ちぃには、全くわからないもんね。
 
そんなような不安は、
毎日、いっぱいあるんだろうな。
 
学習会では、
支援者の方々が、
最後に、保護者として望むことを聞いてくださった。
 
私からは、
子ども達と一緒におもしろがってほしい!
とお伝えした。
 
深刻に、大変!大変!どうしよう?!
と思うよりも、
その大変さもひっくるめて面白がっていただければ、
ありがたいなーと思う。
 
問題行動を起しても、
子どもを問題児!と見て欲しくはない。
その子をとりまく環境が
少しでも心地いい環境になるように
どうしたらいいかな?という思考になってくだされば
ありがたいなーと思う。
 
そして、心地いい環境をつくるのは、
大人も楽しむこともひとつかと? 
 
でも、それ、今さらあれこれ言わなくても、
皆さん、これまでも、そんな風に子ども達に
接してくださっていたと思う。
障害のあるなしに関わらず、
子ども達や保護者のしんどさに
私よりもずっと広い心で、
寄り添ってくださっていると感じる。
 
だから・・・
とっても感謝しています!
 
これからも、子ども達のこと、
どうぞよろしくお願いします。
 
posted by イムニー at 15:19| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜