2011年04月26日

校内放送で、お叱り・・・

そういえば、
地域の中学の時は、お弁当だったため
4時間目が終わる前にお弁当を食べだして、
それで、生活指導の先生に放送で呼び出しを受けたそう・・・

しゃべれないちぃは、人の言うことも
どこまでわかってるのか・・・?
という感じだから、まして、校内放送なんて
聞いちゃいね〜状態。

まして、
『○○さん、職員室へ来なさい!』
と言われても、ひとりで職員室へ行けるわけでもなく・・・(苦笑)

でも、周りのお友達らが、びっくりして、
ちぃを拉致して、職員室まで連れて行ってくれたそう。

きっちり、ちぃも叱られたそう・・・
多分、なんで叱られているのかは、よくわかってなかったと思うけど・・・(汗)

ただ、
こういうエピソードは、
本当に楽しい♪

わからないちぃにも、
みんながフツーに当たり前に接してくれて、
それで、ちぃができないことを補ってくれた。

先生だって、わかってて、放送流しています。
ちぃだけ見逃して特別扱いするのもおかしいし。
だけど、本気でちぃを叱り付けたりはしなかったろう。

翌日から、
お弁当は、職員室で預かることになった。

笑えるのが、3時間目を終わった頃に
ちぃが、職員室へお弁当を奪い返しに襲撃?に行ってたこと。

うわー大変!
とか言ってるよりも、
大笑いしながら、
ちぃみたいな子と一緒に学校生活送っていたらいい。
その方が、子育ても、教育も、学校生活も
絶対、楽しい!
いっぱいドラマができるのだものね。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 09:31| Comment(0) | 中学校でのエピソード

2012年03月19日

ほんとに競争でいいの?

昨日、障害児の親御さんからの話が聞きたい、と言っていただき、
ある方とお会いしてきた。

競争で学力を身につけた人たちが、
果たして、本当に日本の為に、他人の為に、
考えてくれるだろうか?
私には、すごーく疑問がある。
先日紹介した企業だって、そうだ。

もし、自分のことしか考えなかったら、
国際社会の中で生き抜き、勝ち抜き、
やがて、日本を脱出し、海外で、成功をおさめるかもしれない。
その時、ひょっとしたら、逆に日本経済を圧迫するようなことにだって
なるかもしれない。

昨年の大震災で、
日本の多くの人の価値観が変わったはず。

信じられるものが、お金?

んなわけがない。

生きていくための最低限のお金は必要かもしれない。
でも、本当に信じられるのは、やっぱり人の心ではないのか?
心ある人との繋がりではないか?

中学の時の担任の先生が懇談時に
「ちぃちゃんが、今、なんで怒ってるんやろう?何で泣いてるんやろう?
と、みんながちぃちゃんの気持ちを考えるようにしていたら、
結果的には、ちぃちゃん以外の友達の気持ちも、考えられるようになった。」
と話してくれたことがあった。

学校では、学力だけをつけるのではなく、
人の気持ちを想像する力を、もっともっと身につけてほしい、と
私なら思う。

その力を身につけずに、学力だけ伸ばしてしまったら、
一体、どんな大人になってしまうのだろう?
益々、格差社会が広がっていかないだろうか?と
やっぱり、気が気ではない。

私なら、競争させられるよりも、
誰かの為に、の方が、がんばれるんだけどな。


よかったら、以下のバナーに応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
ありがとうございました。(^_^)
posted by イムニー at 13:36| Comment(0) | 中学校でのエピソード