2009年03月04日

デコCD

ちぃちゃんの曲『マカロニ』のCDジャケットが
とってもかわいくなっている〜〜リボン
 
私が台所で立ってる間に、
黒ハート黒ハートハートたち(複数ハート)のシールを見つけたちぃが
大切な3人のアーティスト
『Crescend Time Lover』からもらった
サイン入りのCDのケースの上に
ペタペタとシールを貼っていたがく〜(落胆した顔)
せっかくいただいたものなのにぃ〜〜ふらふら 


でも・・・

シールの透明なシートがほしかっただけのようだけど、
意外とCDにめちゃくちゃマッチしているかも?
ちょっとせっかくのサインが見づらくはなってるけど
透明のカバーの上からなので、カバーを簡単にはずせるし。
 
鮮やかなピンクのジャケットは、

とってもステキでちぃちゃんの世界(?)を
表現できている〜と感心していたけど、
これもまたちぃちゃんらしくて・・・(苦笑)

 
 
 IMGP0677.jpg
 
 


 

posted by イムニー at 22:54| Comment(2) | 『マカロニ』にまつわる話

2009年03月06日

『マカロニ』発売スタート

今から3年ぐらい前、福祉会館で行われたコンサートに行き、
そこで歌っていた2人組のアーティスト。
 
え?この人達って、どういう人?
まるで有名アーティストと変わらないようなステキな歌声はもちろんのこと、
その二人のかもし出す雰囲気や空気がとても優しくて、力強くて、
歌声だけでない目に見えない何かにすごく心を引き寄せられる・・・
そして、
こんな風に『もっと聴きたい!』と思わせるアーティストが
今までいただろうか?
 
わー、すごい!!
『Crescend Time Lover』(クレッシェンドタイムラバー)
というアーティスト名、きっと覚えておこう〜
私の中では、今まで好きだった福山雅治と同等ランクとなりました。 
次回は、きっとCDを買おう! 
 
そう思っていたら、いつも参加している団体から
クレッシェンドタイムラバーが、ライブをするよ、との一報が。
CDを全国発売したことを記念してのライブに
喜び勇んで、ちぃと一緒に行きました。
 
早速CDも購入しようと思ったら、
なんと!その日CDを購入した人には、曲のプレゼントの応募用紙が!
 
そんなこんなで、結局、ちぃの名前で応募したら、めだたく当選し、
その時に作ってくれた曲が、『マカロニ』。
 
ちぃのイメージ通りの元気な曲かと思えば、
もっと内面の部分を歌ってくれて・・・
私達家族の思いに寄り添って作ってくれた曲は、
彼らだからこそ作れたんだと思っている。
表現する「ことば」をどれだけ知っていても
人の気持ちにより添えなければ、こんな曲は作れない。
 
ちぃもまた、「ことば」は知らなくても、
曲のかもし出す世界は、誰よりもよくわかる。
彼女もすごい!と私は思っている。
 
自分の曲だともよくわかっているようで、ちぃも大好きな曲。
そして、この『マカロニ』を3人で歌ったら、もっとステキになったことが
きっかけで、クレッシェンドは3人になったそう・・・
 
ちぃは、毎日、ずっと聴いている。
他のCDが流れていても、
マカロニの入ってるMDに自分で切り替えたりして・・・ 
 
リビングの中で、優しい空気がずっと流れている・・・
 
posted by イムニー at 21:40| Comment(0) | 『マカロニ』にまつわる話

2009年05月21日

コンサート情報

ちぃの「マカロニ」の曲を作ってくれた
クレッシェンド・タイム・ラバーが
解散ライブを行います!
 
今月の23日(土)午後6時からです。
 
え?
解散するのぉ〜?
とびっくりすると思うし、私もびっくりしたけど
きっと、また、いつか3人で歌ってくれることもあると思います。
 
でも、一旦解散するということなので
みんなでライブに行きませんか?
 
ちぃと一緒にいると、
音楽って、すごいなーと思います。
 
歌って、うまいだけではダメなんだということも
すごく感じられるようになりました。
 
3人の歌は、お世辞抜きですごいよ!
「あ〜。もっと聴きたい!」
って、ほんとに思うんだから・・・
 
すごい!っていうのが
どれくらいすごいかと言うと 
初めて葉加瀬太郎のバイオリンの演奏を聴いた時に
わーすごい!と思ったり、
福山雅治の曲を聴いて、
きゃーすごい!と思ったのと同じぐらい。
 
以前、サポートメンバーの田中あきひろさんが
ギター演奏を披露してくれた時にも
同じように「わぁ〜すごい!」と思ったけど、
彼は、フィンガーピッキングコンテストで
やっぱり日本一になっちゃったんです。
今や世界をかけめぐるほどになっています。 
 
そういう「すごい!」ってことです。
心に響くというか
あったか〜いものに触れられるというか・・・
 
だから、騙されたと思って、
みんな、23日は、ライブに行こう〜(^^♪ 
歌はもちろん、人柄も素敵な方々なので、
ぜひ、お会いしてみてください。
 
ちなみにその田中あきひろさんは、
クレッシェンドのサポートメンバーさんで、
彼も一緒に演奏します。
 
ライブの詳細は、
Crescendo Time LoverのHPで
ご確認ください。
 
当日ちぃがうるさいかもしれないけど、
お許しを〜〜
posted by イムニー at 00:29| Comment(0) | 『マカロニ』にまつわる話

2009年05月24日

ライブに

ちぃとお父さんと私とで行って来ました。

オープニングアクトの八重葉さんの歌の時から
ちぃは、前で踊る踊るるんるん

ビデオ撮影や写真撮影していた方々
ごめんなさ〜い!

昨日は、このブログを読んで
それで『マカロニ』のCDも購入されたという方に
お会いしました。

クレッシェンドの曲を生で聴いたのは、
初めてだったのでしょうか???

いきなりTシャツも購入して
ライブで着てくださっていました。
うれしい出会いです。

どうもありがとうございます。
ライブはいかがだったでしょう?

私が、クレの歌を初めて聴いたのは
『ホッパー』と『トモダチ』の曲だったと思います。

『トモダチ』は、手話をつけて歌うのですが
たまにテレビなどでそういうのを観ることがあるけど
なんとなく耳の不自由な人のために

『やってあげている』
というのを感じられ、

違和感を感じていた。

でも、池口さんの優しい語りは、
とても共感が持てて
言葉ではうまく説明できないけど、

たぶん初めて、違和感を感じなかった。 
だから、そのことにも、彼らと初めて会った時に
実は、私はすごく感心(感動?)していた。 
(彼らにとっては、
ごく当たり前のフツーのことだから
こんな風に書くことも失礼かもしれないけど) 

コミュニケーションって、

口でしゃべろうが、紙に書こうが
たとえ言葉が使えなくても
どんな手段だっていいもんね。
相手に思いを伝えたいと思って、
そして、相手の思いを知りたいと
互いが思えば、それだけできっと成り立つ。
どんな手段だって、
一番大切なのは、言葉よりも思い。 

言葉のないちぃもまた、
私たちと会話する。 
私に何かと伝えようとしてくれることは
とてもうれしい。 
(なかなかわかってあげれないんだけどね。)
 

池口さんの手話で行う語りに
多くの人が共感できるのは、
相手に伝えたいという思いがあるから。

相手を思いやり、
相手と対等の立場で語ろうとする姿勢があるから。
ごくごく自然に・・・

言葉のないちぃは、心で

そんなやわらかさを感じていたよう・・・
 
そして昨日、
ちぃは、
生まれて初めて
ライブハウスに行きました。
 
これも、
言葉ではなんとも表現しようがない。
感謝の気持ちを通り越しているぐらいの
感謝! 
 
昨日
会場に来られていた人は、
きっとあまり気にされてないとは
思うけど、
 
ほんとは、
これって、
今の日本では、
すごいことです。
 
走り回る、
声を出す、
ステージのまん前で
踊る踊る・・・娘。
 
そんな子を
ライブハウスに
連れていくことなんて
いくらプラス思考の親だって
やっぱり考えないだろう。
 
それを
ごく当たり前に
フツーに受け入れてくれることに
感謝です。 
 
かとちん、池さん、にょんにょん、
田中あきひろさん、
Eijiさん、
八重葉さん
そして、会場の皆さんも
本当にありがとうございました。
 

posted by イムニー at 13:02| Comment(2) | 『マカロニ』にまつわる話