2014年07月29日

夏休みに入って…

すっかり更新頻度が減って申し訳ないです。
夏休みに入りましたが、
昼間の事業所さんはお盆休みしかないので
ちぃも、退屈せずに元気に過ごしています。

母の私の方は、
自分の時間が少し減ったものの
学校への送迎がないので、
少し気が楽で、のんびり過ごしております。

まあ、晩は、相変わらず長い夜で、
お風呂に入る回数が増えたり、
かき氷を食べる回数が増えたり、
あれやったり、これやったり、
お決まりのパターンが色々あって、
それに付き合うのは、ちょっと大変ですが、
それでも、学校がない分、全体的には早く寝てくれています。

パパは、今年もたくさん夏野菜を育ててくれていて、
すでにたくさん収穫できました(^_^)

今月は、荒川の桃を購入に行き、
おいしい桃を、たんまり食べましたよ。
まだまだ桃のコンポートなんかは、
冷凍してストックしてありますヽ(´▽`)/

近所の盆踊り大会へは、
今年も浴衣を着せて、出かけたちぃ。
大喜びでした。

とはいえ、まだまだ夏本番は、これから!
めいっぱい楽しみたいと思います。

毎日、暑いですが、
皆さんも、どうぞ体調こわさないように、
夏の思い出たくさん作りながら、
暑い夏を乗り切ってくださいねー(*^_^*)

posted by イムニー at 14:29| Comment(2) | 共に学び共に育つ教育

2014年07月03日

北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会

知的障害のある生徒の高校進学に関する学習会の案内が届いていたので、
ここでもお知らせします。

大阪府の教育委員会の方が実際に来られて、
「知的障がい生徒自立支援コース」「共生推進教室」の説明をしてくださいますので、
関心のある方は、ぜひ参加してみてください。
どなたでも参加可能なので、
参考にしてみようと思われる他府県の方でも参加は可能です。
(ただし、大阪府のみの制度です。)

------------------------------------------
10441200_672983222787162_4242515202934421103_n.jpg10464190_672983562787128_4379043058267906302_n.jpg


第23回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会
みんなといっしょに高校へ!

2014年7月19日(土)午後1時30分~4時30分
場所:島本町ふれあいセンター 3階第4学習室
講師:大阪府教育委員会首席指導主事 島津邦廣さん
  豊能地区進路保障協議会事務局次長 齊喜慶三さん
(話を聞いた後、個別の進路相談にも応じます)

じっくり聞いて、みんなで考え
しっかり、進路を決めましょう!
障害があっても、点数をとるのが難しくても、府立高校に入れるの?
障害が重くても大丈夫?どんな方法で受検できるの?
「受検時配慮」って何?入学してからも「配慮」はあるの?
「知的障がい生徒自立支援コース」って「手帳」がいるの?
「共生推進教室」って何?倍率は?選考基準は?筆記テストは?
卒業後の進路は支援学校高等部の方が、たくさんあるんじゃないの?

参加費:無料 手話通訳あります
主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会
協力:大阪府教育委員会
協賛:障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議
  高校問題を考える大阪連絡会
後援:能勢町教育委員会 豊能町教育委員会 池田市教育委員会 箕面市教育委員会 豊中市教育委
員会 吹田市教育委員会 摂津市教育委員会 茨木市教育委員会 高槻市教育委員会 島本町教育委
員会

島本町ふれあいセンター
〒618-0022 大阪府三島郡島本町桜井3-4-1
TEL
075-961-1010

JR島本町から徒歩約7分600m
阪急水無瀬駅から徒歩約15分1.2km
posted by イムニー at 02:34| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

2014年07月01日

高校でのインクルーシブ教育の実践

以前、関西テレビの『スーパーニュースアンカー』の番組で、
松原高校の実践を特集されていました。
http://www.ktv.jp/anchor/today/2014_03_27.html

(松原高校についての話は、当時、その同級生だった方からの話を聞いたことがあり、
番組を見ての記事を書きかけていました。
ただ、途中までになっていて、今頃の投稿になります(^_^;))

平野先生の言葉で
「何も知らずに松原高校にきた生徒たちにとって、なぜ入試で不合格になった生徒が松原高校の制服を着るのか、自分の友達だって不合格になっているのに。あるいは、なぜ障害のある子がそういうふうに普通高校で学ぶんだというような気持ちを持っている生徒もいた。だから、運動がどういうことかというと、そういう生徒たちを説得していくというか、そういう仲間とともに暮らしたらもっといろんな学びがあるよとか、当たり前に生きていくってことはみんなにとってもとても大切なことじゃないのかとか、そういうことをクラスとか学年に広げていく意味合いがあった」
ということ大きく頷いてしまった。

『障害のある子もない子も共に』という場は、
今は、まだ全ての人が当たり前に思っているわけではないでしょう。
普通校に行っても
楽しいことばかりが待ってるわけでもないし。

もしも理解のない先生たちの中に放り込めば、
そこで何度も話し合い、先生方を説得し続けるのは、
最初は保護者の役割でもあり、
そもそも、それの繰り返し〜。
仲間がいなくて、一人で話し合うことのしんどさ、
それだけの言葉も必要であれば、心労にもなる。
学校、先生方と対立することなんてできないのだし。

でも、なんでそこまでするのか?というと・・・
周りにいる子どもたちが、当たり前の一人の人として、
当然ながら同級生として接してくれる姿、
そこから展開されていくドラマは、大人になった自分には考えつかなかった
ことがたくさんあって、心打たれていくんですね。
(先生方ともそれらを共有していくことになります。
あ、ちがうな。
先生方こそ、それらを先に体験していかれて、
理解ある先生たちが盛り上がって、理解なかった先生へも
理解が広がるという感じかなぁ〜?)
以前、コメント欄で、たくさんの反論やご批判をいただいた時に
『皆さんにも、体験してほしい!』とお伝えしたことがあったのですが、
(そこでも反論されましたが(^_^;))
体験してみないことには、それ、言葉で伝えることが難しいのだなぁ〜。
だけど、「あ〜、こういうことか!」と目からウロコだと思います。

私自身が、かつて障害のある同級生と一緒に過ごして
彼女のことを大好きだった感情も、
ゆっくりゆっくりと蘇ってきて、その時の私の感情とちぃの周りで支えて
くれた友達らの感覚が、私には交錯しています。

そして、もう一つ理由があります。

障害のある子が授かった時、親は、
我が子の将来を必死で考えますよね?
そして、我が子が小さければ小さい時ほど、
我が子だけを見つめます。
将来の不安、今の社会で我が子が一人になった時、
そのことを見据えて、
我が子に何か一つでもできることを多く身につけさせたい!
そう願わない親は、ほとんどいないと思う。
私も最初はそうでした。

でも、ひとつ、ふたつ、みっつと
できることが増えたら、それでいいのか?と私には疑問がわきました。
できることが増えることは、もちろん嬉しいよ。

だけど、やっぱり将来だって、
誰かに支えられて生きていかないといけないのじゃないかと?
助けてほしい、
わからない、
教えて欲しい、
代わりにやってほしい、
それを伝えられる力が、どこに行っても必要になるのね。
就職するにしても、そのコミュニケーション力が
一番必要になると言われます。
施設でもそうですね。

福祉従事者が不足している、
福祉事業所が不足している、
障害者雇用が進まない、
そんな声も、娘の支援学校時代には多く聞きました。

大阪でも足りているわけではないですが、もっと不足している他県も多いかと
支援学校卒業後に在宅になっている人も多くいる地域の報告も聞きました。
で、それを行政になんとかしてほしい!
と要望するだけで、ホンマにええのんかな?

松原高校の生徒たちにとっては、
障害のある子の進路については、
本人と家族だけの問題、或いは障害のある人たちだけの問題ではなく
学校の生徒たち皆の問題として、皆で考え、動いてられたのね。
それが、大切なことじゃないかと思うんです。

だって、
そんなん家族の問題やわ、と今も思ってるとしたら、
親がいる間は、家族の問題として、親も頑張ればいいけど、
親がいなくなった時、障害当事者だけの問題となって、
本人ひとりで困ることになるやん?

障害のあるなしに関わらず共に過ごしてきた中で、
自然と障害福祉に関わる人も育ってくるし、
そういう地域ほど、福祉事業所も作られきているのが現状です

学校の中も、社会の中も、
いいことばかりだけじゃなくて、問題が起こるのも当たり前で、
人が集まれば、ぶつかり合うことも当たり前で、
それでも、いろんな人がいることで、傷ついたり、助けられたり、
悲しかったり、喜んだり、悔しがったり、おかしかったり、いろんなことが起こって、
それが、また成長にもなり、
自分の問題は、皆の問題になっていき…

それは、結果的に障害者の問題だけに限らず、
他の様々な問題にも意識がいくキッカケにもなり、
社会の抱える問題に、自分も社会の一員として考え意識していく
ことにも繋がっていくんじゃないか?と。
だって、公立の学校には、本当に色々な家庭環境の子どもたちが
通っているのだから。

個人ではどうにもならない課題を一緒に考え、意識していく子どもたちが
やがて大人になった時を想像してみたら、きっとその方がいいなーと思うのです

そして、
誰かに支えられて生きていくのは、障害のある人だけじゃない。
誰だって、一人じゃ生きていけないでしょ?

松原高校の生徒たちは、きっとそんな風に、
障害のある人の問題に取り組んできたけれど、
おそらく障害のある友達だけに意識が向いていたわけじゃない。
障害のある友達を大切に支えあっている学校の中では、
その瞬間瞬間で一番しんどい子のことを、
皆で支え合うことが当たり前になっているようです。

ついでに言えば、
そんな周りの人たちに囲まれていると、
結果的に、障害のある子も、すごーく成長します。
友達がやってることを真似て、訓練では身につかなかったことまで
やってのけるようになるんです。
そんな報告をたくさん見聞きしてきました。

そういえば、ちぃも、昨日、初めて夜のプールに入ることができました。
(これまでは、プールサイドに置いたビニールプールでした(笑))
底がどこまでの深さなのかがわからなくて、すごく怖いのだけど、
皆が入ってるので、ちぃも入りたかったようです。
(介助員さんが、一緒に水着になってくださり、
それで、安心できたようです。ありがとうございます。)


さて。
今年の1年生の中に、障害のある人の理解がなくて、
ちょっと困ったことがあったようです。
卒業生が、ちぃをかばって、めっちゃ怒って知らせてくれたそうです。
(どうもありがとうねー)

明日は、私も1年生にちぃの話をさせていただくことになりました。
こうして、一人でも多くの人にちぃを知ってもらえること、
とてもありがたいです。
私たち親がいなくなるまでの間、ちぃの知り合いや、
障害のある人も同じ人なんだ、と理解してくれる人を
たくさん作りまくりたいと思っています。

それにしても、
すでに道を作ってくださっている先輩たちの後を歩くだけなんて、
ちぃにとっても、本当にありがたい。
それでも、普通高校を受験する勇気はない、と思われたとしたら、
せめて小学校の入学ぐらいは、地域の学校へ入学してみたらいいのに、
と思います。
特に重度といわれる子の方が、地域の小学校に向いているように思います。

  
posted by イムニー at 11:05| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

2014年06月22日

丸焼けになって、おいしそう〜(汗)

すっかりご無沙汰しておりますが、
3年目の高校生活も、楽しく過ごしています

遠足や体育祭は終え、ナイターでのプールの授業も
先週からスタートしています。

ちぃは、4時間ある授業の全てを、きちんと教室で過ごしているわけじゃなく、
大きな声を出すとき、調子の悪い時なんかは、
別室へ行ったり、校内を軽く散歩したり、保健室へ避難(?)したり、
それから、よく行くのが、藤棚の下です。

藤棚の下は涼しいけれど、そろそろ蚊が出てきて、虫刺されもします。
アトピー用に、お医者さんに処方してもらったお薬や
或いは、保湿用にホホバオイルを持たせているので、
虫よけスプレーも、肌に負担がかからないように手作りしてみました(^_^)
10458595_534601326666039_2068025532034620304_n.jpg

最近、お友達の影響も受けて、
入浴剤以外に、アロマを利用することが多くなってきています。
化粧水の作り方も教わり、今、使っています。
(それが、ビックリするほど気持ちいい〜)

で、庭に、ミントの葉が茂ってきては、いつも草抜きに追われる程なので
今年は、その葉を利用しての虫よけスプレーです

たまたま入浴剤作りに購入してた精油が柑橘系の香りで
その一つのレモングラスも虫除けになるそうなので
ミントの葉以外に、レモングラスの精油も入れてあります

それで、金曜日に学校へ迎えに行くと、
その日は、火災が起きた場合の避難訓練があったそうで。
でも、ちぃは、避難訓練に参加できなかったらしく。
それで二人の介助員さんから
(まだ20代の若い二人が交代で介助員をしてくれています。)

「あ〜あ。ちぃちゃん、ハーブとレモンの香りするし、
おいしく焼けたなぁ〜
「ちぃちゃん、おいしそう〜。
などと言っては、笑ってられました。

そうです!
ちぃは、避難できなくて、逃げ遅れ、丸焼けになったという設定です(笑)

最近、ちぃにも、手作り化粧水も試しています。
これが、ちぃには、なかなかの保湿効果持続となり、よい感じです。

晩には、お友達の作ってくれた安眠できるための
ルームフレッシュナーを使ってみたり・・・。

毎日、ちぃは、いい香りに包まれています。
というわけで、いつもおいしそうなちぃです(^_^)

posted by イムニー at 15:55| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2014年05月28日

展覧会で、少しジェラシー?!

先日、お友達の息子さんが絵画の展覧会をされたので、
三宮まで行ってきました。

午前中はちぃを事業所に送りに行ったりとバタバタしていた為に、
自宅を出るのが遅くなり、
駐車場も満車が多くて、その周辺におれる時間は1時間程。
(4時にちぃが事業所から帰ってくるまでの間を利用してだったので〜。)

先に、南京町へお昼を食べに…
KIMG3324.jpg
実は、私、南京町って初めてでした。

最初に食べたのがコレ↓
KIMG3326.jpg
おいしそうだったのに、冷めててガッカリ〜(ーー;)

有名な豚まん屋さんは、たくさん人が並んでた〜
でも、せっかく来たのだからと並んで…
(どんどん時間なくなる〜〜)
KIMG3342.jpg
めっちゃおいしい!
また食べたい!!

キムチ冷麺とちまき〜
KIMG3331.jpg
おいしかったけど、ここでも出来上がるまでに時間がかかり…
ぎゃ〜〜。
友達の絵を見る時間あるんかい?( ̄◇ ̄;)

ギャラリーまで車で移動したもののそばに駐車場なかったので、
もう探す時間もなかったので、
結局、パパには車で待っててもらって、
私だけが…

帰る時間が迫っていて、ゆっくり観れなかったのが残念だったけど、
思ってた以上に、すごく素晴らしくて…

私も子どもの頃から、美術とか図工とか大好きで、
人物を描くのは下手だからキライだったけど、
モノや風景とか描くのは好きで、
デザイン画とかも好きだったので、
実は、少しその方面への大学への進学も憧れたことがあって…
(結局、文系へ進んだけどね)

昨日、作品を見せてもらった時に、
なんかウズウズしてしまった。

なんというか作品に圧倒されて、
こんなステキな絵を描けるようになるんだぁ〜、
と、
絵画教室に通ってられることに少し嫉妬してしまいました(笑)

だからといって、
自分には絶対にマネできない作品作りや彼らの感性にも、
嫉妬というか、すごいな、と思いました。

例えば、バラの花だったかな?
大きな用紙一面に、モザイクのような柄を描き、
一つ一つの枠内をすごくすごく丁寧に色を塗ってあるのね。
それだけでも、めちゃくちゃキレイだし、めっちゃ時間かかったんだろうな〜
手間かかったんだろうな〜と、思えるわけ。

ところが、
用紙の端っこを少しだけ残して、
その上から、大きなバラ?を大胆にも描いてあるの。
時間かけたモザイク柄のほとんどを塗りつぶしてあるのよ。

それが躊躇なく出来ちゃうことが、
彼ら彼女らの作品を生き生きさせている理由なのかもしれない。

塗ってみて、
やっぱり塗らなきゃよかった、
とか、違う色のがよかった、
とか、
もっと薄くしたらよかった、
とか、
そんなことは考えないんだろうか?

たぶん、その瞬間瞬間で、
これがいい!
と思いながら描いてるんだと思いました。

いや、そんなことも考えずに、本当に楽しんで描いているのかな?
きっと、彼ら彼女らは、上手に描こう!というよりは、楽しんでるんじゃない?

もし、私が絵画教室とやらに通って、
ずっと描き続けていたとしても、
彼らを超えることは無理なんだと思い知り
(そうやって、彼らと比べる私も私でしょ?(笑))
こっそり軽くショックを受けて、
そうショックを受けたことが、でも、すっごく嬉しくて、
絵を描くのが大好きな自閉症の人やダウン症の人らは多いけど、
やはり彼らって、本当に才能があるんだ〜と思えたのです。

そして、何よりも
絵画教室のプロのアーティストでもある
マシュー先生のお人柄を感じることができて、
そんな先生の下で絵を描いていることにも、
少し嫉妬してしまった気がしました(笑)

いいなー。
そんな先生なら、私も習ってみたいな〜。

チラシにマシュー先生の言葉が綴ってあります。
その中には
『私が育てているアーティストの方たちは、みんなそれぞれ素晴らしいアートの世界を持っています。
私は、彼らの個性をとても尊重しています。
その素晴らしい世界を是非多くの方に見ていただきたいと思います。』
と記されていて、
アーティストのお父さんから話を聞いていると、
本当にマシュー先生って、
彼らの個性を、とってもとっても尊重していることを感じたのです。

言葉で『尊重している』と言うのは簡単だけど、
それ実践できている人ばかりじゃないのを、私、知ってるから。

そして、私から見ても、
本当に、誰が一番素敵だとか、
どの作品がいいとか、
比べようがないぐらい、
どの作品もどれもステキなアートになっていて、
それぞれが独自のしっかりした個性を持っていて、
その個性の違いを見るのが、とても楽しかった。

先のバラの花の作品は、
私は、その下にもあるバラ?の作品が気に入り、
やっぱり黒っぽい色を上から塗りつぶしている、ということでしたが、
それが本当に素敵にバラ?を浮き出させていて、
ディズニーの『美女と野獣』に出てくるバラの花が実在しているかのようでした。

(あ、塗りつぶしているといっても、
先のモザイクにしろ、うっすらであったり、かすれたりしては
最初の柄も見え隠れしているんです。)

ほかにも、電車が好きな人が電車の絵を上手に描いていて、
やっぱり上から、いろんなカラフルな色で塗りつぶしてあったりして、
それがまたステキなアートになっていました。

電車の横には、船が好きな人の船の絵が。
それも、やっぱり上からドバーッと塗りつぶされているのだけど、
電車も船も、ちゃーんとその姿が、やはりわかるのです。

ただ、しっかり原型が出ている絵よりも、
上から塗りつぶした効果によって、絵にすごく深みや動きが出ているように感じました。
電車が好き!船が好き!
その作者の思いや、楽しんで描いている姿までが浮かんできて、
彼らの好きな乗り物が、一番格好よく輝いてる姿を表現しているのでしょう。

で、お友達の作品なんですが、彼は一番大きな作品を描いてられました。
(画用紙何枚分でしょう?)
KIMG3336.jpg

彼は、アニマルを描くのが得意で、
いつもどんな動物も笑顔なんです。
それがとてもコミカルで、見ると、ついつい笑みがこぼれてしまうというような作品。
色使いがすごくカラフルで、今回の作品は、左右対称に描かれていました。
ところどころ、左右違うところもあって、それもいい味になっています。

フェイスブック上では、時々、彼の学校でのノートを見せてもらうんですが、
学習サポーターさんにノートテイクしてもらっているようですが、
歴史上の人物の肖像画など、
教科書に乗っている絵や写真を彼自身がイラストで描かれていて、
とってもステキなノートになっています。

そのイラストも、やっぱりコミカルな感じになっていて、
見れば、きっと誰でもほっこりします。

まあ、彼の存在そのものも、周りの人をほっこりする力があるので、
それが素直に、彼の絵に表現されているんだな〜と、思っているのですが。

それにしても、そんな風に人に影響与える作品が作れるって、
とてもステキでしょ?

で、大作すぎて、完成していないのだとかで、
毎日、ライブお絵かきもされていたそうです。
私が行った時には、作品の前に色鉛筆などが転がっていました。
KIMG3335.jpg
それもまたアート〜

こちらも彼の作品です。
色がキレイでしょ?(見えないかな?)
KIMG3338.jpg
もっと細かく写真撮らせてもらってくればよかったなぁ〜。

こちら↓の作品は、昨年、ニューヨークでも展示されていたんです。
KIMG3337.jpg
これまた、高さ2メートルぐらい?1.5メートルぐらい?デカイ作品です。

また、別のお友達で、立体的なモコモコの絵を描いてあった作品も、
どれもとってもかわいくて美味しそうなものが沢山並んでいました。

ブロッコリーが、本物のブロッコリーみたいにモコモコしてるんですが、
私が欲しかったのは、宇治金時のかき氷です。
うちの和風コーナーに飾りたい!
(知り合いではないけど、了解を得て、あれもこれも写真撮ってくればよかったです。)

あ、でも、販売はしてないようです。
レンタルになります。
(ちぃがいる家庭には、恐れ多くて、飾っておけませんが。)

今回の展覧会は、

「障がいのある方の絵画作品のレンタルを目的とした展覧会」。

マシュー先生のメッセージとして
「私の夢は、障害のある方たちが、自分で描いた絵で自立できる様になることです。
その為に障がいのある方たちの絵のレンタルの活動をはじめました。」
ということです。

1ヶ月500円から。
6ヶ月単位だそうです。

今回の展覧会は、もう終わってしまいましたが、
また、今後もお知らせできるようなら、ブログに掲載していきたいと思います。

今は、障害のある人たちの作品としての評価もあろうと思いますが、
いずれは、障害がある人ではなく、
一人の人として、世に出てくるアーティストたちかもしれません。
そのぐらい、皆の作品はステキでした。

ステキすぎて、本当に嬉しかったです。
まだまだ10代の若い人たちですから、これから先が、とっても楽しみです。

みんな、がんばれー!!
  

  
posted by イムニー at 15:53| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

2014年05月19日

ワインがススム、ススム(^-^)

障害のある子が学校で仲間と共に過ごしていると、
例えば、訓練や療育では、ちっとも身につかなかったことが
すんなりできるようになった、というような話は、
私の周りだと、よく聞く当たり前のことなのですが、

まさかアラフォーを過ぎて、
自分をめぐって実感するとは思わなかったです(笑)

私自身が、今、高校の同級生らで、Facebook上のやり取りをしています。

確か、一番最初にできたのは、マラソン部じゃなかったかな?
一人の友達がマラソンをしていて、それに刺激を受けた人たちが
少しずつ走り始めて、合同で練習するようになって、
マラソン大会に出場したり、駅伝に出場したり、
皆、思い思いのペースで走っています。

数ヶ月で、42.195キロを見事完走する人たちも出てきて
本当にすごいなぁ〜と、これまた、そのことにも刺激を受けたり…。

そういや、私がスポーツジムへ通い始めた時に
ランニングマシンを利用し始めたのも、
そんな友達らから刺激を受けたせいでした。

それから、次から次に部活動と題した活動は広がって行きました。

登山を始められた方たちがいて、
美しい景色は、いつもおすそ分けしてもらっています。
高校生と違うところは、皆大人なので、
次から次へと、グッズやウエアも揃っていきます。
そんな様子を画像で見せてもらえるのも
本当に楽しい!

英語の勉強を始めた人が、順に検定も合格していくと、
それに刺激を受けた人が、また新たに英語の勉強を始め出したり…

和装好きな人達が、
浴衣パーティやら、京都への遠足やら企画してくれて、
何年ぶりかで浴衣を着たり、
お正月にちぃに着物を着せようと思い立ったのも
私自身が今年のお正月に袖を通したのも、
やっぱり彼女たちのおかげです。
ちぃの成人式に関しても、随分と相談に乗ってもらいましたし。

部活動は、なんでもアリというか部だと言ったもん勝ちというか
スイーツ部があったり、たこ焼き部があったりします(笑)

要するに、何でもかんでも、その道の得意分野の人が
ほかに興味ある友達にも教えてあげるー!という感じでしょうか?

主婦同士は、夕飯のメニューだってそうです!

新しいメニューを教えてもらっては、メニューの幅が
どんどん広がっていっています。

抹茶の情報交換も多いな…(笑)
皆がよく集う喫茶店では、
抹茶メニューが増えるまでになってるし…

子どもの頃も、一緒に学校生活を送りながら、
知らず知らずの内に、こうやって刺激し合ってたんだろうなぁ〜と、
思えてきます。
だから、学校生活って、やはりその時間や場を一緒に
共有することって、本当に大切なんだろうなぁ〜。

そうして、
ワイン好きな人たちも多くて…
って言っても、本当はワインなんかなくても、
皆で集うのが楽しいのだけどね。

外へ飲みに行くことが容易ではない私のために、
友人のお一人が、なんなら自宅まで行くよ、と言ってくれて、
それから、我が家での飲み会もスタートしました。

今は、年に2回のペースですが、
今回、その3回目のワインパーティーでした。

以下が持ち寄りメニュー。
(お友達が撮ってくれた写メです)

10352759_635246229895226_7520925933127416631_n.jpg

10373842_635246053228577_8589935520955831967_n.jpg

10274227_635246126561903_8919993734182778927_n.jpg


10389019_635246096561906_3742170578852262316_n.jpg

10175059_635246116561904_1239708970381195346_n.jpg

10384222_635246063228576_8056791755038359717_n.jpg

10155542_635246079895241_8388663126306092307_n.jpg

1176198_635246176561898_4062845251661821442_n.jpg

10312139_635246156561900_2807878164201614983_n.jpg


10299933_635246199895229_13190569212007733_n.jpg

ほかにスイーツも色々ありました(*^_^*)

いくつになっても
皆で集えば、気分は当時と同じ高校生です。

「笑い声が遠くまで響いてたわ(笑)」
あとから来た友人に言われて
慌てて、全ての窓を閉めました(^_^;)

10人で集まって、全く飲まない人が2人。
今回は、ちょい飲みの人も含めた8人で、9本のボトルが空きました。
ジュースも含め、ボトルを並べてみました〜
10291296_518310961628409_562859578580643326_n.jpg

楽しかった〜
来てくれた皆さん、どうもありがとう!
posted by イムニー at 21:00| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

2014年05月10日

この週末だけの限定公開です。

GWも、それまでも、
色々画像も残してあります。
なのに、なかなか更新できなくて…(^_^;)

3日前も、ちぃは、記録更新で、
朝の8時過ぎまで起きていました。
夜通し起きてたんです(°д°)

なのに、一昨日は2時まで起きていて
昨夜ようやく12時前に寝てくれました。
もうね、首絞めそになるわ…(←ウソです)

とにかく、私も昼間は用事があるので、
夜中寝れないのは、苦痛も苦痛で、フラフラです(>_<)

さて。
障害のある子もない子も一緒に、同じ教室で学ぶ実践をされている学校は
大阪にはいくつかあります。
今は、私の感覚では、先生方は子ども達と向き合う時間を奪われていて
昔に比べたら、てんやわんやしている印象を持つ学校も多くあります。

そんな中、関西テレビで放送され、
第9回日本放送文化大賞 準グランプリを授賞された
『みんなの学校』というドキュメンタリーを、
ぜひ、多くの皆様に見て欲しいと願っています。
大阪市内の大空小学校を丁寧に取材されています

そして、その大空小学校を取材し、ドキュメンタリーを制作された
真鍋俊永さんが、
月刊Journalism 4月号特集「教育はどこへ行くのか?」
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=15820
の中で
『多様なふれあいがみんなの成長に
橋下市政の足元で見つめる教育改革』
と題して記事を書かれています。

5月号が出たということで、この週末だけ
「みんなの学校プロジェクト」というフェイスブックページで
公開されています。
(週末を終えると、友達限定にもどされるということです。)

よかったら、ぜひ、この機会にお読みください。
私自身が、ちぃと毎日学校へ送迎しながら、
子どもたちに関わりながら感じてきたことが、そのまんま
眞鍋さんの文章にあらわれています。
涙が出そうなくらい、しっくりきます。
多くの皆様に読んでいただければと思います。

記事は、(1)から(9)までに分かれていますので、
下の方から順に読んでみてください。
  ↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006087731239&fref=nf

上記が見れない方(スマホからは無理みたいな…)以下からなら読めるかも?


また、よかったら月刊Journalismのご購入もどうぞ〜
4月号は、以下から購入できます。
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=15820

さて。
すでに何度か放送されていますが、
47分の、ぐっさんがナレーションをしているバージョンの「みんなの学校」再放送は、
7月26日土曜日28:00〜28:55、
2回目が来年の3月8日日曜日27:00〜27:55だそうです
(放送時間の変更もあり得るとのことです。)

ただし、私のオススメは、90分バージョンの方です。
47分のは、様々なことが凝縮されているせいで、
なんとなくしんどく感じてしまいます。
でも、それは、映像として短時間にまとめる為に、ゆる〜い部分が映し出されて
いないからだと理解しました。
ナレーションの言葉で、様々な事柄をフォローされています。
私は、その言葉だけでは、ほんまかなぁ〜?と思ってしまいました。
でも、90分枠のを見て、それら全てナレーションの言葉が、ほんまやん!と理解できました。
本当にステキに取材されています。
学校もステキ!でも、これこそが当たり前の学校の姿だと感じられます。

その90分枠版は、
岡山放送さんでも放送されることが決まったそうです。
6月1日(日)の深夜の予定です。
( 近くなるまでに変更となる可能性もあります。)

 岡山県・香川県・徳島県のみなさま、 よろしくお願いします。
http://www.ktv.jp/minnanogakkou/index.html


教育関係者の皆様にお知らせしたいので、
以下の日本ブログ村(教育ブログ)バナーのクリックにご協力ください。
(記事のランキングが上がれば、閲覧者が増えるのです。)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました(*^_^*)

   
posted by イムニー at 08:02| Comment(0) | 共に学び共に育つ教育

2014年05月02日

歯が痛くて…

新学期が始まる前、
ちぃは、左の歯が痛くて痛くて
久しぶりに大きなパニックになりました。

夕方から激しい自傷になり、
歯が痛いだろうに、こちらも、必死で押さえつけて、
結局、あっちもこっちも痛かったろうと思うものの、
少し落ち着いたらお風呂へ直行し、
そして、また出てきてパニックになり・・・
なんてことをしていたことがありました。

本当は、近所の歯医者さんで
痛み止めだけでも出してもらいに行きたかったのに、
パニックとお風呂が続いて
診察時間というか、受付時間が過ぎてしまいました。

まあ、診察そのものは
一般の歯科だと、今のちぃには無理なのですが。

翌日、市の障害者歯科をやっている曜日だったので、
予約してなかったけど、なんとか受診できることに・・・
結局、大きな虫歯がありました。

その後、機嫌よくしていたのだけど、
何週目かに受診した直後から、また、痛み出して・・・
その頃には学校も始まっていたので、
学校でもご機嫌斜めだったようです。

さすがに次の障害者歯科の日は一週間後のため
翌日に、近所の歯医者さんへ行き、
診てもらって、痛み止めをいただきました。

歯茎が腫れているとのことでした。

それから、数日したら落ち着いてくるかと思いきや、
なかなかスッキリしません。

そして、昨日、またまた診察の日。
痛みがあったことを告げ、
レントゲンを撮ってもらうと、
今回治療していた歯ではなく、
その横の2本の歯がひどいことに・・・
(その2本も銀歯をかぶせていたので、見た目にはわからなかったの)
で、とうとう抜いてもらいました。

治療を終えた直後から、ゲラゲラ笑って上機嫌です。
ここ何日も、ちょくちょく歯が疼いてたんじゃないかな?
痛みがなくなったんだろうね〜。
今まで、長いこと、痛みと戦ってたのかな?
かわいそうだったなぁ〜
まあ、食事は、いつもと変わりなく食べてたけどね。

とりあえず、しばらく歯の治療に通います。
ちぃも、歯医者さんには、随分と慣れました。
虫歯にならない方が、本当はいいのだけど、
お医者さんに慣れてくれることは、ちょっとホッとします。

眼科の方も、年に数回、定期検診に通っています。
パパも仕事を休んで来てくれるので、安心です。
眼科の方は、予約時間に行っても、
1時間ぐらい待ったり、点眼してから待ち時間が長かったりと
まだまだ慣れたという感じはないなぁ〜。

それでも、定期的に通っておくことで、
いざという時に少しでも対応しやすくなるかな?という思いです。

障害のある人のお医者さん通いは
本当に大変だもんね。
posted by イムニー at 01:26| Comment(2) | 天使の(?)ちぃちゃん

2014年04月14日

家飲みを楽しむ為に…(^_^)

ちぃがガイドさんと、その事業所のお花見に
久々ロングで出かけた土曜日は、
ワインの試飲会へ参加してきました。

パパ二日酔いで、もう飲まない!と言ってましたが、
無理やり連れていきました(^_^)

ちぃが春休みの間、
パパは仕事が忙しくて、
毎晩の帰りは遅いわ、土日や祝日も出勤ばかりだし、
土日まで帰りが遅かったりでした。

でも、4月に入っても、飲み会で遅くなることが続き…
パパは、難なく飲みに行けるけど
なかなか飲みに行けない私は、当然、家飲みが多いわけです。
そういうわけで、付き合っていただきました。

KIMG2680.jpg

こうして、時々、お取り寄せして
家飲みを楽しんでいます。
けど、購入する以上は試飲しないとねぇ〜

しまったなぁ〜
パンとチーズを持っていくのだったなぁ〜(笑)
KIMG2681.jpg

おいしいのを選びましたよ〜(^_^)

で、特においしかったのが、コレ↓
KIMG2682.jpg

真ん中の白いラベルのワインは
なんかね、
ノーベル賞授賞式後の晩餐会で出されたワインだそうです。

これは、思わず笑みがこぼれるぐらいおいしかった。
ワインについては、ど素人ですが、
酸味、甘味、渋み、苦味のバランスがすごくいいやん、
というのを私でも感じたなぁ〜

でも、左にある瓶の方が、お値段はもう少し高いんです。
赤ワインなのに、甘味がすごく強かったです。
もちろん、そこらの甘口ワインのような軽いものではなく、
濃厚な味や渋みもあって、その上で甘いんだから、
おいしいのはおいしいだよ。

でも、もちろん手が出ません。
とはいえ、これらは、レストランで出されたら、
3倍ぐらいの値段がするので、こちらで購入するのは
お得なんだけどね。

それなりのお値段のを
ちょこっと箱買い(?)して、満足して帰ってきました〜

こうして、家飲みも十分楽しめまっす(^_^)
posted by イムニー at 14:46| Comment(2) | ライフスタイル

新学期がスタートしました(^_^)

すっかりご無沙汰しています。

実は、このさくらネットのブログの投稿が
最近うまくいきません。
何度も投稿途中で、記事が消えてしまい…(T_T)

まぁ、長い春休みは、
夜が長いのに、ちぃにPC向かうと怒られるので
更新なかなかできないでいました。
(ちぃのいない昼間は、遊びに行ったりしてるので〜(^_^;))

そんなちぃの新学期は、先週から始まりました。

ちぃ担当の先生は、今年も馴染みの先生が担当してくださいます。
でも、教科でお世話になった先生方の多くが異動になってしまい、
先生方に、これまでのお礼を言えなかったことが
とっても残念に思っています。

もしも、このブログを覗いてくださっている方がおられたら…

今まで、本当にありがとうございました!
先生方が、ちぃの気持ちをよく考えて下さったおかげで
ちぃにとって、とっても過ごしやすい学校生活でした。
いつも可愛がってくださり、ありがとうございました。

教頭先生にもご挨拶できませんでした。
(昨年退職された入学時の校長先生もそうだったんですが。)
一年下で入学されたお友達の子は、
初対面の人に、なかなか心許すことなかったのに、
教頭先生と会った時に、先生の手を自分から握り締めたとか。
前の校長先生もですが、優しいお人柄がにじみ出ていました。

どなたもご挨拶できませんでしたが、
心から感謝しています。
ありがとうございました(^_^)

ちょっぴり寂しいスタートですが、
新しい出会いにワクワクもしています。

今年の遠足は、神戸だそうです。
今日から、ちぃが楽しみにしている給食も始まります!
残り半分の学校生活が、益々充実していきますように〜(*^_^*)
  
posted by イムニー at 12:10| Comment(2) | 定時制高校でのエピソード

2014年03月24日

それは普通のことだから

ちぃの終業式は14日でした。
それから随分日が過ぎてしまったけど…

通知票には、「2」だけじゃなく、「3」も記してくださり・・・
そして、記述式のも・・・

終業式の後に、二人の担任の先生が懇談してくださいました。

通知票を見せていただき、
「どうですか?」
と聞かれたので、
そこには、各教科共に、
ちぃが「できたこと」をびっしり記してくださっていたので、
「わー、大変なのに、ありがとうございます。」
と伝えると、

「いえ、そんな大変じゃないですよ。」
と言ってくださる先生。

あのね、
もうそれだけで、泣きそうになるわ。

そして、
入学してから、
ちぃの自傷がグンと減ってきたことがありがたくて、
学校だけではなく、昼間の事業所さんもそうだけど、
ちぃの周りの先生やスタッフの方々が、
みーんな、ちぃの気持ちに寄り添って
ちぃに接してくれているせいが大きいことを伝えると、

「まあ、それは本人の力が大きいと思いますよ。」
と言われるので、
具体的に、こんな風に接してくれていてありがたいんだ、と
つまり、一人の人として向き合ってくださること、
しかも、とても丁寧に向き合ってくださっていることがありがたいと
伝えると

「いえ、それはフツーのことですから。」
と、(そんな当たり前のこと言わなくても〜的に)言われる先生に、
なんだかとっても嬉しかった。
posted by イムニー at 12:31| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2014年03月10日

甘えた〜

先週か先々週ぐらいから、
ちぃは、明け方頃になると
急に私の布団の中に入ってくるようになった。

シングルの布団に二人で寝ると、もちろん狭く
その上、ちぃは、掛布団から自分ははみ出だないように
布団をしっかり自分に引き寄せるものだから、
その分、私の体の一部は、布団からはみ出す。

そもそもが、日常的に寝不足なだけに
その上、布団はがされたりして
これで、風邪引かないわけがない!

ということで、しっかり私だけ風邪引いてしまった〜(;_;)
熱が出ても、一緒にお風呂に入ったり、
洗濯物たためー、アイロンかけろー、お茶入れてー
は、ちぃにとっては、もちろん、いつものように〜(~_~;)
そして、夜遅くまで、起きているちぃ。

最後に、また、布団の中に入ってきたりされるから
とりあえず掛布団は沢山用意しながら・・・

一度、私の布団に入ってきたので、
私は、ちぃのベッドへ移動〜

ちぃは、私の体温であったまったお布団の中に入れれば満足するんだろう、
と思ってた。

でも、違って、
私がベッドへ移動したら、ちぃもベッドへ。

結局、シングルベッドというか、パイプベッドに二人で寝るハメに…
ベタっとくっついてくるだけじゃなく、
腕枕をせがんで、もう片方の手も、ちぃを抱き抱えるような姿勢に…

どうしたんかなぁ〜?
すっごく甘えてるよね?
何か不安な思いを持ってるのかなぁ〜?
寂しい?
心細い?

でも・・・

母は、1時間が限界やわ(>_<)
狭くて、重くて、息苦しくて・・・

というわけで、
いっぱい抱きしめたあとは、
結局、晩遅く寝てるのに、早起きするハメに・・・

そうこうしつつ、
なんとか風邪、治ってきました〜(^_^;)
posted by イムニー at 09:53| Comment(2) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2014年03月03日

春は目の前〜&単位取得について〜

庭の小梅の花が満開になっています。
KIMG240801.jpg

去年は、赤紫蘇やショウガも
パパが庭で作ってくれたので、
それらを一緒に漬けて、おいしい梅干しになりました。
KIMG2411.jpg


ちぃの学校は、先週でテスト期間を終えました。
テスト期間中は、ほとんど1時限だけなので、
送迎する時間考えると、私の方は、なんとも落ち着きません。
それでも、ちぃにとっては、事業所からまっすぐ家に帰ってくるよりも
楽しいみたいです。

テスト期間、ちぃはテストを受けていません。
1年生の最初の頃に、先生方が話し合ってくださり、
ちぃには、一般の生徒と同じテストは設けない。
教科ごとに、担当の先生の判断で、
必要ならば、ちぃ単独に別課題のテストを考えてくださるということとなりました。
今は、別室で、テストではなく別課題をして過ごしています。

単位については、ちぃに限らず、どの生徒に対しても、
半分以上の出席で、5段階評価の「2」の成績がもらえます。
テストの成績や、その他の要素によって、さらに成績に加点されていくという仕組み。
でも、成績に「2」がつけば、その教科の単位は取得できます。
なので、出席日数をクリアしているちぃは、少なくとも単位が取得できます。

ちぃにとっては、出席することは簡単なことですが、
他の多くの生徒たちにとっては、それこそが難しいことのようです。
誰だって、仕事帰りに英会話教室とかスポーツジムなどへ
《毎日》通うことは大変だもんね。
まして45分×4時限もの授業〜
もちろん、昼間働いている人ばかりでもないのだけど…


で、今日からはテスト休みで、あとは終業式に登校すると春休みです。
3名おられる介助員さんのお一人(学生さん)は、
この春から他県の支援学校で先生をされるそうです。
きっとステキな先生になられると思います。
ちょっぴり寂しいけれど、もちろん応援しています。

少しの不安とたくさんの希望や期待を持っての旅立ちかな?
春は、それぞれの人の心の中に、様々な思いが交錯しますよね。
 
  
posted by イムニー at 11:16| Comment(0) | 定時制高校でのエピソード

2014年02月27日

生活リズムがぐだぐだ〜〜

ごくたまに(たぶん、1ヶ月に1度あるかないかぐらい)、
ちぃは、10時を過ぎた頃に寝てくれる。

朝もゆっくり寝ていたはずなのにな、という休日に多いかなぁ〜?

今週は、昨夜は2時半頃に寝て、
その前の日は、6時すぎ(もう朝よ!)に寝て、
その前の日は、3時半頃に寝て、
その前は、5時半とか、5時前とか・・・

もうね、
すごく元気で、びっくりする〜〜(@_@;)

眠いのに寝れなくて、機嫌が悪いとかじゃないのよ。
めちゃくちゃ機嫌がよくて、
ニコニコ笑って、歌いながら?(声出しながら)、
夜中の2時や3時を回っても
踊ってたりするんよ。

で、明け方頃に
お風呂に入ってしまったりしながら・・・(>_<)

パパが、今仕事が忙しくて、
2月の土日のほとんど出勤で、休みがない。
平日は、帰ってくるのが11時をまわるので、
かといって、朝もわりと早いので、
そうでなくても休息が取れていないので、
少しでも睡眠取れるように

だから、最近は、
強制的にリビングで寝ている私とちぃ〜(;_;)

パパが家を出る時間は、
私も爆睡していることも多いけど、
特に6時前に家を出なきゃいけない日は
こちらも気にしている。
ちぃが5時前にようやく寝ても、
パパ、寝過ごせへんか?と気になって、
5時半に目覚ましをセットして起きてみると、
やっぱりパパ寝過ごしている〜〜(ーー;)

パパを起こして、
いつもの電車に乗れるように
駅まで車で送って行く。

そして、そのたった10分程、家を出ている間に
これまた生活リズムがぐちゃぐちゃのお兄ちゃんが、
たまたま、そんな時間に起きてきて、
たった一枚しか残っていないちぃ用の食パンを焼いていた〜
(ちぃ以外の人には、ご飯炊くつもりで、準備してあった〜)

もうね、
すでに睡眠不足だけで発狂しそうな私!
残り一枚なら、当然、ちぃに優先順位があるのは、
お兄ちゃんもわかっている我が家の暗黙のルール!
(焼いてから気づいて、パン皿に置いてあった〜
でも、冷めたら食べないことあるのよ〜(ーー;))

お父さんを送った後に、
土鍋でご飯を炊こうと思って用意してあったのに〜〜
なんで、そないタイミングが悪い?

ああ・・・(~_~)
posted by イムニー at 15:26| Comment(2) | 悪魔の(?)ちぃちゃん

2014年02月16日

ホワイトバレンタインデー☆

各地で大雪の被害も出ているようで、
大変な思いをされている方もおられるかと思います。
どうぞ、ご無事に過ごされますように・・・

大阪は、14日の朝、雪遊びをするのにちょうどいいぐらいの雪が積もりました。
1912145_469810656478440_412403582_n[1].jpg

その日の朝は、ちぃの事業所さんから連絡をいただき、
お迎えには行けないとのことで、
お昼頃に、マイカーで送っていきました。
家の前は、かなり積もっていたので、車で行けるかな?
と少し心配だったけど(タイヤはスタッドレスです。)、
前の道を抜けると、ほとんど車道の雪は溶けていました。

この日は、ちぃのお医者さんへの予約もしていたので、
そのまま車で行こうか?迷いつつ、雪がまだ降ってきていたので、
帰りに道が凍結するなんてことになっても困るので
市駅前の駐車場へ入れて、
そこからバスと電車とタクシーで行きました〜。
行きしなは、たっぷり2時間位かかりましたー(^_^;)

帰ってきてから、作りたかったミッキー雪だるま作ってみました(^^♪
DSC01279.jpg
顔はない方がよいかな?と思いつつ・・・

顔も試してみると・・・悪くはない?(笑)
DSC01284.jpg

あー、ミニーちゃん作れなかったなぁ〜と思いながら、
ちぃの学校へお迎えに行くと・・・
KIMG2346.jpg
おーー!
ミニーちゃんがいた〜〜☆

隣の子もミッキーにしといたろ!(笑)
KIMG2347.jpg
作っていたら、ちぃと介助員さんがやってきて、
お一人の介助員さんが作られたミニーちゃんだったことが判明!

翌日まで溶けずに残っていたら、
昼間の高校の人たちにも喜んでもらえるね〜(?小学生じゃないか・・・)

で。
その日、ちぃは調理実習でした。
備蓄米とブラウニー作りだとか。

ブラウニーは、バレンタインにちなんでなのでしょうね〜
(先生ナイス!)
その上、私たち家族の分までお土産を頂いてしまいました。
KIMG2351.jpg
フェイスブックで、お友達手作りの美味しそうなチョコケーキやブラウニーを
見ては、食べたーい!と思っていたら、願いが叶ってしまいました(嬉)
とっても美味しかったです〜

前日、今年も、ちぃとチョコを作りました〜
(溶かして固めるだけなので、作ったという程ではないけど・・・)
1924815_469816609811178_717902761_n.jpg

母が先に作っておいたトリュフチョコと一緒に〜。
これは、事業所の皆さんへ。
1920243_469816563144516_1565511494_n[1].jpg
チョコ苦手な人もおられるようで、申し訳ないです。
でも、もらっていただけるのが、嬉しいのです。

翌日も雪は残っていました。
やっぱり自宅でも、ミニーちゃん作ってみました〜
KIMG2357.jpg
頭だけだけど・・・(^_^;)

posted by イムニー at 10:22| Comment(0) | 天使の(?)ちぃちゃん

2014年02月06日

これって、二重行政?で、サービス悪ならへん?

橋下さんが、市長を辞職し、また市長に立候補するという。

彼の掲げている二重行政解消の為の大阪都構想とやら。
それ、さっぱりわからないのは当然で、
まだ説明書又は設計図が完成していないからだとか?

で、4案あったものを1案に絞って設計図を作りたいのだけど、
各党に反対されて、4案のまま議論しましょう〜と言われた。
でも、1案で進めていかないと、夏までには完成しない〜

その反対されている法定協議会を乗り越える為には、
民意に後押ししてもらいたい。
だから、選挙を行うんだそうです。

ふーむ。
乗り越える為に選挙を行う・・・
え?誰が乗り越える為って?!
《橋下さんが》乗り越える為ということ?!

「どうやって解決するか?というと
選挙をするしかないじゃないか!」って・・・
え?誰が解決する為って?!
《橋下さんが》解決する為にということ?!

あのお〜、
他の議員さんたちも、皆、選挙で選ばれた人たちなんだけどなー。
賛成と反対の意見を出し合って、折り合いをつけていくのが
議会じゃないのん?
一人の個人で決めることじゃないよね?

スケジュールを夏までに、とか、決める必要あるんかな?
「民間では、」とか、「ビジネスでは、」とすぐ言うけど、
商品開発しているのとは話が違うし。
反対意見が多数あるということは、それだけ反対されるような内容ということも考えられる。
だったら、押し通す必要も、もちろん乗り越える必要もないやん。
そもそもスケジュールに合わせて、大阪の未来を決めて欲しくないわ。
急いでもいいものはできひんよ。

「最後は、住民投票で決めるんです!」
と、堺市長選から、そればっかり〜。

最後に住民投票で決めるんやから議論はし尽さなくてもよいとでも思ってみたいな・・・?
賛成意見と反対意見とで、議論し尽くして、
最終的に、ホンマにこれええでー!
と、議会の皆さんらが自信満々になって提示してくれてから、

それで、ようやく、
「ホンマにー?ホンマにええもんなんかー?」
「でも、政治家だけで決めるなよなー!」
ということで、住民投票したいと思うのが
民意なんじゃないのかな?
説明書作って説明してくれて、それで住民投票ってだけじゃ、
やっぱりわけわからん人多いと思うよー。
今の段階で、住民投票自体をしたいと思ってる人、
あんまりおれへんでー。

そもそも都構想なんて、賛成する人多数じゃなかったら、
反対する人とトントンやったら、
やってみて失敗したら、どーすんねん?!と思うしね。
お金はかかるわ、住民サービスボロボロになるわ、
でも、もう元にもどせへんわ、
そんなことにならない為にも、ホンマにええもんやったら、
時間かけてでも、前に進むと思うけどね。
というか、時間かけてよ。
大きなことを決めるんやから。

WTCを大阪府が買い取った時も、
そこに府庁を移転するとか言いながら、
(85億円で買って、改修費用にも何十億とお金をかけてきたとか?)
ボツになってたやん。
それで、また、選挙に6億円?
その後も、自分の意見通らなかったら、
また選挙していくわけ?
一人の意見で、ガンガン進めることじゃないやん。

選挙も大事やけど、
話し合うことも大事やよね。
いや、それこそ民主主義やん。



ま、言いたいことは、それじゃなくってー。
二重行政って、そもそも何?
ホンマに無駄使いになってるのって、何?

大阪市の支援学校を府立とすることになった。
それって、ええことしたぞー!と思ってるんだろうなぁ〜。

障害児の親の立場なら、府立よりも地域密着型の市立の支援学校の方が
とってもありがたいのになぁー。

特に、地域で共に!と全国的に叫ばれるようになってきた今の時代に
わざわざ府立の支援学校になるっていうのは、
時代に逆行しまくってるやん〜

いや、私自身は、支援学校より地域の学校を充実させた方がいいやん!
という意見なので、どうでもいいといえばどうでもいいけど、
でも、それでも支援学校を好んで選ばれた保護者の方々の気持ちを思うと、
市立の方が、絶対安心なのになぁ〜
と思っていたら、案の定そういう心配の声が上がっていました。
http://www.osaka-shikokyo.com/_src/sc576/957B88DA8AC78Es8FE18BB390BA96BE.pdf
そらそうやわー。

だから、急がず慌てず、現場の意見も聞いて、議論もしっかりしていかないとね。

たぶんね、大阪市立の支援学校に通っている保護者の方々は
府立の支援学校のことをよく知らないから、
府立になって何が変わるん?と思う人もいるかもしれないけど、
(でも、不安は大きいでしょうね〜)
今、府立の支援学校に行ってるお子さんの保護者なら、
まず大半の人が、市立になったら、大喜びだと思うよー。
それだけ課題は多いんだから。

医療的ケアの必要な生徒さんにおいては、
大阪府の支援学校では、親の付き添いを求められることも多い中、
その上、スクールバスに乗せてもらえないのよ。

それから、この↑PDF文書に載せてはおられませんが、
いつ来るかわからない災害の準備として、
大阪府立の学校になると対応できないことがたくさんあるよ。
私は、それは、結構深刻だと思うけどなー。
他にも、府立だからこその課題がたくさんあったよ。
市立だったら解消できるかもなぁ〜?ということがあったよ。
特に小学部や中学部が府立って、結構しんどいのよ。

財政的なことにばかり固執しないで、
本来の住民の幸福に繋がるサービスについて、
もっとよく考える必要があると思うんだけどなぁ〜。

中学校給食だって、急ぎすぎるから
結局、不満足なものになってるやん。

学校選択制も、先行して取り入れた他県の自治体は、
デメリットが多すぎて、どんどん見直してるというのに、
何を今さら・・・?と思うし。

公募校長もボロボロやん。
公募するのが悪いわけやないのに
選び方は悪すぎるんちゃう?
時間かけずに、ええ加減に決めてたんちゃう?

民意、民意、と言いながら、
結局のところ、よくわかってないねんから〜。

ついでに言えば、
財政的なことを考えるなら、障害のある子ども達が
もっと当たり前に地域の学校へ入学できるように
うまくやってる学校をお手本に見直すべきだと思う。
(あ、でも、何年か前には、
医療的ケアの必要なお子さんが通う市立の学校へは、
看護師さんの配置をするようにもなりました。
その予算の半分は、大阪府が出してるよ。
市と府と、そうやって財政的に協力しあえるやん。)


そういえば、大阪府と大阪市は、
『障害者』という言葉の表記の仕方を『障がい者』としたんだよね。
当事者からの意見だと言われていますが、
現実には、その保護者の方たちからの意見だったようです。
(障害児の親の中には、自分は当事者だといいますよね・・・でも、当事者ちゃうで!)

この表記の仕方を変えたことで、喜んでられるのは、
当事者に関わる周りの方々であって、
障害当事者の方で、これ喜んでる人って、私は聞いたことがないんだよね。
気持ち悪い、とか、不快だ、とか、そういうご意見なら、
たっくさん聞いたことあるけどー。

ちなみに、私も、公的な機関がそう使用するのは、かなり気持ち悪い。
うちの市で、そんな表記の仕方を変更しようものなら、
皆、大騒ぎで、大反対されるだろうなぁ〜。
ま、それ市役所もわかってるから、まず表記の仕方を変えたりはしないでしょうけど。

なぜだかわかる?
結局、わかってないのよ。

(もちろん、個人的にそう使用されている場合には、気にならないですよ。
それぞれの感じ方があるだから。)

民意、民意というなら、
もっと周りの意見を聞いて、慎重に物事を進めるべきだと思います。
せっかく改革しようと思うなら、今よりいいものにしてよね。
ひどくなったら、元も子もないやん。
posted by イムニー at 12:06| Comment(0) | 街をTDRにしよう〜

2014年02月05日

TDR旅行〜最終日

最終日も、ギリギリまではお部屋でのんびり〜
その為、荷物を預けるのにも時間がかかりました。

それでも、開園時間までには準備も整って、
フロント前へ。

前日、車椅子でゲートまで行くのが、かなり遠かったので、
1階のホテル側のパーク入口から入園させてもらえないか?
と聞けば、10分(?)遅れてなら可能とのことで、
そのままフロント前で待っていました。
ところが、ちぃには、それがわからないから、
他のゲストが、どんどんと昨日のゲートの方向へ向かっているのを見て、
「早く行くー!」
と騒いでいました(^_^;)

入園前から、押したり引いたり、筋肉痛なりそうやし!(ーー;)

入園してからは、
昨日、シェリーメイとしか写真を撮れなかったので、
またまたケープコッドの方へ。
ダッフィーと写真を撮りました(^-^)
DSC01168.jpg

そして、昨日見れなかった
10時40分からのハピネスグリーティング・オン・ザ・シー♪
DSC01174.jpg

DSC01186.jpg

KIMG2166.jpg

アトラクションに全然行ってないので、
ここらで、ちぃの好きなタワーオブテラーへ。

ちぃは、元々エレベータが好きで、
でも、普段のエレベータとは違うやん!とか思うけれど、
昔、タワーオブテラーができて初めてシーへ行った時に
最初から、めっちゃ行きたがって(テレビ番組見て、知ってたみたい・・・!?)
一度行ってからも、また行きたがったので、好きなんだ〜とわかった。

40分待ちぐらいだったかな?
ファストアシスタンスカードを見せて、待ち時間分、
列に並ぶのは免除してもらって、前の広場のベンチに座って待っていました。

おばあちゃんは、一旦、休憩しに行くと、ホテルへ。
お父さんは、その付き添いへ・・・

そして、彼らが登場〜(^-^)

KIMG2184.jpg

KIMG2185.jpg

お兄ちゃんは、ファンカストーディアルを探しに行きました。
女性の方がおられたそうです。
DSC01191.jpg

ファンカストーディアルというのは、清掃員なんだけど、
いろんなパフォーマンスをしてくれるんです。
詳しくは、動画がいっぱいあります。
http://video.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%AB
ゲストが、ショーを待っている間や列に並んで退屈していたら、
楽しませてくれる方が多いです。

で、
怖さ倍増していたタワーオブテラーは、
めっちゃ怖かったです。
さすがのちぃも、若干怒ってい気がします(笑)

その後、おばあちゃんらは休憩から戻ってきて
アメリカンウォーターフロントでのショー
『テーブル・イズ・ウェイティング』へ。
こちらも初めて観るショーなので〜〜

待ってる間、『もなか抹茶ラテ』〜♫
KIMG2199.jpg
ポップコーンは、ちぃのバケツには、ミルクティー味が入ってるので、
お兄ちゃんご希望の、ソルト・ブラックペッパー味です(^-^)

もなかの中からミッキー出てきました〜
KIMG2171.jpg

やがて、ショーも始まりました〜
DSC01200.jpg

さて。
トイストーリーマニアは、シューティングゲームと聞き、
それほどの興味が湧かないものの、
せっかくなので、行ってみることに。
狭そうだし、車椅子ごと乗れるなんて思ってなかったのだけど、
最近は、すごく進化しているんですねー

キャストさんも、その専門の担当者に代わってから説明を聞きます。
そして、別の入口へ。
KIMG2201.jpg

車椅子用のマシンが90度回転します(格好いい〜)
そして、先に車椅子を乗せて、固定〜
KIMG2204.jpg
車椅子を固定したら、また、90度回転させてから
一般的な扉を開けて、車椅子を利用していない人も乗ります。

奥に見えているのが、一般のレーンです。
ゲームを終えて、帰ってきた人たち。
KIMG2213.jpg
このあと、床が回転して、この乗り物もあちらのレーンへ行きます。
(この乗り物は前後に人が乗ってるんだよ。)

詳しくは、下記参照
https://www.youtube.com/watch?v=yyuPmAQquUM

シューティングゲームよりも、
自分が回転したことに感動して、楽しかったです(笑)

そして、また少しお買い物してから、
買い物し忘れのものを買いに、ディズニーランドへ移動〜
DSC01212.jpg


もう一度、スターツアーズ行ったけど、
ほとんど1回目に乗った時と同じ内容でした(ーー;)

ちぃは、最後にお約束のアイスを食べて、
KIMG2220.jpg

その後は、帰るのやだ〜!
と怒ることもなく、ゲートを出ました。

楽しかったー

ちなみに、アトラクションって、それだけ?
と思われるかもしれませんが、
パークをお散歩しているだけで、楽しいんですよね。

昔は、お兄ちゃんが、あれ乗る!これ行く!とせわしなかったけど、
今回、お兄ちゃんも、そんなに言わなかったし、
おばあちゃんの車椅子をずっと押してくれていて、
ちぃも、やっぱり楽しんでくれたし、
でも、何度もお風呂入るー!と騒がなかったし、
帰る時も全くぐずらなかった。

皆、それぞれ大人になったんやなぁ〜と感じた4日間でした。

この先、4人でも、そうそう旅行には行けなくなってくると思いますが、
家族で何度も行くことができて、よかったなぁ〜。

ゲストの為に、いつも心を込めて迎えてくださるキャストさん達。
ディズニーの精神には、本当にたくさんのことを学ばさせていただきました。
きっと、ちぃとパパと私とでは、
これから先も、時々遊びに行くと思います〜(^-^)

posted by イムニー at 13:12| Comment(2) | 共に学び共に育つ教育

TDR旅行〜3日目

ホテルミラコスタの朝の風景〜
1389304005049.jpg
そのうち、作業用の車が行き交い、
水上では、ボートが、リハーサル等行い始めます。

朝食はこちら〜?
1389304796937.jpg

この日は、もちろんシーへ。
入園時間の少し前に、ホテル宿泊者の入口へ並びます。
が、早めに行かなかったのに、寒い!
先に、私とちぃが列へ。

パパとお兄ちゃんは、車椅子のおばあちゃんと
階段ではなくエレベータ?スロープ?のある場所まで
ぐるりと遠回りして来たので、
ゲートの方に来るには、かなり時間がかかりました。

列が動き出した頃、まだパパが来なくて不安になったのか?
ちぃは、怒り出してました(^_^;)
ゲート前にお兄ちゃんとおばあちゃんを残して、
ようやくパパが来てくれると、ちぃは、ホッと一安心〜
一般の人達が、入園前に、心ザワザワ焦る気持ちが、
ちぃにもあるんだなぁ〜と思って、面白かった〜(笑)

この日は、10時30分からガイドツアーを申し込んでいたので、
それまでに少しの時間があるだけ。
ということで、キャラクターグリーティングへ〜〜

私の好きなデール〜
1389315456528.jpg

チップは、ドナルドとふざけ合っていました(笑)
1389316571449.jpg

ケープコッドまで行って、シェリーメイと記念撮影〜
1389316559709.jpg
ここまで来るのも、車椅子では大回りでかなり時間かかってました。
(もちろん、ちぃに対しては最短距離で移動することを心がけます。)

一旦、ゲート前にもどって、ガイドツアーです(^-^)
1389318732066.jpg
ちぃは、とってもニコニコです(^-^)

ガイドツアー始まりです。
1389318524192.jpg
知的障害があるちぃ。
車椅子のおばあちゃん。
そして、耳の不自由な方が一緒に参加でした〜

ガイドさんはもちろん動じることなく、
耳が不自由な方も、口の動きで、言ってることがわかるから、ということで
できるだけその方のそばで、その方に口が見えるようにおしゃべりされていました。

今回のガイドツアー参加で、
初めて、ホントのオレンジが生ってることを知った〜
ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテのお店の横(庭?)です。
1389319510463.jpg

1月なのに、チューリップもキレイね〜
1389319688605.jpg

アラビアンコーストまで来ると、ジャファーが私たちのツアーにやってきました〜(>_<)(笑)
1389320728873.jpg

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジに乗れるはずでしたが、
しばらく待っていたけど、結局は、車椅子用の船が回ってこなかったみたいで
後ほど、ゲストの皆さん各自で行っていただけますか?
となりました。

トイレ休憩は、こちらのお店の前で〜
1389323624576.jpg
やっぱり、ついつい集合時間までは、お店の中にも入っちゃうわけです。
お隣のケープコッド・クックオフ(ダッフィーのショーが見れるレストラン)は
しばらくお休みされていました。
新しく改装?されていたようで、今、とってもかわいいよね?(^-^)

その後、アメリカンウォーターフロントでは・・・

00effect_backup.jpg
ここで、ミッキーと記念撮影〜(^-^)
家族一人ずつ手持ちのカメラで写真を撮って、
その後、プロのカメラマンさんに、
家族全員での写真を撮っていただきました〜

最後に、タートル・トークです。
タイミングが悪かったのかして、すぐに入れるわけではなく、
結構、ここでも待ちました。
1389326143007.jpg
こちらも、私たちには初めてのアトラクションです。
ここでも、最初から、ちぃと一緒に一番後ろで立ち見をさせていただきました。

でも、ここは、座っていても大丈夫だったなぁ〜と。

結局、シンドバッドでお船に座れず、トイレ休憩時も座らずに
お店の中を見て、タートル・トークでも立ちっぱなしだったので、
ちょっと疲れました〜(^_^;)

お腹がすいていたけど、お昼のショー開始時間も迫っていたので、
お兄ちゃんにひとっ走り餃子ドッグを買いに行ってもらい、
ショーを待つ間に食べました〜

ショーは、ツアー参加者の専用鑑賞エリアで見せていただきましたが
寒かったから、お部屋で見た方がよかったかも?(^_^;)
1389337477884.jpg

ようやく食事ですが、もう3時やし(^_^;)
KIMG2134.jpg

このあとは、ほとんどお土産タイムとなりました。
この日は、閉園時間が6時半と早かったのです。

お疲れのおばあちゃんは、お父さんと共に先にお部屋へ。
ちぃと私は、ミニーちゃんには会いに行ってきました〜(^-^)
(ん?お兄ちゃんは、どこ?)
IMGP3473.jpg

その後は、パパとお兄ちゃんと合流し、
夕食を購入〜。
1389346047981.jpg
見にくいけど、タコスみたいなのには、ご飯(ピラフ)も挟んであります。
お米も欲しいし・・・(笑)

トランジットスチーマーライン(船)に乗って、
ロストリバーデルタから、アメリカンウォーターフロントへ戻りました。
ファンタズミックが、水上から見え、幻想的でした。

その後、ホテルの部屋が戻りますが、
最後にクラムチャウダーと、翌日の朝食も購入〜
1389347479884.jpg
リトルグリーンメンは、チョコやストロベリーの入ったお饅頭です(^-^)

さて。
7時半からは、ディズニーチャンネル10周年を記念した
プライベート・イブニング・パーティー
ガラス越しなので、うまく映ってないけど・・・
WELCOMEの文字がわかるかなぁ〜?
プロメテウス火山に映し出されていました。
1389351805537001.jpg

ディズニーチャンネルの人達が、船に乗って挨拶に来て、
その後は招待客だけに、ファンタズミックが公演されていました。
もちろん、私たちもお部屋から楽しみました(^-^)

ショーが終わった頃、ホテルの方にお願いしていたのが、
この旅行期間にお誕生日を迎えるおばあちゃんへのケーキとお花〜

KIMG2154.jpg

今回、バースデーチケットも用意していましたが、
もうひとつの私たちからのサプライズです(^-^)

IMGP3474.jpg
ケーキについてるチョコは、一瞬にして、
ちぃに食べられてしまいました(^_^;)

この日も、楽しい時間は、あっという間でした〜

そして、この日も、ちぃは、無理にお風呂に入ろうとしなかったので、
今後の外泊が楽になりそう・・・
やっぱり疲れていたので、11時過ぎには寝たと思います。

(最終日へ続く)

  

posted by イムニー at 11:57| Comment(0) | ライフスタイル

2014年02月04日

TDR旅行〜2日目

2日目の朝です!
お部屋からの眺め〜
1389223804786.jpg

リゾートラインは、お部屋の目の前です!
1389224040258.jpg

さて。
この日は、当然、ランドの方へ。
ホテル宿泊者は、15分前に入園できます〜
1389239567753.jpg

まずは、モンスターズ・インクが開演前からやっているとかで、
そちらへ向かうと、

キャラクターが続々と帰ってきたよ(^-^)
1389228807354.jpg

1389228814930.jpg

モンスターズ・インクのアトラクションは、
あいにくのトラブルで、動いてなかった〜


で、早めにスターツアーズに入場させてくれるとかで
スターツアーズへ。
1389229428888.jpg
3Dメガネは、ちぃは、大キライ!
ちょっと怒ってます(笑)
もちろん、このあとは、外してました。
(元々、左目見えてないし・・・)

新しくなったスターツアーズ、なかなか面白かった〜
54通りのパターンがあるそうで〜


イッツ・ア・スモール・ワールドは、ちぃのお気に入り〜
1389231651888.jpg

プーさんにも〜
1389233497700.jpg

1389233640439.jpg

お父さんがおばあちゃんをホテルまで迎えに行ってる間に
再度、3人でスターツアーズに乗ったら、
さっきと最初っから最後まで全く内容が違っていて、ビックリでした〜(^-^)


で、
おばあちゃんが来てからは、
30周年のパレードを〜

パレードルートで待ってる人を楽しませようと・・・
わかるかな?デイジーのイラストです。
1389242383543.jpg
ファンカストーディアルという清掃員のキャストさんが、
雨上がりに、水たまりの水をつかって、ホウキで地面に描いたもの。
この日、デイジーの誕生日だったから、それで、デイジーのイラストだったんでしょうね〜


昼食時は、食べ物を買ってきてもらってる間に机に突っ伏しているちぃ。
やっぱり眠いんやん!(^_^;)
KIMG1956.jpg


フィルハーマジック〜♪
こちらも初めて〜〜
1389246503770.jpg

ちぃは、途中で立ち上がるかもしれないので(音楽鳴ったら、踊りだすかも?なので)
一番後ろの座席へ案内してもらいました〜
いや、立ち見をさせてもらったんだったっけかな?
1389246485817.jpg
ちぃの場合、頭デカすぎて、帽子が上に乗ってるような感じになってた〜(^_^;)


新しくなったシンデレラ城も初めてだよ〜
中は、博物館のような感じ〜?
1389249063347.jpg

ガラスの靴を見っけ!
1389249454232.jpg

そして、
ワンマンズ・ドリームUのショーを見ることに・・・
1389252450102.jpg
ちぃは、一番後ろの端っこで、後ろに壁がある座席に・・・
これなら、立ち上がっても、後ろに人がいない〜


モンスターズインクのアトラクションがやっていたので〜
1389258368541.jpg

1389235472049.jpg

1389258546482.jpg
終了〜。
楽しかったよ。


30周年のデコレーションがキレイ!
音楽と共に、電飾が変化しました〜
1389261801602.jpg

アレコレ乗らなくても、
行ったことないアトラクションと30周年のイベントだけで
我が家は満足〜〜

そして、ホテルミラコスタへ移動です(^-^)
かなり大金はたいてます(@_@;)
おばあちゃんにもスポンサーになってもらいました(^_^;)
1389276062783.jpg

この窓の外の眺めが最高です(^-^)
KIMG2036.jpg

パパの職場のお友達がワインとおつまみ持って、遊びに来てくださいました〜
飲み会が始まりました〜(^-^)
1389267545540.jpg
閉園時間が早かったので、夜は長い〜(笑)


といいつつ、
お友達もそれなりのお時間に帰られて、
ちぃとお風呂に入って、おやすみなさい〜

この日のちぃは、部屋に入るなりお風呂へ、ということはなかったので、
ホッとしたよ。
修学旅行でも、ちゃんと決まった時間に入ってくれそう・・・かな?

晩も、12時前に寝たと思うー(^-^)

(3日目へ続く)
  

 
 
  

posted by イムニー at 20:21| Comment(0) | ライフスタイル

TDR旅行〜1日目

ようやくです(^_^;)

すっかり遅くなりましたが、
TDR旅行記を、私たちの記録としても記しておきます。

毎回、大阪からマイカーで行っています。
行き始めた最初の頃は、パパ一人で運転をし、
やがて、私も交代して少し運転するようになり、
今回は、お兄ちゃんがかなりの戦力となりました。

また、いつも夜中に車を走らせていたけど、
今回は、朝から出て、昼間にゆっくりSAで、おいしいものを食べよう〜!
ということになりました。
今回、おばあちゃんも一緒に行ったしね!


まずは、浜松ぎょうざ〜
KIMG1750.jpg

KIMG1747.jpg
味はあっさり?!


ここはどこ?静岡?
1389148408525.jpg

抹茶デザート〜
KIMG1757.jpg

黒はんぺんのおでん〜
KIMG1763.jpg


富士山は、雲にかかって見えず・・・残念・・・(^_^;)
1389150081566.jpg


駿河湾沼津〜
KIMG1793.jpg

桜エビとシラスどんぶり〜(パパとおばあちゃん)
1389151428149.jpg

ちぃは、桜えびラーメン♪
1389151438278.jpg
画像ではわかりにくいけど、海老ワンタンもたくさん入ってて
ちぃは、大満足〜

お兄ちゃんは、桜えびのかき揚げとそば〜
1389151820258.jpg
桜えびとしらすのいなり寿司は、私の注文〜
ちぃのラーメンも少しいただいた〜

食事の後に、ちぃを連れて、トイレへ・・・
右側の女性と男性と子どものマークって、何???
1389153529768.jpg

わ〜お!
KIMG1786.jpg
手前に車椅子用の便座があるんだけどね。
ベッドもあったかな?
もちろん手洗いだって、手前にもあるよー
着替えできるようなスペースまである〜
小さい子向けにカラフルデザインの多目的トイレやね!


そうこうしている内に、東京へ
何年ぶりかの為、首都高も進化していて、迷い込んだのは、地下・・・
KIMG1801.jpg
すげー。東京すごい〜!!

大阪駅前の地下駐車場みたいに、グルグル回って、降りて行きました。
地下にいる時間、かなり長いのね。
地震来たら、コワイね。。。


本日のお宿〜
KIMG1816.jpg

1日目は、東京ディズニーランドホテルにしました(^O^)
KIMG1818.jpg

KIMG1809.jpg

もちろん、これら↓は、持ち帰りましたよ〜
KIMG1807.jpg

KIMG1812.jpg

部屋に入ると、
さすがに長時間のドライブで、ご機嫌斜めになっていたちぃ。
しかも、到着してもパークじゃない!ということで、
トイレに入れようと間違えて、バスルームのドアを開けてしまったのもミスった(ーー;)

というわけで、まずは、お風呂に入られてしまった。

今年は、修学旅行に沖縄へ行くことが決まっているので、
部屋に入るなりお風呂に入る、ということを習慣付ないようにと思っていたのに・・・(アチャー)

ようやく納得して、お風呂から上がると、
ちょっと予約時間から遅れたけど、
ミラコスタのレストラン『オチェーアノ』へ向かう。

この日は、パークへ入らない分、
レストランからショーを見ようと企んだのでした。

お昼ご飯を控えめにしたのにも理由が・・・(笑)
夢のホテルのビュッフェスタイル〜〜♫
KIMG1831.jpg

ケーキも、どれもおいしい!
KIMG1835.jpg

クレープシュゼット〜〜
1389178143539.jpg

ちぃも、好きなものいっぱい食べた〜
もちろん、マカロニも・・・
KIMG1827.jpg
ちぃだけ特別にドリンクも(私たちは、水です!(笑))

ちぃの成人式のお祝いだったのでした〜
1389174633115.jpg

いよいよショーもスタート♪

おばあちゃんは、1月程前に、足を手術して、
この日の為に、リハビリを頑張って、杖で歩けるまでに・・・。

レストランのスタッフの方が声をかけてくださり、
「時間になれば、皆様をバルコニーへ案内しますが、
中には走られる方も出てくる場合があります。
おばあさまが、杖を利用されているようなので、
よろしければ、先にご案内させていただきましょうか?」
というようなことを提案してくださいました。

ちぃも、人の間はしんどいからと先に案内していただきました(^-^)

1389175690054.jpg

ファンタズミックは初めてだったので、感激〜
1389216723872.jpg

さ。
楽しく食事を済ませ、
ホテルに帰って、お土産選び♪

ディズニーランドホテルは、コンビニもある。
コンビニの中もかわいい〜(^-^)
1389182243766.jpg

この瓶欲しい〜〜
1389182236533.jpg

KIMG1872.jpg

さて、今回、ホテルやレストランの予約の際、
おばあちゃんが車椅子利用だと伝えると、
ホテルで貸出もできますよ、と教えてくださいました。
行きから必要だと思うので、持参していくつもりだ、と伝えると、
「もしも、ご入り用になった場合は、前日までに連絡ください。」
と電話口でおっしゃっていただきました。

結局、おばあちゃんは、リハビリを頑張ったので、
途中のサービスエリアでは、杖を使ってゆっくり歩けるわ、ということになり、
最終的には、車椅子をホテルで貸していただくことに。

ところが、足の曲げ具合などの関係で、
貸出し用の車椅子は、座席が低くて・・・

困ったぞ〜!と思っていたら、
そこにタオルを何枚か重ねて、
高さを調整してくださいました。なるほど〜
普段、知的障害のある子との旅行しか知らないので、
今回、車椅子ユーザーの家族としても、
色々勉強になりました(^-^)

さて。
ちぃは、朝早かったのに、夜中になっても、
飛んだり跳ねたり踊ったりしていました。
もちろん、何度も押さえつけていますが、
階下のお部屋へ響いてないか?ドキドキ・・・
一流ホテルなだけに、防音対策は、ある程度はしてあると思うのですが
どうなんでしょね?(ーー;)

やがて、私もちぃも夢の中へ〜〜

(2日目へ続く)
 
  
posted by イムニー at 14:05| Comment(2) | ライフスタイル